モンゴル情報クローズアップ!

モンゴルの文化、ビジネス、投資、観光、最新話題など幅広い情報をお届けします。(通称:モンゴルなう)

タグ:ホーショール

chaka_land
まいど、編集長のタケシです。

久々に楽しいニュースが入ってきました。

最近、クラブハウスで毎日のようにMongol tsuiwan her weというキーワードを聞きます。

なんの話かと思えば、沖縄ラフ&ピース専門学校の学生バンドCHAKA LANDがプロデュース&歌ったモンゴル語の歌です。

まずは、聴いてみてください。
タイトルを直訳すると「モンゴルのツィヴァンは美味しいですか」。

Mongol tsuiwan her we - CHAKA LAND



いかがでしたか?!

モンゴル語で歌っているけれども、日本人の発音だから歌詞がなかったらイマイチ意味が分からない。(笑)

モンゴルのメディアでも取り上げられています。






そもそもtsuiwan(ツォイワン)とはなに?

モンゴルに行ったことがある人ならtsuiwanの意味を分かるかと思いますが、そうじゃない人にとってはtsuiwanとは?的な感じなんじゃないかな?

実は、tsuiwan(ツォイワン)というのはモンゴル料理、蒸しうどん(蕎麦)を指しています。非常に美味しくて国民食です。日本の焼きそばにていますが、焼かず蒸します。


こちらの曲は先日、オンラインで開催されたモンゴルのイベント、ハワリンバヤルを通じてモンゴルでばずったようです。

Mongol tsuiwan her weバスった原因とは?

まだインターネットがない時代、海外で作られたチンギスハンという歌がモンゴル中に広がりました。



今回、CHAKA LANDのtsuiwanがなぜモンゴルにばずったのか考えてみました。

SNSの力

モンゴルではコロナによりロックダウン状態、みんな家でFacebookをみたり、朝までクラブハウスで喋ったりしています。

そのため、新しい情報が入ってきたらシェアしたり、検索したりします。
クラブハウスがなかったらまだそこまでばずってないかもね。



韓国在住のモンゴル人ユーチューバーも動画で紹介しています。チャンネル登録18万人いるので、その影響力もあるかと思います。

シンプルなリズム感


シンプル且つリズムのある歌はマネしやすいと言われています。



tsuiwanは国民食、みんな大好き


私も大好きです。これは言うまでもなく、今日なにを食べた?と聞いたら「tsuiwan」という回答が3人に一人います。w

TwitterでMongol tsuiwan her weで検索するとその真実が分かります。










コロナが無ければきっとtsuiwanだけモンゴル公演に持って行きたいけどね。

まだ、学校にいながら活動されているようなので今後も期待できそうですね。

tsuiwanでモンゴルと沖縄、モンゴルと日本がより近くになった感じがします。






毎度、編集のタケシです。
夏休みも今週で終わりです、今年はモンゴルツアーもやってない、実家にも帰ってないためやけに長い気がします。皆さんはどう過ごしましたか?

今日はモンゴル人が大好きなモンゴルの伝統料理ボーズの作り方を紹介したいと思います。

目次

必要な材料

小麦粉、肉、玉ねぎ、塩、クミン、温水
2016-09-05-15-21-43

生地を作る

  • 小麦粉 250グラム 
  • 微温湯 110mlくらい 

中型のボウルに小麦粉、塩と水を一緒に混ぜます。
まとめたらラップして15分間そのまま休ませます。

具を作る

  • ミンチにしたマトン 300グラム 
  • タマネギ      1/2個 
  • 塩         小さじ1 
  • コショウ      適量 
  • クミン       適量 

ボウルにすべての材料を入れて混ぜます。具が少しジューシーを作るために、適量な水を追加します。

ワンポイントアドバイス

好みで具に野菜、チーズ、さらには魚介類なにかを入れても大丈夫です。

ボーズを作る

  • 生地を手で細長く伸ばし、1〜2センチの厚さのスライスに生地をカットする
  • カットした面を円形に伸ばす 
  • 円の中心に具を入れて指で包む 
  • 15分間蒸す 
  • 出来上がったらすぐ蓋を開けて、蓋を振って空気が入るようにする 


