モンゴル情報クローズアップ!

モンゴルの文化、ビジネス、投資、観光、最新話題など幅広い情報をお届けします。(通称:モンゴルなう)

カテゴリ: モンゴル・関係

ブログネタ
恋はなにいろ に参加中!

ターナル・サェン・バェチカノー?(みなさん、こんにちは!)

田中英和です。

 

前回記事の最後で「『スーホの白い馬』日本人創作説がある」というお話をしました。

今回は、その内容についてご紹介します(はじめにお断りしておきますが、真実のほどは定かではありません)。

 

 

まず、一般的に『スーホの白い馬』は内モンゴルの物語と言われていますが、その理由は「スーホ」という名前にあると思います。

というのも、「スフ(「スヘ」と表記することも)」という名前のモンゴル人が実在し、それを中国語で発音すると、日本人には「スーホ」とも「スーフ」とも聞こえる発音になります。

題名に『スーホの白い馬』『スーフの白い馬』という2つのパターンがあるのはそのためです。

 

という訳で

「『スーホの白い馬』は内モンゴルで作られ、中国語に訳された後に日本に伝わった」という見方になるのだと思います。

 

ですが、

 

「モンゴルといえば馬

   ↓

 馬は英語でホース

   ↓

 ホースを逆から読んでスーホ」(笑)

 

と作者の大塚勇三氏が語ったとか語らなかったとか。。。

 

ということで「スーホという名前は偶然で、また内モンゴルのモンゴル人の間でもこの物語が知られていない」というのが、最近聞いた「『スーホの白い馬』日本人創作説」です(笑)

 

ふざけんな!!!

 

と思われた方もいらっしゃるかもしれません(笑)

 

ただ、留学時代からずっと不思議に感じていたことがあります。

それは「『スーホの白い馬』を知っているモンゴル人が皆無」ということです。モリンホールをやっている人は知っていて当然(同名のモリンホール創作曲があるので)としても、それ以外のモンゴル人で「知っている」という人に会ったことがないんです。

 

なので、私はこの日本人創作説を聞いたときに、結構すんなり納得してしまいました。

 

 

ですが、この日本人創作説はやはり誤りで、内モンゴル生まれの物語であることが、731日に発売されたばかりの『内モンゴルを知るための60章』という本に書いてありました。

 

 

ただ『スーホの白い馬』という物語はそれ自体が悲しいだけでなく、物語が生まれた理由も、非常に悲しいものでした。

「それ故にモンゴル人たちに受け入れられることがなく、知る人がほとんどいないのだろう」ということです。

 

詳細については、ぜひ本をお手にとってご自身でご覧下さい。

内モンゴルという、日本人にとって非常に理解しづらい地域について、様々な角度から詳細に語られている本です。

 

内モンゴルを知るための60

http://www.akashi.co.jp/book/b208189.html

 

 

●モンゴル語(たて文字)の基礎を、独自に開発したオリジナル教材で無理なく学ぶことができます。

●「日本人ならでは」という視点で、中国語をめっちゃわかりやすく解説しています。http://u777u.info/mTUA

 また、ブログでも情報を発信しています。http://yeheamtatai.blog.fc2.com/

●レッスンに興味のある方はご連絡下さい!yeheamtatai@gmail.com

 

ブログネタ
自転車の交通法規、あなたが一番気を付けたいことは? に参加中!

猛兽的名字


  阿日斯愣−−雄狮

  扎那−−大象

  伊日毕斯−−金钱豹

  孛日帖赤那−−苍狼

  查干巴日−−白虎

  哈日巴日−−邯

  呼和巴日−−青虎

  乌兰巴日−−红虎

  希日巴日−−黄虎

  阿拉格巴日−−斑虎

  额日敦巴日−−神虎

  斯钦巴日−−智虎

  尼斯格巴日−−飞虎

  苏日勒和克巴日−−威虎


 

ブログネタ
仕事あれこれ に参加中!
image

毎度、編集長のタケシです。
昨日友人とモンゴル料理を食べながら話してたら、友人からモンゴルに関する質問を受けて、それを答えたらとアイディアを出してくれた。それで、早速「教えてタケシ編集長」という新コーナーを始めることになりました。

モンゴルの文化、経済、旅行などどんな質問でもいいので分からないのあればぜひこちらの記事でコメントして聞いてください。
できるだけ全ての質問に答えるようにしたいと思っていますが、答えられない時もあるかと思うのでご了承ください。

今後は、その質問に対して新しい記事としてどんどん更新していくので、質問欄ではなく新規記事に注目してくださいね。 
 
賢人たちからの運命を変える質問
マツダ ミヒロ
かんき出版
2014-12-17

↑このページのトップヘ