モンゴル情報クローズアップ!

モンゴルの文化、ビジネス、投資、観光、最新話題など幅広い情報をお届けします。(通称:モンゴルなう)

タグ:フューリアス

モンゴルコロナ2
まいど、編集長のタケシです。

新型コロナウイルス、日本及び世界各地で拡大していますが、モンゴルも例外ではありません。

モンゴルは今年、正月であるツァガンサルのイベントまで禁止して、よくも国内感染を出さなかったのですが、最後になってこんなことになるとは、残念というよりは非常に頑張ったという感じです。

モンゴル国内における感染者数等の動向(12月1日現在)


  • 感染者の合計数 801
  • 回復者数 358
  • 重症者 4
  • 死亡者数 0

モンゴル政府、ウランバートルのロックダウンを延長


モンゴルコロナ

その中で、先月からの国内感染が合計358人。

感染者が目立つほど多いのは
  • セレンゲ県 180
  • ウランバートル 84

なお、モンゴル政府は11月29日に、は11月11日より実施しているウランバートルのロックダウン全国警戒態勢措置を12月11日午前6時ま延長する発表しました。

恐らく、今年いっぱいさらに延長するのではと思います。

一方、世界では米国モデルナやファイザーなどのコロナワクチンが早くて来週中に承認される可能性が出て来ました。

非常に嬉しいニュースです。
ただし、クチンができたとしてもモンゴルや東南アジアに供給されるのはまだまだ先の話です。

それまでに、重症者&死者を出さないことが一番重要だと思います。

モンゴルのリアルタイム情報はTwitter @morinhoorをフォローして下さい!

フューリアス 双剣の戦士
アレクサンドラ・リン



毎度、編集長のタケシです。
久々にモンゴルネタたっぷりの、ロシア映画が日本で上映します。
「フューリアス 双剣の戦士」

英題:FURIOUS
日本公開:2018年2月3日
(ヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル梅田)
上映時間:1時間58分

フューリアス は、ロシアに伝わる「バトゥのリャザン襲撃の物語」を原作にした超大作です。バトゥが15万人の帝国軍を連れ、リャザン公国を攻撃した時に、国を守ろうと必死に戦ったロシア兵士の物語です。

Цар_Батий_на_престолі
バトゥは、チンギスハーンの長男ジョチの次男です。

バトゥの西方遠征
1236年春2月、モンゴル帝国第2代皇帝オゴデイの命を受けてヨーロッパ遠征軍の総司令官となり、四狗の一人であるスブタイやチンギスの4男トルイの長男であるモンケ、そしてオゴデイの長男であるグユクらを副司令として出征した。(wikipedia)



個人的には、ネットフリックスの「マルクポーロ」がおすすめです。歴史と多少ずれる話もあったりしますが、やっぱり映像と音が楽しませてくれます。


↑このページのトップヘ