これで美味しいボーズが出来上がっているはずです。

モンゴル料理ホーショールの作り方はこちら
スーテーツァイとホーショールを作ってみた 


モンゴルのごはん (絵本 世界の食事)
銀城 康子
農山漁村文化協会
2009-02-01

モンゴル国のモンゴル料理は、さまざまな調味料を用います。
代表的なのはローワンギーン・サラートのニンジンサラダに用いられるマヨネーズだったり、ツイヴァンにかけるケチャップだったりします。

img_menu02
ローワンギーン・サラート

img_menu06
ツイヴァン
※ちなみに内モンゴルではツイヴァンにケチャップはかけません。

さてそうした調味料の中で、現地のモンゴル人の皆様も、名前をうまく言えないけど欠かせない調味料があります。

kls
さて、これは何でしょう?

現地のモンゴル人の皆様からは「アムトラクチ(調味料)」と言われたり、「ツォー(醤油)」と呼ばれたり様々です。
実際に味見をしてみると、確かに醤油に近く、すこしクセのある香りがしますが、揚げたてのホーショールなどにまぶすようにつけると、羊肉の味わいがふくらむ優れものの調味料です。

この調味料の正体は、チェコの醤油です。
チェコ語では「ソヨバオマーチカ」(大豆調味料)と呼ばれます。
(上の写真は、商品名がクラッシックとなっています。)

気になる原材料は、大豆と小麦グルテン由来の液体タンパク質加水分解物と塩分。
つまり、製法に細かな違いこそあるものの、醤油とほぼ全く同義です。

モンゴルは旧ソ連時代のモンゴル人民共和国時代、ソ連および東欧諸国と共通の経済圏にありました。そのため、東欧由来の食文化の影響を受けています。
しかし、中国や日本発祥の醤油が東欧に渡り、それがモンゴルで消費され、モンゴル料理に欠かせない存在になっていることは、食文化を考える上でも興味が尽きません。

ちなみに、日本の醤油はモンゴルでは「キッコーマン」と呼ばれます。また、中国製の醤油は砂糖のように甘いのが特徴なので、現地で食材を購入し調理するときは気をつけましょう。

また、チェコの醤油をモンゴル国のお土産に持参する場合、蓋の密閉具合が甘い場合があるので、紙や布に包んでからビニル袋に梱包することをお勧めします。

Khuushuur
モンゴルの夏といえば、ナーダムで食べるホーショールですし、ホーショールにチェコの醤油は相性最高です。
是非お試しくださいね。

2014年7月12日
みずばしょう

仙台市のダルハンソヨル・モンゴル文化協会さんが主催したモンゴル料理教室で、スーテーツァイとホーショールを作ってみました。
どちらもモンゴルでは日常良く食べられる料理であると同時に、大切な時に食べる料理でもあります。

スーテーツァイ
スーテーツァイは、へビーン・ツァイと呼ばれるレンガ状に固めたタイプの半発酵茶で作る、ミルクティーです。
suuteitsai01
今回のスーテーツァイは、けっこう豪華な内容でした
下段中央が、へビーン・ツァイです。ナイフで適量削って使用します。
下段左が、シャル・トゥス。牛乳を加熱して作るもので、モンゴル・バターとも呼ばれます。
下段右が、アーロール。牛乳を発酵させ天日で脱水した固いチーズです。
上段中央が、モンゴル・アム。内モンゴルの特産のキビを炒ったものです。
そして、牛乳、写真には写っていませんが、塩を用います。
suuteitsai02
ナイフで削ったヘビーン・ツァイをガーゼに包んでお湯で煮出し、塩を少々加えます。
(ヘビーン・ツァイがなくてもスーテーツァイが飲みたいときは、市販の麦茶でも代用できるとのことです。)

suuteitsai03
お茶が煮立ったあたりで牛乳を加え、すくって上からやさしく注ぐことで、攪拌していきます。
この技法は「サムラフ」と呼ばれています。
サムラフによってヘビーン・ツァイの香りがゆたかになり、加熱した牛乳のたんぱく質が分離することなく、さらに、十分に空気が含まれてクリーミーな味わいなるのです。
ここに、モンゴル・アム、シャル・トス、アーロールが加えられます。
モンゴルでは上の3つを加えない場合もあります。今回は豪華版ですね!
suuteitsai04
できあがりました。
シャル・トスが入っているため油が浮いていますが、あぶらっこい感じではなく、
乳製品の香りとモンゴル・アムの香ばしさがよく合っていました。

