モンゴル情報クローズアップ!

モンゴルの文化、ビジネス、投資、観光、最新話題など幅広い情報をお届けします。(通称:モンゴルなう)

タグ:モンゴル

7

まいど、編集長のタケシです。

コロナ禍、モンゴルで年に一度の最大のイベントであるナーダム祭が予定とおり開催されました。

2

今年は大モンゴル建国814周年、人民革命99周年記念の年であります。



知らない人が多いかもしれませんが、モンゴルは2月の時点でコロナ防止のため中国と国境閉鎖をし、その後も順次拡大、今も続いています。

その為、モンゴルは国内感染ほぼなく、感染者はいるけどほとんど外国から来た人達とその関係者です。



だから、ナーダムを予定とおり開催に踏み切ったと言えるかもしれません。

1

ここはやっぱり元スポースマン、経営者でもあるハルトマー・バトトルガ大統領の鋭い判断力と決断力のすごいところだと思います。

モンゴルにこう強いリーダーシップは近年はいなかった。
誇りに思います。



今年のナーダムは例年と違って、競技参加者、ナーダム運営関係者、メディア関係者以外はほとんど人がいないということです。
3

普通は全国から遊牧民がウランバートに集まって来て
  • ナーダムを見る
  • 買い物する
  • 食べる飲む
  • 泊まる
消費が半端ないくらい大盛り上げるのですが、ネットでは今年のナーダムなんだか寂しい・物足りないという人も多くいました。

私から言わせば、今年のツァガンサル(モンゴルの正月)の行事を中止させて、ナーダムが無事に開催できたの本当に奇跡です。コロナ対策としてはモンゴルは世界の見本だと言えるでしょう。



まだモンゴル行ったことがないあなた、
ナーダムに時期に合わせていくことをおすすめします。

写真提供: https://ikon.mn/ 

草原の制覇: 大モンゴルまで (岩波新書)
崇志, 古松
岩波書店
2020-03-21


まいど、編集長のタケシです。

昨日のテレビ東京の「ありえへん∞世界」みましたか?
悪人の顔をしている私がちょっとだけ映りました。(笑)

FullSizeRender

世の中、コロナで生活スタイルも、働き方も変わってきています。
私も例外ではありません。

正直、日本のコロナ対策には非常に失望しています。
本来、島国だから入口で厳重な検査、そして全ての入国者に2−3週間強制隔離とかしていれば今のような状態にならないはず。

今になって、また夜の街なんだらかんだらと色々言っているけど一番の問題はそこではない。
前々から言っているけど、いち早く感染ルートを公開していれば自粛するべき人も、自粛しなくてもいい人も両方にメリットがるし、経済も止める必要なかったはずです。

私の中では今年いっぱいはずっとこんな感じなんじゃないかなと思います。

来年のオリンピックも中止になるのでは?
とにかくこの状態は長引くには間違いないです。

モンゴルは、6月30日までの高度警戒準備態勢を7月15日までに延長しています。
ということでまず7月15日までは、モンゴルにおける全ての国境検問所からの外国人の入国は停止状態になります。
恐らくさらに延長されると思います。

なお、モンゴル保健省の最新発表によると本日現在、
コロナ累計症例数225名、死者0人です。
ほぼ全員が中国、韓国、ロシア、ドイツなど海外から
入国してきた人たちまたは外国人です。

モンゴルの場合、当初から入国者全員に3週間の強制隔離とその後2週間の自宅待機という厳重な対策を取っているから世界の見本と言ってもいいくらいです。

そんな中、モンゴル政府は日本に滞在する自国民の帰国を支援するため、7月21日(火)に成田国際空港にチャーター便を運航する計画を発表しています。

知り合いのモンゴル人留学生らも今年卒業してからまだ帰れない人が何人もいます。バイトもできず、帰ることもできず本当にたいへんな状態です。

いち早く、コロナを退避する薬が誕生して世界が平和に戻るよう願います。

【2020年7月11日追記】





草原の制覇: 大モンゴルまで (岩波新書)
崇志, 古松
岩波書店
2020-03-21




まいど、編集長のタケシです。

関東も梅雨入り、毎日むしむしジメジメ暑いね。

あなたは、テレビ東京の「ありえへん∞世界」という番組を見たことがありますか?

