モンゴル情報クローズアップ!

モンゴルの文化、ビジネス、投資、観光、最新話題など幅広い情報をお届けします。(通称:モンゴルなう)

タグ:ウランバートル

アムラルト病院

【写真】山辺さんの著書。名前は山辺も慎吾も旧字体が使われている
 
   アムラルト病院。モンゴル語で休養、休息を意味する病院だ。ウランバートルの東部、ダンバダルジャー(ダンバドルジ)寺院の隣にあった。山辺慎吾さんの著書「ウランバートル捕虜収容病院」(草思社)は、このアムラルト病院での体験記だ。

 1945年8月、日本の降伏後、旧満洲にいた日本兵ら60万人がソ連軍の捕虜となり、強制連行、強制労働させられた。いわゆるシベリア抑留だ。このうち1万2300人がモンゴルに抑留され、羊毛やレンガの工場、岩山からの石の切り出し、道路や建物の建設、樹木伐採など過酷な労働を強いられた。

 著者は、羊毛工場に駆り出された後、アムラルト病院で、捕虜ながらソ連・モンゴル側の下働きをさせられた。病院には、栄養失調、赤痢、結核などの患者や凍傷、作業事故で負傷した日本人が収容された。治療は、捕虜の日本人医師、衛生兵らが当たった。山辺さんは、モンゴル語を独学したことから、事務連絡などの業務に当たった。

 山辺さんは、患者が死亡すると、遺体の内ももに硝酸を使って番号を書いたり、死者を荷車に載せ、寺院と病院の北、山の斜面に運び、埋葬したりもした。遺体は、日本とモンゴルが国交を結んだ後、掘り返され、火葬して祖国に帰った。墓所の跡は、日本人慰霊碑が立つ公園となっている。

 この本には、ロシア人の女性院長が情夫を自宅に連れ込む様子や、モンゴル兵士が包茎の手術を頼み込んできたり、精神に異常を来した日本人が桶の汚物を頭からかぶる様子なども赤裸々につづられている。

 この本は、仙台市内の古本屋で見つけた。私は、春日行雄著「ウランバートルの灯みつめて五十年」(モンゴル会)を探していたのだが、なかった。そのかわり、山辺さんの本を購入した。山辺さんの著書には、春日さんが、モンゴル語ができる医師として、日本人捕虜の権利を守るために、ソ連・モンゴル側と交渉に当たったことが書かれている。

 ネットで調べると、春日さんは、抑留から解放された後、モンゴルの子どもたちを支援する「テムジンの友塾」を開き、日モ交流に尽くしたことがわかる。

 春日さんと「モンゴル会」の仲間である友弘正雄さんは、凍傷のためアムラルト病院で両足切断の手術を受けた。抑留から帰国後、友弘さんは春日さんと同じように、モンゴルの子どもたちのために活動した。このことは、中京テレビのモンゴル人記者が「バヤルタイ〜モンゴル抑留72年越しのさようなら」という番組でレポートした。私はネットで番組を見た。
 
  強制連行、強制労働で多数の犠牲者を出したことは、日本人としては憎悪の対象にもなる負の遺産だと思う。それでも、春日さんや友弘さんが日モ交流に尽力してきたのは、どんな思いだったのか。

 私は、2012年10月、アムラルト病院跡を訪ねた。今にも崩れそうな無残な姿をさらしているのを見て、なんとかならないものかと思った。それが、2018年9月に行ったときは、元の姿に建て替えられていた。診療は再開していなかった。だれが、なんのために、新しく建て替えたのか。何かの記念碑にするつもりなのか。

 2019年10月に訪れたときは、病院と寺院の北側の山に遊歩道が整備されていた。周辺を公園にする計画があることも知った。

 このときは、ダンバダルジャーの西のゲル地区にできた「ノゴーンノール(緑湖)公園」を取材した。日本人捕虜が、スフバートル広場周辺の道路整備などのため、岩山の石を切り出した跡にできた大きな穴に雨水がたまり、ゴミ捨て場になっていたのを、地元民のウルジートクトフさんが、ボランティアで公園に整備していた。彼は「日本人捕虜のことがわかる資料館をつくりたい」と話していた。

 ダンバダルジャーの日本人慰霊碑、アムラルト病院、ノゴーンノールの3カ所は、モンゴル抑留を後世に伝えるためにワンセットでとらえたい。日本人にとっては負の遺産かもしれない。しかし、現在は公園として整備が進んでいる。もしも、ウランバートル市民の憩いの場となったら、モンゴルと日本の交流を示す未来志向の記念碑になるのではないか。山辺さんの本を読んで、そんなことを思った。

