モンゴル情報クローズアップ!

モンゴルの文化、ビジネス、投資、観光、最新話題など幅広い情報をお届けします。(通称:モンゴルなう)

カテゴリ: モンゴル・関係

demo_2018_02_26
2018年2月26日、東京の小学館ビル前で、在日モンゴル人(内モンゴルとモンゴル国)100名前後による抗議街宣伝が行われ、新聞・テレビ・モンゴル国内のニュースでも取り上げられました。
515
今年2月15日に発行・発売された「月刊コロコロコミック」No.479 3月号に収録されたマンガ「やりすぎ!!!イタズラくん」(吉野あすみ)に、チンギス・ハンの肖像画に男性の生殖器を描き、更に「モンゴル国の皇帝チンチン」と書いているシーンが、チンギス・ハンを崇敬するすべてのモンゴル人を著しく侮辱するというもので、同誌の自社回収を主に求めるものでした。

抗議街宣に先立ち、23日の時点で小学館は駐日モンゴル大使館に謝罪したものの、内容はあくまで次回から注意するという内容にとどまるものでした。そのため抗議街宣伝では主に、
・雑誌の自主回収
・チンギス・ハンの肖像画への落書きコンテストの中止
・作者の吉野あすみ氏本人の謝罪
(小学館の謝罪文の名義は取締役コミック局担当と編集長のみだった)

が要求されました。
syougakukan
幸い、デモの終了後、小学館は落描きコンテストの中止を発表しています。

また、大手紀伊国屋書店は全店舗からのコロコロコミック3月号の自主回収を行い、都内のジュンク堂書店をはじめとする書店からも、続々と自主回収が実現しています。
6-2
国内のネットユーザーの間では、小学館はすでにモンゴルに謝罪しているのになぜデモを行ったのかと疑問視する声も多く観られましたが、上の背景を知ればある程度はご納得いただけるのではないでしょうか。

また、抗議街宣を行った主催者の発表では、小学館に抗議文を提出できなかった旨がありましたが、それは単純に、事前の出版社とのアポイントがなかっただけの話ではなかったのかと思います。今はモンゴルの皆様にも、冷静な対応が求められるかと勝手ながら心配しております。
Yoshinoasumi_shikishi
ともかく一番の問題は、作者である女性マンガ家の吉野あすみ(30)さんが、いまだにtwitterのアカウントに鍵をかけたまま、一切の弁明も謝罪も行っていないことです。

出版社である小学館とコロコロの編集長が謝罪し、
イタズラ描きコンテストの中止も決定し、
大手書店がコロコロの自主回収をすすめ、
それでもなお、
作者の吉野あすみさん本人の謝罪も弁明もなく、
twitterアカウントに鍵をかけたまま逃亡し続けるのであれば、
日本とモンゴルの友好関係を故意に悪化させる「確信犯」と見なされても、擁護のしようがありません。

「国際問題」の「確信犯」が「逃げ続けた」ままでは、
吉野あすみさんの作品の連載継続もコミック化も増刷も、
様々なリスクを背負うことになりかねません。


私は一人の読者として、吉野さんにそうなってほしくないのです。

編集長を通して、
・作者もチンギス・ハンやモンゴルを侮辱したり悲しませたりするのが目的ではなかった。
・編集者との打ち合わせて作品を発表したが、配慮が足りなかったと作者も感じている。
こうした旨を文書で発表すれば、一連の日本とモンゴルの間の「国際問題」は解決します。
連載の打ち切りを行う必要もなく、コミック化においても必要最低限の編集で済むでしょう。


小学館の編集長と吉野あすみさんはよくよく話し合われ、
できるだけ早く方針を決定することをお勧めします。
「イタズラくん」は、産みの親である吉野あすみさんの助けを、きっと待っています。


参照:
コロコロコミック大炎上、在日モンゴル人による抗議デモ
モンゴル情報クローズアップ(2018.02.26)
http://mongol.blog.jp/2018/02/26/51973138

チンギス・ハーン冒涜にはなぜモンゴル民族は激怒するのか
モンゴル情報クローズアップ(2018.02.25)
http://mongol.blog.jp/2018/02/25/51972993

コロコロコミックのチンギス・ハン侮辱問題で出版社と作者が行うべきこと
モンゴル情報クローズアップ(2018.02.24)
http://mongol.blog.jp/2018/02/24/51972862

