モンゴル情報クローズアップ!

モンゴルの文化、ビジネス、投資、観光、最新話題など幅広い情報をお届けします。(通称:モンゴルなう)

タグ:モスクワ

men-1266738_1280

毎度、編集長のタケシです。
冬になれば平均気温零下20度まで下がるモンゴルでは、人々何を着て、暮らしているか日本人には想像もできないでしょう。

近年、地球温暖化などの影響で世界各地で異常気象が起きています。モンゴルは今年例年よりさらに寒くなると言われています。−40度、-50度、もっといくかもしれない。

米国モンタナ州、アイダホ州、ワイオミング州では7月にして大雪
Winter Rudely Interrupts Summer in the Northern Rockies

インドでは、国内観測史上最高気温となる51℃を記録
Indian city hits 51 degrees, setting new heat record since 1950s


この冬、モンゴルのウランバールやロシアのモスクワへ仕事や観光で行かれる方は下記のコーディネートで完全装備してください。


1.耳が凍らないようにロシア帽子が一番おすすめ。




2.カシミヤのマフラー、なるべく長い方を選んでください。
首周りはもちろん、余って部分は胸の空いているところにいれておく。隙間がある風が入って冷えるから。




3.3D立体感の手袋は、防水性・防寒生に優れています。



4.ユニクロなど買えるヒートテック、最近では薄くて且つ防寒機能があって文句なし。



5.ヒートテックの上更にカシミヤのセーター、日本では暑いと思いますが、モンゴルではこのくらいないとだめ。



6.インナーダウンベストは必需品です、熱いときに脱ぎ、寒いときに着る。言わば、温度調整用。


2016新作 DANTON ダントン インナーダウンベスト レディース JD-8749 ダウンジャケット
2016新作 DANTON ダントン インナーダウンベスト レディース JD-8749 ダウンジャケット
 
7.上着は、言うまでもない、ダウンジャケットでしょう



8.パンツは、軽くて肌触りの良い裏フリースの暖かいウォームイージーパンツがおすすめ。



9.靴下は、丈が長めの保温性に優れた物を選びましょう。



10.靴は、防寒だけじゃくて防水もしてて、脱ぎ履きが楽な物がおすすめ。






まとめ
とにかく、防寒・防水・吸湿性が高い且つ、着たり脱いだりするときの楽さで選べばよいでしょう。

皆様こんにちは。ひでです。

3/2付のロシアの通信社「スプートニク(SPUTNIK)」に衝撃のニュースが!?

ウクライナ モンゴルに13世紀の「タタールのくびき」の補償を要求!?
 http://jp.sputniknews.com/europe/20160302/1706899.html#ixzz41kvHgpJ9


ニュースによると、モスクワ駐在モンゴル大使館のナムスライ報道官が、この件(補償)について、ウクライナ政府当局から公式書簡を「受け取った」との事。

もっとも、「スプートニク」はもと「モスクワ放送(ロシアの声)」であり、100%ロシア政府寄りの報道しか行わないのが常なので、このように対立しているウクライナの「マイナス面」を強調する嫌いはありますので、ある程度割り引いて見る必要はあります。

ただ、このニュース、100%検討違いとも思えません。

何故なら、ウクライナ人には「私たちこそ本物のルーシー(ロシア人)である」というアイデンティティがあるからです。

2年前に私がこのキエフ・ルーシーについて書いた寄稿があるので、ご参考にしていただければ幸いです。
「モンゴル・タタールのくびきとキエフ・ルーシー継承権」
http://mongol.blog.jp/2014/03/06/51786940

今後もこのニュース、どうなるか推移を見守ってゆきたいと思います。

(寄稿者:ひで)


出典 チャンネルくらら


毎度、編集長のタケシです。
モンゴル通の宮脇淳子先生の動画のシェアです。モンゴル帝国がロシアを支配してた時代を「タタールのくびき」と言うようです。なぜ、そうなったかというと:

モンゴル帝国のバトゥの西方遠征によって、1240年にキエフ公国が滅ぼされてから、1480年に独立を回復するまでの約240年続いた、ロシアがモンゴル人の支配を受けていた時代のこと。「くびき(軛)」とは牛や馬を御する時にその首に付ける道具。つまりロシアがモンゴルに押さえつけられていた時代、という意味となる。
(引用 世界史の窓より)



↑このページのトップヘ