モンゴル情報クローズアップ!

モンゴルの文化、ビジネス、投資、観光、最新話題など幅広い情報をお届けします。(通称:モンゴルなう)

タグ:ウランバートル

株式会社スイーツデザインラボ(本社:東京都渋谷区、取締役社長:吉山耕治)が展開中のパンケーキ専門店『Butter(バター)』は、2017年4月1日(土)モンゴル国(通称モンゴル)の大草原に新店をオープンいたします。『Butter』としては、初の海外出店!またモンゴルへの出店を記念し、モンゴル店限定の巨大パンケーキタワーを発売いたします。

モンゴル草原

なぜ、モンゴルなのか。

私たち『Butter』は、パンケーキ専門店として、2011年大阪江坂に1号店をオープンしました。

その後、大阪・神戸・東京・横浜と店舗数を増やし現在は国内に11店舗を展開していますが、昨年行われた忘年会での社長の一声で海外出店が決定。

海外のどこに出店するのか、という非常に重要な事項をなんと社員のダーツで決めることになりました。  

モンゴルパンケーキ1

そんな社運をかけた海外出店の地を決めたのは、弊社デザイナー20代女性。

彼女が見事ダーツで射止めた場所こそ、モンゴルだったのです。

早速実地調査を行ったところ、他店含めモンゴルにはまだパンケーキ屋の出店実績がなく、パンケーキ専門店『Butter』としてのプライドをかけ、正式にモンゴルへの出店が決定いたしました。

モンゴルパンケーキ2

モンゴル店限定『巨大パンケーキタワー』を販売いたします。 

モンゴルパンケーキ13

<商品概要>

パンケーキもフルーツもたっぷり!
Butterで人気のバターパンケーキを1,000枚重ねにしました。 

ごろごろフルーツとバニラアイス、ピンクのラズベリーバターをトッピング。 

メイプルソースをたっぷりかけて召し上がれ♪ 

価格:220,000MNT(約10,000円) 

販売店舗:Butterモンゴル大草原店



■『Butter(バター)』 とは

『Butter(バター)』は全国から選りすぐられた高級発酵バターをはじめ、生クリームや小麦粉など、北海道産の原料を使用したパンケーキ専門店。人気の“スフレパンケーキ”をはじめ、定番の“バターミルクパンケーキ”、“窯出しフレンチパンケーキ”、“全粒粉や野菜”を練り込んだパンケーキなど、食感や味わいの違う新しいパンケーキをご提供してまいります。

<SHOPS>
■Butter江坂 ■Butter茶屋町 ■ButterあべのHoop ■Butter神戸ハーバーランド■Butterららぽーと甲子園 ■Butterイオンモール伊丹 ■Butter横浜ベイクォーター ■Butter多摩南大沢 ■Butterららぽーと横浜 ■Butterららぽーと豊洲 ■BUTTER & DEL’IMMO滋賀竜王 ■Butterモンゴル大草原

<ホームページ>


4月1日は、エイプリルフールです。モンゴル出店は行いませんので、ご了承ください。 

モンゴル店限定の巨大パンケーキタワーはありませんが、バターパンケーキ10枚重ねのパンケーキタワー(税抜2,500円)は本当に発売しています!Butter国内店舗にてお愉しみくださいね。


モンゴルパンケーキ14

モンゴル風 クミンソース 混ぜるだけ
毎度、編集長のタケシです。
年度末ということもあって、今月は本業の方が忙してく、ブログを更新しませんでした。毎日チェックして下さる方には本当に悪かったです。

大人気シリーズ、「モンゴルに関係ないモンゴル」を書きたいと思います。

今日紹介するのは幻のパスタソース、その名は麺とまぜるだけ クミン(モンゴル風)です。イマイチ分からない、謎だらけです。


●麺とまぜるだけ クミン(モンゴル風)ソース
コチジャン、豆板醤をチキンスープでのばし、クミン、コリアンダーで香りづけしたモンゴル風のソースです。

引用元 カルディ公式サイト、商品紹介ページより

モンゴル料理の麺類でいうとツォイワンというのがあります。しかし、これはパスターというより焼うどんのようなものです。

レトルト食品はカレー以外にあまり食べたことがないのですが、今度謎の麺とまぜるだけ クミン(モンゴル風)を食べたいみたいと思います。

クミン(モンゴル風)ソースを使った混ぜパスタのレシピも既にあるので、ご参考に作ってみたらいかがですか?

【レシピ】モンゴル風まぜパスタ
 
食べたらぜひ感想&コメントをくださいね。
 



毎度、編集長のタケシです。

今日はモンゴル豆知識を紹介したいと思います。モンゴルではお互いの足がぶつかると必ず握手をする習慣があります。

日本でこれやったら間違いなくセクハラで訴えられます。そうはいっても、来日して間もないころ工場で働いてた時は男女ともわず握手をしてました。最初は一々説明してましたが後々からみんなの話題となり、日本人同士でもやり始めてた。今思うとみんなに愛されてたなぁ。

では、なぜモンゴルではお互いの足がぶつかると必ず握手をするのでしょうか?
日本では足を踏んだら「ごめんなさい」ですみますが、モンゴルでは握手するのが普通です。足がぶつかると、将来、敵同士になると言われており、それを避けるために握手をします。

モンゴル行ったらまず、握手を。←「ごめんなさい」の握手では「こんにちは。」の握手だからね。(笑)

↑このページのトップヘ