朝青龍も激おこぷんぷん丸「先祖バカにするお前ら‼️品格がない日本人‼️」
モンゴル情報クローズアップ(2018.02.22)
http://mongol.blog.jp/2018/02/22/51972733

吉野あすみtwitter
https://twitter.com/yoshinoAsumi

在日モンゴル人ら、小学館前で抗議デモ 「漫画で神様侮辱」
産経新聞(2018.02.26)
http://www.sankei.com/affairs/news/180226/afr1802260026-n1.html



先週からSNSで大炎上されている、例の小学館発行の『コロコロコミック』3月号に対して、本日は在日モンゴル人(モンゴル国及び内モンゴル)100人くらい、小学館本社前で抗議のデモを起こしました。

デモ参加者は「小学館謝罪しろ」「侮辱は許さん」と訴え、謝罪と出版物の回収を求めました。

そして、デモの代表が小学館に抗議の文書を渡す予定でしたが、受付してくれなかったとのことです。

今回のデモは小学館が23日にモンゴル大使館に渡した謝罪文の内容が、あまりに敬意を感じなかったと在日モンゴル人の怒りを買ったようです。



昨日から在日モンゴル人が総動員してジュンク堂書店、紀伊国屋書店など主要書店で販売停止(3月号)を求めたところ、ほとんどの業者さんが理解を示し、販売を取りやめたようです。

なお、小学館宛ての抗議文を受け取らなかった事に関して、デモ参加者の代表はFacebook で「われわれは来週満足な回答をもらえない場合、世界各国のモンゴル同胞に呼びかけて世界規模の抗議活動を行い、小学館の卑劣な行為を全世界に訴えていく。もちろん法的手段も辞さたい所存である。」と発表しています。

チンギス・ハーン冒涜にはなぜモンゴル民族は激怒するのか?

コロコロコミックのチンギス・ハン侮辱問題で出版社と作者が行うべきこと

sky-3020766_960_720

チンギス・ハーン冒涜にはなぜモンゴル民族は激怒するのか


      周知の通り、チンギス・ハーンは13世紀初めにユーラシア大陸を席巻した大モンゴル国を創建し、モンゴル民族の名を世界に轟かせた人物である。しかし、チンギス・ハーンは単なる歴史人物ではない。モンゴル民族の人々に祖先として崇められ、チンギス・ハーン信仰として人々の心に生きつづけているからである。

    各種書物にチンギス・ハーンは「モンゴル民族の英雄」として書かれる場合が多いが、モンゴル民族にとってチンギス・ハーンは「英雄」を遥かに超える存在であり、その精神世界を支える神様である。いくつ例を見てみたい。

     モルゴル国では、政府宮殿の前にチンギス・ハーン像があり、大統領就任式など重要な国事はそこで行われ、チンギス・ハーンの前で宣誓する。また毎年7月11日に開催される国家儀礼としての国家大ナータムでは、政府宮殿からチンギス・ハーンのツァガーン・スルデ(九柱白幟旗)を騎兵儀仗隊が中央スタジアムに招き入れ、会場に立てることになっている。大統領はその前で開閉宣言をする。また開会時に国家首脳や大会に参加するすべての力士などが順次にチンギス・ハーン像に祈りを捧げる。2012年にモンゴル国政府はチンギス・ハーン生誕の日を「モンゴルの誇りの日」と制定している。そのようにモルゴル国ではチンギス・ハーンは独立、主権、国民結束の象徴となっているのである。

     一方、内モンゴルの場合、オルドス市エゼンホローに有名なチンギス・ハーン陵があり、モンゴル民族の聖地となっている。そこでは一年の各季節にチンギス・ハーン祭礼が行われ、各地のモンゴル民族の人々が礼拝する。その祭礼は800年以上チンギス・ハーンの聖霊を守り続けてきたダルハッドという集団が執り行うことになっている。これに関して楊海英氏の研究著作が多いのでここで詳述は割愛したい。

      またモンゴル民族の人々はほとんど例外なく自宅にチンギス・ハーン像を大切に掲げて、チンギス・ハーンの末裔であることを再認識し、誇りに思っている。特に内モンゴルなどのモンゴル地域では、たとえモンゴル語が話せなくても自分たちをモンゴル人としてチンギス・ハーンの末裔として誇りに思う人たちも多い。

