モンゴル情報クローズアップ!

モンゴルの文化、ビジネス、投資、観光、最新話題など幅広い情報をお届けします。(通称:モンゴルなう)

タグ:スーホの白い馬

 YouTubeでモンゴルの音楽を聴いているとき、馬頭琴奏者のジグジットドルジさんが「Ehiin setgel shig」(エヒーン・セトゲル・シル)という作品を演奏している映像を見つけた。日本語に置き換えると「母の心のように」という作品。シャラブが作曲した。とても穏やかで優しい音色に聴き入ってしまった。
 シャラブは2019年7月に亡くなっている。映像は、その1年前に収録された。馬頭琴を愛するモンゴル人留学生によると、楽譜には「妻に捧げる」と書いてあるそうで「闘病中に奥さんやお母さんを思いながら作曲したようです」と解説してくれた。
 YouTubeには、ピアノ伴奏の映像とオーケストラと共演するものと二つあるが、オーケストラ版をお聴きください。



 映像では、演奏開始前、ジグジットドルジさんの緊張しているような表情がうかがえる。シャラブといえばモンゴルを代表するような作曲家だ。闘病中の偉大な作曲家を思いながら、気合を込めているようにも見える。
 ジグジットドルシさんが演奏するものでは、私は「Bi chamd hairtai」(ビー・チャムド・ハエルタェ)もよく聴く。英語では「I love you」という作品。ジャンツンノロブという、シャラブと並ぶ大作曲家による映画音楽で、題名の通りロマンチックな甘い香りのするメロディーだ。

 
この映像では、ピアノに続いてジグジットドルジさんが登場する。背景の馬頭琴奏者の中に、オヤンガさんという信州大学留学生のお母さんの姿もあり、その意味でも、私にとっては身近な映像になっている。
 私は、昨年10月、訪モした際、ジグジットドルジさんにお会いした。モンゴル人の友人を介してお会いしただけだが、そのとき、サイン入りの音楽CDを2枚いただいた。私は、お礼に、仙台名産、白松が最中のミニようかんセットを差し上げた。これでは、釣り合いが取れないかもしれない。ほんの気持ちだけです。
 馬頭琴というと、民俗音楽に結び付けられがちだが、クラシック音楽にも、どんどん進出していってほしい。モンゴルらしいクラシック音楽ができるのではないか。

▽森修 もり・しゅう
1950年、仙台市生まれ。元河北新報記者。1998年、山形市で勤務していたとき、たまたま入ったバーでアルバイトしていたモンゴル人の留学生と出会う。以来、モンゴルの魅力に取りつかれ、2005年「モンゴルの日本式高校」、2012年「あんだいつまでも新モンゴル高校と日本」をそれぞれ自費出版。



毎度、編集長のタケシです。
最近中国向けの貿易が忙しくてブログの更新があまりできてません。

友人らが演奏する「ASAR国際馬頭琴アンサンブル」のお知らせです。

ASAR 馬頭琴


公演日時
2019年5月18日(土) 19:00〜

公演場所
銀座王子ホール


チケット予約
チケット4000円 / 全席自由



毎度、編集のタケシです。

馬頭琴とは、モンゴルの民族楽器。2弦の擦弦楽器で、弦・弓とも馬の毛を用い、胴は台形、棹(さお)の先端に馬の頭部の彫刻がある。

現在、首都圏を中心に活動している馬頭琴&ホーミー演奏、より多くの方にモンゴルの音楽や伝統楽器馬頭琴を親しんで もらえるよう、馬頭琴の出張演奏を行っています。 スクールコンサートやサロンコンサート、発表会でのゲスト演奏、小学や老人ホームなどでの演奏も承って おります。

演奏日時、場所、内容、ご予算をご記入しお問い合わせ下さい。


お仕事のご依頼・取材・出演に関するお問い合わせ
e76ff7cd
上記のGメールへ。




1. 乌优代

2. 郷愁

3. 土尔格特故乡

4. 嘎达梅林

5. 思乡曲

 


馬頭琴工房の見学、馬頭琴購入される方もご連絡下さい。





モンゴル/チ・ボラグの馬頭琴
チ・ボラグ
キングレコード
2008-07-09


「スーホの白い馬」の真実 モンゴル・中国・日本それぞれの姿

毎度、編集長のタケシです。
新書発売のお知らせです。


「スーホの白い馬」の真実 モンゴル・中国・日本それぞれの姿

著者は内モンゴル出身のミンガド・ボラグ氏。

目次

まえがき

●第一部 日本における「スーホの白い馬」の受容

第一章 「スーホの白い馬」の始原を探る
  1 「スーホの白い馬」の原典は何か
  2 「スーホの白い馬」の出典
  3 絵本『スーホの白い馬』の初版年
  4 中国語版「馬頭琴」と「スーホの白い馬」の相違点
  5 「スーホの白い馬」の教科書版と絵本版の表現の違い
  6 「スーホの白い馬」における大塚勇三の役割
  7 「スーホの白い馬」における赤羽末吉の役割

第二章 日本人のモンゴル草原への憧れの産物としての「スーホの白い馬」
  1 チンギス・ハーン廟の壁画の制作に関わった赤羽末吉
  2 チンギス・ハーン廟を巡る日本人とモンゴル人の駆け引き
  3 「スーホの白い馬」ゆかりの地である貝子廟
  4 絵本『スーホの白い馬』にみられる貝子廟地域
  5 絵本『スーホの白い馬』にみられる赤峰地域
  6 赤羽末吉の絵に関する二、三の考察
  7 モンゴル草原を巡る大日本帝国
  8 「スーホの白い馬」ゆかりの地で行われたソ連兵による虐殺
  9 ソ連兵の虐殺を目撃した九才の子ども
  10 モンゴル人の回想に登場する日本人の絵描きは赤羽末吉だった?

