モンゴル情報クローズアップ!

モンゴルの文化、ビジネス、投資、観光、最新話題など幅広い情報をお届けします。(通称:モンゴルなう)

タグ:モンゴル

モンゴルの道

毎度、編集のタケシです。
最近になってソフトバンクのモンゴルから日本への送電網計画話が新聞やニュースサイトでよく見かけるようになりました。いわゆる「アジアスーパーグリッド構想」だ。

ソフトバンクアジア送電網計画、本格化…20年開始目標
https://mainichi.jp/articles/20170711/k00/00e/020/241000c

出典 毎日新聞 2017年7月11日


「アジアスーパーグリッド構想」が始動 モンゴルから日本へ送電
https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00411901

出典 日刊工業新聞 2017/1/4 05:00



実はこの話、今からちょうど6年前に私がTwitterで孫社長に質問したところ「現時点では、未だ夢の段階。」とおっしゃっていました。それがこんな短時間で確実に実行されていることに本当に驚きました。さすが、世界の孫正義。

調べてみると、どうやら実行するのはソフトバンクの子会社SBエナジーと
モンゴルの投資会社ニューコムが風力発電を共同開発し、運営していくようです。
位置的には南ゴビなので、まずはタバントルゴイ石炭鉱山とオユトルゴイ銅鉱山に送電し、
それから中国と韓国の海底ケーブルを通って日本に届けるという計画です。

国境を越えても採算が取れるってことは日本の電気代は本当に高いと言えるでしょう。

しかし、通常に運営していくにはやっぱり日中、日韓、日朝の友好関係が続くことが全体の条件になるかと思います。韓国や北朝鮮に送電網を握られて、日本国民がコントロールされないように願うしかないです。

image
毎度、編集のタケシです。
ホリエモンこと堀江貴文が先ほどモンゴルに到着したそうです。

どうやらモンゴルの英雄、永遠の横綱朝青龍と合流しているようです。

ホリエモンの性格からも分かる通り、彼がモンゴルに行くにはタダ乗馬するためとは思わないです。 しかしも、相手も相手だし。ビックスターです。ホリエモンがモンゴルのITに革命を起こすのではないかというワクワク感でいっぱいです。真の目的は分からないが、今後も目が離せない。















































↑このページのトップヘ