モンゴル情報クローズアップ!

モンゴルの文化、ビジネス、投資、観光、最新話題など幅広い情報をお届けします。(通称:モンゴルなう)

タグ:ゴビ砂漠

IMG_0725

【写真 曠丱筌鵐曠鵐乾觚の大ゴビ特別自然保護区の近くで家畜に水を飲ませる遊牧民の男の子

IMG_0726

【写真◆枡段娘然保護区にあるシャルフスの避難小屋付近から見た風景。何もないような大平原動物が躍動する世界だ。保護区の外では遊牧民も生活している

IMG_0727

【写真】バヤンホンゴル県の大ゴビ特別自然保護区を示す看板。車止めや柵などはな

 

 

 ゴビ砂漠のクマ「マザーライ」の調査は、ゴビアルタイ県とバヤンホンゴル県にまたがる大ゴビ特別自然保護区(A地区)の避難小屋に4泊して終わった。

ウランバートルに戻るため、シャルフス山ろくの小屋を出発し、2時間ぐらい車を走らせると、保護区であることを示す看板が立っていた。車止めや柵などはない。その気になれば、勝手に出入りできそうだ。しかし、保護区に立ち入るには許可が必要だ道なき道を進むため、現地の事情に詳しい管理事務所の職員に案内してもらわなければ危険だからだ

 保護区の外に出ると、間もなくラクダの群れに出会った。冬毛を刈り取ったばかりのようで、ラクダ色というよりは、グレーとピンクの混じったような色をしていた。モンゴル語でラクダは、家畜の場合は「テーメー」、野生のものは「ハブトガイ」と区別している。裸にされたラクダは家畜の方だ。

 さらに車を走らせると、ヒツジとヤギの群れに出会った。丘の上の方から群れが現れ、道をふさぐように横断し、やがて動きが止まった。何をしているのかと思い、車を降りて近づいてみると、10歳ぐらいの男の子が二人、家畜に水を飲ませていた。深さ2メートルもないぐらいの井戸があり、男の子は、棒の先に細長い袋状の容器を付けた道具で水をくみ上げる。重労働に見える。しかし元気だ。家畜の群れは、水を飲むと、また丘の上に戻って行った。

 井戸からさらに車を走らせると、ゲルを撤去したような跡が現れた。円形の石積みの囲いがあり、足跡がいっぱい付いていた。遊牧民は季節ごとに移動するが、放浪の旅をするわけでなく、季節ごとにゲルを組み立てる場所は決まっているという。ここは冬季で、先ほどの家畜の群れが戻って行った方向にゲルてる場所があるのかもしれない。

 東京・光が丘公園で開かれるハワリンバヤル(春祭り)は今年、「モンゴルの宝物マザーライ」をテーマにしている。チラシには「守ろうモンゴルにしかいない動物たち」と書いてある。マザーライは確かに貴重な動物だ。守らなければならない。しかし、モンゴルの宝物は、ほかにもあるのではないか

 野生のラクダ・ハブトガイだって宝物だと思う。家畜のラクダ・テーメーは珍しくはない。世界中の動物園にラクダはいる。しかし、ハブトガイを飼育している動物園はあるのだろうか。ハブトガイはテーメーが野生化したのではない。もともとの野生種だと言われる。犬と狼の違いに似ているのかもしれないしかし、モンゴル人でも、ハブトガイを知らない人は結構いる。ハブトガイについて、もっと理解を深めたい。

 昨年11月、NHKBS「ワイルドライフ」はスフバートル県のマヌルネコを特集した。この野生ネコは、昨年4月の総合テレビ「ターウィンが来た」でも取り上げられた猫は珍しくはないが、野生となると話は別なのではないか

 モンゴルには大型猫ユキヒョウ(イルベス)もいる。NHKは2015年8月、ホブド県のユキヒョウを特集していた。ユキヒョウやマヌルネコを取り上げるなら、マザーライやハブトガイも取材してほしい。

 私は、ハリネズミ「ザラー」に興味があり、ウランバートルのペットショップで売られているのを見たこともある。ガンダン寺の参道にある土産物店でザラーの毛皮が売られている。モンゴルでは厄除けとしてゲルの入口に飾ったりするそうだわが家では、ガラス容器に入れ、本棚に飾っている。ザラーの毛皮を土産物として販売することについては議論があるかもしれない。それを一つ置いて、野生のザラーについて、もっと知りたい