【関連記事】

モンゴル抑留の日本人を思い合掌(仙台市・森修)

ノモンハン戦争が結ぶモンゴルと日本(仙台市・森修)

ごみ捨て場を公園に変えたゲル地区の住民(仙台市・森修)

▽森修 もり・しゅう

1950年、仙台市生まれ。元河北新報記者。1998年、山形市で勤務していたとき、たまたま入ったバーでアルバイトしていたモンゴル人の留学生と出会う。以来、モンゴルの魅力に取りつかれ、2005年「モンゴルの日本式高校」、2012年「あんだいつまでも新モンゴル高校と日本」をそれぞれ自費出版。


セレンゲ写真
【写真】バッグのデザインについて型紙担当のゾルタイさんと打ち合わせをするセレンゲさん

 東京・渋谷のバッグ製造販売会社「ジェノバ・ジヤパン」で新商品の企画開発を担当するモンゴル人、ルブサンチメド・セレンゲさんは、とても意欲的な女性だ。先日、NHKの海外向け番組「ワールド・ジャパン」で、日本で働く外国人の一人として紹介されたので、ご覧になった方も多いと思う。

彼女は、ウランバートルの新モンゴル高校から富山大学芸術文化学部に入学、卒業している。大学入学前の2008年3月、弘前大、岩手大、山形大、東北大、千葉大、信州大などに合格した受験生仲間と一緒に、仙台で3週間合宿していて旧知なので、あらためて近況を聞いた。

セレンゲさんの会社で販売しているバッグのブランド名は「OSAM」(オサム)。会社は1978年に創業しているが、ブランド名は梶谷修社長の名前による。「遊ぶ、働く、旅をする」のキャチフレーズで、そのときどきに使う個性的なバッグを提供することを基本方針にしている。
 
セレンゲさんは、2013年に入社して、バッグのデザイン、商品企画、販売戦略、工場での生産管理などを担当している。最近はオンラインショップにも力を入れており、自らバッグの写真を撮って、ウエブサイトに載せたりもしているという。
 
ブランドを維持するためのデザインは生命線だ。ということで、電車に乗ったときなど、人々の持ち物の形や色使いを常に観察している。「世の中の流行は、いち早く感じないといけない」と説明する。
 
彼女の会社では、アルバイトも含めて外国人がいっぱい働いている。昨年7月、モンゴル人女性、プンツァグ・ゾルタイさんを型紙職人として雇った。ゾルタイさんは、もともと服飾関係の仕事をしていたが、日本にいる娘さんが出産するので来日した際、たまたま梶谷社長の目にとまり、採用が決まったそうだ。センスが良く、仕事もはやいということだが、日本語ができないので、セレンゲさんが通訳しなければならないのが悩みだという。 

セレンゲさんは、富山大の芸術文化学部で初めての外国人留学生だった。マブチ国際育英財団の奨学金を受けて卒業したが、3年生のとき1年間、フィンランドの大学に留学し、北欧のデザインを勉強した。
 
セレンゲさんは、これまで学生時代に手掛けた作品の写真集を見せてくれた。木製おもちゃ、年配者向け杖の取って、銅鍋など、いろいろな写真が載っている。自分で製本し、革製の表紙を付けてある。ちょっとおしゃれな手作り商品カタログだ。これを梶谷社長の面接試験のときに見せて自分を売り込んだそうだ。
 
モンゴルの若者で日本留学を希望する人は多い。大体は東京や大阪など大都市の有名大学を目指す。そんな中、セレンゲさんは、富山県高岡市にある、モンゴルではあまり知られていない大学を選んだ。富山大芸術文化学部には、プロダクトデザイン専攻があり、生産実習の機械設備が整っていたことが第一の理由だという。

「面接のとき遠くに立山連峰が見え、ウランバートルの風景を思い出し、親しみを感じたこともあります」と言う。「モンゴル人はもちろん、ほかの留学生がいなくて孤独でしたが、交換留学でフィンランドに行けたし、富山でなければ今の私はなかったと思います」とも。
 
