モンゴル情報クローズアップ!

モンゴルの文化、ビジネス、投資、観光、最新話題など幅広い情報をお届けします。(通称:モンゴルなう)

カテゴリ: 相撲

42156509_10156821289832652_8819518010063585280_n

毎度、編集長のタケシです。
読書の秋、食欲の秋、不倫の秋になりましたね。あなたの秋はどうですか?

冗談を置いといて、連日から各テレビ局は貴乃花親方のあれこれの放送で視聴率を上げてたものの、親化の引退でやっと静かになるのかと思いきや、今度は貴ノ岩の賠償金問題で再び視聴率に繋げようと頑張ってます。

他に、もっと大事にニュースあるでしょうと突っ込みたくなりますね。

(サンスポ 2018.10.5 14:33)
元旭鷲山、貴ノ岩の賠償金請求「今、金あるんで僕が代わりに払ってあげれば」
https://www.sanspo.com/sports/news/20181005/sum18100514330006-n1.html

(日刊スポーツ 2018年10月5日9時32分)
貴ノ岩が元日馬富士関を提訴 金額に100倍の開き
https://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/201810050000226.html

報道によると、貴ノ岩側から日馬富士に2400万円の賠償金を求め提訴したとのことです。

今、問題となっているのはその金額のことです。多い・少ない人それぞれだから、その基準も価値観も違うのは当たり前です。

個人的な意見ではありますが、2場所連続の休場となった貴ノ岩が損害賠償3000万円くらい請求するのは妥当かと思います。それは、力士ではプロ野球選手やサッカー選手に手を出して怪我をさせ、出場ができなくなったと考えれば一番分かりやすいです。

あなたはどう思っていますか?ぜひ、ご意見を下のコメント欄に書いてね。

横綱日馬富士 相撲道
日馬富士公平
藤原書店
2018-09-25




毎度、編集長のタケシです。
先日告知した日馬富士絵画展に行って来ました。

展示は本日最終日なので、興味ある方は仕事帰りにぜひ行ってみて下さい。ちなみに、夜7時まです。日馬富士だけに富士山の絵が多かった印象です。写真撮影はNGではないが一枚一枚全部撮るははNGです。

入口から入ったところ、新モンゴル日馬富士学園を作った理由が書かれていました。非常に共感される文章でした。
IMG_5709



日馬富士の言葉を一部引用すると

私は神様に「横綱になっていい思いをしなさい」地位を与えられたのではなく、「横綱になって人と世のために何をすべきか」という使命を洗えられたのだと考えています。そういう風に考える中で私は日本の教育・育成・礼儀・マナーに感銘を受けました。私は「モンゴル人に私のこの気持ちを理解してほしい」そして「モンゴルの子どもたち、未来の子どもたちに本により親しみと興味を持って欲しい」そういう気持ちで4年前にモンゴルで学校を作ることを決心しました。

どうですか?こんな言葉が言えるのは心の底から溢れ出す情熱か、もしくはプロのライターじゃないと無理でしょう。

最初にこの記事のタイトルを「日馬富士絵画展に行って来ました」と書きしたが、書き終わった後急遽タイトルを「日馬富士がモンゴルで学校を作った理由とは?」に変更しました。きっと私になにかの周波数を送ったのに間違いないだろう。

毎度、編集長のタケシです。
朝青龍も激おこぷんぷん丸「先祖バカにするお前ら‼️品格がない日本人‼️」とつぶやいた。

そのわけは、この漫画↓↓↓↓↓
現在、Facebookを初めSNSで絶賛炎上中。いくらなんでも酷い。国際問題になるのは間違いない。出版側からの謝罪を強く求めます。激しく拡散希望!!!
    
モンゴルの元大相撲力士たちがモンゴルで買春勧誘!?
http://mongol.blog.jp/2014/06/10/51797708 



27073203_361809040952164_2415758284500844476_n

毎度、編集長のタケシです。
「第八回白鵬杯 国際親善交流少年相撲大会」のお知らせです。


開催日時
2018年2月12日(月)8:00 〜 18:00

開催場所
両国国技館



△昨年の様子を投稿している映像を見つけました

今回は、内モンゴルとモンゴルなどの国と地方から1300人の子ども力士が集まるそうです。お時間ある方はぜひ行ってみて下さい。



61g7EVWMfIL

毎度、編集長のタケシです。
モンゴル関係の新しい本、「モンゴル力士はなぜ嫌われるのか──日本人のためのモンゴル学」が12月25日より発売される予定です。著者はモンゴル業界で有名な宮脇淳子先生です。



△宮脇淳子さんのコメントはかなり辛口で面白いです。
当ブログでも何回も紹介してありますが、Youtubeチャンネルくらら「世界史のはじまり モンゴルを学ぼう」のシリーズ動画を一通り見ると良いでしょう。めちゃ勉強になります。


新書と言っても出版社からのコメントには 「本書は『朝青龍はなぜ強いのか』(二〇〇八年、ワック刊)を改訂・改題した新装版です。」 と書いてあります。『朝青龍はなぜ強いのか』は朝青龍が大活躍していた時に発売されてて、ほとんど人知っているかと思います。中古だと数十円で買えますけどね。



朝青龍の時代が終わった(引退した)ということがあってこの本はあまり売れなかった背景があります。

日馬富士の暴行事件でモンゴル力士が再び注目されているから、ある意味便乗商法ということですなぁ。



↑このページのトップヘ