モンゴル情報クローズアップ!

モンゴルの文化、ビジネス、投資、観光、最新話題など幅広い情報をお届けします。(通称:モンゴルなう)

カテゴリ: モンゴル・ニュース

list-genghis-khan-2-E
毎度、編集のタケシです。
毎年この時期に開催される「日本・モンゴル文化交流〜チンギス・ハーンの祭礼」、今年で12回目です。

開催日程
2017年4月9日(日) 午前11時〜午後3時

開催場所
大阪市扇町公園 地下鉄堺筋線「扇町駅」より徒歩1分

モンゴル料理、ゲルの組み立て体験、モンゴル書道、モンゴル相撲などがあるそうです。
ご興味ある方ぜひ行ってみてください。

個人的には、この程度のイベントでわざわざ チンギス・ハーンの名前を使うのはいかがなものかと思ます。


 

株式会社スイーツデザインラボ(本社:東京都渋谷区、取締役社長:吉山耕治)が展開中のパンケーキ専門店『Butter(バター)』は、2017年4月1日(土)モンゴル国(通称モンゴル)の大草原に新店をオープンいたします。『Butter』としては、初の海外出店!またモンゴルへの出店を記念し、モンゴル店限定の巨大パンケーキタワーを発売いたします。

モンゴル草原

なぜ、モンゴルなのか。

私たち『Butter』は、パンケーキ専門店として、2011年大阪江坂に1号店をオープンしました。

その後、大阪・神戸・東京・横浜と店舗数を増やし現在は国内に11店舗を展開していますが、昨年行われた忘年会での社長の一声で海外出店が決定。

海外のどこに出店するのか、という非常に重要な事項をなんと社員のダーツで決めることになりました。  

モンゴルパンケーキ1

そんな社運をかけた海外出店の地を決めたのは、弊社デザイナー20代女性。

彼女が見事ダーツで射止めた場所こそ、モンゴルだったのです。

早速実地調査を行ったところ、他店含めモンゴルにはまだパンケーキ屋の出店実績がなく、パンケーキ専門店『Butter』としてのプライドをかけ、正式にモンゴルへの出店が決定いたしました。

モンゴルパンケーキ2

モンゴル店限定『巨大パンケーキタワー』を販売いたします。 

モンゴルパンケーキ13

<商品概要>

パンケーキもフルーツもたっぷり!
Butterで人気のバターパンケーキを1,000枚重ねにしました。 

ごろごろフルーツとバニラアイス、ピンクのラズベリーバターをトッピング。 

メイプルソースをたっぷりかけて召し上がれ♪ 

価格:220,000MNT(約10,000円) 

販売店舗:Butterモンゴル大草原店



■『Butter(バター)』 とは

『Butter(バター)』は全国から選りすぐられた高級発酵バターをはじめ、生クリームや小麦粉など、北海道産の原料を使用したパンケーキ専門店。人気の“スフレパンケーキ”をはじめ、定番の“バターミルクパンケーキ”、“窯出しフレンチパンケーキ”、“全粒粉や野菜”を練り込んだパンケーキなど、食感や味わいの違う新しいパンケーキをご提供してまいります。

<SHOPS>
■Butter江坂 ■Butter茶屋町 ■ButterあべのHoop ■Butter神戸ハーバーランド■Butterららぽーと甲子園 ■Butterイオンモール伊丹 ■Butter横浜ベイクォーター ■Butter多摩南大沢 ■Butterららぽーと横浜 ■Butterららぽーと豊洲 ■BUTTER & DEL’IMMO滋賀竜王 ■Butterモンゴル大草原

<ホームページ>


4月1日は、エイプリルフールです。モンゴル出店は行いませんので、ご了承ください。 

モンゴル店限定の巨大パンケーキタワーはありませんが、バターパンケーキ10枚重ねのパンケーキタワー(税抜2,500円)は本当に発売しています!Butter国内店舗にてお愉しみくださいね。


モンゴルパンケーキ14

毎度、編集長のタケシです。
大相撲春場所にて、最近注目度が高いモンゴル出身力士の照ノ富士が琴奨菊を勝った
時に、「モンゴル帰れ」と観客の人言ったそうです。

これはもちろん問題と言えば問題ですが、本当の問題は「スポーツ報知」が3月26日に配信した記事の見出しにも使っていたことです。
2017年3月26日6時0分  スポーツ報知
 
照ノ富士、変化で王手も大ブーイング!「モンゴル帰れ」

近年、相撲界は朝青龍以降ずっとモンゴル出身の力士がリードしてきました。そして相撲業界だけじゃない、あらゆる分野で外国人労働者が低賃金で日本の社会に貢献しています。

こうした中、外国人差別用語やヘイトスピーチは断じて許せるものではないと思います。SNSの普及で、我々自身もそのEnterボタンを押す前に、果たしその言葉が誰かを傷つけてないか注意して行きましょう。
 

ベースボール・マガジン社
2017-03-02

 

↑このページのトップヘ