モンゴル情報クローズアップ!

モンゴルの文化、ビジネス、投資、観光、最新話題など幅広い情報をお届けします。(通称:モンゴルなう)

カテゴリ: モンゴル・動画

2007年11月28日、著名なバイオリン製作者の陳昌鉉さん(故人)に、新進気鋭のモリンホール製作者のバヤルサイハンさんをご紹介させていただいた時の思い出です。
jandb02
(右:モリンホールを手にするバヤルサイハンさん。左:チェロを手にする陳昌鉉さん)

バヤルサイハンさんは、モリンホールの向上のためにイギリスでバイオリン製作の修行を行い、日本でモリンホールのための木材を調達するなど、モンゴル国でも屈指の努力家です。その実力は、世界的なチェロリストのヨーヨー・マさんも彼を高く評価し、モリンホールを特注したほどです。

陳昌鉉さんは、『天上の弦』(山本おさむ/小学館)の主人公としても知られる、「東洋のストラディバリ」のあだ名をもつ、世界的なバイオリン製作者です。自叙伝『海峡を渡るバイオリン』(河出文庫)は、読む者に無限の勇気を与えてくれる名著です。
jandb01
(バヤルサイハンさん作のモリンホールを真剣なまなざしで観察する、陳昌鉉さん)

陳さんいわく、バイオリン製作者は皆、モリンホールのことを良く知っているとのことでした。
擦弦楽器は現在のモンゴルにあたる地方から、イタリアへと伝わっていったのだとのことです。

陳さんは当初、モリンホールはもっと原始的な形状をしていたのではないか、表板は革張りだったのではないかとバヤルサイハンさんに質問しました。

バヤルサイハンさんは、バイオリンやチェロからの技術の導入のことや、昔ながらの革張りのものも製作していることを回答した後、次のように語られました。

モリンホールの共鳴胴は、木目に逆らわずにまっすぐにできています。このことが、モリンホールの音質を決める重要な要素だと思います。

つまり、音質の向上という目的の追求において、バイオリンやチェロのようなカーブを選択したイタリアの道と、まっすぐな形状を選択したモンゴルの道に、それぞれ分かれたのだということです。

そして現代において、モリンホールはバイオリンやチェロの製作技術を導入し、新しい形で成長しようとしている。

このことを、陳さんはことの他喜び、目を細めていらっしゃいました。



バヤルサイハンさんのモリンホールの音色を聴く陳さんは、全神経を集中し、さながら静かな青い炎のようでした。
jandb03
モリンホールの弓にも注目し、弓の形状もモリンホールの音色を決定する重要なものですね、と評されました。

その後、陳さんは最新作のチェロを紹介くださいました。
「ストラディバリのバイオリンやチェロの音は、17世紀、18世紀の作品で、300年以上かけて生まれる音だ。だから、新作では無理だ。そのように言われてきましたけどね。(微笑み)挑戦してみたら、できたんですよ。」

その時の陳さんのチェロの音色の美しさは、おそらく生涯忘れることができないものでした。
たとえれば、森の木々の葉から明るく注ぐ木漏れ日のようでした。

陳さんはこのように語ってくださいました。

バイオリンを長年製作してて、分かったことがあります。それは、すべてのものが自然のもので出来ているということです。材料も。形も。答えはすべて、自然の中にあったんです。

バイオリンやチェロの音、擦弦楽器の音色は、自然の音そのものなんです。川のせせらぎ。木々のざわめき。鳥の歌声。そして、そうした自然の音が、現代社会には不足している。だから、子どもたちがキレやすい性格になったり、現代の病が起きている。私たち、バイオリンを作る者、モリンホールを作る者、人の心を救う楽器を作っているのだということを、大事にしたいですね。

