モンゴル情報クローズアップ!

モンゴルの文化、ビジネス、投資、観光、最新話題など幅広い情報をお届けします。(通称:モンゴルなう)

タグ:シャーマニズム

image
毎度、編集長のタケシです。
島村一平さん編集の「大学生が見た素顔のモンゴル」の献本が届きました!!心より感謝です。

たいへん恐縮です。というのは島村一平さんは文化人類学者で、モンゴル研究学者でもあります。長年モンゴルのシャーマニズムを研究し、それに関する論文などもたくさん出されいる方です。

シャーマニズムという名の感染病――グローバル化が進むモンゴルで起きている異変から
島村一平 / 文化人類学


シャーマニズムに興味ある方にはぜひ読んで欲しい一冊は↓↓↓これです。
増殖するシャーマン―モンゴル・ブリヤートのシャーマニズムとエスニシティ [単行本]

image

では、本題に入ります。

「大学生が見た素顔のモンゴル」はリアルに日本人大学生がモンゴルに留学してそこで見た、経験した、感じたことを書いたものになっています。正式にはモンゴルの文化や社会を勉強した学生たちの卒業論文でもあるそうです。

羊の毛色を見分けたり、馬を自由に乗りこなしたりできるようになって帰ってきたなどの話、面白さ満点です。内容もそうなんですが、卒論を書籍にするって発想はいいですね。逆に、モンゴルの大学でも導入して欲しい。

大学生が見た素顔のモンゴル [単行本] 

目次
はじめに                        島村一平
第1部 素顔の遊牧民
第1章 モンゴル遊牧民の子育て             平野あんず
第2章 タイガと草原に生きる遊牧民
     −フブスグル県のダルハド遊牧民との生活体験から    西口佳那
第3章 モンゴル遊牧民の馬の個体認識をめぐって
     −毛色を中心に                  吉村友里

第2部 街の素顔
第1章 モンゴル人のヘルール(口喧嘩)の技法      安藤晴美
第2章 幽霊譚から読み解く現代モンゴル社会       北田昂大
 第3章 モンゴルの学校には「いじめ」がない?      柴田友登

第3部 「伝統文化」の相貌
第1章「伝統」という概念のゆらぎ
     −モンゴル舞踊をめぐる「伝統」観の世代間格差      今井冴香
第2章 演じ分けられた民族音楽
     ―モンゴル国における2種類のカザフ民族音楽の創造    八木風輝

第4部 日本とモンゴルの接点をみつめる
第1章 比較してみた日本とモンゴルの歴史教科書
―元寇・ノモンハン事件・第二次世界大戦        樗木佳奈
第2章 柔道・レスリングは、モンゴル相撲の一部なのか?
−ウランバートルのモンゴル相撲道場の事例から       平山開士

あとがき                         島村一平







top

「シャーマンの世界」は、シャーマンとは何か!?に始まり、現代とシャーマニズムに渡るまで様々なシャーマンについての内容が記載されている本です。


2

豊富な写真や挿し絵などで楽しく読めるので、小難しくなく、わかりやすい解説書になっています。

シャーマン的観念は非常に微妙なものであり理解に際しては、翻訳が誤解を生むとのことで一概には説明出来ませんが、この本では、歴史や宗教との関連、シャーマンの種類など、様々な角度からシャーマンの側面が記載されています。


シャーマンを簡単に説明すると、シャーマンは医師であり、祭司であり、ソーシャルワーカーであり、霊能者でもあるとのことです。


自らのコントロールの元に、魂を異界にとばし、普通の人々には見えにくい霊と交渉することで、この世の様々な問題を解決する人々のことを言います。

3

本の中には、「スターウォーズは古いシャーマン的テーマの現代版と言え、シャーマン的戦いを非常によく反映している。」などのシャーマンの側面の記述もあり、楽しく読めます。