植物も珍しいものある。マザーライが生息するゴビには、トーロイという木ある。トーロイもモンゴルの宝物ではないのかもちろん私が知らない宝物もあると思う。

(マザーライについて詳しくは拙著「あんだいつまでも新モンゴル高校と日本」第5章「ゴビ砂漠のクマ」をご覧ください)

 

▽森修 もり・しゅう


1950年、仙台市生まれ。元河北新報記者。1998年、山形市で勤務していたとき、たまたま入ったバーでアルバイトしていたモンゴル人の留学生と出会う。以来、モンゴルの魅力に取りつかれ、2005年「モンゴルの日本式高校」、2012年「あんだいつまでも新モンゴル高校と日本」をそれぞれ自費出版。


モンゴル大草原800年 (福音館の単行本)
イチンノロブ・ガンバートル
福音館書店
2018-07-04


IMG_0671
【写真 何もないような大平原の真っただ中にあるボクツの水場。飲めるので早速、ポリタンクに入れる

 IMG_0672

【写真◆岩山の水が流れるマザーライシャンド。塩分があるというが、貴重な水場だ

 IMG_0673

【写真】保護区内で最も水量があるシャルフスの水場。ヨコエビとみられる生物もいるトーロイなど周辺の植物も勢いが感じられる

 IMG_0674

【写真ぁ曠張.ーンボルガスの水場のトーロイの木。砂漠の中のオアシス

 

 ヒグマの仲間「マザーライが出没する大ゴビ特別自然保護区(A地区)は、四国4県よりも広い4万4000平方キロメートル。このA地区の水場は16カ所あるという。私たちは、このうち、バロントーロイ、ボクツ、マザーライシャンド、シャルフス、ツァガーンボルガスの5カ所を廻った。

 バロントーロイの水場では、マザーライと野生ラクダ「ハブトガイ」の死体を相次いで見つけた。ハブトガイは、わずかばかりの水たまりを覆うように横たわり、ハゲワシなどの動物に食われた無残な姿をさらしていた。死体で見つかったマザーライも、この死肉を食べていたかもしれない。

 ボクツの水場は、何もないような荒野の中の深い水たまりだった。周囲にはヨシが茂っている。ここの水は飲んでも大丈夫ということで、早速ポリタンクに入れた。

 池のそばに水路が築かれていた。動物たちが水を飲みやすいようにするためだが、水量が足りないせいか、それとも砂漠での施工技術上の問題なのか、使われないまま壊れた状態だった。

 マザーライシャンドは、岩山の谷を流れる滑床の沢だ。ここの水は、塩分が含まれているということで、沢筋に白い帯が続いていた。周辺にはマザーライやオオカミの足跡があった。アイベックス(野生ヤギ)が岩山を駆け上る様子が見えた。遠くでハブトガイとみられるラクダが草か何かを食べている姿も見ることができた。

 シャルフスの水場は、保護区内で最も植物に勢いがある。岩山から流れを形成しており、水量が結構ある。体長1〜2センチのヨコエビとみられる生物もいた。ここの水も飲めるので、ポリタンクに入れた。

シャルフスの沢は、ヨシ原を抜け、道路の上を流れ、緩斜面を下ると、いつの間にか消えていた。伏流水になっているようだ。山ろくのどこかで井戸を掘れば、利用できるに違いない。

 ツァガーンボルガスの水場は、小さな谷状の所で、わき水が小川になっているが、水量は少なめだ。トーロイの木は、シャルフスに比べると、まばらで、葉の勢いも感じられない。しかし、痛々しいというより健気というか、大丈夫私は生きています」とでも言っているかのように思えた

(マザーライについて詳しくは拙著「あんだいつまでも新モンゴル高校と日本」第5章「ゴビ砂漠のクマ」をご覧ください)

▽森修 もり・しゅう

1950年、仙台市生まれ。元河北新報記者。1998年、山形市で勤務していたとき、たまたま入ったバーでアルバイトしていたモンゴル人の留学生と出会う。以来、モンゴルの魅力に取りつかれ、2005年「モンゴルの日本式高校」、2012年「あんだいつまでも新モンゴル高校と日本」をそれぞれ自費出版。



