モンゴル情報クローズアップ!

モンゴルの文化、ビジネス、投資、観光、最新話題など幅広い情報をお届けします。(通称:モンゴルなう)

タグ:モンゴル人



毎度、編集長のタケシです。

今日はモンゴル豆知識を紹介したいと思います。モンゴルではお互いの足がぶつかると必ず握手をする習慣があります。

日本でこれやったら間違いなくセクハラで訴えられます。そうはいっても、来日して間もないころ工場で働いてた時は男女ともわず握手をしてました。最初は一々説明してましたが後々からみんなの話題となり、日本人同士でもやり始めてた。今思うとみんなに愛されてたなぁ。

では、なぜモンゴルではお互いの足がぶつかると必ず握手をするのでしょうか?
日本では足を踏んだら「ごめんなさい」ですみますが、モンゴルでは握手するのが普通です。足がぶつかると、将来、敵同士になると言われており、それを避けるために握手をします。

モンゴル行ったらまず、握手を。←「ごめんなさい」の握手では「こんにちは。」の握手だからね。(笑)

image

毎度、編集長のタケシです。
国際親善交流少年相撲大会、白鵬杯本年も開催されます。今年で七回目になります。日本、モンゴル、内モンゴルなど世界中から約1,000名以上の少年たちが参加されるということです。

開催日時
2017年1月29日(日) 8:00 〜 20:00

開催会場
両国国技館

入場料無料。

第七回白鵬杯公式サイト

ナンバー1
白鵬 翔
扶桑社
2016-12-08


2017-01-15-10-00-00
毎度、編集長のタケシです。
年明け早々、八代亜紀さんのサインが届きました。
わざわざ送って下さった関係者の方に心より感謝致します。

八代亜紀、モンゴルの大草原で「舟唄」熱唱! “亜紀ちゃん”コールで大盛り上がり

八代亜紀さんがモンゴルの「13世紀村」の大草原コンサートで歌った「JAMAAS 真実はふたつ」の映像はちょう綺麗でした。テレビで見た人もいるかと思いますが、歌っている最中に羊の鳴き声も聞こえてモンゴルらしくめちゃ感動しました。ちょっと前まで、YouTubeでその時の番組の映像ありましたが、既に削除されたようです。


八代亜紀 Newシングル「JAMAAS(ジャマース) 真実はふたつ」、2016/10/19発売!

JAMAAS、それは人生の真理、逃れられない運命。
モンゴルの英雄・革命家であるドグミド・ソソルバラム氏の歌う「JAMAAS」に日本語詩をつけ、八代亜紀が新たな曲として蘇らせる!
原曲の「JAMAAS」が表現する「人生の真実・真理」「生まれてきた運命と避けることができない死」を一人の女性の生涯を描くことで見事に表現し、誕生した「JAMAAS 真実はふたつ」。
 
(引用元 columbia.jp アーティスト情報)

JAMAAS モンゴル語バージョンはこちら↓↓↓



そう、JAMAASはモンゴル国を代表する俳優・歌手・革命家で知られているドグミド・ソソルバラム氏の歌です。そのため、モンゴル人なら誰でも知っています。

2017-01-15-10-00-53
▲染色作家の藤井裕也さんとドグミド・ソソルバラムさん
2017-01-15-10-01-55
▲染色作家の藤井裕也さんと八代亜紀さん 

ちなみに、藤井裕也さんの作品はこちらで拝見できます。


JAMAAS(ジャマース) は既にカラオケでも歌えるようになっているので、頑張ってモンゴル語バージョンを覚えてください。そうすれば、会社の飲み会や合コンでも使えるのでは?(笑)

JAMAAS(ジャマース) 真実はふたつ (CD)
八代亜紀
日本コロムビア
2016-10-19

↑このページのトップヘ