モンゴル情報クローズアップ!

モンゴルの文化、ビジネス、投資、観光、最新話題など幅広い情報をお届けします。(通称:モンゴルなう)

カテゴリ: ニュース

mongol bichig

毎度、編集長のタケシです。
「日本モンゴル文学会 2017年 秋季研究発表会」のお知らせです。

開催日時
2017年12月16日(土)13:30~17:10

開催場所
東京外国語大学本郷サテライト5階

開催内容

13:30 開会挨拶

13:40   研究発表の部

13:40   Судлаач Д.Цэдэвийн “Монгол яруу найргийн уламжлал шинэчлэл” (1974) бүтээл дэх шүлгийн тухай үзэл баримтлал

(D.ツェデブ著『モンゴル韻文の伝統と刷新』(1974年)における詩についての教義)

ゴンボスレン・ガルバヤルさん

(Gambosuren GALBAYAR, Гомбосүрэн ГАЛБАЯР)
(東京外国語大学世界言語社会教育センター特任教授)

14:10  「馬頭琴」物語と「スーホの白い馬」の派生と伝播

  −『スーホの白い馬』刊行50年に際して−

内田 孝さん(Takashi UCHIDA)

(大阪大学 日本語日本文化教育センター 非常勤講師)

14:40 (休憩)

15:00  モンゴルの三行詩と日本の俳句のいくつかの特徴

ゴンボスレン・ガルバヤルさん

岡田和行さん(Kazuyuki OKADA)
(東京外国語大学大学院総合国際学研究院教授)

15:30   モンゴル系言語のキリスト教翻訳について

荒井幸康さん(Yukiyasu ARAI)

(亜細亜大学他兼任講師)

16:00   自由討議

モンゴル文学翻訳の課題と挑戦
発題:芝山豊さん(Yutaka SHIBAYAMA)

(清泉女学院大学学長)

16:40 モンゴル文学第3号について

17:00   閉会挨拶

(日本モンゴル文学会より)


参加費無料、モンゴルに興味ある方是非お越し下さい。

2017-11-29-20-43-19
毎度、編集長のタケシです。
連日報道されている日馬富士暴行事件、ついに想定していた引退を迎えることになりました。

本日11月29日、引退会見を行いました。

日馬富士が引退=暴行問題の責任取り、「いけないことやった」−大相撲
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017112900841&g=spo

日馬富士、引退を決断!伊勢ケ浜親方が明かす「暴行問題の責任は重い」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171129-00000061-spnannex-spo

日馬富士、引退会見全文 貴ノ岩に「礼儀と礼節を忘れずにちゃんとした生き方をして」
http://www.hochi.co.jp/sports/sumo/20171129-OHT1T50164.html

2017-11-29-20-44-55

暴行事件の報道後、私はきっと引退するしかないとつぶやきましたが的中でした。

個人的には引退するのは妥当な判断だと思っています。一部のモンゴル人がいうには、モンゴル人同士の喧嘩だからモンゴル人同士で話すれば終わりみたいなくだらないこと言うけど、そういう訳にはいかないです。

そして、一部の人は貴乃花親方を批判するようなことを言う人もいますが、正直一番称賛されるべきなのは親方でしょう。相撲協会に任せていたらこんな暴行事件起きてたことさぇ私たちが知ることがないかもしれない。また隠蔽工作するかもしれない。

加害者もモンゴル人、被害者もモンゴル人。
貴乃岩を守ってくれたの親方である。

モンゴルの一部の人は、貴乃岩及び親方を批判している一番の原因は貴乃岩よりも日馬富士の方が有名だからです。両方知っていればもっと平等な感情や扱いするでしょう。しかし、人間というのはそんなもんです。感情で生きている生き物ですから。

貴乃花親方の勇気のある行動は本当に素晴らしいと思っています。

しかし、今回の件は日馬富士の引退で全て片付けたと思えば間違いです。
相撲協会は本当にこれでいいのかい?!八角理事長にも責任あるはず。


朝青龍現役引退 2010年02月04日

image
毎度、編集長のタケシです。

以前、モンゴル行かれる前に私が相談に乗った野田さんからありがとうの手紙が届きました。
正直、私がなにを言ったか、そして役に立ったか全く分からないです。(笑)でも、こういう励みになる言葉を頂いて本当に嬉しいです。

そして、野田さんが写真展を開くそうです。
23032367_1530368183710431_5486724951599920498_n

【野田裕子写真展】
ロシア、そしてモンゴルへ、導かれた3000キロの旅 。

開催期間
2017年12月2日(土)〜5日(火)

開催時間
10:00〜18:00(4日のみ20時まで)

開催場所
多目的スペース mimosa / 大阪府八尾市本町1−6−19


大阪府八尾市なので、私が行けませんが大阪、京都、奈良の方はぜひ行って下さい。

モンゴルだからになりますが、【野田裕子写真展】行ってから、先日紹介したモンゴル映画『シャルガ・ダーガ 〜仔馬と僕〜』を鑑賞するというデートコースはいかがでしょうか?!あ、残念。日にちがずれています。

↑このページのトップヘ