IMG_0654

【写真 朮瀛コンテナを利用した避難小屋。米国の調査チームが設置したという。だれもいない山奥にポツンと置かれた鉄の箱といったところ。

 IMG_0655

【写真◆曠丱蹈鵐函璽蹈い糧鯑饐屋の出入り口

 IMG_0656

【写真】バロントーロイの避難小屋の奥に飾られたダライラマ14世の写真

 IMG_0657

【写真】ボクツの水場近くの避難小屋。山の斜面に埋まるように造ってあり、風や寒さをしのげる

 

 ヒグマの仲間「マザーライ」が生息する大ゴビ特別自然保護区A地区は、青森、岩手、宮城、秋田の4県を合わせたぐらいの広大な地域だ。ゴビアルタイ県バヤントーロイの管理事務所(環境観光省の出先)の職員が巡回するには、避難小屋が欠かせない。私たちも、昼食のため、宿泊のために利用させてもらった。

 バヤントーロイを車で出発し、3時間ほど走らせたところに、貨物コンテナを利用した小屋があった。何もないような山の中に、大きな鉄の箱が、ポツンと置かれた感じ。マザーライを調査する米国チームが設置したという。太陽光パネルがあり、米国チームは、料理に電子レンジを使うと聞いた。水が手に入らない場所なので、パック詰め食品を温めるには電子レンジが便利ということか。

 私たちは、カセット式の卓上コンロを使い、ウランバートルで買ったペットボトルの水をわかし、カップめんと食パン、紅茶の昼食だった。

さらに車を走らせ、バロントーロイの避難小屋に宿泊した。小屋は山の斜面に埋まったように造られている。内部はゲルの形をしており、壁や床には板がはられていた。奥の棚にはダライラマ14世の写真が飾ってあった。チベット仏教の最高指導者の写真は、ほかの避難小屋にもあった。今も飾ってあるのではないか。

中国が眼の敵にするダライラマの写真は、モンゴルでは一般家庭の仏壇などに飾ってある。中国との国境近く、人が住んでいない場所でも、ダライラマは大事にされている。

小屋の中には、遊牧民が使うゲルと同じように、暖房と料理を兼ねるストーブが設置してある。煙突の周りの屋根が開いていて、窓替わりに光が差し込む。ここをふさげば、冬でも大丈夫なようだ。

ストーブの燃料はザグの枯れ枝を使った。ザグはどこにでもあり、車で移動中、落ちている枝を拾い集めた。料理は、ストーブの大鍋で作った。ガイドのツェルムーンが腕を振るってくれた。肉とジャガイモ、キャベツ、タマネギのスープか焼きうどんが多かった。

バロントーロイに2泊、シャルフスに2泊した最後の日、卓上コンロでご飯を炊き、鍋でチャーハンも作ったツェルムーンは、シャルフス小屋周辺野生のニラ見つけてきて、スープ作りの最後に、手でちぎって入れた。彩りが豪華になった感じだった。

(マザーライについて詳しくは拙著「あんだいつまでも新モンゴル高校と日本」第5章「ゴビ砂漠のクマ」をご覧ください)

 

▽森修 もり・しゅう

1950年、仙台市生まれ。元河北新報記者。1998年、山形市で勤務していたとき、たまたま入ったバーでアルバイトしていたモンゴル人の留学生と出会う。以来、モンゴルの魅力に取りつかれ、2005年「モンゴルの日本式高校」、2012年「あんだいつまでも新モンゴル高校と日本」をそれぞれ自費出版。




IMG_0618

【写真 曠乾咼▲襯織じバヤントーロイのトーロイの木


 IMG_0619

【写真◆曠泪供璽薀い肇函璽蹈い寮攫

 

IMG_0620

【写真】シャルフス山ろくは保護区内で最も植物に勢いがある。トーロイの木も多い

 

 モンゴル人の多くは、ゴビ砂漠のクマ「マザーライを知っている。しかし、トーロイの木を知っている人は少ない。マザーライはトーロイの木がある所にいる。両者は密接な関係にある。マザーライに関心を持つならば、トーロイの木にも注目してほしいと私は思う。

 トーロイ(学名populus diversifolia)は、マザーライ(学名ursus arctos gobiensis)とともにモンゴルの切手になっている。マザーライが生息する大ゴビ特別自然保護区の管理事務所はゴビアルタイ県のバヤントーロイにある。町の名前は「豊富なトーロイ」という意味だ。実際、トーロイの大木がある。

