モンゴル情報クローズアップ!

モンゴルの文化、ビジネス、投資、観光、最新話題など幅広い情報をお届けします。(通称:モンゴルなう)

カテゴリ: モンゴル・ニュース

2017-04-23-13-45-44
▲銀座のママでしょうか、着物姿が素敵です。

2017-04-23-13-43-15
▲(un)Fashion、表紙にご注目。

2017-04-23-13-43-06

毎度、編集長のタケシです。
今日は、最近できたばかりのGINZA SIXに行って来ました。買い物客というより見物客が多くて、まるで朝の満員電車状態でした。と言っても、僕は5年くらい前から満員電車に乗ってないけどね。

普段から観察することが好きなもんで、6Fにある蔦屋書店で写真やらアート作品集やら見てたら面白い一冊を見つけました。(un)Fashionという海外の方の写真集だったのですが、なんとその表紙にモンゴルの遊牧民が掲載されていました。ちょっと感動しました。

(un)Fashionは世界中の様々な人々のファッションを紹介する写真集です。ド派手な服を着たモデルさんではなく、民族衣装や作業着、ボディーアートなどの写真で作られて非常に楽しめ安い一冊でした。

かなり古い本ではありますが、世界の人々のファッション、文化に興味ある方は一度読む価値があります。

(un)Fashion
Tibor Kalman
Harry N. Abrams
2005-03-01

Hulagu_Baghdad_1258
▲バクダードを攻めるモンゴル帝国/wikipediaより引用

毎度、編集長のタケシです。
九州大学より非常に興味深い、公開シンポジウム開催のお知らせです。

『「元寇」とイスラーム:モンゴル帝国の拡大がもたらした社会変革と中東』
 
2017年度日本中東学会大会の開催地となる九州大学箱崎キャンパスでは、昨年、中央図書館の敷地内から新たなる元寇防塁が発見されました。日本に襲来し大きな社会変革をもたらしたモンゴル帝国勢力は、中東においても、社会へのダイナミックな影響をもたらしています。本シンポジウムでは、中東と日本が同時代に体験した社会変動の意味を、ユーラシア大陸規模の歴史の展開のなかで考えてみたいと思います。
 
舩田 善之(広島大学・モンゴル帝国史)
「モンゴルの征服と統治―遊牧国家から世界帝国への変貌?」
 
堀本 一繁(福岡市博物館・日本中世史)
「蒙古襲来と異国警固体制」
 
中町 信孝(甲南大学・マムルーク朝史)
「アラブが見た「モンゴル襲来」― アイン・ジャールートからISまで」
 
渡部 良子(東京大学・イルハン朝史)
「イランにおける「モンゴル襲来」― モンゴルによる統治の受容とイメージの変遷」

「第33回年次大会のご案内」より引用

開催日時
2017年5月13日(土)・14日(日)

開催会場
九州大学 箱崎キャンパス 文系地区共通講義棟

準正式プログラム

face-2227083_1280
毎度、編集長のタケシです。
事件です、私の名前が盗用されました。

私は数年前からネットで実名で活動して来ました。そして、モンゴルとう狭い業界に名前が知られるようになりました。名前が知られる事自体に得に抵抗感はないが、どうやらとある投資グループ(集団)に私の名前が勝手に使われ、まるでそこの投資グループを支援しているような話が出ているそうです。 

image


事件を発見するきっかけは、ある一通のメールでした。
勧誘された投資家がその投資グループが配布した胡散臭い資料を疑い、事実確認として弊社宛てに問い合わせをしたわけです。私は、この投資グループと全く関わりがないし、存在すら知らないです。

実際の資料を送ってもらったが酷い物でした。
ざっくり言うと、日経新聞の記事になった情報をピックアップして載せて、日本モンゴルのEPA、首相などの写真を大きくして載せたうっすぺらい資料でした。結局は、内容を読んでもモンゴルのなに投資しているのか分からない、謎でした。

ちなみに、こちらの投資グループがLINEで非公開で情報を共有しているようで、そこに別人の写真を私のことのように言ってびっくりです。俺、そんなデブじゃないしと思ました。w 

そんなものを私が応援、一緒にやるわけないです。

会社名検索しても出てないし、担当者の名前もない、問い合わせ先がGmailでした。

具体的に被害情報はまだ出てないが、こういう実態のないもの、見えないものには投資しないようくれぐれもご注意ください。私がやっているビジネスは常にオープンにしているので、私の名前が出たら直接私に確認してください。

今回は、ご報告して下さった方に心より感謝します。 

モンゴル投資で詐欺容疑、//架空投資にご注意を

モンゴル投資詐欺に遭いましたという報告


 

↑このページのトップヘ