モンゴル情報クローズアップ!

モンゴルの文化、ビジネス、投資、観光、最新話題など幅広い情報をお届けします。(通称:モンゴルなう)

タグ:モンゴル人

セレンゲ写真
【写真】バッグのデザインについて型紙担当のゾルタイさんと打ち合わせをするセレンゲさん

 東京・渋谷のバッグ製造販売会社「ジェノバ・ジヤパン」で新商品の企画開発を担当するモンゴル人、ルブサンチメド・セレンゲさんは、とても意欲的な女性だ。先日、NHKの海外向け番組「ワールド・ジャパン」で、日本で働く外国人の一人として紹介されたので、ご覧になった方も多いと思う。

彼女は、ウランバートルの新モンゴル高校から富山大学芸術文化学部に入学、卒業している。大学入学前の2008年3月、弘前大、岩手大、山形大、東北大、千葉大、信州大などに合格した受験生仲間と一緒に、仙台で3週間合宿していて旧知なので、あらためて近況を聞いた。

セレンゲさんの会社で販売しているバッグのブランド名は「OSAM」(オサム)。会社は1978年に創業しているが、ブランド名は梶谷修社長の名前による。「遊ぶ、働く、旅をする」のキャチフレーズで、そのときどきに使う個性的なバッグを提供することを基本方針にしている。
 
セレンゲさんは、2013年に入社して、バッグのデザイン、商品企画、販売戦略、工場での生産管理などを担当している。最近はオンラインショップにも力を入れており、自らバッグの写真を撮って、ウエブサイトに載せたりもしているという。
 
ブランドを維持するためのデザインは生命線だ。ということで、電車に乗ったときなど、人々の持ち物の形や色使いを常に観察している。「世の中の流行は、いち早く感じないといけない」と説明する。
 
彼女の会社では、アルバイトも含めて外国人がいっぱい働いている。昨年7月、モンゴル人女性、プンツァグ・ゾルタイさんを型紙職人として雇った。ゾルタイさんは、もともと服飾関係の仕事をしていたが、日本にいる娘さんが出産するので来日した際、たまたま梶谷社長の目にとまり、採用が決まったそうだ。センスが良く、仕事もはやいということだが、日本語ができないので、セレンゲさんが通訳しなければならないのが悩みだという。 

セレンゲさんは、富山大の芸術文化学部で初めての外国人留学生だった。マブチ国際育英財団の奨学金を受けて卒業したが、3年生のとき1年間、フィンランドの大学に留学し、北欧のデザインを勉強した。
 
セレンゲさんは、これまで学生時代に手掛けた作品の写真集を見せてくれた。木製おもちゃ、年配者向け杖の取って、銅鍋など、いろいろな写真が載っている。自分で製本し、革製の表紙を付けてある。ちょっとおしゃれな手作り商品カタログだ。これを梶谷社長の面接試験のときに見せて自分を売り込んだそうだ。
 
モンゴルの若者で日本留学を希望する人は多い。大体は東京や大阪など大都市の有名大学を目指す。そんな中、セレンゲさんは、富山県高岡市にある、モンゴルではあまり知られていない大学を選んだ。富山大芸術文化学部には、プロダクトデザイン専攻があり、生産実習の機械設備が整っていたことが第一の理由だという。

「面接のとき遠くに立山連峰が見え、ウランバートルの風景を思い出し、親しみを感じたこともあります」と言う。「モンゴル人はもちろん、ほかの留学生がいなくて孤独でしたが、交換留学でフィンランドに行けたし、富山でなければ今の私はなかったと思います」とも。
 
自分は将来、何をしたいのか。日本留学で何を勉強するか。セレンゲさんの話を聞いていて、しっかりとした目標を持つことが大切であると、あらためて思った。
 
セレンゲさんには、高校同期で東京の外資系コンサルタント会社で働く夫のオリギルバヤルさんとの間に、5歳と3歳の子がいる。子どもの教育を考えると「そろそろモンゴルに帰らなければ」とセレンゲさん。
 