実は、7月7日(火)よる6時55分〜放送予定のこの番組の再現VTRに少しだけ出ています。(笑)
興味のある方ぜひみてね。

または、悪人になっています。5人の中国人殺し屋の一人。
もう少しまともな番組から依頼きて欲しいよね。(笑)

でもあまり期待しないで下さい。
演技マジ下手くそだから!

まだ、YouTubeチャンネルを登録してない方はぜひ登録の方もよろしくお願いいたします。


チンギス・ハンとモンゴル帝国の歩み
ジャック・ウェザーフォード
パンローリング株式会社
2019-10-12

Сайн байна уу?

だいぶ前になりますが、欧州ではまだコロナが本格的に広がる前、2020年1月にドイツで旅行展示会(Urlaubsmesse)が開催されており、行ってきました。

リンク:CMT Messe 23. - 31.01.2021 Die Urlaubsmesse

モンゴル旅行会社が3社も来ていました。みなさん、ドイツ語がめちゃくちゃ上手です。さらに驚いたことに、日本語ができるモンゴル人もいました。日本語・独語・英語どれもできるのがすごいです。

ドイツ語ではモンゴル語のことをMongolei(モンゴルライ)といいます。女性名詞です。なので、冠詞をつけるとdie Mongoleiとなります。なぜ女性名詞なのか?なのですが、eiで終わる単語は女性名詞になるという文法的なルールで、特に深い意味はないっぽいです。トルコもdie Turkeiで、女性名詞です。

DSC00834
↑もらったパンフレット。モンゴルのキーホルダーももらいました。久しぶりにモンゴル語を話しましたが、すごく忘れてびっくりしました・・・。モンゴル語を話そうとしても、ドイツ語がどうしても出て邪魔してしまいます。

さらに、展示場にゲルがありました・・・。ドイツ人が中でビールを飲んでくつろいでいました(笑)
DSC00822

DSC00821

展示場(Messe)では、世界中のブースがありました。やはり、ヨーロッパなので、イタリアのブースがすごく多かったです。その他欧州・ドイツ国内もあれば、トルコ、アフリカ、東南アジア、東アジア、南アメリカ、北アメリカを世界をまたがった大規模な展示会でした

DSC00819

DSC00807
DSC00804

DSC00828

入り口はこんな感じです。

DSC00797


DSC00796

さて、このコロナ禍で世界的に観光産業は大きくダメージを受けています。

モンゴルはどうでしょうか。2020年6月14日現在、在モンゴル日本大使館の情報を見ると、「4.入国制限措置(1)モンゴル政府は,6月30日(火)まで,モンゴル発着の全航空便の運航を停止するとともに,外国人の入国を原則として禁止しています。」と書かれています。

ということは、モンゴルの産業で貴重な収入源である観光業は夏にしっかり稼ぐのが重要であるとされています。しかし、このコロナの状況から「外国人観光客への夏のモンゴルツアー」は不可であるということを意味ます。さらに、今年のナーダムは7月11日から7月15日と予定されているのですが、まだ見通しが立たないようです。

ちなみに、日本からドイツの入国ですが、日本人の場合は2週間の隔離がなく、そのまま入国できるそうです。しかし、これはドイツの保健局による統計情報から判断されるものであるため、しっかりと当局に確認を取る必要があります。

ところで、このようにコロナで打撃を受けたモンゴルの観光業の会社は、モンゴル政府から特別給付金や特別融資が行われるのか、不明なところがあります。ちょっと調べてみたのですが、確認できませんでした。