      以上、モンゴル民族におけるチンギス・ハーンの位置付けを略述してみたが、モンゴル国、内モンゴルなどモンゴル地域において、チンギス・ハーンはモンゴル民族の精神的支柱であり、もっとも大切な信仰なのである。チンギス・ハーンは英雄を超えた、誇り高きモンゴル民族の祖先であり、神様である。

     そんなチンギス・ハーンの肖像に性器が書かれてはチンギス・ハーンへの侮辱として、モンゴル民族、国家への侮辱として、信仰への冒涜としてモンゴル民族の人々が憤慨し、抗議するのは極めて当然であろう。チンギス・ハーン侮辱は到底許されない蛮行である。文明の国日本にあってはならないことである。また子供向けの雑誌でありながら、偉人たちの顔に落書きをさせるコンテストを行うこと自体モラルの上でも教育的視点からも極めて不適切であり、社会的問題となっているイジメの助長にもなりかねないと考えている。日本のモンゴル史とチンギス・ハーン研究は、世界にも誇れる業績を上げている。しかし、今や小学館のような出版社は、金儲けだけに走って、歴史研究と背景を踏み躙っただけでなく、モンゴルの先祖への冒涜を犯し、日本の子供の教育にも邪見を植え付けていることは極めて遺憾である。

       小学館発売の『コロコロコミック』3月号は落書きコンテストとなっているので、これからも聖主チンギス・ハーンの顔にいろいろ落書きがされる可能性がある。われわれは同誌の即時発売停止と回収、そしてモンゴル民族の人々への謝罪を強く求めて、明日月曜日、13時から同社前で抗議活動を行うことを決意した次第である。モンゴル民族の人々だけではなく、われわれの趣旨に賛同される全ての方々のデモ参加を呼びかけたい。


寄稿者

富川 力道(B.Bold)

日本ウェルネススポーツ大学 准教授

2018年2月23日、小学館と「コロコロコミック」の編集長は、同誌に収録された「やりすぎ!!!イタズラくん」(吉野あすみ)のマンガに、チンギス・ハンを著しく侮辱していると解釈された内容が含まれていることに抗議した駐日モンゴル国大使館に対して、謝罪文を提出しました。
nihongo
eigo
謝罪文の内容は、「貴国(モンゴル国 筆者駐)国民ならびにチンギス・ハーンを敬愛する全ての方々にご不快の念を抱かせましたこと、深くお詫び申し上げます。」とあり、モンゴル国に限らず内モンゴル自治区のモンゴル人や、周辺諸国のチンギス・ハンを敬愛するモンゴル系をはじめとする諸民族にまで幅広く謝罪したと解釈でき、その点は一定の評価ができます。
しかし、「今後はかかる事態を招かぬよう、貴国の歴史・文化に関する知見を深め、一層の配慮をして参る所存です。」とあります。
ここが大きな問題です。

問題1 雑誌の回収をはじめとする具体的な対策が書かれていない。
515
チンギス・ハンは全てのモンゴルにとって、歴史上の偉人である以上に、民族の象徴であり、崇敬と信仰の対象です。台北の国立故宮博物院に収蔵されている肖像画の額に、「チンチン」と男性の生殖器を描き、さらに男性の生殖器が本体と描いた表現は、完全な侮辱行為です。

そして、「キミも足利義満&チンギス・ハンの落書きに挑戦だ!!」と、一般読者にチンギス・ハンの肖像画を印刷したハガキ頁をつけ、読者である日本の子どもたちにいたずら書きを募集しています。更に肖像画についても、「顔も体も描きこみスペースありまくり。」という煽り文句まではいっています。
508
509
510
締め切りが3月14日、発表がコロコロコミック5月号(4月14日ごろ販売)で懸賞当選者を発表する旨も書かれています。
そのため、
・全国書店からのすみやかな自主回収
・コンテストの中止の告知
・コミック化に際しての問題箇所の適切編集
・次号における同作品内での謝罪文の掲載
の約束と実行が、それぞれ最低限不可欠です。


