モンゴル情報クローズアップ!

モンゴルの文化、ビジネス、投資、観光、最新話題など幅広い情報をお届けします。(通称:モンゴルなう)

タグ:キリル文字

Fresh-and-customizable-img1
毎度、編集長のタケシです。
モンゴル伝統文字に対応するWordPress管理システムがついに誕生しました。

そもそもモンゴル文字とは?
上記のサイトはモンゴル伝統文字で書かれており、下記のモンゴルのニュースサイトはキリル文字で書いてあります。見た感じでは外国語としかいえません。
mongoli news
伝統なモンゴル文字は内モンゴル自治区で使われいます。
モンゴル国では今ではほとんど人が伝統モンゴル文字を読めません。

モンゴル国における文字事情
なお、歴史上モンゴル語の表記には別系統の文字も数種類使用されている。ソビエト連邦の影響下に組み込まれたモンゴル人民共和国ではキリル文字による表記が一般化したが、新生モンゴル国が発足した頃からモンゴル文字の使用が見直されてきている。一時はキリル文字表記からモンゴル文字表記への全面的な切り替えが計画され小中学校での教育が始まったが、一般国民の間では歴史と伝統・文化の象徴と見なされてはいるものの、「モンゴル文字」イコール「話しことばとは無関係の文語」というイメージが定着してしまっており、また横書きができないという(現代においては致命的ともいえる)弱点を抱えていることもあって、いまだ完全な移行にいたっていない。(wikipedia引用)


最近ではモンゴルの国会でも伝統モンゴル文字を普及すべきだと議論が広がっています。
 


私はもちろん伝統なモンゴル文字もキリル文字も読めます。ちなみに、キリル文字は来日してから独学で2週間で取得しました。ローマ字だと思えば簡単です。

では、本題に入ります。
モンゴル文字のWordPressは内モンゴルの内蒙古奥\弘蒙古文信息化研究院が開発したオープンソースソフトです。

公式ホームページはこちら
www.orhoncms.org

モンゴル語で読み書きできる方はぜひ上記のページにアクセスし、モンゴル文字のブログでもやってみてください。グーグル検索はモンゴル文字に対応しいますが、今のところモンゴル文字で書かれた情報がかなり少ないのは事実です。
 

ブログネタ
中国経済 に参加中!
毎度、編集長のタケシです。以下転載。

第26回モンゴル学術交流会開催のお知らせ
(モンゴル民族文化基金主催、参加無料)
日時:2015年11月7日(土)( 13:00 〜17:30時)
会場:東京外国語大学本郷サテライト3階会議室
会場へのアクセス方法:地下鉄(丸ノ内線・大江戸線)「本郷三丁目」駅下車 徒歩5分
JR中央線・総武線 「御茶ノ水」駅下車 徒歩10分
http://www.tufs.ac.jp/access/hongou.html
第一部 研究発表(13:00〜15:10)(各発表者発表25分、質疑応答5分)
1. ハスバートル(モンゴル民族文化基金理事長/(蝓縫▲献△醜丗技術部長)
開会のあいさつ
2. ナラソ(東京外国語大学大学院総合国際学研究科博士前期課程)
「内モンゴル映画における主人公の人間像の変化と文化的アイデンティティーについて」
3. アルタンホァール(昭和女子大学大学院生活機構研究科博士後期課程)
「言語的特殊性から見たフレー旗及びフレー旗モンゴル人の言語生活」
4. ミャンガド・シジル(森永乳業株式会社栄養科学研究所栄養食品開発部研究員)
「モンゴル伝統乳製品の新たな利用価値について」
5. オーノス・テムールン(早稲田大学大学院 教育学研究科 博士後期課程)
「モンゴルの信仰におけるセクシュアルティ及びジェンダー」
第二部 招待講演 (15:30〜17:10)
1. Abdul Aziz Mohibbi (茨城大学大学院博士後期課程/アブカニスタン国カブール大学講師)
"Culture and some historical backgrounds of Hazara's of Afghanistan"
2. バダラロフ・ジャルガル(ブリャート国立大学准教授/東京外国語大学アジア・アフリカ言語
文化研究所客員教授)
「ブリャート語とモンゴル語の関係について」
司会:呉人徳司(モンゴル民族文化基金理事/東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所准教授)
※学術交流会終了後、18:00時より、新宿東口にある「モンゴル家庭料理・新オッと屋」で懇親会を
予定しております。皆さん奮ってご参加ください。


 

モンゴル語で「お誕生日おめでとう」は

Төрсөн өдрийн баярын мэнд хүргэе.
トゥルスン・ウドゥリーン・バヤリン・メンド・フルギー。

ちなみに、トゥルスンは「うまれた」、バヤルは「喜び」、ウドゥルは「日」、メンドは「挨拶」、フルギーは「祝福」という意味だよ。

↑このページのトップヘ