モンゴル情報クローズアップ!

モンゴルの文化、ビジネス、投資、観光、最新話題など幅広い情報をお届けします。(通称:モンゴルなう)

カテゴリ: モンゴル・ニュース

朝青龍現役引退ということあって今日は忙しい一日でした。

まず東京新聞からモンゴル人からみてどう思うか、電話インタビュー
ありました。その後TBSから取材の依頼がありました。
ほかにも電話3件くらいあったが無視しました。

assyoryu
朝青龍(写真:サンケイスポーツ)

暴行に対して責任を持つのは当たり前だと思います。
だけど引退するのはあまりにももってない気がします。
彼の今までの実績を評価するべきでしょう。
相撲は国技であって、格闘でもあると思います。
仮に3場所休場、または1年間活動停止などの対応をするのは
彼にとっても、ファンにとってもありがたいです。

どうやら自ら引退を決めたようなので、ただ一つ残念な気がします。
まぁ、これが朝青龍スタイルでしょう。

モンゴル映画と言えば皆さん思い浮かぶのは浅野忠信主演
映画『MONGOL』ではないでしょうか。
だけど僕が今一番みたいモンゴル映画と言えば『チャンドマニ』です

2007年、本作の監督、亀井岳はモンゴルの旅にてホーミー名人の
息子であるザヤーと出会う。口数の少ない彼は「ホーミーは遊牧民のものだよ。」と言った。
豊富な地下資源のために外貨があふれだし急激な変化を遂げていくモンゴル。
ホーミーを歌う遊牧民は減り、逆にお金のためにホーミーを習う人が増えている現状。
ザヤーのこの言葉は、自然と共に生きてきた遊牧民が遊牧をやめ現金収入を得るため
首都ウランバートルに集まっている現状に戸惑っているようだった。そしてザヤ自身も
ウランバートルにいる遊牧民の一人であった。
訪れるたび感じるこれらの現状に「遊牧民の生活と美しい自然の中で育まれてきた本来のホーミー」を
今、映像に刻み付けておかなければならないという責任を感じるようになった。
そして亀井はキューバで出会った古木洋平と2008年ビデオカメラを持って2人モンゴルへ。
撮影が旅なのか、旅が撮影なのか、一つずつの出会いがこの映画を完成させる。
(「チャンドマニ」公式HPより引用)

chandmani
(『チャンドマニ』公式HP提供)
 
監督・脚本・編集・制作:亀井 岳 
撮影:古木 洋平 
後援:駐日モンゴル国大使館/在モンゴル日本国大使館/社団法人日本モンゴル協会 
協力:財団法人横浜市芸術文化振興財団 
配給:FLYING IMAGE 
宣伝:チャンドマニ上映実行委員会 
2009年/日本・モンゴル/DV/96分/カラー/モンゴル語 

カチンコ公式サイト 
http://www.chandmani.com/ 

映画予告編(日本語版) 
http://www.youtube.com/watch?v=7OTkUZVJR-A 

映画予告編(英語版) 
http://www.youtube.com/watch?v=6xfKWaY-_sY 

『チンギス・ハーンとモンゴルの至宝展』内覧会・記者発表会
twitterユーザー招待に当選されました

早速、月曜日行ってきます;いっぱい写真撮りたいなぁ

123

下記はメールの一部内容です。
 
この度は≪『チンギス・ハーンとモンゴルの至宝展』内覧会・記者
発表会のTwitterユーザー様ご招待≫にご応募いただきありがとうございます。
厳正なる抽選の結果、当選いたしましたのでご招待状を送付させていただきます。
つきましては、下記の日程にて内覧会・記者発表会を開催いたしますので、
ご参加くださいますようお願いいたします。

【イベント名】
『チンギス・ハーンとモンゴルの至宝展』内覧会・記者発表会
twitterユーザーご招待!

【イベント日時】
2010年2月1日(月)14:00〜
【会場】
江戸東京博物館 1階展示室
(東京都墨田区横網1-4-1)
JR総武線「両国駅」西口より徒歩3分
都営大江戸線「両国駅」A4出口より徒歩1分
アクセスmap: http://www.mongolten.com/access/

【スケジュール】
13:30〜 報道受付開始
14:00〜 プレス内覧会開始 / 1階展示室 ※音声ガイドも無料で貸し出しして
おります。
15:30  プレス内覧会終了 ※一旦展示室の外でお待ちください。
16:00〜 開催記念式典
16:30  開催記念式典終了、自由内覧開始
※以降、引き続き会場内覧は可能ですが、
展示室内での撮影、携帯電話の使用はご遠慮ください。
17:00  内覧会終了

【受付について】
博物館1階から入口に進んでいただくと「報道受付」、
「Twitterご招待者受付」がございます。
「Twitterご招待者受付」にてアカウント名をお教えください。

↑このページのトップヘ