また、陳さんはバイオリンの弓に使うウマの尾の毛は、モンゴル国産が最上質であることを話され、多方面でバヤルサイハンさんとの親交を深められました。

「音に夢あり。成し遂げようという志があれば、必ず実現できます!」

文化を継承し、向上していく人同士の心と魂の対話が、そこにはありました。

モリンホールはこれからも成長を続け、私たちを感動させてくれることでしょう。

陳昌鉉さんを偲んで。

平成25年5月18日 みずばしょう

今回は、日本国政府の公式情報からの引用をもとに、安倍総理をご歓迎いただいたモンゴル文化の高さを、紹介したいと思います。
まずは、Youtube動画をご覧下さい。

途中で歌われる「北国の春」は、モンゴル国で特に人気のある日本の歌です。

日本人が特に驚いたのが、モンゴルの儀仗兵の格好良さです。
529628_348467871919645_1019985699_n
モンゴルの国旗の色にあわせ、イェケ・モンゴル・ウルス(大モンゴル国)のモンゴル兵の甲冑をモチーフにした、実に精悍なファッションです。
儀仗兵が手にするのは、平和を意味する白のスルデという聖幟です。白馬のたてがみの毛でできています。
赤絨毯は、モンゴル国エルデネット特産のウールのじゅうたんで、渋い色合いが特徴です。
581516_333286796794770_1180908582_n
こちらは、政府専用機の窓から、安倍総理自ら撮影された写真。エルデネットの絨毯と儀仗兵、歓迎のための青のハタグ(聖布)を手にした、赤いデールで正装した女性の姿が見えます。

45524_348468268586272_674240935_n
モンゴル文化の粋の結集。迎賓用のゲル。
このゲルは、何と、大統領官邸の室内にあります。賓客をもてなすための、日本で言えば茶室にあたるものです。
ゲルや椅子や棚などには、モンゴル国特有の、精緻で彫りの深い細工がなされています。

10168_348468251919607_569456224_n
椅子の錦の刺繍も、モンゴルの知る人ぞ知る工芸品です。
左に見えるのは、かつて文永の役、弘安の役で日本と弓矢を交わした際にモンゴル軍が用いた、当時世界最高の技術で作られた弓です。木と皮革と腱で作られています。乗馬し突撃しながら正確に敵を射る「やぶさめ」の技術は、世界史上最大の帝国を築いた力となりました。
右にあるのは、モリンホール。馬が緑色に彩色されているのが特徴です。

20874_348467875252978_94736675_n
すべてのモンゴルの聖主、チンギス・ハーン像前。
騎乗するのは、モンゴル陸軍のエリートたちです。
現在でも、密集隊形のまま時速40km以上で疾駆し、槍や刀や弓矢を自在に扱う、モンゴルの騎馬軍団の神業的な技術を継承しています。
鎧は、皮革でできています。鎧や馬具には、モンゴルの工芸品の粋でもある銀細工の彫金が美しく施されています。

544479_348468618586237_1150698791_n
チンギス・ハーンの本隊を、純金で作った見事な工芸品。
中央の大きなゲルにチンギス・ハーンがいらっしゃり、何十頭もの牛が
車輪のついたゲルを引いています。

右にあるお菓子は、ヘビン・ボーブといい、ツァガーンサル(モンゴル暦正月)や祝祭の時に作られます。これほど大きなヘビン・ボーブは珍しく、安倍総理夫妻がいかにモンゴル国で手厚く歓迎されたかを知ることができます。
左端の人物は、在モンゴル日本大使の清水武則さん。モンゴル人民共和国時代から、日本とモンゴル国をつなぐために生涯をささげてきた方で、モンゴル研究者の一面もある、温和で高潔な方です。

銀でコーティングされたお椀に注がれているのは、おそらく、スーテーツァイ(ミルクティー)です。モンゴルのスーテーツァイにも、日本の茶道に負けない豊かで奥深い文化があります。味はほんのり塩味で、香り高く美味です。

549558_348468151919617_740894857_n
モンゴルの歴代のハーン(皇帝)と夫人の肖像がバックにあります。
デール(モンゴルの伝統衣装)は、正式な舞台で着用します。
民族衣装のデールを大切に着るモンゴルの皆様を前にすると、今の日本の着物の普及率の低さは、再考すべきものがあります。
524637_348468911919541_1441889355_n
大東亜戦争後、ソビエト連邦政府による抑留で、モンゴルで命を落とした日本人たちの追悼施設。
日本はノモンハン事件(モンゴル語ではハルハ河戦争)で、ソ連軍とモンゴル軍と戦火を交えた歴史があります。
しかし、モンゴル国は日本人墓地や追悼施設を大切にしてくださり、ノモンハンでの遺骨や遺品の日本への返還にも協力的です。
歴史上、二度の大きな戦があっても、モンゴルは日本の「友国」なのです。
いわゆる「親日国」や「友好国」という言葉をはるかに超えた関係なのです。