2.作者本人が謝罪も弁明もなく逃亡している
yoshinoasumi
インターネット上で朝青龍さんをはじめとするモンゴル人の皆様からの抗議が起こった直後から現在もなお、作者の吉野あすみ氏は、自身のTwitterアカウントに鍵をかけて一切の説明責任を放棄し逃亡しています。
IMG_20180224_015632
そればかりか、「色んな意味でリスキーなネタに挑戦」と、作品発表前にすでに問題があることを作者自身が自覚した上で原稿を提出していたことが分かります。
これでは、いくら小学館取締役第二コミック局担当の佐上靖之さん、コロコロコミック編集部編集長の和田誠さんがいくらモンゴルに謝罪しようが、肝心の読者の子どもたちに示しがつきません。

たとえ作者本人にチンギス・ハンやモンゴルを侮辱する意図がなかったにせよ、表現に配慮が欠けていたことを吉野あすみ氏本人が弁明しない限り、モンゴル人は納得しないでしょう。

吉野あすみさんは、モンゴルへの誠実な弁明を通して、日本の少年マンガ家としての誇りとプライドを、子どもたちに示して下さい。

また、2月27日(月)には、都内在住のモンゴル国と内モンゴルのモンゴル人有志を中心に、抗議デモを行うことが決定しました。
なぜなら謝罪文の内容には一定の誠意こそ感じられるものの、上記の具体性に著しく欠けているからです。


チンギスハーンを侮辱した行為に対する抗議デモのご案内
https://www.facebook.com/mongol.jp/posts/1601101683259466
1、時間:2月26日(月曜日) 集12:30 デモ実施 13:00〜15:00
2、場所: 小学館 ビル前(東京都千代田区一ツ橋2丁目3番1号)
3、最寄駅:神保町 駅 A8出口
4、連絡人: gandush:090-6516-9788(Dushi Ganndushi)


モンゴルは日本の友国です。
東日本大震災の際、モンゴルの皆様は全員が一致団結して日本に国際救助隊・救援物資・寄附金をご提供くださいました。両親のいない施設での生活を余儀なくされる孤児の皆様も、自分が手にするわずかな貯金を「日本のために」と日本大使館に届けてくださり、日本の被災者を激励する無数の手描きの絵をプレゼントくださいました。モンゴルは国と国、あるいは民族と民族との利害関係をはるかに超越した、「友好国」以上の「友国」なのです。ここで言うモンゴルは、モンゴル国をはじめとする、全てのモンゴルを意味しています。
000336592
同月22日には、日本に訪問されたダムディン・ツォグトバータル・モンゴル国外務大臣と日本政府が会談。日モ経済連携協定(EPA)の着実な実施や、北朝鮮問題の緊密な連携の継続で一致しました。また、内モンゴル自治区のモンゴル人の皆様も、留学に、ビジネスに、様々な分野で日本で活躍し、日本人の内モンゴルでのビジネス・文化・教育など様々な分野で協力し合っています。
korokoro
小学館の「コロコロコミック」といえば、藤子・F・不二雄さんの不朽の名作「ドラえもん」が創刊号から連載された、日本の少年マンガ雑誌の金字塔の一つです。
「ドラえもん」は、特に東アジアや東南アジア諸国をはじめとする世界各国に現在も人気を博している、日本を代表する少年マンガです。

モンゴルに対しても、日モ関係に対しても、コロコロコミックに対しても、出版社と作者の両方が本当に誠意ある態度を示して下さらないと困ります。

2月27日の抗議デモと小学館・作者の対応に、注目です。

2018年2月24日
みずばしょう

参考:
朝青龍も激おこぷんぷん丸「先祖バカにするお前ら‼️品格がない日本人‼️」
モンゴル情報クローズアップ(2018/02/22)
http://mongol.blog.jp/2018/02/22/51972733

コロコロ漫画にモンゴル大使館が抗議文 チンギス・ハンの顔に落書き...「非礼な行為」「非常に残念」
Jcast(2018/02/23)
https://www.j-cast.com/2018/02/23321978.html


「漫画でチンギス・ハンを侮辱」モンゴル政府が抗議 小学館が謝罪 元朝青龍も怒り
産経ニュース(2018/02/23)
http://www.sankei.com/entertainments/news/180223/ent1802230016-n1.html

Мендвт!(カルムイク語でこんにちは。)

