モンゴル情報クローズアップ!

モンゴルの文化、ビジネス、投資、観光、最新話題など幅広い情報をお届けします。(通称:モンゴルなう)

カテゴリ: モンゴル・関係

nomonomo

 

 

 

 

 

 

芹川弥生著
発行 光陽出版社


<内容紹介>
私はここにいるよ。いつもここにいるよ。
児童福祉施設で虐待を受けた子どもたちと触れ合うなか、自らも思い悩みつつ、深く傷ついた心に寄り添い、ともに生きる道を探る日々。罪なき子らへの哀哭、亡き父への思慕、モンゴルの地への憧憬・・・。心凍てつく現実の中で、歌声を求め書き綴られた魂のエッセイ集

http://item.rakuten.co.jp/book/3680851/

この本は愛知県の児童福祉施設で働いてた芹川弥生さんが書いた本です。本当にリアルな体験を写した、感情が溢れた、施設そのものでした
この本を読んだあと一番大きな印象をくれたのはやっぱり家族を大切にする、命を大切にすることだと思いました。
今の日本が子供の虐待、学校での意地悪など様々な問題が起きてます。
”歌声は漣にのって”を読めばきっとあなたも命の大切さを分かるはずです

4

2

 

          

 

 

以前も「蒼き狼」のことを書いたのですが、

この前渋谷に行ってる途中で「蒼き狼」の宣伝車を

みかけました。3月3日に公開するので、

なんか待ちきれない感じがする。

モンゴル人とし誇りだと思ってるからです。

5

今年はやっぱモンゴルがアツイ。

mongolianモンゴル建国800周年の記念として、

<蒼き狼 チンギス・ハン>が映画化され、モンゴルオールロケそうだ。テムジンのチンギスハーンを演じるのはあの話題作<男たちの大和>の反町隆史に選ばれた。来年2月に日本で公開されるそうです。

このたび、出版人コム法人さんと"草原と祭りと文学の旅"を計画しました。8月下旬から9月いかけて5ヶ間のモンゴルを体験ツアーです。

内容としてはオルドスの草原、鳴き砂漠、五塔寺(金剛座舎利宝塔)、内モンゴル博物館など名所を見学する旅です。

関心ある方はメール下さい(morinhoor2008@yahoo.co.jp

。後日募集案内をお送りします。


チンギスハーン蒼き狼と白き牝鹿献魯鵐疋屮奪

↑このページのトップヘ