モンゴル情報クローズアップ!

モンゴルの文化、ビジネス、投資、観光、最新話題など幅広い情報をお届けします。(通称:モンゴルなう)

カテゴリ: 相撲

玄関ホール
【写真 杰轡皀鵐乾詁馬富士学校の玄関ホール。横綱・日馬富士の大きな絵が飾ってある


給食
【写真◆枉学4年生の給食。「いただきます」と日本語であいさつしてから食べ始めた。みんな元気いっぱい

日本語の授業
【写真】日本語の授業。数字の数え方を勉強中。黒板の上には横綱4人の写真が飾ってある

 昨年9月、ウランバートル市に開校した「新モンゴル日馬富士学校」に行った。私は、開校式に出席しているが、1年が経過し、どう変わったのかを見てきた。
 訪れたのは10月1日。この日は、モンゴルの敬老の日だった。この学校では、ガルバドラッハ校長ら55歳以上の教職員6人が「お年寄り」として敬愛されていることを祝う行事が行われた。
会場は、創設者・理事長を務める日馬富士(本名ダワーニャム・ビャンバドルジ)さんの部屋。元横綱は、妻と子供3人とともに東京にいるので、理事長室は、幹部職員の会議や来客の応接に使われている。
 「お年寄り」6人は、入り替わり立ち代わり訪れる先生たちと、握手やほおずりを交わす。馬乳酒で乾杯する。テーブルの上には、学校の食堂で作られた料理が並ぶ。音楽の教員が馬頭琴やホーミーを披露する。ウルジーサイハン副校長ら幹部職員は、モンゴルの歌をうたった。最後に、お茶用のポットを贈られて、おひらき。
 この日は、モンゴル各地で、こんな行事が繰り広げられたようだ。日本とは一味違う敬老の日だった。
 本題に戻る。校舎の建設は続いている。大きくA、B、Cの3棟に分かれており、玄関や教職員室があるA棟は、昨年の開校前に完成した。今年は、体育館、図書館、食堂、喫茶室、実験室、部活室のC棟が完成した。部活室の一角には、相撲の土俵もあるが、まだ全部は出来ていなかった。
 B棟の完成は2021年を予定している。完成すれば小学校が移るという。
 玄関ホールに、校舎の完成模型が飾ってある。上から見ると「H」の文字に見える。これは日馬富士の頭文字だ。モンゴル語で新モンゴルの「シ」と「モ」を表す文字と、横綱の土俵入りのポーズも合わせて表現したデザインだという。
 モンゴルは、小学校5年、中学校4年、高校3年の12年制の小中高一貫教育が一般的。日馬富士学校では、今のところ、小5、中4、高3を除く9学年の1180人の生徒が学んでいる。開校1年で、これだけの生徒数は、人気の高さを表しているようだ。
 1階の玄関奥にある食堂で、1年生と4年生の給食を見せてもらった。生徒たちは、鶏肉、マッシュポテト、野菜サラダが載ったプレートとスープを受け取る。席に着くと、「いただきます」と元気な日本語であいさつして、食べ始めた。「いただきます」の平仮名は、食堂の廊下側のガラスにも書かれている。
 外国語は、英語が必修で、小学5年生から学ぶ。第二外国語は、8年生(中3、日本では中2)からで、日本語、中国語、ロシア語から選択するが、ロシア語の希望者はいないそうだ。
 常勤の教員は73人。このうち日本語教員は5人。全員がモンゴル人。非常勤講師の日本人も、ときどき授業を行うという。事務、施設管理などの職員は32人。
 高校の生徒指導を担当するナサンブルマーさんは「生徒には、あいさつする、尊敬し合う、時間を守る、などの基本的なマナーを、しっかりと身につけさせたい」と言う。
 ガルバドラッハ校長は、2000年、モンゴル初の3年制の高校「新モンゴル高」を創設した。同校は、その後、小中高一貫教育の学校になった。2014年には大学と日本式の高専を創設し、モンゴル有数の私立学園「新モンゴル学園」になった。2016年には、日本の幼稚園と保育園にならった子ども園も開園させた。
 ガルバドラッハさんは、日馬富士さんの「モンゴルの将来を担う人材を育てたい」との熱意に賛同し、学校創設に協力して校長に就任した。日馬富士さんの妻は、新モンゴル高と岩手大を卒業している。
 ナサンブルマーさんは「新モンゴル小中高の輝かしい歴史を吸収して発展させたい。同じ料理でも、家庭によって味が異なるように、これから日馬富士学校としての伝統も築いていきたい」と言う。
 新モンゴル小中高では、毎年8月、日本留学試験対策の夏休み特訓講座「サマースクール」を開いている。今年は、日馬富士学校から72人の生徒と10人の教員が参加した。来年は、独自にサマースクールを開講する予定という。




▽森修 もり・しゅう
1950年、仙台市生まれ。元河北新報記者。1998年、山形市で勤務していたとき、たまたま入ったバーでアルバイトしていたモンゴル人の留学生と出会う。以来、モンゴルの魅力に取りつかれ、2005年「モンゴルの日本式高校」、2012年「あんだいつまでも新モンゴル高校と日本」をそれぞれ自費出版。

IMG00040~2

毎度、編集長のタケシです。

イタリアのジュエリーブランドMIMI(ミミ)は5月7日に、新十両に昇格した霧馬山関(モンゴル出身、本名ビャンブチュルン・ハグワスレン)の昇進を祝い、MIMI(ミミ)の図柄を使った特製の「化粧まわし」を贈呈し、GINZA SIXにて贈呈式を行いました。
IMG_1288
贈呈式では、5月12日より開幕する東京場所のため、モンゴルよりご両親が来日、母の日を前にカーネーションの花束とジュエリーをお母様へ手渡し、感謝の気持ちを伝えました。ちなみに、こちらのネックレスは18金で、税抜きで66万円もするそうです。

IMG00024~2

報道陣に対して、霧馬山関は「嬉しいです。もっと上を目指して恩返しがしたいです」と意気込みました。

IMG00026

私からモンゴル語で「お母さんの手料理で一番好きなモンゴル料理はなんですか」という質問に対して霧馬山関は「ボルチタイ・ショル(羊肉のスープ)です。今日もお母さんが作ってくれました」と答えました。

力士になるため初来日するときにお母さんには「力士になって強くなってきます」と言ったそうです。

化粧まわしを贈呈したMIMIとはどなんブランド?