帰国後、自分のブランド「LUUGAR」(ルーガル)で勝負すべく準備中だそうだ。ブランド名はセレンゲさんの苗字(一族名)から取った。モンゴルでは通常、名前に苗字は使わないが、戸籍には記載されるということで、これをブランド名にした。
 
「LUUGAR」は将来、カシミヤ製品の「GOBI」(ゴビ)のようなモンゴルを代表するブランドになるか。そのとき、現在の「OSAM」はライバルになるのだろうか。

▽森修 もり・しゅう

1950年、仙台市生まれ。元河北新報記者。1998年、山形市で勤務していたとき、たまたま入ったバーでアルバイトしていたモンゴル人の留学生と出会う。以来、モンゴルの魅力に取りつかれ、2005年「モンゴルの日本式高校」、2012年「あんだいつまでも新モンゴル高校と日本」をそれぞれ自費出版。

震災を乗り越え、国際交流で活躍する福島のモンゴル人(仙台市・森修)

岩手県でモンゴル人が羊の多頭飼育に挑戦(仙台市・森修)


ミスターモンゴル
まいど、編集長のタケシです。

幻のオリンピック、無事終わりましたね。

本当は無事と言えるか別ですが、とりえず終わったので良かったです。しかし、天気は熱い。例年よりも熱いのではないかと思います。

話題のclubhouseで、初の対談を行います。


【対談】旅行作家野田裕子 x ミスターモンゴル「モンゴル旅行体験談」


対談相手は旅行作家野田裕子さん。

開催日時
8月11(水曜日)21:00〜

参加費
無料

clubhouseでの検索キーワードは「ミスターモンゴル」。

今回は私がインタビューする側になるのでうまく、いいボールを投げられるかか心配です。

内容としては、モンゴルに行った経緯・体験・感じたことなどを聞き出しながらなんか名言ぽいってところを引き出したいなと思っています。

恐らく、モンゴルに興味ある人が聞いてくれると思うので、その人たちになんか役に立つような対談にしたいと思っています。

そして、この企画はシリーズ化します。

今後もモンゴルに旅行や仕事で行った人たちを誘って、いろいろ聴こうと思っています。

そして、私のルームに参加、対談したいという方いたらぜひTwitterかclubhouseでメッセージ下さい。





モンゴル コロナ
まいど、編集長のタケシです。

日本は新型コロナにより死者1万人超え、3度目の緊急事態宣言が発令されました。

モンゴルも4月以降、感染者が一気に増えました。

モンゴルの場合人口が少ない分(330万人)、感染率が高いです。

既に、ロシア、インド、中国からもらったワクチンを接種していますが、感染が止まらない状態です。

モンゴル国内における新型コロナウイルス感染症の現状

モンゴルコロナ

(2021年4月27日現在)

  • 感染者 31,339(前日比 +856 )
  • 回復者 16,815( +1,060 )
  • 死亡者 80( +2 )

なお、モンゴル政府はウランバートル市に対する全国警戒態勢を5月8日まで実施する予定です。

さらに、延長することは間違いないだろう。

昨年2月から国境を閉鎖していて、5月1日に解除する予定でしたが、こちらも延長の見込みです。

果たして、いつになったらモンゴルに行けるか?待つしかないです。


中国人とモンゴル人 (産経NF文庫)
楊 海英
潮書房光人新社
2021-02-25

卒論発表会
【写真】ウランバートルのナランバヤル元校長(中央画面)とオンラインで対話する日本に留学した新モンゴル小中高の卒業生たち=2021年3月29日、東京都江戸川区のタワーホール船堀

 日本の大学や大学院に留学したモンゴルの若者たちが、どんな卒業論文を書いたかを発表し合う勉強会が、3月29日、東京であった。ウランバートルにいる恩師や先輩たち、日本にいてもコロナ禍で出席できない人たちとオンラインで結び、質疑応答も交えて、熱心にやり取りした。

 勉強会を開いたのは、新モンゴル小中高の卒業生たち。毎年3月末、日本の大学を卒業した人たちが集まり、卒業論文を発表してきた。発表会は、卒業式に合わせて来日した校長、父母、日本各地から集まった後輩留学生、支援する日本人ら100人規模の盛大な催しだった。

