モンゴル情報クローズアップ!

モンゴルの文化、ビジネス、投資、観光、最新話題など幅広い情報をお届けします。(通称:モンゴルなう)

カテゴリ: 不動産

Temujin@札幌です。
 
今朝(12月13日)の日本経済新聞、39面に弊社の
 
モンゴルでのマンション建設事業の記事が掲載されました。
 
昨日、夜に電話取材されて今日掲載とは、、、
 
早すぎます。
ブログ→http://blogs.yahoo.co.jp/johnny_newyorker


土木・建築のケイセイマサキ建設(新冠町、正木省司社長)はモンゴルでのマンション建設事業を本格化する。
来年の春から夏にかけて首都ウランバートルで中流層向けのマンション2棟を建設、個人所得の増加により伸びる住宅需要を取り込む。

 
 マンション事業強化のため、ケイセイマサキは100%子会社の「ホシ・モンゴル」を10月に設立した。
来年新設する2棟の建築はホシ社が担う。
新設物件は12階建てと6階建て。
12階建ての下層階には商業施設が入る予定で、住居部分はいずれも48戸のワンルームマンションとする予定だ。
販売価格は1戸250万〜300万円とする。

 
 ケイセイマサキは昨年9月、現地のマンション開発事業者やフランスの投資会社と提携してモンゴルでのマンション建設事業に参入。
今春第1号のマンションが完成し、すでに完売している。


 資源価格の高騰などからモンゴルでは経済成長が続き、中流層の厚みが増している。
ケイセイマサキによると、従来郊外でゲルと呼ばれるテントで生活していた世帯が都市部に移り住む人の流れもできているという。


http://www.nikkei.com/news/local/article/g=96958A9C93819491E3E0E2E2988DE3E0E3E0E0E2E3E39EE6E3E2E2E2;n=9694E3E4E3E0E0E2E2EBE0E2E3E0

最近私のブログは、モンゴルの経済のことが非常にウエートを占めるようになってきていました。
なぜなら、2010年モンゴル渡航回数10回を数えましたが、
行くたびに魅力を発見することができ、好調な経済を感じ、わくわくするこのモンゴルのことを
少しでも多くの方に知っていただきたいと思うようになっていたからです。
そこで、ブログで情報を限るのではなく、セミナーという形式でモンゴルのことをみなさんに
お話させていただくことにしました。
 
題して「モンゴル国勉強会〜今なぜモンゴルなのか〜」
 
内容は大きく分けると4点
 
.皀鵐乾襪侶从兒愽犬修靴萄8紊旅塋
 
▲皀鵐乾襯咼献優校例発表
 
RIMG0880vix

D蟯預金金利14%に代表されるモンゴルへの投資法
 
な声劼慮獣魯僉璽肇福軸覿箸梁緝修来日〜講演
 
となります。
 
日程は11月17日 帯広 フレンチレストラン
       18日 旭川 ビール園
       19日 札幌 ワインレストラン
 
勉強会終了後には、極上ワインと料理を食べながらの懇親会をご用意いたします。
 
勉強会1000円
懇親会4000円
 
定員は各会場とも30名先着、となります。
 
 
申し込みについては、ブログにて→http://blogs.yahoo.co.jp/johnny_newyorker 

Temujjin@モンゴル

こちらにきて早くも1週間、相変わらずのモンゴル経済の成長スピードに

びっくりしています。

1棟目のマンションが完成し、完売したのを受け

払い戻しというか、約束のリターン金を受け取りました。

はじめての試みとしては成功といえる結果です。
RIMG0882vix

為替もこの1年安定していたということも重要なファクターでした。

いろんな方に、「お金よく返してもらえたね」

とびっくりされます。

こちらではお金を返してもらえなかった経験のある方がいるようです。

予定は3ヶ月ほど遅れましたが、「それもモンゴル」です。

予定が予定通りいかないというのは今回よく分かりました。

お金を払うといって半分しか払わない。

明日払うといって、1週間たっても音沙汰なし。

購入者とこんなやり取りは数知れず。

自分では無理な約束を平気でしてしまう人がいます。

あまり先のことを考えず、今日、明日のことを第一で考えます。

ビジネスを継続的にやるというより、一発逆転満塁ホームランを狙います。

日本ほどスケジュールどおりに行くビジネスのほうが少ないかもしれません。

マンションが完売してからも、購入の希望者は多く、100名以上の人が

キャンセル待ちを申し出ているようですが、さすがに

今後はないでしょう。

また、自分で買った後にすぐに転売した人もいるようです。

この価格帯でこの品質で、ニーズは十分にあるということが分かりました。

今後もこの路線でいけると確信してます。




さて、これからは、2棟目の建設に向けてのスタートです。

資金、スケジュール、配当、下請け、などなどが今後詰めていくことになります。

この計画に対して、投資家を募るかどうかも検討中です。

その場合でも最低500出せる人が対象です。

来年4月開始予定。
 
 
モンゴルはあと5年が第一次創世記
 
ここで国の将来が大きく左右されます。
 
がっちりキャッシュを増やしたいと思います。
 
そして、次はそれを元手に南の国へ、、、


来年もまた、モンゴルに来ることになりそうです。

Temujin@モンゴル モンゴル到着3日目。

3ヶ月ぶりのモンゴルだったので、

少し感覚が鈍ってましたが だんだんとまたモンゴル時間に慣れてきました。


 今回初めて計画に加わり、無事に完了したマンションプロジェクト の1部屋を、

どのように経年変化が現れるかチェックするためと

自分がモンゴルに来たときに住むために購入したのですが


1、自分で住むか?

2、貸すか?

3、売却するか?


迷ってます。

家具付なので、すぐに貸せるし、売却もできるし、、、

2〜3年所有していても、価格が上昇することは確実なのでどうしようか

本当に迷ってます。


こんな部屋なんですが
家具はビデオと違います。
http://blogs.yahoo.co.jp/johnny_newyorker

↑このページのトップヘ