モンゴル情報クローズアップ!

モンゴルの文化、ビジネス、投資、観光、最新話題など幅広い情報をお届けします。(通称:モンゴルなう)

カテゴリ: 相撲







































P1020055
P1020051
P1020060
P1020064
P1020074
P1020078
P1020065
P1020073
P1020068
P1020050
P1020058
P1020081
P1020086



ナンバー1
白鵬 翔
扶桑社
2016-12-08


2017年3月25日の大相撲春場所で、モンゴル国出身の大関照ノ富士関が、琴奨菊関に「変化」で勝利した際、観客からのブーイングが飛んだことが話題になっています。


youtube動画。観客が撮影したもので、撮影者もしくはその近くにいる観客がブーイングを飛ばし、場内が騒然となっているシーンを確認できます。

問題はここから始まります。

翌日の26日のスポーツ報知オンラインで、「照ノ富士、変化で王手も大ブーイング!『モンゴル帰れ』という見出しの記事が発表され、本文中でも、「観客は驚きで一瞬静まり、激しいヤジが飛び交った。「モンゴルに帰れ!」「恥を知れ!」。」と書かれました。

その後スポーツ報知は28日に上記の内容を記事から削除。29日に「観客のヤジを記述した部分に、ヘイトスピーチを想起させる表現がありました。人権上の配慮が足りず、不快な思いをされた皆様におわびします」と発表しました。

確かに幕内力士たちに対して「モンゴル帰れ」は言いすぎでしょう。
しかしながら、それが「ヘイトスピーチ」にあたるのかは、いくつかの点で議論しなければいけません。

平成28年に施行された「本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組の推進に関する法律」(通称ヘイトスピーチ規正法)では、ヘイトスピーチの定義は、「適法に居住する」「本邦外出身者」(日本人は対象外になります。)に対する、下記の言動を差します。

「本邦外出身者に対する差別的意識を助長し又は誘発する目的で公然とその生命、身体、自由、名誉若しくは財産に危害を加える旨を告知し又は本邦外出身者を著しく侮蔑するなど、本邦の域外にある国又は地域の出身であることを理由として、本邦外出身者を地域社会から排除することを煽動する不当な差別的言動」

ここで、相撲を知る人なら常識として知っている内容があります。

大関・横綱は「変化」を用いず、相手の技を正面から受けることが求められます。
大関・。横綱が「変化」を用いて勝った場合、力士の出身地に関係なく、観客から非難されます。


そのため、横綱の白鵬関が36度目の優勝を果たした際も、決まり手が「変化」であったため、観客からも十分な評価を得ることができませんでした。
今回の大関の照ノ富士関の「変化」も、相撲解説員が「一年前と同じパターンだった」と苦言を呈しています。

また、横綱となった稀勢の里関の優勝決定戦も、最後は変化による勝利であったため、怪我をおしての無理な出場とあわせて苦言を呈するニュース記事や論説も見られます。

モンゴル出身の力士は大相撲の心を日々懸命に学び精進を続けていますが、大関・横綱は変化を用いてはいけないという「横綱相撲」ではなく、しばしば「変化」による勝利が続くため、その件でのみ、日本人の観客はモンゴル人力士たちに不満を抱くことがあります。

それは決して、モンゴル人力士を大相撲から排除しよう、というものではありません。

稀勢の里関が19年ぶりに日本人の横綱に昇進したのも、並居るモンゴルの強豪力士達との取り組みの中での勝利を喜ぶものではあっても、モンゴル人力士を差別したり排除したりするものではありません。

では、今回の件で「ヘイトスピーチ」と声を大に情報発信したのは、誰だったでしょうか?

 3月26日のC.R.A.C.のツイートです。
C
https://twitter.com/crac_kawasaki/status/846213932024967170
http://archive.is/JAanT

◆‘3月26日の津田大介氏のツイートです。
tsudadaisuke
https://twitter.com/tsuda/status/846054582912401408
http://archive.is/4HCZD

 27日の佐藤圭氏のツイートです。
satoukei
https://twitter.com/tokyo_satokei/status/846286339502829568
http://archive.is/V56wd

ぁ‘3月27日の「ハフィントンポスト日本版」の3月27日記事です。
http://www.huffingtonpost.jp/2017/03/27/terunofuji-hochi-report_n_15633468.html

いずれも社会的影響力が強く、ヘイトスピーチ問題に古くから取り組んできた人物・団体です。
詳しくはインターネットで人名を検索すると、記事や批評を参照することができます。

重ねて言いますが「モンゴルへ帰れ」は言いすぎですし、ネット上で無責任に書くことも批判いたします。

しかし、日本人がモンゴル人力士に対してヘイトスピーチを行ったという内容については、事実の確認から情報発信者の傾向まで、ネットユーザーが自分で調べ、検討する必要があると思います。


参照記事:
白鵬関バッシングに日本・モンゴル友好関係の悪化を狙う影
http://mongol.blog.jp/2015/03/25/518270802

民進党の野田佳彦元総理が白鵬関を選挙演説で罵倒!
http://mongol.blog.jp/2016/06/23/51896044

安倍総理のモンゴル国訪問に見られた「脱原発」の正体は?
http://mongol.blog.jp/archives/51749151.html

なぜ、「モンゴル帰れ」は言っちゃいけないのか?!
http://mongol.blog.jp/2017/03/27/51932366

↑このページのトップヘ