 しかし、昨年はコロナ禍で中止となった。今年は、同校の創設者で新モンゴル学園理事長と日馬富士学校の校長を務めるガルバドラッハ(愛称ガラー)さんと親交のある日本のロータリークラブ会員有志による奨学金団体「ガラーフェローシップ(GFA)」が協力し、オンライン形式で、GFAの総会も兼ねて復活した。

 卒論発表は、昨年の卒業生も含めて13人が行った。ほかにガラー理事長や先輩の元留学生、GFAを受給している留学生も、日ごろの研究内容を披露した。

 昨年、東京の医薬品開発会社に就職したオチルダリさんは、東大の新領域創成科学研究科の修士論文「微小管阻害薬暴露後のがん微小環境が肺扁平上皮がんの悪性度に与える影響」を発表した。

 今春、群馬大理工学部を卒業したオユンジャルガルさんは「積層式高調波型磁気歯車の減速・動トルクの検証」と題して発表した。彼女は4月から同大の修士課程で勉強を続ける。「将来は人型ロボットに関係した仕事に就ければ」と話している。

 オンラインは、グーグルのミート機能を使って行われた。一部ズームも使った。名古屋、熊本など遠隔地の留学生はオンラインで卒論を発表した。コロナ禍で出席の呼びかけを見合わせた後輩留学生のために、会場の様子はフェイスブックを使ってライブ配信した。

 ガラー理事長は現在、名古屋大学の博士課程に在籍している。この日の勉強会では、「私は58歳の学生です」と前置きしながら、「モンゴルにおける公立学校の経営改善」をテーマに、研究対象として8校を選び、いろいろ調査していることを説明した。
 
 新モンゴル小中高では、日本の大学に私費留学を目指して渡日した卒業生が、受験が山を越した3月、仙台や愛知県岩倉市などに集まり、一緒に寝泊まりして、4月からの新生活に備える「世界一合宿」を行ってきた。昨年はコロナ禍で中止されたが、今年は、寝泊まりしないオンライン形式の「合宿」として復活した。
 
 同校は、日本留学希望者を、ただ片っ端から送り込むことは、していない。入学前の合宿も卒論発表会も、アフタケアをしっかり行うことが狙いだ。

 これまで、日本政府が奨学金を支給する国費留学は、4月はじめの渡日になるので、彼らをどうケアするかが課題だった。しかし、今年はオンライン合宿なので、私費組と国費組が初めて一緒に「合宿」となった。問題は一つクリアしたことになる。



▽森修 もり・しゅう

1950年、仙台市生まれ。元河北新報記者。1998年、山形市で勤務していたとき、たまたま入ったバーでアルバイトしていたモンゴル人の留学生と出会う。以来、モンゴルの魅力に取りつかれ、2005年「モンゴルの日本式高校」、2012年「あんだいつまでも新モンゴル高校と日本」をそれぞれ自費出版。

中国人とモンゴル人 (産経NF文庫)
楊 海英
潮書房光人新社
2021-02-25


ムンフバット
【写真】岩手山に見守られながら羊を世話するムンフバットさん

 岩手大学を卒業したモンゴル人のL・ムンフバットさんは、岩手県滝沢市の岩手山ろくで羊の多頭飼育に挑戦中だ。主にラム肉を生産し、モンゴル伝統のゆで肉料理「チャナスンマッハ」や肉と野菜の蒸し焼き料理「ホロホグ」を日本人に知ってもらおうと計画している。
 
 羊の飼育は、2018年4月、酪農をやめた滝沢市内の牧場を借り、岩手県岩泉町から8頭を導入して始めた。少しずつ飼育数を増やし、今年は60頭になったが、2月、3月は出産期なので、3月11日現在で子羊16頭が生まれ、計76頭だ。近く100頭に増える見込み。
 
