モンゴル情報クローズアップ!

モンゴルの文化、ビジネス、投資、観光、最新話題など幅広い情報をお届けします。(通称:モンゴルなう)

カテゴリ: 不動産

「モンゴル不動産共同購入 
「モンゴル不動産共同購入◆
「モンゴル不動産共同購入」
「モンゴル不動産共同購入ぁ
物件選定基準
.蹈院璽轡腑鵝頁笋蠅笋垢、貸しやすいもの)
品質重視  (実績あるデベロッパー)
E正な値段 (市内平均価格前後)
た裕い離侫蹈▲廛薀鵝Studio 1Bedroom)
不動産は買うのは簡単ですが、大変なのは買った後です。
弊社お勧めの物件です↓
 
上記の左の建物から
1. オフィス
2.3.4.5. レジデンス
6. オフィス
7. 映画館
2.3.4.5. のレジデンス部の1~3階部分はテナントスペースとなっています。
物件詳細資料↓
敷地内で、仕事、住居、ショッピング、エンターテイメントが楽しめます。
そして内装仕上げが抜群に良いです!
下記の写真が同じデベロッパーが建設したモデルルームです↓
http://blogs.yahoo.co.jp/johnny_newyorker/24810867.html

「モンゴル不動産共同購入 
 http://blogs.yahoo.co.jp/johnny_newyorker/24789485.html

「モンゴル不動産共同購入◆
http://blogs.yahoo.co.jp/johnny_newyorker/24793346.html

「モンゴル不動産共同購入」
http://blogs.yahoo.co.jp/johnny_newyorker/24797497.html


「モンゴル不動産共同購入ぁ

経費は折半

リターンンも折半

賃貸管理は弊社で行い

出口戦略は3年後売却 と決まったわけですが、

それではどんな物件を買ったのか?

物件選定基準は明確に定めています。

.蹈院璽轡腑鵝頁笋蠅笋垢、貸しやすいもの)
品質重視(実績あるデベロッパー)
E正な値段(210万MNT/m2)
た裕い離侫蹈▲廛薀鵝Studio 1Bedroom)

不動産は買うのは簡単ですが、大変なのは買った後です。

賃貸付、管理の問題、売却の戦略

これらがすべて明確でないブローカーからは不動産は買うべきではない。

とんでもない物件を買うと、一生振り回されます。

日本での生活や会社への影響もでてきます。

数百万〜数千万の買い物ですからね。

慎重に選ばなければなりません。

自分がその国にいるなら多少対応できますが、

自分が住んでいなければ日本で不動産を買うよりも慎重にならざるを得ません。

まずは今回ご購入いただいた物件の完成予想図をご覧ください↓

モンゴル不動産共同購入

モンゴル不動産共同購入

モンゴル不動産共同購入

今回は4名で2物件を購入いただいたのですが

経費は折半

リターンも折半

とまとまりました。

題は「出口戦略」
です

私のモンゴル不動産市況では3年後まではポジティ部

それ以降はステーブルです。

なぜ3年なのか?いろいろ根拠があります。

一番大きなものは3年後に総選挙があるということです。

2012年の選挙後、日本では考えられないほどに国は大きく変動しました。

これは今年6月の大統領選挙まで動き続けるでしょう。

住宅産業は住民生活に直結する
政策ですので選挙運動によく利用されます。

ローンの低減や、都市再開発計画、ゲル地区の都市化計画など

いままでも花火が打ちあがっては消えた住宅政策がありました。

モンゴルは日本の何倍も波が大きいのであえて「3年」としています。


画像付き全文はオフィシャルブログにてご覧になれます↓ ↓ ↓
http://blogs.yahoo.co.jp/johnny_newyorker/24797497.html

「モンゴル不動産共同購入 廣↓↓

「モンゴル不動産共同購入◆

モンゴルの不動産を共同で購入するシステムを考え組み立てるのに約1か月かかりました。

その間、購入希望者様と数十回のメールのやり取りと

モンゴル−日本間で打ち合わせを繰り返し

書類と構成を作成してきました。

回は4名で2戸買っていただくことになりました。


今後あらゆるトラブルが起こることが予想されますが

事前に考えられるリスクは話し合いました。

基本的には

25:25:25:25
で資金を出しているとすれば

手数料、管理費、リターン、キャピタルゲインは すべて折半

40:30:20:10
で資金を出しているとすれば

同じ割合ですべての費用すべてのリターンを折半するということ

弊社でいただく経費も同じく折半ということになります。

これは常識的に考えれば問題ありませんが。

一番問題になりそうなのが

出口戦略
です。


画像付き全文はオフィシャルブログで↓ ↓ ↓
http://blogs.yahoo.co.jp/johnny_newyorker/24793346.html

前回の「越境せよ!日本で絶望するより国境のない世界で稼げ!」

「モンゴル不動産共同購入」

先月の話になりますが、日本から今
年2回目のモンゴル訪問をしてくれた方がいました。

日本でレストラン数店舗と

不動産投資をしている経営者です。

彼は2013年の1月に極寒の中行われた「モンゴル経済視察ツアー」

別名「投資(凍死)ツアー」に参加されていました。

銀行〜証券会社〜不動産を精力的に見学し

2か月後の3月にモンゴルに不動産投資することを決定し

手続きのために再度モンゴルに来たのでした。

しかし、今回題名にもあるように

単独ではなく「共同購入」という形をとりました。


つづきはオフィシャルブログで↓ ↓ ↓
http://blogs.yahoo.co.jp/johnny_newyorker/24789485.html

↑このページのトップヘ