夏にしっかり稼ぐ観光業が、収入がほぼゼロになってしまった場合、どのように収入を得るのか?どう生活を支えるか、が大事だと思うのですが、モンゴルの資源による収入をどう国民に分配するかにかかっていると思われます。しかし、石炭の輸出量は、ロックダウンのせいか、前年度比で大幅に落ちています。

「石炭の採掘(ОЛБОРЛОЛТ)、販売(БОРЛУУЛАЛТ)、輸出(ЭКСПОРТ) 2019年・2020年」
スクリーンショット 2020-06-14 22.39.42
出典:鉱物資源石油庁 Статистикийн мэдээ 4-р сарより

モンゴルのコロナ対策はかなり早急に大胆に行われたため、累積感染者数が41名、死者数がゼロとかなりよくやっています。(ソース:在モンゴル日本大使館 「モンゴルにおける新型コロナウイルス症例状況:計41名(5月5日現在)」) ベトナムも死者数がゼロで、中国に隣接してトップダウンで封じ込めることができる国は、感染をうまく抑えられているようです。

デイリー新潮:コロナで未だ「死者ゼロ」のベトナム、感染爆発なしのアフリカ 驚きの理由とは?

しかし、これから、どうモンゴル経済を立て直すかが、課題となっているかと思われます。

ドイツにもモンゴル旅行のファンはいます。さらに、旅行中毒とも言えるドイツ人の中には、他の人が行ったことない国としてモンゴルに興味を持っている人もいます。

是非とも早くモンゴルの草原の観光が戻ってくることを祈願しております。

今回はここまで。

 YouTubeでモンゴルの音楽を聴いているとき、馬頭琴奏者のジグジットドルジさんが「Ehiin setgel shig」(エヒーン・セトゲル・シル)という作品を演奏している映像を見つけた。日本語に置き換えると「母の心のように」という作品。シャラブが作曲した。とても穏やかで優しい音色に聴き入ってしまった。
 シャラブは2019年7月に亡くなっている。映像は、その1年前に収録された。馬頭琴を愛するモンゴル人留学生によると、楽譜には「妻に捧げる」と書いてあるそうで「闘病中に奥さんやお母さんを思いながら作曲したようです」と解説してくれた。
 YouTubeには、ピアノ伴奏の映像とオーケストラと共演するものと二つあるが、オーケストラ版をお聴きください。



 映像では、演奏開始前、ジグジットドルジさんの緊張しているような表情がうかがえる。シャラブといえばモンゴルを代表するような作曲家だ。闘病中の偉大な作曲家を思いながら、気合を込めているようにも見える。
 ジグジットドルシさんが演奏するものでは、私は「Bi chamd hairtai」(ビー・チャムド・ハエルタェ)もよく聴く。英語では「I love you」という作品。ジャンツンノロブという、シャラブと並ぶ大作曲家による映画音楽で、題名の通りロマンチックな甘い香りのするメロディーだ。

 
この映像では、ピアノに続いてジグジットドルジさんが登場する。背景の馬頭琴奏者の中に、オヤンガさんという信州大学留学生のお母さんの姿もあり、その意味でも、私にとっては身近な映像になっている。
 私は、昨年10月、訪モした際、ジグジットドルジさんにお会いした。モンゴル人の友人を介してお会いしただけだが、そのとき、サイン入りの音楽CDを2枚いただいた。私は、お礼に、仙台名産、白松が最中のミニようかんセットを差し上げた。これでは、釣り合いが取れないかもしれない。ほんの気持ちだけです。
 馬頭琴というと、民俗音楽に結び付けられがちだが、クラシック音楽にも、どんどん進出していってほしい。モンゴルらしいクラシック音楽ができるのではないか。

▽森修 もり・しゅう
1950年、仙台市生まれ。元河北新報記者。1998年、山形市で勤務していたとき、たまたま入ったバーでアルバイトしていたモンゴル人の留学生と出会う。以来、モンゴルの魅力に取りつかれ、2005年「モンゴルの日本式高校」、2012年「あんだいつまでも新モンゴル高校と日本」をそれぞれ自費出版。

↑このページのトップヘ