 ムンフバットさんは34歳、モンゴル西部のザブハン県生まれ。父親はトラックの運転手をしており、13歳のときウランバートルに引っ越した。祖父母は遊牧民で、子どものころは、夏休みのときなど、馬に乗ったり、羊など家畜の世話を手伝ってきた。
 
 ムンフバットさんは、2009年春、岩手大人文社会科学部に入学し、安田財団の奨学金を得て卒業した。在学中からモンゴル文化を日本人に紹介する活動を続け、卒業直後の2013年5月、滝沢市(当時は滝沢村)の日帰り温泉施設の敷地内に、移動式住居ゲル5棟を設置して宿泊可能な「滝沢モンゴル村」を開業した。
 
 新事業は、株式会社モンゴル未来(資本金600万円)を設立するなど意欲的な展開だったが、温泉の井戸が壊れ、市が復旧を断念したことで、モンゴル村の事業も行き詰まった。ムンフバットさんは、モンゴルの羊毛製品やカシミア製品の輸入販売などを行い、起業精神を維持してきた。
 
 2019年、北海道士別市で1カ月間、羊飼育の研修を受けるなどして、本格的に羊牧場の計画が始まった。士別市は「サフォークランド士別」をキャッチフレーズに、肉質を重視したサフォーク種の羊飼養マニュアルを作るなど、市を挙げて力を入れている。
 
 ムンフバットさんの目標は、100頭規模の牧場を10カ所経営すること。羊は全部で1000頭規模になる。滝沢市は、岩手山ろくの気候風土に合わせて、牧場が発展した歴史があるものの、最近は廃業する農家が多いそうだ。周辺には、独立行政法人の家畜改良センター岩手牧場、岩手大学の農場、盛岡農高、小岩井農場などがあり、農業や牧畜を行う環境は整っている。しかし、最近は、どこも酪農が中心で、羊の飼育はパッとしない。

  ムンフバットさんは、滝沢市商工会の青年部に所属し、会員同士で地域おこしについて話し合っているという。そんな中、牧畜業を立て直し、羊を利用した観光と特産品づくりを進める案が浮上、岩手県立大が取り組む地域協働研究に応募するまでになった。課題名は「持続可能なめん羊牧場経営のための滝沢モデルの構築」だ。
 
 地域おこしの一方、モンゴル人としては、羊肉を使ったモンゴル料理の普及も狙いだ。モンゴル人は肉食民族なので、焼き肉ジンギスカンをふるまわれると喜ぶ。しかし、ジンギスカンは日本料理であり、モンゴル建国の英雄の名称が付けられていることに違和感を示す人もいる。私は、留学生から「おかしいと思いませんか」と不満をぶつけられたことがある。
 
 私は、モンゴル料理のチャナスンマッハやホロホグを何度も食べた。両方とも、ジンギスカンに負けないぐらいに、日本人の口に合うと思う。ムンフバットさんは「日本で出回っている羊肉は、ほとんど輸入品。日本産の羊肉を、もっと日本人に食べてもらいたい」と言う。
 
 ムンフバットさんの妻ミシェルさんは、新モンゴル高の後輩で岩手大工学部を卒業し、北海道の建設会社を経て、現在は岩手県庁で土木行政に携わっている。夫婦で日本永住権を取得した。昨年8月、盛岡市内にマイホームを新築した。長男は4月から小学校の1年生だ。5月には3人目の子が生まれる。
 
 羊牧場は、間もなく出産期が終わり、5月は毛刈りが始まる。その後は牧草の刈り取りだ。ムンフバットさんは、これから公私ともに忙しい日々が続く。



▽森修 もり・しゅう

1950年、仙台市生まれ。元河北新報記者。1998年、山形市で勤務していたとき、たまたま入ったバーでアルバイトしていたモンゴル人の留学生と出会う。以来、モンゴルの魅力に取りつかれ、2005年「モンゴルの日本式高校」、2012年「あんだいつまでも新モンゴル高校と日本」をそれぞれ自費出版。

世界の食文化 (3) モンゴル
小長谷 有紀
農山漁村文化協会
2005-06-01


↑このページのトップヘ