ホーショール
ホーショールは、羊肉などの肉を小麦粉の皮で包み、油で揚げた料理です。
夏のナーダムでは、ホーショールの屋台が無数に立つのが、モンゴルの祭りの風景です。
khuushuur01
今回は牛肉のひき肉を使いました。
モンゴルでは、羊肉を包丁で細かく切るのが一般的です。
そして、たっぷりの玉ねぎも刻んで加えます。
味つけは基本、塩で行ないます。
khuushuur02
小麦粉をこねています。
固さは、「うどんの記事よりも少し柔らかめ」です。
強力粉と薄力粉をあわせて使うと、ホーショールの皮にはいいようです。
khuushuur03
記事を棒状にのばしてから、均等な大きさのお団子を作り、
khuushuur04
円盤状にのばします。
このときのコツは、麺棒は中心から外側に向かって転がしてのばすことです。
時計回りにのばしてはまわし、のばしてはまわし、すると、円盤状になっていきます。
khuushuur05
皮の中心に肉あんをのせ、端をたたんで、つつんでいきます。
上が1枚の皮で包んだ木の葉状、下が2枚の皮で包んだ円盤状です。
どちらも、あんが平たくなるように、そして皮からあんが決してもれないように包みます。
khuushuur06
日本人の大学生も頑張ってチャレンジしています。
あっ!!!"I LOVE MONGOLIA"のTシャツを着ている!!!
お話をお聴きしたところ、東日本大震災後の大学での交流事業としてモンゴル国を訪れ、モンゴルが好きになり、料理も勉強しようと思って参加したとのことでした。
頑張れ!日本の大学生!!!

さて、油で揚げて、
khuushuur07
完成です。
人生初のホーショール調理体験でした。
ちょっと不恰好ですが、そこはご容赦ください
khuushuur08
いただきま〜す。
内モンゴルでも良く食べられる、ザーサイの料理がつけ合わせに、彩を加えてくれています。

ダルハンソヨル・モンゴル文化協会さんも、料理教室は今回がはじめてとのことでした。
文化交流はとても有意義なので、是非とも今後とも、頑張ってほしいですね。
mongoldeel
料理教室に参加した日本の大学生の皆様も、モンゴルの民族衣装「デール」の試着を楽しんでました。

仙台にモンゴルの文化が新しく加わっていくのも、もしかすると、そう遠くはないかも知れませんね。

参照Web:
ダルハンモンゴル文化 Darhansoyol(ダルハンソヨル)
http://www.sira.or.jp/cgi-bin/dantai/index.cgi?pg=94171-1348469921

671188502

昨日、久しぶりにモンゴル料理食べました。
場所は両国のウランバートルです。

今回のオフ会は第8回になります。
今までモンゴルオフ会やってましたが、第何回か書いたりしなかったです。

昨夜のオフ会では記者、そしてバイクで世界一周をした人、そしてモンゴルウランバートルの
留学生、内モンゴルからの留学生など合わせて13名来て下さってのです。

お料理を食べながらみんなの話を聞いたり、自分のことも話したりしてて
凄い楽しかったです。

やっぱり人と会うというは 読書と同じく刺激を貰いますし、勉強にもなる。
他の人の価値観、経験を聞くだけで頑張ろう思うし、もっと頑張らないといけないなぁ感じます。

そのうち、第9回モンゴルオフ会もやりたいと思っています。
今回参加できなかった方次回是非またお会いしましょう。 

↑このページのトップヘ