モンゴル情報クローズアップ!

モンゴルの文化、ビジネス、投資、観光、最新話題など幅広い情報をお届けします。(通称:モンゴルなう)

タグ:ゲル

大阪 モンゴル


毎度、編集長のタケシです。

モンゴルの文化を体験できるイベントついに東大阪市役所で開催されるそうです。パネル展示&ゲル体験は一週間ずっとやっているのですが、コンサートと講演会は9月12日しかやってないのでくれぐれも日時を間違いないようして下さい。


写真パネル展示&ゲル体験は、
9月10日(月)〜14日(金) 9時〜17時 (14日(金)は15時まで)

コンサートは、
9月12日(水)12時5分〜40分

講演会は、
9月12日(水)13時〜14時

開催場所はいずれも東大阪市役所内です。

大阪k モンゴル

街道をゆく 5 モンゴル紀行 (朝日文庫)
司馬 遼太郎
朝日新聞出版
2008-09-05


image

毎度、編集のタケシです。
横浜ユーラシア文化館主催の面白いイベントのご案内です。イベント名は、なんと「ゲルに集まれ!―スーホの白い馬の世界へ」です。

ゲルの組立は既に過ぎちゃいましたが、10月9日に解体があるようなのでぜひ参加してみて下さい。馬頭琴演奏会や民族衣装試着体験できるということなので親子で出かけるのも良いでしょう。


アジャ・リンポチェ回想録 モンゴル人チベット仏教指導者による中国支配下四十八年の記録
アジャ・ロサン・トゥプテン(アジャ・リンポチェ八世)
集広舎
2017-10-10



2016-03-13-19-23-32

2016-03-13-19-24-01

2016-03-13-19-23-57

2016-03-13-19-23-40

2016-03-13-19-24-33


2016-03-13-19-24-19

2016-03-13-19-24-10
出典 大漠|堙箔I博客

毎度、編集長のタケシです。
近年、一部の欧州諸国ではモンゴルの伝統的な移動式住居ゲルを使って結婚式や結婚披露宴を行う人がいるようです。写真はスウェーデンにあるゲルリゾート結婚式場の様子です。

ちにみに、ゲルを建てる時に扉はは必ず南方向に向けて作ります、一日中太陽の光をゲル内に取り入れるためです。

そして、ゲルの扉が低いのは庶民から皇帝までも、ゲルに入る時主人に敬意を払うようお辞儀させるためと言われています。たまにモンゴル行く時、ゲル入る時に扉が低い事を忘れてついつい頭をぶつけたりします。ゲルに入る時にぜひ気をつけてください。

日本料理の料亭に上座、下座があるようにモンゴルのゲルでも座る席が決まっています。ゲルに入って一番奥の北側が主人の位置で、右側は女性や子供の場所で台所にあたります。左側が男性やお客様の場所で馬具などがおかれています。初めてモンゴルの遊牧民のゲルを訪問するときにこのくらいの常識を覚えておくていいでしょう。

地方活性化に僕はモンゴル村を作る(作りたい)

ブログネタ
海外旅行 に参加中!
ger6
ゲルの上でこれやると、お行儀が悪い。
ger2
ゲルは小丸と大丸二個あるけどね、非科学的な作り。
ger3
デザインがいい感じ。
ger4
ヨーロッパって感じ。
ger5
荷物が多い、遊牧には適してない。
ger7
ドアがiPhoneのケースにしか見えない、でもかわいい。

毎度、編集長のタケシです。
モンゴルネタにぴったりの情報があったので展開しておきます。
海外のアウトドア用品を販売しているサイトになんとモンゴルの住居ゲルに似たようテント「Jero」というのがありました。
価格は4,500ポンド、日本円にして80万近いということです。


私にズバリ言わせば「重い、弱い、悪い」というマイナス評価しかありません。
モンゴルのゲルと違って周りの壁が全て木でできたため持ち運び難い、おもい荷物になりそう。そして風通しが悪い。湿気や冬の寒さに弱いでしょうね。湿気のあるところだと木が変形しやすいからね。

そこまで言うならモンゴルのゲルがどんなもんか知りたがるでしょうね。
 たった、1時間でゲルを組み立てるモンゴルの遊牧民たちの映像をご覧ください。

 


1時間程度でゲルを組み立てるモンゴルの遊牧民たち

進化するモンゴルのゲル、もはや贅沢品

 

ブログネタ
漫画イラスト に参加中!
20140719032050893


20140719032221609

20140719032243989

20140719032350913

20140719032412416

毎度、編集長のタケシです。
いよいよ週末からモンゴル行って来ます。
今回は乗馬というより不動産視察がメインです。

ゲルとは、モンゴルの遊牧民の伝統的な移動式住居のことです。
進化するゲル、もはや遊牧民の住居というよりセレブの別荘という感じです。
こういうところに泊まるのは1泊3〜5万円はかかるでしょう。確か朝青龍が運営している観光地のところはこんなゴージャスだった気がします。モンゴル行く方1回体験してみてください。僕はやっぱり通常の遊牧民のゲルが一番落ち着きます。(笑)

モンゴル ゲルのくにはっけん
柴達木 柳
第三書館
2000-06


↑このページのトップヘ