モンゴル情報クローズアップ!

モンゴルの文化、ビジネス、投資、観光、最新話題など幅広い情報をお届けします。(通称:モンゴルなう)

タグ:グループ

face-2227083_1280
毎度、編集長のタケシです。
事件です、私の名前が盗用されました。

私は数年前からネットで実名で活動して来ました。そして、モンゴルとう狭い業界に名前が知られるようになりました。名前が知られる事自体に得に抵抗感はないが、どうやらとある投資グループ(集団)に私の名前が勝手に使われ、まるでそこの投資グループを支援しているような話が出ているそうです。 

image


事件を発見するきっかけは、ある一通のメールでした。
勧誘された投資家がその投資グループが配布した胡散臭い資料を疑い、事実確認として弊社宛てに問い合わせをしたわけです。私は、この投資グループと全く関わりがないし、存在すら知らないです。

実際の資料を送ってもらったが酷い物でした。
ざっくり言うと、日経新聞の記事になった情報をピックアップして載せて、日本モンゴルのEPA、首相などの写真を大きくして載せたうっすぺらい資料でした。結局は、内容を読んでもモンゴルのなに投資しているのか分からない、謎でした。

ちなみに、こちらの投資グループがLINEで非公開で情報を共有しているようで、そこに別人の写真を私のことのように言ってびっくりです。俺、そんなデブじゃないしと思ました。w 

そんなものを私が応援、一緒にやるわけないです。

会社名検索しても出てないし、担当者の名前もない、問い合わせ先がGmailでした。

具体的に被害情報はまだ出てないが、こういう実態のないもの、見えないものには投資しないようくれぐれもご注意ください。私がやっているビジネスは常にオープンにしているので、私の名前が出たら直接私に確認してください。

今回は、ご報告して下さった方に心より感謝します。 

モンゴル投資で詐欺容疑、//架空投資にご注意を

モンゴル投資詐欺に遭いましたという報告


 

177
↑不動産視察、モンゴルNO1クオリティー住宅街ジャパンタウンに向かっている途中。(2014年)


毎度、編集長のタケシです。
モンゴルのエルデネバト首相が来日、目的はもちろんモンゴルにもっと投資して欲しいという心が強いようです。これについては、後日記事を公開したいと思います。


会社四季報オンラインより、注目すべき記事が上がっています。

オウチーノ債権回収に懸念、どうなる「モンゴル夢のマイホーム」 
会社四季報オンライン 

オウチーノ(6084)という上場会社は知らなかったが、その子会社のスペースマゼラン社がモンゴルの建設業者スタンダード・プロパティ・グループのアパートメントを買ってたらしい。それが問題になっています。

191
 
↑不動産視察、ゲル地区の現状。電気以外のインフラは無し。


スタンダード・プロパティと言えばちょうど2年前の夏に僕がモンゴル不動産視察した会社です。経営陣には知り合いがいます。この記事で上がっている物件は、ゲル地区にある低所得者向けのものです。なので、基本1部屋50平方メートル以下のもので、ウランバール市が積極的に行っている低金利で借りれる物件です。ちなみに、スタンダード・プロパティは不動産以外に銀行も持っています。

「引き渡し日に物件完成せず」、だから「スペースマゼラン側が解除オプションを申し出」となっていますが、原因はそこだけではないと思います。オウチーノは、今年の3月末までモンゴルの物件の説明会を開いてた。公式サイトにまだ情報が残っています。

<2015年、オウチーノで最も売れた投資案件>
モンゴル・ウランバートル都市開発プロジェクト

2016/2/21 15:00〜
2016/3/5  15:00〜
2016/3/13 15:00〜
2016/3/20 10:00〜
2016/3/27 14:00〜

https://www.o-uccino.jp/global/seminar/2539/


普通なら完成する前に完売しているはずだが、そんなに甘くなかったということでしょうね。いくら200万〜300万で買えると言え、値上がりの予兆がないと投資家は買わないです。現地のモンゴル人はわざわざ日本人からアパートを買わない。それは高いのと、信用の問題です。
 
私が思うには、オウチーノが契約解除する理由は、モンゴル経済そのもの問題じゃないかなぁと思います。



↑このページのトップヘ