初めてこちらのブログに投稿させていただきます。
下村と申します。
9月からロシアのカルムイク共和国の中心都市、エリスタで留学生活を送っております。

以前の記事で、ロシアの中の「モンゴル」
ブリヤート共和国が紹介されていましたが、
カルムイク共和国も、ロシア領内にあれど「モンゴル」的な要素を多く持つ地域です。
これからこの地域について、私が感じたことを紹介して参りたいと思います。

カルムイク共和国は、カスピ海北岸に位置しています。南ロシアに位置するため、冬も比較的温暖な気候で、過ごしやすい地域です。
気候は中央アジアに近いです。

90CA4668-2699-4450-BE15-6B23AC0492FB


カルムイクとはヨーロッパ側からの呼称で、モンゴル語ではХалимаг(ハリマグ)、自らをОйрад(オイラト)と呼んでいます。
カルムイク人と呼ばれる人の多くは、私と同じ様な顔つきをした人が多く、街を歩いていても全く違和感がありません。

カルムイク人は17世紀初めにジュンガリア方面から移動し、ヴォルガ河の下流に住み着いたオイラート人の一部です。帝政ロシアの圧政により、一部のカルムイク人はジュンガリアに戻ろうとしました。しかし、この時ヴォルガ河が凍結しておらず、西側に取り残された人々が、現在この地に住むカルムイク人の祖先と言われています。

主な宗教は仏教で、エリスタにはチベット仏教の寺院があります。ダライ・ラマも訪れました。
523FE315-E1AF-45B8-A8BB-30F5AC21EF21

↑チベット仏教の寺院。
золотая обитель будды шакьямуни

1D48B69E-EF54-44AE-B6D3-A1445AD40DC1


言語は、ロシア語とカルムイク語が主に使われています。日常生活では圧倒的にロシア語が使用されています。カルムイク語は年配の方であれば流暢に話せる人もいますが、
私と同年代の大学生の子達は、理解できるが話せない、あるいは全く分からない子が殆どです。

このようにカルムイク語が厳しい状況を迎えていますが、大学や寺院ではカルムイク語の授業を受講することができます。授業は明日から始まるので、これについてはまたレポートします。

一方で、文化面(歌やダンス)、食生活ではカルムイクの要素(モンゴル的な雰囲気)を色濃く感じます。

例えば、街の中心部にある劇場や、イベント時のセレモニーでは、カルムイクのダンスや歌を見聞きすることができます。
伝統的な歌は、モンゴル本国と似ているように思います。馬頭琴のメロディや、ホーミーのような喉歌が特徴的です。
ダンスは、肩を上下に動かしたり、足の素早いステップが特徴的です。
これはカフカスの影響を受けているようです。

FD9C20CB-FC1C-409A-A65C-B7D035AC1B6A

↑カルムイクの民族衣装

料理について。カルムイクの代表的な料理で、берикиがあります。
モンゴル料理の代表格と言えば、буузですよね。
中身が羊肉な点は一緒ですが、形や作り方が違います。ペリメニに近いかもしれません。мантыもこちらではポピュラーな料理です。

F4428627-D2EA-4EC6-8461-35430FE0248E

↑берики。形は餃子に似ています。茹でて食べます。

またスーテーツァイによく似た、Джомбаというカルムイク茶があります。ボルツォグと一緒に食べます。
街の食堂、お茶の時間には必須の飲み物です。

その他、印象に残っているのは、トド文字のカリグラフィー展覧会です。トド文字とは、縦書きのモンゴル文字を改良した文字で、かつてのカルムイク語を書き表すための文字です。現在はキリル文字表記です。

市内の寺院で開催されていました。カルムイク語の講座も不定期で開かれているので、文化振興の中心的な場所と言えるのではないでしょうか。
写真撮影不可だったのが残念でしたが、流れるように書かれた縦文字が美しく、正にアートでした。

このように、モンゴル本国と文化的な共通点を多く持つのがこの地域の特徴です。
街を歩いていると、地理的にはヨーロッパに近い所に居ながら、しかし確実にアジアの文化圏に暮らしていることを感じます。

このブログを通じてこの街の魅力を発見していきたいと思います。
知りたいトピック等がございましたら、コメントしていただけると幸いです(^^)

↑このページのトップヘ