モンゴル情報クローズアップ!

モンゴルの文化、ビジネス、投資、観光、最新話題など幅広い情報をお届けします。(通称:モンゴルなう)

タグ:タバントルゴイ

Top 20 Index
△Top 20 Index

毎度、編集長のタケシです。
いよいよ来週から6月まで内モンゴルへ、そして6月から7月まではモンゴルへ行って来ます。

新モンゴル空港での日系企業の代理店作りなどビジネスの話がメインではありますが、モンゴルの情報を発信する以上、もっとモンゴルの事情、知識を極めないといけないと思って、長く滞在する予定です。

では、本題に入ります。
日本では桜が咲き(もう散っているけど)、アベノミクス効果が全開の中ですが、モンゴルはという先日まで雪が降ったり、経済だってよくない状態です。

モンゴルの上場企業トップ20の指数を見れば分かりますが、昨年は例年に比べて上昇したもの11月をピークにして下降しています。
ちなみに、この上昇は中国による石炭輸入再開が主な原因であって、モンゴル経済そのものがよくなったわけではないです。

そもそも、モンゴルの上場企業TOP20(指数)にどんな会社があるのか知り合いよね。トップ3までは詳しく書きますが、それ以外は省略しました。本気で投資するなら自力でリサーチしないとね。

Symbol Company name Business description
1 TTL Tavantolgoi Coal mining
2 GOV Gobi Textile production
3 APU APU     Food production
4 TCK Talkh-Chikher Food production
5 NEH Darkhan Nekhii Fur and leather processing and garments manufacturing
6 SUU Suu     Food production
7 BNG Bayangol Hotel Hospitality
8 MNP Mongolian post Postal service
9 MIE Materialimpex Wholesale trade
10 UID Ulsyn ikh delguur Retail trade
11 HGN Khukh gan Metal production
12 GTL Gutal     Property management
13 BDS B D Sec     Financial services
14 MMX Makhimpex Food production
15 EER Arig gal Textile production
16 SHV Shivee Ovoo Coal mining
17 ADL Aduunchuluun Coal mining
18 MIK Mongolian Mortgage Corporation  Financial services
19 MCH Telecom Mongolia Telecommunication
20 SHG Sharyn Gol   Coal mining

Tavantolgoi (TTL)

鉱業(石炭)
1966年に設立された主に石炭を輸出している会社です。
主要株主は地方政府51%の株を持っています。タバントルゴイは日経に記事が度々掲載されており、世界最大規模の開発中の炭鉱と言われています。日本の住友商事が現地子会社を通じてコマツの鉱山機械などを提供しいます。
Tavantolgoi
△2011年のSというのは、ちょうどWBSでモンゴル投資が熱いと紹介されてて、どちらかと言うと日本人投資が買われたと思われます。悪く言えば、仕込まれてたものです。それ以降出来高が全然ありません。

Gobi (GOV)


繊維生産
1981年に日本政府の支援で設立され国営企業だったのですが、2007年に民営化されました。日本でもモンゴルのカシミア製品がたくさん売られているのですが、そのほとんどがゴビ社が生産したものです。

△出来高はそこまでないのですが、まぁまぁ取引されてて、上昇しているからこれは企業本来の株価を表していると思います。

APU (APU)

ウオッカ、ビール製造など。
1924年に設立したモンゴルではかなり古い会社になります。
日本ではAPUと言っても今一ピンとこないかもしれませんが、Chinggis KhanウォッカやGolden Gobiビールなど有名なブランドを創出している会社です。



APU
△人口が増えているにもかかわらず、株価が一昨年に比べて下がっているということは、直接景気がよくないと判断していいでしょう。アルコール人口が減るには別にいいことだけどね。

PR モンゴルの市場調査・進出支援ならモンゴル商事にお任せ下さい。

モンゴル時代の「知」の東西 上
宮 紀子
名古屋大学出版会
2018-03-09


ブログネタ
ビジネスな毎日♪ に参加中!
2015-02-11-09-58-19

毎度、編集長のタケシです。
ついに、日・モンゴルがEPA締結決定、経済分野での連携強化に一致。

日本モンゴルEPAのポイントとは:
  1. 排気量4500CC以下の日本製自動車の輸出関税が即時撤廃
  2. 今後10年間かけて両国間の貿易額の9割以上で関税を無くす
  3. モンゴルの首都ウランバートルの新国際空港の建設に日本から追加で368億5000万円の経済支援を行う
  4. 世界最大規模のタバン・トルゴイ炭鉱の開発プロジェクトに日本企業連合が落札(予定)

一言でいうと、日本はモンゴルに資金援助と技術提供し、その替わりモンゴルの石炭などの鉱物資源を安く+安定的に調達してもらうということでしょう。
 
個人的には、モンゴルはもっと観光をPRし、物と物の交換よりも、人と人の交流を増やして欲しいところです。モンゴル観光資源はあるものの、夏の時期が短いため、そこがネックだと思う。冬の特長を活かして、新たな観光資源を掘り出せば、それなりの外貨取得に成功するだろう。


【参考したニュース一覧】

日・モンゴルがEPA締結、経済分野での連携強化で一致
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2416546.html

モンゴル炭鉱開発 日本企業が落札へ
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150210/k10015371851000.html

日本・モンゴル 経済連携協定を締結
http://www.news24.jp/articles/2015/02/11/04269002.html


昨日は亜州IR株式会社主催のモンゴル投資勉強会に行って来ました。
講師はモンゴル証券会社、フロンティア証券のCEOでもある井形さんでした。


今回のセミナーの主な内容は:

  • モンゴル経済の概要
  • モンゴル鉱山業の成長性
   オユトルゴイの直近の状況
   タバントルゴイ入札の最新情勢
  • 直近のモンゴルの政策、経済情勢が鉱山業に与えるインパクト
  • 国営企業の民営化の状況
  • モンゴルの今後の見通しと投資家に対するアイデア
227
モンゴル投資、モンゴル株口座開設は フロンティア証券が一番お勧めです。


セミナーの最後に個人の質問などに答えてくれて、非常に勉強になりました。
やっと今年からモンゴル関連のニュースや情報が日本に入ってくるようになりました。
これからはやっぱり資源大国モンゴルが注目していくのではないかと思っています。

ちなみに、テレビ東京のワールドビジネスサテライト(WBS)で、
1月24日(月)モンゴルへの投資に関する番組が放送するそうです。
モンゴル株、モンゴル投資に興味がある方是非番組を見て、最新の情報をキャッチして下さい。



私たちモンゴル商事は正にこの時期が来ると先読み、
日本企業のモンゴル進出をサポートする会社として10カ月前に設立しました。
当社の強みと言えばモンゴル出身の優秀なスタッフの確保,モンゴル現地企業との
強力なネットワークを持っていることです。

モンゴルビジネス、モンゴル投資にご質問などあれば気軽いにご相談下さい。

にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ

↑このページのトップヘ