自分は将来、何をしたいのか。日本留学で何を勉強するか。セレンゲさんの話を聞いていて、しっかりとした目標を持つことが大切であると、あらためて思った。
 
セレンゲさんには、高校同期で東京の外資系コンサルタント会社で働く夫のオリギルバヤルさんとの間に、5歳と3歳の子がいる。子どもの教育を考えると「そろそろモンゴルに帰らなければ」とセレンゲさん。
 
帰国後、自分のブランド「LUUGAR」(ルーガル)で勝負すべく準備中だそうだ。ブランド名はセレンゲさんの苗字(一族名)から取った。モンゴルでは通常、名前に苗字は使わないが、戸籍には記載されるということで、これをブランド名にした。
 
「LUUGAR」は将来、カシミヤ製品の「GOBI」(ゴビ)のようなモンゴルを代表するブランドになるか。そのとき、現在の「OSAM」はライバルになるのだろうか。

▽森修 もり・しゅう

1950年、仙台市生まれ。元河北新報記者。1998年、山形市で勤務していたとき、たまたま入ったバーでアルバイトしていたモンゴル人の留学生と出会う。以来、モンゴルの魅力に取りつかれ、2005年「モンゴルの日本式高校」、2012年「あんだいつまでも新モンゴル高校と日本」をそれぞれ自費出版。

震災を乗り越え、国際交流で活躍する福島のモンゴル人(仙台市・森修)

岩手県でモンゴル人が羊の多頭飼育に挑戦(仙台市・森修)


ミスターモンゴル
まいど、編集長のタケシです。

幻のオリンピック、無事終わりましたね。

本当は無事と言えるか別ですが、とりえず終わったので良かったです。しかし、天気は熱い。例年よりも熱いのではないかと思います。

話題のclubhouseで、初の対談を行います。


【対談】旅行作家野田裕子 x ミスターモンゴル「モンゴル旅行体験談」


対談相手は旅行作家野田裕子さん。

開催日時
8月11(水曜日)21:00〜

参加費
無料

clubhouseでの検索キーワードは「ミスターモンゴル」。

今回は私がインタビューする側になるのでうまく、いいボールを投げられるかか心配です。

内容としては、モンゴルに行った経緯・体験・感じたことなどを聞き出しながらなんか名言ぽいってところを引き出したいなと思っています。

恐らく、モンゴルに興味ある人が聞いてくれると思うので、その人たちになんか役に立つような対談にしたいと思っています。

そして、この企画はシリーズ化します。

今後もモンゴルに旅行や仕事で行った人たちを誘って、いろいろ聴こうと思っています。

そして、私のルームに参加、対談したいという方いたらぜひTwitterかclubhouseでメッセージ下さい。





mongol コロナ

まいど、編集長のタケシです。

ブログの更新を怠ってすみませんでした。
別にネタがないのではなく、たんに別のモノに集中していたからです。今になってモンゴルの伝統音楽を習ったり、ギターを初めたり、いろいろお稽古をしています。

コロナは収まるところか、増える一方ですね。
モンゴルは2回目のワクチン接種を完了している人が人口の60%以上にも関わらず、毎日千人以上の感染が出て、毎日数人がなくなっています。

モンゴルはコロナ感染状況を非常に分かりやすく表示しています。
モンゴルに家族がいる、または渡航予定の方はやっぱり感染どうなっているか知りたいよね。サイトはいろいろありますが、おすすめは下記の二つのサイトです。

Mongolian COVID-19 Coronavirus Tracker


モンゴル コロナ

公式サイト https://covid19mongolia.mn/en/

英語版があるのでモンゴル語を分からない人でも安心です。
各県ごとの詳細人数を統計しているので自分の住んでいる地域がどうなっているか確認できます。

毎日更新しています。


モンゴル保健省

ダウンロード

公式サイト https://covid19.mohs.mn/p/cat/post/57/

表示はモンゴル語のみですが、こっちの方がもっと分かりやすいかと思います。
コロナだけではなく、妊婦や小児などの感染情報、そして糖尿病・ガン・心臓血管などの死因まで公開しています。

今日はここまでです。
猛暑が続いていますので、コロナも熱中症にも注意してください。


yurt-486866_1920

モンゴルなう!モンゴル情報のサイトマップ


読者がより見やすくするためにサイトマップを作りました。
他にも、ご要望などございましたら連絡を頂けると嬉しいです。

モンゴル情報カテゴリー一覧



当サイトに関して



おすすめな本のご紹介 

mongol bichig
モンゴル歴史を知る


内モンゴルを知る


モンゴル語・モンゴル文字


↑このページのトップヘ