モンゴル情報クローズアップ!

モンゴルの文化、ビジネス、投資、観光、最新話題など幅広い情報をお届けします。(通称:モンゴルなう)

タグ:おすすめ

yurt-486866_1920

モンゴルなう!モンゴル情報のサイトマップ


読者がより見やすくするためにサイトマップを作りました。
他にも、ご要望などございましたら連絡を頂けると嬉しいです。

モンゴル情報カテゴリー一覧



当サイトに関して



おすすめな本のご紹介 

mongol bichig
モンゴル歴史を知る


内モンゴルを知る


モンゴル語・モンゴル文字


1.ガンダン・テクチェンリン寺


2.ボグドハーン宮殿博物館


3.The Buddha's Statue of Northern


4.アマルバヤスガラント寺院

5.エルデネゾー寺院


6.トッフン寺


7.Khamar Monastery

8.Shankh Monastery


9.Baldan Bereeven Monastery



YouTubeチャンネル登録してね↓↓↓



news-mn

毎度、編集長のタケシです。
中国語や英語のニュースサイトは山ほど多いですが、モンゴル語のサイトはそんなに多くはありません。

最近わりとモンゴルに興味を持つ人が増えて、モンゴル語を習う人がちょっと増えたかなと実感しています。そんな、モンゴル語を習っているみなさん、勉強のためにモンゴル語の記事とか必要なんじゃないかな。

モンゴルの現地情報収集に少しでも役に立ったらいいなと思って、ニュースサイトをまとめてみました。毎日じゃなくても、毎週1回チェックするくらいで十分だと思います。

モンゴルの新聞・ニュース情報サイト20選 (モンゴル語)




















余談です、わたしは来日する前に、日本語を習うために、毎日NHKのラジオ放送を聴いていました。

モンゴル時代の「知」の東西 上
宮 紀子
名古屋大学出版会
2018-03-09


image
毎度、編集長のタケシです。
ウランバートル市内観光では定番中の定番と言ってもいいほど国立歴史博物館がおすすめです。入場料は日本円にして400円なので激安です。

入場料:大人/8,000MNT 学生/2,500MNT

3階まで展示があります。
1階では、古代モンゴルの展示。
2階では、モンゴル民族衣装及びアクセサリーの展示。
3階では、モンゴルのゲル、馬頭琴、モンゴル帝国時代から社会主義時代のモンゴルまで展示されています。



その他にも、考古学コーナーや民主化運動コーナーなどがあってモンゴルの歴史を知るいい刺激になると思います。




ブログネタ
旅に出よう! に参加中!
2014-12-22-23-11-54

2014-12-22-23-11-59

2014-12-22-23-11-29

2014-12-22-23-12-42


2014-12-22-23-12-06

2014-12-22-23-12-50

2014-12-22-23-10-40

-40℃のモンゴル体験日記(レポート1)

冬のモンゴルの魅力!〜氷点下40度のゴビとオルドスから〜

↑このページのトップヘ