第二部 中国による「スーホの白い馬」の改編

第三章 「階級闘争」にすりかえられた中国語版「馬頭琴」
  1 「馬頭琴」のオリジナル話について
  2 モンゴル国で語られている馬頭琴起源伝説「フフー・ナムジル」
  3 白い馬は射殺されたのではない
  4 「馬頭琴」にみられる不自然な点
  5 「馬頭琴」が創作された理由
  6 モンゴルの民間説話にみられる階層対立の代表作
  7 『バルガンサンの物語──殿様をからかった』
  8 スーホは殿様を憎んでいなかった
  9 「階級闘争」の狙いは何だったのか
  10 創作文学としての「馬頭琴」に秘められた「スーホ」という名前の象徴性
  11 創作文学としての「馬頭琴」に隠された隠喩

第四章 共産党政権や市場経済下における内モンゴルの文芸作品
      ──中国語版「馬頭琴」と対比して
  1 階級闘争のプロパガンダに変身したモンゴル民話「アルマスの歌」
  2 「アルマスの歌」のもととなったモンゴル民話
  3 共産党の「賛歌」に変身したモンゴル民謡
  4 「賛歌」のもととなったモンゴル民謡
  5 「資源」として利用されたモンゴル文化「狼圖騰」
  6 モンゴル人が釈然としない文化資源「狼圖騰」

第三部 「スーホの白い馬」に垣間みるモンゴル文化

第五章 民族楽器としての馬頭琴の「誕生物語」
  1 「馬頭琴」という名前は日本人が命名した?
  2 「馬頭琴」は日本人が命名した説を巡る論争
  3 モリン・ホール(馬頭琴)は総称である
  4 馬頭琴の度重なる改良やその歴史的背景
  5 そもそも馬頭琴はシャーマンの道具だった?
  6 馬頭琴はスーホではなく、ボルラダイフーによって作られた?

第六章 「スーホの白い馬」にみられる文化的教育論
  1 白い馬は単なる家畜ではない
  2 白い馬はコンパニオン・アニマルではない
  3 白い馬は「フゥールヒ・アミタン」である
  4 「スーホの白い馬」にみられる「お仕置き論」
  5 家畜は子どもにとって「反面教師」でもある
  6 白い馬の死から学ぶ「いのちの教育」

第四部 「スーホの白い馬」の故郷はいま

第七章 「スーホの白い馬」の故郷から黄砂の発祥地として知られた「モンゴル」
  1 「スーホの白い馬」は中国の話なのか
  2 なぜ「スーホの白い馬」は「中国の北の方、モンゴルには……」と始まるのか
  3 「スーホの白い馬」の故郷から黄砂の発祥地として知られた「モンゴル」
  4 黄砂を引き起こした犯人だとされた「白い馬」たち
  5 黄砂を起こした「真犯人」
  6 草原に砂漠がないと家畜が困る
  7 モンゴル草原では家畜の糞も資源である
  8 黄砂は「白い馬」のせいで起きているんじゃない

まとめとして
あとがき
主な参考・引用文献 


 

今更、「スーホの白い馬」とはなんだっけと思う方はらこちらへ。 

ブログネタ
ライブに行って来ました。 に参加中!

モンゴル音楽と馬頭琴


毎度、編集長のタケシです。
公演「モンゴル音楽と馬頭琴の魅力」のお知らせです。

開催日時
2015/11/21(土)14:30 開演  ( 14:00 開場 )

開催会場
久留米石橋文化ホール (福岡県)

全席自由
大人 2500円 / 小人1000円
 
チケットはこちら

内モンゴル出身の女性馬頭琴奏者、ドランが奏でるモンゴル伝統楽器馬頭琴の音色、モンゴルの民謡から日本の歌謡、クラシックまで、ソロはもちろん、ピアノ、バイオリン、コントラバスと一緒に馬頭琴の魅力を感じましょう。 

特別ゲストには友人のイリナが登場するそうです。
馬頭琴の公演は福岡に中々ないのでぜひ行ってみてください。 

美麗的大草原
イラナ
日本コロムビア
2005-04-20


関東周辺で馬頭琴の演奏をみたい、コンサートをやって欲しいという方はぜひ連絡ください。私は馬の耳を引けない(弾けない)ので友人の馬頭琴演奏者たちを紹介します。

馬頭琴奏者ドラン official web site
http://www.doranbatokin.com/
 
ジョークで知るモンゴル
オクチャブル ツェレンジャルガル
新潮社
2015-03-31


↑このページのトップヘ