特にしっくりきたのは、「シャーマンの力とは何か」の項目の「場所の力」という記述でした。

シャーマンは天を崇拝することから、自然環境が豊かな場所が必要とされています。

力が集まると言われるアリゾナ砂漠やネイティブアメリカンが考える「神が立ち止まった場所」に立ち、健康と祝福を得よう。という月も星も風も神とともにあるという観念に通ずるとも感じました。

4


モンゴル、シベリアのシャーマンはもちろん、エスキモーのシャーマンやアマゾンシャーマニズムとの違いなどについても書かれています。


シャーマンという言葉は、キリスト教がそれほど狂信的でない時代に、ロシア正教の祭司によって持ち込まれ、シャーマンを神ではなく悪魔に仕える宗教者と見たそうです。


モンゴルやシベリアは古くからシャーマンが力を持つ地域で、シャーマニズムと言うとき、厳密にはシベリアとモンゴルの宗教を指すと言えるそうです。




この本は、単にモンゴルに興味のある人はもちろん、伝統や土地、霊と魂、宇宙などとの関連性も書かれているので、スピリチュアルに興味のある方にもおすすめです。


「シャーマンの世界」は、シャーマンについて幅広く取り扱いながら、浅過ぎず、初めて「シャーマン」という言葉を聞く人にも、詳しい人にも楽しめる1冊だと感じました。



モンゴル宗教4

もんごるレポート2006 モンゴルの宗教について −シャーマニズムー


結論
モンゴルではシャーマニズムを信仰する人が年々増えています。私はシャーマニズムについて書きました。私はシャーマニズムを信仰しています。なぜなら、父が病気になった時にシャーマンが私の父の病気を治してくれたからです。私は父と一緒に田舎に住んでいました。父は病気になった時、田舎からウランバートルに出てきました。私は父を治療してもらうためにいろいろなところに行きましたが全然治りませんでした。そしたら、私の友達がシャーマンのところにいったらどうかと言いました。私はシャーマニズムを信仰してしませんでしたが、父を治すためにシャーマンに会いに行きました。シャーマンのゲルを外から見ると少し恐ろしくて怖かったです。私は父とシャーマンを訪ねました。そのシャーマンは女性のウダガンでした。このウダガンは父の魂が抜けているといいました。魂を戻すには精霊を呼び出して、呪いを解かなければならないといいました。ウダガンは私の家に来るといって一緒に来ました。ウダガンの子供はお母さんを手伝いました。シャーマンは自分でデールを着ないといいました。子供がウダガンにデールを着せました。私はシャーマンのデールや帽子は本当に変わっているなと思いました。このウダガンは精霊を呼び出す前に父にミルクを飲ませました。歌を歌っているように詩をよみました。精霊を呼び出す時には誰も何も話すなと言いました。ウダガンは精霊を呼び出してお酒を飲みました。精霊は10分ぐらいいました。後で空の魂が来ました。声が男性の声になりました。精霊はお酒を飲んだり、たばこをたくさん吸いました。たばこの火が赤くなっていました。この火を口の中に入れてしまいました。後、熱い鉄を舌でなめていました。私は舌で熱い鉄をなめている様子を見て、本当に怖かったです。シャーマンはの背中を三回鞭で打ちました。父は涙を流しています。そしてウダガンはいいことだといいました。悪いことが身体の中から出て行ったのでいいことだと言ったのです。父の患部へシャーマンがつばを吐きました。後で熱した石をお風呂に入れて、入浴しなさいとシャーマンは父に言いました。入浴をした後で、全部悪いものが体からなくなるといいました。このシャーマンは精霊を呼び出して、父の病気を治してしまいました。私は今はシャーマニズムをとても信じています。このウダガンに本当に感謝しています。

モンゴル宗教5
 

出典・転載元
板橋区公式ホームページ
もんごるレポート2006 モンゴルの宗教について (2)
http://www.city.itabashi.tokyo.jp/c_kurashi/008/008373.html
公開日:平成20年4月1日

(この記事は板橋区の許可を得て転載しております。) 
もんごるレポート2006 モンゴルの宗教について (1)

↑このページのトップヘ