バヤントーロイは、「エイジハイルハン(お母さん山)」という山の近くにある。モンゴル人の多くは、このエイジハイルハンを知っている。それならば、なおのこと、バヤントーロイの地名の由来となるトーロイについても関心を持ってほしい。

 トーロイの学名でネット検索すると、日本語では「コトカケヤナギ」、漢字では胡楊書く植物のようだ。ただしコトカケヤナギの学名はpopuluseuphraticaとなっている。

 コトカケヤナギまたは胡楊の説明文を読むと「シルクロードを代表する樹木」とある。中国から中央アジアにかけて見られることが書いてある。しかし、モンゴルのことは、ほとんど出てこない。日本の学者は、モンゴルのトーロイの木を知らないのではないかと思ってしまう。それとも、トーロイの木は、コトカケヤナギや胡楊とは別物なのか。

 ウランバートルの自然史博物館には、マザーライのはく製が展示してある。世界でここしかないはく製だ。はく製のそばに、灌木ザグと薬草バチューンの模型も展示している。しかし、トーロイの木がない。高さ十数メートルにもなる樹木なので模型の展示は無理かもしれない。それならば、せめて写真ぐらいは飾ってほしい。

 私は、2011年と2012年の2回、自然史博物館に行き、トーロイのことを調べようと思ったが、資料がなくてがっかりした思い出がある。今はどうなっているか

 トーロイの木はとても珍しいと思う。マザーライ調査のため、ウランバートルを車で出発し、バヤントーロイの町まで2日がかりだった道中、樹木らしい樹木は目にしなかった。ウブルハンガイの県都アルバイヘールに立ち寄ったら、市内に街路樹はあったが、接続する国道わきに木はなかった。

 それだけに、バヤントーロイに着いてトーロイの大木を見たのは、ちょっとした驚きだった。バヤントーロイを出発し、車で特別自然保護区を廻、トーロイの木に出会ったのは感動ものだった一見何もない砂漠の中を走り、岩山を周ると突然、大木が現れたりした。うわあ、なんで、こんなところにるんだろう。そう思った。

バロントーロイ、シャルフス、ツァガーンボルスなどの水場にトーロイの木があった。堂々とした大木に見えた。いずれもマザーライが出没する場所ということで、管理事務所が給餌場を設けていた。マザーライとトーロイは、ワンセットでとらえる必要があると思う。

(マザーライについて詳しくは拙著「あんだいつまでも新モンゴル高校と日本」第5章「ゴビ砂漠のクマ」をご覧ください)

▽森修 もり・しゅう


1950年、仙台市生まれ。元河北新報記者。1998年、山形市で勤務していたとき、たまたま入ったバーでアルバイトしていたモンゴル人の留学生と出会う。以来、モンゴルの魅力に取りつかれ、2005年「モンゴルの日本式高校」、2012年「あんだいつまでも新モンゴル高校と日本」をそれぞれ自費出版。






毎度、編集長のタケシです。
裸足、上半身裸でモンゴルのゴビ砂漠で車から降ろされて、サバイバル生活に挑戦する一人の男のリアル動画を紹介したいと思います。

映像は43分の長さではありますが、実際1週間以上のサバイバル生活を突けたようです。ちょうリアルなので、そこら辺のバラエティー番組と全然違います。

エドというこの男、かなりサバイバルの知識も経験もあります。
例えば、水の探し方だったり、獲物を見つける方法だったり、そして体力を保つための知識だったり見ていると分かります。

ゴビ砂漠に置かれた初日はさすがに水も食も見つかりませんでした。2日目でやっと水を見つけ、その喜んでいる顔は本当に幸せそうでした。3日目は駱駝の骨を見つけた物の食べれるところはなかった。その日は草を食べて、その後は植物の実を見つけて食べて寝ました。

後日に、残酷な話になりますがトカゲやハリネズミ食べて、さらにその後はネズミも見つけて食べてサバイバル生活をチャレンジ完了して無事に家に帰ることができました。

正直かなり驚きました。
ネズミの取り方は、全ての穴を埋めて、煙で追い出すのは遊牧民じゃないと思い出せないと考えられます。私が子供の頃は、うちの親戚らははそうやってキツネの狩りをしてた。今はもちろん違法でやってはいけないです。

この映像は、単なるサバイバルを映したものではなく、生き方や考え方を教えてくれると思います。

最後のエドが言った言葉、すごく共感できます。
必死になる必要がなければ成長の機会もありません。

↑このページのトップヘ