モンゴル情報クローズアップ!

モンゴルの文化、ビジネス、投資、観光、最新話題など幅広い情報をお届けします。(通称:モンゴルなう)

カテゴリ: モンゴル・ニュース

image
毎度、編集長のタケシです。
椎名誠さん直筆のサインを頂きました。本当に嬉しい。

10数年前に、私は来日して初めて読んだ本が椎名誠さんの「草の海」なんです。
まだ日本語学校の時でしたので、日本語の勉強に役立つと友人の川越有希子さんにすすめられて読んだ経緯があります。

恐らく、モンゴルに関わりがある人はみんな知っていると思いますが、川越有希子さんは「旅の指さし会話帳16モンゴル」の著者でもあります。



では、本題に入ります。
この度ご縁があって椎名誠さんが発行する「ずんがずんが 1―椎名誠自走式マガジン 特集:こんなものいらない!」にモンゴルではこれはいらないでしょう?と思われるような情報を提供提供させて頂きました。たいへん恐縮ですが、本の記事の中に私の名前まで出してくださって本当に光栄です。
 
2017-02-23-18-31-40


この本ずばりいうと面白い。日本全国47都道府県の不要ブツを紹介しています。そして世界いろんな国のこれは要らないというものが取り上げられています。
その中にモンゴル、エジプト、イタリア、フランス・・・などの国が紹介されています。

この本を読みながら、ぜひあなたの周りのこんなものいらない!と思われるブツを考えてみてください。きっとなにかあるはずです。

こちらの本です、絶賛発売中!!! 


2017-02-19-21-01-17
▲朝青龍を待つはんにゃの川島氏。

2017-02-19-21-03-41
▲空港のVIPラウンジで朝青龍をお出迎えしたのだが、名前の漢字が間違ってた。

2017-02-19-21-13-13
▲朝青龍はまず事務へ、すごい。今だに鍛えているのね。

2017-02-19-21-15-17
▲朝青龍はやっぱりサッカーが好きなんだね。w

2017-02-19-21-19-45
▲朝青龍とサウナ、裸の付き合いは大事だよ。w

2017-02-19-21-46-26
▲朝青龍が展開している主な事業とは。

2017-02-19-21-35-47
▲翌日、まずは朝青龍の会社を訪問。

2017-02-19-21-37-21
▲朝青龍が経営しているサーカス団を見学。

2017-02-19-21-40-09
▲朝青龍が経営している銀行、日本にも支店あるよ。

2017-02-19-21-40-37
▲モンゴルは金利が高い、100万円が1年で110万円になる。金利10%以上、詐欺ではない。

2017-02-19-21-41-44
▲番組の流れで川島氏が早速朝青龍の銀行で口座を開設した。

2017-02-19-21-46-58
▲朝青龍が経営しているレストランで招待されたテレビ撮影チーム。

毎度、編集長のタケシです。
昨日放送したデンジャラスエピソードでなんとモンゴルの大横綱朝青龍の密着映像が放送されました。

朝青龍が展開している主な事業とは。
  • 銀行
  • ビール工場
  • レストラン経営
  • 美容品
  • サーカス
  • リゾートホテル

朝青龍は現在の貯金額を公言しなかったもの、総資産は100億円になるらしい。

番組では朝青龍の金に関する質問が多かったのと、インタビューしたはんにゃの川島氏の数々の失礼な行動や言動が横綱の機嫌悪くさせたのが印象的でした。

私も見てみて川島氏が失礼やろうと言いたくなるところがたくさんありました。横綱をインタビューするということは横綱の時間を借りるということだから、キャッチボールできるように事前にその人のことを調べたり、最低限の会話ができるようにしないと。もっとその人に敬意を払うべきです。


朝青龍銀行つに東京支店を開設か / NIBankの真相



image

毎度、編集長のタケシです。
AFP通信によると、モンゴルでは今年もゾド(寒雪害)が発生し、遊牧民と家畜が緊急事態に直面しているそうです。

最低気温が氷点下50度になると言われているので、家畜だけじゃく、ゲルに住んでいる遊牧民も非常に危ないと思います。

モンゴル国内の21県のうち、17県に暮らす15万7000人以上の人々が「危険」にさらされているという。

引用元 AFP


なお、モンゴルがゾドの被害に遭うのは今年初めてではない。
近年ほぼ毎年の冬から春にかけて遭遇しています。

こうした気象異常が世界中で起きています。
その原因は我々人間以外に他はいません。地球を救う方法ってあるのでしょうか?早く手を打たない限り映画のような結末が待っているかもしれませんね。


▲2017年度のゾドの様子


▲2016年度のゾドの様子


▲2015年度のゾドの様子


 

↑このページのトップヘ