日モ交流史の歴史を今後重視することもまた、日本の必須課題だと思います。

そして。
安倍総理からすべてのモンゴル国の皆様に届けられたメッセージを、ここに転載します。
----------
平成25年3月29日
モンゴル紙への安倍総理寄稿文


 明日から、私はモンゴルを訪問する機会を得て、エルベグドルジ大統領及びアルタンホヤグ首相、エンフボルド議長と意見交換をいたします。まだ寒さが残るモンゴルを訪れ、桜の花咲く日本の息吹を両国関係にもたらしたいと考えました。
 日本とモンゴルは、2010年に「戦略的パートナーシップ」の構築を共通の外交目標として掲げました。以来、両国は着実に協力と交流を積み重ね、「戦略的パートナーシップ」を推進してきました。そのような両国関係を支えるものは何でしょうか?私は、自由と民主、平和、助け合いの「3つの精神」ではないかと思います。そして、そのような精神に支えられた両国関係を飛躍的に発展させたいと思い、今回、私は訪問を決意しました。以下、日・モンゴル関係を支える精神と「戦略的パートナーシップ」の発展について考えを申し上げたいと思います。

「3つの精神」
(1)自由と民主の精神
 「自由と民主の精神」は日本とモンゴルとの良好な関係と国民間の親近感の基礎です。モンゴルは、1990年以降、自由と民主を国家の基本理念とし、民主化と市場経済化を同時並行して行うという高い理想を掲げ取り組んできました。日本は、19世紀末、明治維新により政治体制を変革し、自由と民主という価値を取り入れ、試行錯誤を重ねてきました。日本が自らの経験を踏まえ、モンゴルの民主化を国際社会の先頭に立って支援してきた歴史は皆さんご承知のとおりです。

(2)平和の精神
 日本とモンゴルは、共に「平和の精神」に支えられています。平和こそが今日の国際社会の発展と繁栄の基礎になるものです。また、我々は、国際社会におけるすべての問題は「力」ではなく、平和的手段により解決されるべきだと考えます。両国は、国際社会において、力の一方的な行使による現状変更ではなく、「法の支配」を望んでいます。

(3)助け合いの精神
 日本とモンゴルとの関係は「助け合いの精神」に貫かれています。日本は世界有数の経済大国であり、世界に誇る先端技術を有しています。モンゴルは、世界にも類い希な若い人口と豊富な資源を有し、限りない成長の可能性を秘めています。日本とモンゴルとの協力は、相互補完的で、お互いにとってプラスになりうるものです。
 また、両国国民は、困難に見舞われたときに手をさしのべる「助け合い」の関係にあります。日本は、モンゴルの民主化の努力に対して、最大のODA供与国として一貫して物心からの支援を行ってきました。モンゴルからは、1995年の阪神大震災や2011年の東日本大震災といった我が国の自然災害に際し、温かい支援を頂きました。
 東日本大震災の際には、これまで国外に派遣されたことのないモンゴルの緊急援助隊が初めて海外派遣され、震災直後のまだ交通も混乱した状況の中で宮城県名取市、岩沼市等の被災地に赴き、緊急援助活動で活躍していただきました。また、モンゴルの全国家公務員がそれぞれ1日分の給与を寄付していただく等、官民を問わず、各界から温かい義援金を頂きました。モンゴル政府から外国における災害に対して提供した義援金としては、過去最大の額であったと聞いています。その他、毛布やセーター、靴下といった防寒具などの緊急支援物資も頂きました。モンゴル政府と民間の方々のご招待により、2011年4月から9月にかけて計4回にわたり多くの被災者がモンゴルを訪れることができました。日本のすべての国民に代わり、改めて感謝申し上げるとともに、これら支援をめぐる話の中には、自由と民主、平和、助け合いという「3つの精神」が溶け込んでいるかと思い、特にここで紹介申し上げます。

 今回、私は日本の総理大臣として7年ぶりにモンゴルを訪問します。このような機会に、私は、政治・安全保障、経済、人的・文化交流の3つの分野で協力を推し進め、「戦略的パートナーシップ」を加速的に推進していきたいと思います。