大相撲の横綱の白鵬関が日本国籍の取得申請中であることと、それが引退後に親方となることを目的とてしたことがメディアで報じられ、様々な意見が各方面から発信されています。
images-70

白鵬関の帰化申請を良く思わない意見には、白鵬関が春場所の千秋楽の土俵下で三本締めを行ったことへの批判にからめたものが多いです。

こちらについては、あくまで国技としての相撲の儀礼上の順番の問題として、日本相撲協会が対処を検討中です。

しかしながら、何かにつけて白鵬関について「横綱としての品格が」や、挙げ句に「日本の品格が」と口擊する人達には、少し冷静に考えて欲しいと思います。

白鵬関は平成最後の春場所の千秋楽を終え、天皇賜杯の授与の後に、平成からの御代替わり(みよがわり)にあたり大相撲の興隆を観客と心を一つに祈願するため、三本締めを行っています。

儀礼上の順序の違いはその後に識ったことであり、観客の皆様もほとんどが喜んで三本締めに手を合わせています。
images-54

白鵬関がどれほど天皇賜杯の授与の大切さを理解しているかは、明治神宮の公式Webの記事でも紹介されている、柔道の山下泰裕さんとの対談からも良く分かります。
http://www.meijijingu.or.jp/shiseikan/yamato/099.html

白鵬関に対して「横綱の品格が」と口擊される人達には、ご自身の言説や態度に「日本人としての品格が」どれほどあるのか、今一度、自分自身を見直すことをおすすめします。
G20161116013733880_view

また、白鵬関にとって国籍をモンゴルから日本に変更することは、考えに考えての決断です。
ブフ(モンゴル相撲)の英雄を父にもつ白鵬関が日本人女性と結婚した当時、モンゴル国内でも白鵬関はモンゴル人ではなく日本人になるのではないかという心配の声が数多くあがりました。なぜなら、モンゴル人の愛国心や民族の誇りは、大変に強いものがあるからです。
白鵬関もまた、決して経済的な理由などで気軽に日本国籍の取得を申請したわけでないことは、はっきりしています。
images-125

モンゴル人としての民族の誇り。
日本の国技を次世代へと継承していく責任。
そして、これからのモンゴル人力士たちの育成という志。
これら全てを護り背負うための選択肢としての日本国籍取得申請。
並々ならぬ不退転の決意であると私は考えます。

日本国籍の取得については、膨大な書類手続きを必要とする一方で、日本という国に対する愛や忠誠を一切必要としない手軽さの両方が現実問題として存在します。
あくまで経済的な利便性だけで日本国籍の取得を行う立場からは、日本が多重国籍を認可するべきだという制度変更の主張までおこります。
テニスの大坂なおみ選手がグランドスラムで優勝したときも、優勝会見でテニスの質問ではなく国籍の制度の質問をして大坂選手を困惑させた新聞記者がいたことも、記憶に新しいでしょう。

自身の民族の誇りを忘れず日本の文化伝統を大切にしその継承の責任を背負う、日本国籍の取得。
白鵬関がこうした日本の新たな時代の「鑑」となることを、私は祈願いたします。

平成31年4月22日
みずばしょう


D4ZN3HDU4AIzL9L





白鵬伝
朝田 武藏
文藝春秋
2018-01-25


42156509_10156821289832652_8819518010063585280_n

毎度、編集長のタケシです。
読書の秋、食欲の秋、不倫の秋になりましたね。あなたの秋はどうですか?

冗談を置いといて、連日から各テレビ局は貴乃花親方のあれこれの放送で視聴率を上げてたものの、親化の引退でやっと静かになるのかと思いきや、今度は貴ノ岩の賠償金問題で再び視聴率に繋げようと頑張ってます。

他に、もっと大事にニュースあるでしょうと突っ込みたくなりますね。

(サンスポ 2018.10.5 14:33)
元旭鷲山、貴ノ岩の賠償金請求「今、金あるんで僕が代わりに払ってあげれば」
https://www.sanspo.com/sports/news/20181005/sum18100514330006-n1.html

(日刊スポーツ 2018年10月5日9時32分)
貴ノ岩が元日馬富士関を提訴 金額に100倍の開き
https://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/201810050000226.html

報道によると、貴ノ岩側から日馬富士に2400万円の賠償金を求め提訴したとのことです。

今、問題となっているのはその金額のことです。多い・少ない人それぞれだから、その基準も価値観も違うのは当たり前です。

個人的な意見ではありますが、2場所連続の休場となった貴ノ岩が損害賠償3000万円くらい請求するのは妥当かと思います。それは、力士ではプロ野球選手やサッカー選手に手を出して怪我をさせ、出場ができなくなったと考えれば一番分かりやすいです。

あなたはどう思っていますか?ぜひ、ご意見を下のコメント欄に書いてね。

横綱日馬富士 相撲道
日馬富士公平
藤原書店
2018-09-25


↑このページのトップヘ