モンゴル情報クローズアップ!

モンゴルの文化、ビジネス、投資、観光、最新話題など幅広い情報をお届けします。(通称:モンゴルなう)

タグ:チンギスハン

top

「チンギス・ハンの墓はどこだ?」は、くもん出版の本だけあり、小学生でもわかりやすく読みやすい文章になっています。


この本では、チンギスハーンの3つの大きな謎について書かれています。


大きく分けて、「何故、巨大帝国を作れたのか」、「何年に生まれたのか」、「死んだ後にどこに埋められたのか」について記載されています。


モンゴル考古学の専門家である白石先生が、わかりやすくモンゴルの文化、歴史などについて解説されています。

2


以下、核心に迫っている部分を引用させて頂きます。


引用・・・

墓の場所は「元史」を見ると「チェーリン谷」、700年ほど前に書かれたペルシャ語の書物「集史」には「ブルハン山」と出てきます。

でも、かんじんの「チェーリン谷」、あるいは「ブルハン山」という場所が、今のモンゴルじゅうを探してもどこにも見当たらないのです。


〜(略)


チェーリン谷がどこかを推理するようになりました。
その結果、「チェーリン谷」はヘルレン川の近くだということになりました。
また、「ブルハン山」は、ヘンティー山地にあるヘンティー・ハーンという山だという伝説がモンゴルには古くからありました。

ヘルレン川もヘンティーハーン山もチンギスのふるさとだから、そのあたりに墓をつくった可能性は高いでしょう。


こういった流れから、日本とモンゴルの代表が話し合い、1990年4月、墓探しプロジェクトが始りました。


(略)〜

以後、ゴルバンゴル調査は、チンギスを神様のように考えているモンゴル人の反対や日本のバブル崩壊による会社の調査費用の出資中止などにより、1993年を最後に調査は中止になったそうです。


核心をつく調査の流れについては上記のようになっていますが、この本には"墓のこと以外にも様々なモンゴルのこと"が書かれているので、総合的に楽しめる本になっています。


〇前調査一般調査B量と掘ダ依Δ泙箸瓠といった考古学調査の方法についても記載されているので、考古学好きにもおすすめです。



結局のところ、チンギスの墓は見つかっていないというのは周知の事実ですが、墓のある場所の可能性にせまった面白い本だと感じました。


チンギスハーンの墓がどこにあるのかについては、モンゴルの方はもちろん、研究者や考古学者を筆頭に世界中の方がロマンを感じている「謎」だと思いますが、モンゴル関連のおすすめの本だと思います。



list-genghis-khan-2-E
毎度、編集のタケシです。
毎年この時期に開催される「日本・モンゴル文化交流〜チンギス・ハーンの祭礼」、今年で12回目です。

開催日程
2017年4月9日(日) 午前11時〜午後3時

開催場所
大阪市扇町公園 地下鉄堺筋線「扇町駅」より徒歩1分

モンゴル料理、ゲルの組み立て体験、モンゴル書道、モンゴル相撲などがあるそうです。
ご興味ある方ぜひ行ってみてください。

個人的には、この程度のイベントでわざわざ チンギス・ハーンの名前を使うのはいかがなものかと思ます。


 

2017-03-03-18-51-20
毎度、編集長のタケシです。
人生初蒙古タンメン中本に挑戦しました。

挑戦という言葉に注意を!
日本のラーメンは美味しくて、食べるのが好きです。
その中でも僕は家系のコッテリラーメンが大好きです。

昔、大阪の門真に住んでいた時に天下一品という店で半年間バイトしたことがあります。あの時はスープ全部飲み干してたけどね。明らかに太り始めたので、ラーメンをあまり食べないようにしました。今は月二回ほどかな。

ずっと前から、気になっていた蒙古タンメン中本へついに行ってきました。

辛(から)くて、辛(つら)くてマジ無理でした。
北方生まれなのに辛いのは苦手です。韓国料理とか、タイ料理とか基本辛いからあまり食べないのですが、蒙古タンメン中本の辛さは恐らくそれらの数十倍です。

日本に数多く「モンゴルに関係ないモンゴル」が存在しています。
蒙古タンメン中本のどこがモンゴルかよ?!
無理やりにモンゴルというキーワードを探しても見つからなかったです。(汗→ハンではなくあせの方w)

今後、ゆっくり時間をかけて全て挑戦していきたいと思います。
あなたの周りにも、これがモンゴル?へんじゃない?という情報あったらぜひコメントしてくださいね。 

2017-03-03-18-56-03

▲蒙古タンメン中本はインスタントラーメンも発売しているよ!



モンゴルに関係ないモンゴル!?

ベビースターラーメン

モンゴ流シャンプーとモンゴルの関係とは?

↑このページのトップヘ