モンゴル情報クローズアップ!

モンゴルの文化、ビジネス、投資、観光、最新話題など幅広い情報をお届けします。(通称:モンゴルなう)

タグ:チンギスハン

history-702355_640

毎度、編集長のタケシです。
日本モンゴル文化交流会、第13回チンギスハン祭典のお知らせです。


開催日時
2018年4月8日(日) 11:00〜15:00

開催会場
大阪市扇町公園

開催内容
モンゴル書道、モンゴル相撲、馬頭琴の演奏などがあります。

なお、モンゴル相撲でトーナメント勝ち残った4名に賞金があるそうです。
ご興味ある方ぜひ行ってみて下さい。


モンゴル時代の「知」の東西 上
宮 紀子
名古屋大学出版会
2018-03-09

FullSizeRender

毎度、編集長のタケシです。
先月15日に発行後、チンギスハン侮辱問題で大炎上した月刊『コロコロコミック』、本日発売の当誌では、編集部から読者へのお詫びのコメントが掲載されている事を確認しました。

チンギス・ハーン冒涜にはなぜモンゴル民族は激怒するのか?

コロコロコミック大炎上、在日モンゴル人による講義デモ

IMG_2451

なお、一連の騒動に関しては、当サイトを読んでたら分かるかと思いますが、編集部からの詫びのコメント掲載は、在日モンゴル人による騒動収束の条件の一つでもあります。なので得に驚くことはありません。

コロコロコミックのチンギス・ハン侮辱問題で出版社と作者が行うべきこと

近年、わざとこのような騒動を起こし、商品の知名度や売り上げを高めるという炎上商法を行っている企業は少なからずあります。消費者も、経営者も、今一度本来の企業のあり方をもう一度考えるべきではないでしょうか。

モンゴル時代の「知」の東西 上
宮 紀子
名古屋大学出版会
2018-03-09



先週からSNSで大炎上されている、例の小学館発行の『コロコロコミック』3月号に対して、本日は在日モンゴル人(モンゴル国及び内モンゴル)100人くらい、小学館本社前で抗議のデモを起こしました。

デモ参加者は「小学館謝罪しろ」「侮辱は許さん」と訴え、謝罪と出版物の回収を求めました。

そして、デモの代表が小学館に抗議の文書を渡す予定でしたが、受付してくれなかったとのことです。

今回のデモは小学館が23日にモンゴル大使館に渡した謝罪文の内容が、あまりに敬意を感じなかったと在日モンゴル人の怒りを買ったようです。



昨日から在日モンゴル人が総動員してジュンク堂書店、紀伊国屋書店など主要書店で販売停止(3月号)を求めたところ、ほとんどの業者さんが理解を示し、販売を取りやめたようです。

なお、小学館宛ての抗議文を受け取らなかった事に関して、デモ参加者の代表はFacebook で「われわれは来週満足な回答をもらえない場合、世界各国のモンゴル同胞に呼びかけて世界規模の抗議活動を行い、小学館の卑劣な行為を全世界に訴えていく。もちろん法的手段も辞さたい所存である。」と発表しています。

チンギス・ハーン冒涜にはなぜモンゴル民族は激怒するのか?

コロコロコミックのチンギス・ハン侮辱問題で出版社と作者が行うべきこと

毎度、編集長のタケシです。
朝青龍も激おこぷんぷん丸「先祖バカにするお前ら‼️品格がない日本人‼️」とつぶやいた。

そのわけは、この漫画↓↓↓↓↓
現在、Facebookを初めSNSで絶賛炎上中。いくらなんでも酷い。国際問題になるのは間違いない。出版側からの謝罪を強く求めます。激しく拡散希望!!!
    
モンゴルの元大相撲力士たちがモンゴルで買春勧誘!?
http://mongol.blog.jp/2014/06/10/51797708 



top

「チンギス・ハンの墓はどこだ?」は、くもん出版の本だけあり、小学生でもわかりやすく読みやすい文章になっています。


この本では、チンギスハーンの3つの大きな謎について書かれています。


大きく分けて、「何故、巨大帝国を作れたのか」、「何年に生まれたのか」、「死んだ後にどこに埋められたのか」について記載されています。


モンゴル考古学の専門家である白石先生が、わかりやすくモンゴルの文化、歴史などについて解説されています。

2


以下、核心に迫っている部分を引用させて頂きます。


引用・・・

墓の場所は「元史」を見ると「チェーリン谷」、700年ほど前に書かれたペルシャ語の書物「集史」には「ブルハン山」と出てきます。

でも、かんじんの「チェーリン谷」、あるいは「ブルハン山」という場所が、今のモンゴルじゅうを探してもどこにも見当たらないのです。


〜(略)


チェーリン谷がどこかを推理するようになりました。
その結果、「チェーリン谷」はヘルレン川の近くだということになりました。
また、「ブルハン山」は、ヘンティー山地にあるヘンティー・ハーンという山だという伝説がモンゴルには古くからありました。

ヘルレン川もヘンティーハーン山もチンギスのふるさとだから、そのあたりに墓をつくった可能性は高いでしょう。


こういった流れから、日本とモンゴルの代表が話し合い、1990年4月、墓探しプロジェクトが始りました。


(略)〜

以後、ゴルバンゴル調査は、チンギスを神様のように考えているモンゴル人の反対や日本のバブル崩壊による会社の調査費用の出資中止などにより、1993年を最後に調査は中止になったそうです。


核心をつく調査の流れについては上記のようになっていますが、この本には"墓のこと以外にも様々なモンゴルのこと"が書かれているので、総合的に楽しめる本になっています。


〇前調査一般調査B量と掘ダ依Δ泙箸瓠といった考古学調査の方法についても記載されているので、考古学好きにもおすすめです。



結局のところ、チンギスの墓は見つかっていないというのは周知の事実ですが、墓のある場所の可能性にせまった面白い本だと感じました。


チンギスハーンの墓がどこにあるのかについては、モンゴルの方はもちろん、研究者や考古学者を筆頭に世界中の方がロマンを感じている「謎」だと思いますが、モンゴル関連のおすすめの本だと思います。



↑このページのトップヘ