モンゴル情報クローズアップ!

モンゴルの文化、ビジネス、投資、観光、最新話題など幅広い情報をお届けします。(通称:モンゴルなう)

タグ:フフホト

モンゴルの親族組織と政治祭祀

まいど、編集長のタケシです。
新書「モンゴルの親族組織と政治祭祀」(楊海英 著)のご紹介です。

目次
目次
内容

目次


まえがき

第1章 モンゴルの親族組織に関する記録と研究

  1 モンゴル人の記録と記憶
  2 モンゴルの親族組織に関する人類学的研究
  3 日本のモンゴル研究のなかのオボク解釈
  4 先行研究の総括と本書の目的

第2章 オルドス万戸とオルドス地域

  1 モンゴルのなかのオルドス万戸
  2 オルドス地域の歴史
  3 清朝時代の旗制度とオボクの編成
  4 オルドス・モンゴル人の生活

第3章 オボク・ヤス構造

  1 モンゴル人自身のオボクとヤスに対する認識
  2 ヤスの階層性と象徴性
  3 ヤス・タイ・オボク
  4 ヤス・ウグイ・オボク
  5 ヤスの形成と消失に関する仮説

第4章 チンギス・ハーン祭祀とオボク・ヤス集団

  1 チンギス・ハーンの祭殿「八白宮」
  2 祭祀者ダルハトのオボクとヤス
  3 八白宮の祭祀に貫徹された系統理念

第5 章 オボク集団の祭祀

  1 旗ダルハトのオボクとヤス
  2 「旗ダルハト」が主宰する「白宮」
  3 オボク集団の祭祀
  4 オルドス祭祀の全体的調和性と政治的統合性

第6 章 オボク・ヤス構造とその機能の歴史的変容

  1 遊牧社会における「オボク・ヤス構造」
  2 「八白宮」祭祀の統合機能
  3 ヤスとオボクの現状

あとがき

補記――オルドスとウズベキスタン

引用文献

索引

内容


「ヤスをもつオボクは生き残る、ヤスのないオボクはつぶれる」
12代も先祖を遡ることができた血縁の国モンゴル。だが、清朝支配や文化大革命によりオボク(親族組織)は半壊、ヤスも忘却されつつある。本書はヤスのもつ社会的機能と象徴的意義に注目、モンゴル人の政治原理と社会構造を明らかにした大著。

布マスク及び手洗いのフライヤー

まいど、編集長のタケシです。

毎日、コロナのニュースで本当に疲れてきましたね。
でも、もう少し我慢しましょう。

自分や家族のためにも命を大切にしないとね。
ストレスになるかもしれませんがあまり人の多いところ行ったり、会ったりしない方がよいかと思います。

少なくてわたしはそうしています。
本当に、2月からずっと自主自粛してきました。
飲み会、誕生日会は全部キャンセルしています。



そんな中で、教えてドクタープロジェクト、佐久市・佐久市教育委員会
  • 布マスクの使い方
  • 手の洗い方
イラスト付きで紹介及び無料配布しています。

日本語以外に、英語・中国語・モンゴル語版があります。

手洗い 日本語

モンゴルの子どもだけじゃなくて、大人たちにもぜひ知って欲しいなぁと思って制作者の許可を得て掲載したところです。

イラストなども参考に、とにかく石鹸などを使って20妙以上手洗いを頑張って行きましょう。


men-1233544_1920
毎度、編集長のタケシです。
日本にも本格的な冬がやってきましたね。お正月ということもあった、最近モンゴル行く人が結構いるようです。そしてよく聞かれるのは冬のモンゴル、どんな服を着ていけばよいのでしょうかと。
FullSizeRender
それもそうだよね。ほとんど零度すら行かない東京の人たちにはマイナス30度を超えるモンゴルを想像するには無理でしょう。

今までも冬の服装について紹介したことがありますが、今回は安く暖かくて、さらにお洒落を追求したAmazonだけで完全防寒しようというコンセプトでコーディネートしたいと思っています。

上半身の防寒対策インナー





下半身の防寒対策インナー







上半身の防寒対策アウター






下半身の防寒対策アウター






防寒対策ベスト




防寒対策その他(帽子・手袋・靴・靴下)









本来はワークマンで全て揃えようとコンセプトだったのですが、残念ワークマンはAmazonで出店してないようです。

mmexport1577407470864
毎度、編集長のタケシです。
内モンゴル初の地下鉄フフホトメトロ1号線の工事が完了し、抽選で当たった1000人が乗車し、試験運転を行いました。正式な開通は来年の末の予定です。細かい調整が必要だそうです。

mmexport1577407545836
フフホトメトロ1号線(呼和浩特地铁1号线)、東京でいうと東西線になります。金海工业园区からスタートして、空港まで全長21.97km、19の駅(地下16駅、地上3駅)が設置されています。

mmexport1577407698927
全6車両、最高時速80KM、最大収容人数2062人だそうです。小中学生及び60〜69歳の方はチケット半額、70歳以上の方は無料で乗車できます。
f44d305ea4b61ddb230f35
▲フフホト(呼和浩特)、モンゴル語の意味は青い城、だからブルーがオフィシャルカラーになっています。

f44d305ea4b61ddb230f37 (1)
▲なんより、モンゴル文字でフフホトメトロと書いてあるのが嬉しい!

そういえば、北京⇔フフホト間で中国版新幹線が開通したばかりです。所要時間わずか2時間18分!これで北京から中国人のみならず、海外の観光客が増えていくのは間違いないでしょう。



今だに、内モンゴルがどこにあるのか?内モンゴルはモンゴルなのか、中国なのか、別の国なのか知らない日本人がたくさんいてびっくりです。そういう人にはこの本↓↓がおすすめです。

内モンゴルを知るための60章 (エリア・スタディーズ)
ボルジギン ブレンサイン
明石書店
2015-08-01

毎度、編集長のタケシです。
前回内モンゴル行って気が付いたのは日本商品専門店や大手スーパーでの日本商品コーナーがあっちこっちに増えていました。

弊社も内モンゴル向けに日常雑貨を輸出しているので、日々実感しています。

数年前だと高級化粧品がよく売られていましがた、最近だとやっぱり税金のこともあった日用品の方が多いです。
実際うちの取引先は化粧品扱ってないところが多いです。

ベビー用品

子どもようの歯ブラシ、お弁当箱、おもちゃ、オムツ。
68744367_10157659900207652_6267596748001116160_n

衛生用品

こんなものもやっぱり日本製がいいのですね。中国製となにが違うのか分かりません。消耗品は一回使ってくれるとずっと買う傾向があるから売上に大貢献です。
69400245_10157659900252652_1760662108590047232_n

洗剤

一般人にとっては若干高いのですが、中国のサラリーマンだと日常的に使っています。

68748722_10157659900287652_7611223351830249472_n

これはあくまで、内モンゴルの地方の町のスーパーで撮った写真です。フフホトだともっと日本商品を取り扱っているところもっとたくさんあります。
今日はここまで。



↑このページのトップヘ