(1)政治・安全保障分野の協力
 まず、「戦略的パートナー」であるモンゴルとの間では、政治・安全保障分野の協力を進めたいと思います。昨年の外交関係樹立40周年に際し、日本とモンゴルとの間では2度の首脳会談が行われました。近年、両国間のハイレベルの対話は活発化しており、今後ともハイレベルでの交流を様々な形で積極的に推進していきたいと思います。
 また、関係部門間でも、様々なレベルで戦略的な対話を進めていきたいと考えます。 また、モンゴルは二国間関係のみならず、地域・グローバルな課題において、価値観を共有するパートナーです。これまでも北朝鮮情勢、国連改革、気候変動、アジア太平洋地域における多国間の協力といった諸問題について協力をしてきました。更に多くの分野で協力、意見交換を行い、ますます緊密な関係を築いていきたいと思います。

(2)経済関係の更なる促進
 戦略的パートナーであるモンゴルとは、経済分野での協力も重要です。現在、日本では、経済の活力を取り戻そうと懸命な努力をしています。元気な日本、再挑戦のできる活力ある日本を目指しています。モンゴル語で「活力」は「エルチ(Erch)」、「エルチ・フチ(Erch khuch)」というようですが、経済や社会における活力が新しい未来を作っていきます。
 日本とモンゴルが貿易・投資を拡大することは、両国経済に活力を与えます。特に、モンゴルの強みともいえる豊富な鉱物資源において、協力を進めていきたいと思います。多くの日本企業が高い関心を有しており、日本からの投資が増加すれば、モンゴルの経済成長を力強く後押しすることになるでしょう。また、日本は、インフラ、エネルギー、環境、農牧業、防災、医療等の幅広い分野で、モンゴルの開発を支援しています。
 こうした支援は、モンゴルが資源のみに依存しない、多様な産業を育む国になることに貢献しています。そして、これは、モンゴルでの機会を拡大し、新しい投資の呼び水となり、モンゴルの更なる発展につながることでしょう。 こうした考えの下、私は明日の首相との会談において、新しい協力のイニシアティブを提案したいと思っています。

(3)人的交流・文化交流の活性化
 日本とモンゴルとの温かい感情的結びつきを支えるのは、両国国民間の交流です。モンゴルは、日本の大相撲にこれまで3名の横綱を輩出し、我々日本人にとっても大変親しみ深い国です。モンゴルでも日本語学習熱が高く、また様々な分野で1000名を超える留学生が我が国で学んでいます。留学生交流や青少年交流、民間友好諸団体による交流活動、議会間交流といった様々な分野での交流も着実に行われており、嬉しく思います。両国関係を更に発展させ、安定して良好な関係を維持していくためには、国民間の良好な感情が不可欠です。私としては、今回の訪問を機に、両国国民間の交流を更に強力に推し進めていきたいと思います。

 今、日本では、桜の花が盛りを迎えています。日本とモンゴルの良好な関係も、それを支える「3つの精神」も、一朝一夕に花をつけ咲いたのではありません。今回の私の訪問が、日本とモンゴルとの関係を飛躍させるために努力している両国民に春の温かい風となり、「戦略的パートナーシップ」に見事な花を咲かせるべく全力を尽くしていきたいと思います。
----------
日本からのモンゴルへの感謝と、共に未来を築いていく心を、安倍総理はしっかりと言葉にまとめてくださいました。

そしてモンゴルの皆さん。
こんなにも手厚く日本を歓迎してくださり、本当にありがとうございます。

yasubonyu00
モンゴル関係者の間で今も語り草になっている、伝説の番組があります。

「世界ウルルン滞在記 モンゴル ラクダを泣かすホーミーに・・・安めぐみが出会った」
(TBS 2006年7月9日)

ここで、衝撃の映像が流れました。

yasubonyu01
舞台はモンゴル国。グラビアアイドルの安めぐみさんが、モンゴル国立モリンホール交響楽団による、モンゴルの伝統歌唱ホーミーに感動し、ホーミーを習得するべく、モンゴル西部に位置するホブド県のドゥルグンフルン草原にて、ホーミーを教えるマルガッドさんと、奥さんのマグナイさん一家のゲルに滞在するところから始まります。

問題の箇所は、ここからです。
----------
ナレーター:
モンゴル出身の力士の強さ!実は子どもの時からの育てられ方に秘密がありました。
モンゴル相撲の横綱クラスの力士は、平均7歳までこのことを続けていたという調査結果があります。
それは日本では、幼い頃にやめてしまうこと。お母さんも、今年9月に大学に進学する息子にその育て方を実践しています。町の高校から末っ子のバルト君が帰ってきました。その育て方はモンゴルでは末っ子の特権とされていること。子どもが強く育つように続けているお母さんが多いんです。

安めぐみ:
すごいね!びっくりしちゃった!

