モンゴル情報クローズアップ!

モンゴルの文化、ビジネス、投資、観光、最新話題など幅広い情報をお届けします。(通称:モンゴルなう)

タグ:ノマド

image
毎度、編集長のタケシです。
島村一平さん編集の「大学生が見た素顔のモンゴル」の献本が届きました!!心より感謝です。

たいへん恐縮です。というのは島村一平さんは文化人類学者で、モンゴル研究学者でもあります。長年モンゴルのシャーマニズムを研究し、それに関する論文などもたくさん出されいる方です。

シャーマニズムという名の感染病――グローバル化が進むモンゴルで起きている異変から
島村一平 / 文化人類学


シャーマニズムに興味ある方にはぜひ読んで欲しい一冊は↓↓↓これです。
増殖するシャーマン―モンゴル・ブリヤートのシャーマニズムとエスニシティ [単行本]

image

では、本題に入ります。

「大学生が見た素顔のモンゴル」はリアルに日本人大学生がモンゴルに留学してそこで見た、経験した、感じたことを書いたものになっています。正式にはモンゴルの文化や社会を勉強した学生たちの卒業論文でもあるそうです。

羊の毛色を見分けたり、馬を自由に乗りこなしたりできるようになって帰ってきたなどの話、面白さ満点です。内容もそうなんですが、卒論を書籍にするって発想はいいですね。逆に、モンゴルの大学でも導入して欲しい。

大学生が見た素顔のモンゴル [単行本] 

目次
はじめに                        島村一平
第1部 素顔の遊牧民
第1章 モンゴル遊牧民の子育て             平野あんず
第2章 タイガと草原に生きる遊牧民
     −フブスグル県のダルハド遊牧民との生活体験から    西口佳那
第3章 モンゴル遊牧民の馬の個体認識をめぐって
     −毛色を中心に                  吉村友里

第2部 街の素顔
第1章 モンゴル人のヘルール(口喧嘩)の技法      安藤晴美
第2章 幽霊譚から読み解く現代モンゴル社会       北田昂大
 第3章 モンゴルの学校には「いじめ」がない?      柴田友登

第3部 「伝統文化」の相貌
第1章「伝統」という概念のゆらぎ
     −モンゴル舞踊をめぐる「伝統」観の世代間格差      今井冴香
第2章 演じ分けられた民族音楽
     ―モンゴル国における2種類のカザフ民族音楽の創造    八木風輝

第4部 日本とモンゴルの接点をみつめる
第1章 比較してみた日本とモンゴルの歴史教科書
―元寇・ノモンハン事件・第二次世界大戦        樗木佳奈
第2章 柔道・レスリングは、モンゴル相撲の一部なのか?
−ウランバートルのモンゴル相撲道場の事例から       平山開士

あとがき                         島村一平







ブログネタ
海外旅行 に参加中!
ger6
ゲルの上でこれやると、お行儀が悪い。
ger2
ゲルは小丸と大丸二個あるけどね、非科学的な作り。
ger3
デザインがいい感じ。
ger4
ヨーロッパって感じ。
ger5
荷物が多い、遊牧には適してない。
ger7
ドアがiPhoneのケースにしか見えない、でもかわいい。

毎度、編集長のタケシです。
モンゴルネタにぴったりの情報があったので展開しておきます。
海外のアウトドア用品を販売しているサイトになんとモンゴルの住居ゲルに似たようテント「Jero」というのがありました。
価格は4,500ポンド、日本円にして80万近いということです。


私にズバリ言わせば「重い、弱い、悪い」というマイナス評価しかありません。
モンゴルのゲルと違って周りの壁が全て木でできたため持ち運び難い、おもい荷物になりそう。そして風通しが悪い。湿気や冬の寒さに弱いでしょうね。湿気のあるところだと木が変形しやすいからね。

そこまで言うならモンゴルのゲルがどんなもんか知りたがるでしょうね。
 たった、1時間でゲルを組み立てるモンゴルの遊牧民たちの映像をご覧ください。

 


1時間程度でゲルを組み立てるモンゴルの遊牧民たち

進化するモンゴルのゲル、もはや贅沢品

 

seminar

@毎度、編集長のモリンホールです。 

第3回東方ユーラシア・ノマッド文化研究国際シンポジウムのお知らせです。
なお、3月20日のお知らせはこちらです。
 
3月21日:千葉大学人社研棟2階 グラジュエイトラウンジ

9:30−10:30 
サランゴワ(千葉大学特別研究員)
「ブォ(シャマン)の守護霊と文化伝承ー内モンゴル・ホルチン地方のオンゴデ
ィン・タブン・テングリ祭祀儀礼を中心に」

10:30−11:30 
バヤリタ(千葉大学人文社会科学研究科・前期課程)
「民間植物利用―薬用植物について(仮)」

11:30−12:30 
ディスカッション

12:30− 
あいさつ 中川裕(人文社会科学研究科長・教授)

16:00−17:30 
フィールド実習報告会
(スリグリン、田中、吉田、今井)
                
18:30〜 懇親会
 

 ユーラシア横断1万5000キロ: 練馬ナンバーで目指した西の果て
ユーラシア横断1万5000キロ: 練馬ナンバーで目指した西の果て [単行本]

seminar

@毎度、編集長のモリンホールです。 

第3回東方ユーラシア・ノマッド文化研究国際シンポジウムのお知らせです。

主催:グローバル人材育成推進事業

共催: 2012年度千葉大学地域研究センター主催プロジェクト
「モンゴル高原における文化資源の生成と保全にかんする研究」第5回研究会
第25回モンゴル研究会

日時:2013年3月20日(水)10:00〜18:30
場所:千葉大学西千葉キャンパスhttp://www.chiba-u.ac.jp/access/
JR総武線「西千葉」駅下車徒歩3分

3月20日:千葉大学文学部棟1階 102講義室

あいさつ 朝戈金(中国社会科学院民族文学研究所長・教授)

10:15−11:15 
荻原眞子(千葉大学名誉教授)
「ユーラシア口承文芸の二つの様態」

11:15−12:15 
朝戈金(中国社会科学院民族文学研究所長・教授)
「モンゴル詩史学説史 」

13:45−14:45 
ダムリンジャブ(中国社会科学院民族文学研究所・教
授)
「オイラド英雄民話と叙事詩における『黄色の太陽に拝む、脛骨を握る』という
モチーフについて」

14:45−15:45 
スチンバト(中国社会科学院民族文学研究所・教授)
「『ゲセル』、ゲセル風物伝説とゲセル学―巴林『ゲセル』詩史文化生態研究」

16:00−17:00 
タヤ(内モンゴル大学蒙古学院・教授)
「21世紀中国『ジャンガル』出版について」

17:00−18:00 
藤井真湖(愛知淑徳大学・准教授)
「『元朝秘史』のモンゴル英雄叙事詩的研究」

19:00~ 
懇親会(事前連絡必要)
 

「ノマド」という言葉を最近よく聞きます。一体ノマドとはなんなんですか?
面白いつぶやきがありましたのでUPしてみました。





↑このページのトップヘ