ナレーター:
さて、お母さんが末っ子の体を強くするためにやされていることとは、いったい何でしょうか?
yasubonyu02
ナレーター:
久しぶりに帰ってきた末っ子のバルト君には、お母さんのアレの現物を。

字幕:
さあ おいで

ゲスト:
うわーっ!えーっ!?(驚きの声)

ナレーター:
バルト君は18歳!お母さんは64歳!

安めぐみ:
お母さんのおっぱいはおいしい?

バルト君(字幕):
とっても美味しいよ。お母さんが大好きだからね。
yasubonyu03

ゲスト:
しかし、これは衝撃映像だな・・・。

字幕:
スフオチルさん(16歳)
yasubonyu04
ナレーター:
モンゴルでは末っ子の男の子は、家を継ぐ大切な跡取り。
五月場所で優勝した白鵬関も、5人兄弟の末っ子でした。

白鵬関のお母さんタミルさん(字幕):
子供には母乳が一番です
母乳は強い子供を育てます
そして草原の自然が息子を更に強くしました
yasubonyu05

字幕:
トンガラグさん(14歳)
タワーバルさん(15歳)

ナレーター:
女の子だって、末っ子なら母乳を飲み続けています。
出る量は少なくなってきますが、飲ませ続けている限りは出るんだそうです。
正解は、「母乳を飲ませる」でした!

yasubonyu06
石坂浩二:
(理解不能のように、腕組みをし首を左右に振る。)

YOU:
衝撃的すぎて。

安めぐみ:
(恥ずかしそうに両手で頬をおさえて笑う。)
yasubonyu07
----------
大変に疑問を呈する内容です。

疑問1
「調査結果」によれば「平均7歳まで」と先んじておきながら、母親の母乳を飲んでいるのは、18歳、16歳、14歳、15歳と、明らかに青年であるのは、どう考えても変ではないでしょうか?

疑問2
白鵬関の母親のタミルさんのコメントと、字幕の内容が合っていない可能性があります。
(現在翻訳を確認していますが、「6歳まで」とコメントしているように聴こえます。)

疑問3
私がその後、どのモンゴル人の皆様やモンゴル研究者の方々に質問しても、5〜6歳くらいまでの授乳はあるが、さすがに10歳以上、ましてや14歳、15歳、18歳はありえない、という返答しかなかったのです。

この番組が報道された2006年は、モンゴル国で大モンゴル国建国800周年を記念し、日本も「日本におけるモンゴル年」として、両国を挙げての交流が盛んに行われた、きわめて重要な年でした。そして、モンゴル国の最大の観光シーズンは、7月から8月にかけてです。
つまり、日本とモンゴルの交流の上での重要な時期に、ピンポイントであわせてきた番組なのです。

モンゴル国側からは、モンゴル国立モリンホール交響楽団や、モンゴル国ではブフ(モンゴル相撲)の英雄でもある白鵬関の父親のムンフバット夫妻も正式にお迎えしての、これ以上はない最高レベルの協力がなされています。

しかしこの番組は、まるで白鵬関も18歳くらいまで、母親の母乳を飲んでいたかのような編集がなされたのです。

私は個人的に、この番組の日本国内での映像編集に協力した、モンゴル国の国費留学生と知り合い、話をすることができました。その方いわく、「映像を観てこれはおかしいと思ったが、テレビだしこの位のヤラセはあるだろうから、そのまま翻訳だけすればいい」と思ったのだそうです。

おそらく現在は、大変に後悔されていることだろうと思います。

結局、この番組に対してモンゴル国側からの正式な抗議はなく、モンゴル研究者らも口頭では意を唱えながら、そのまま放置され、現在にいたっています。

モンゴル人は大人になっても母乳を飲む!?
TBSのこの番組の内容は事実なのでしょうか?
それとも、演出だったのでしょうか?
モンゴル国の皆様のご意見を、お待ちしています。

【参考】
フジテレビの『世界行ってみたらホントはこんなトコだった!? 』
「672時間滞在でわかった これがホント!?のモンゴル」

↑このページのトップヘ