モンゴル情報クローズアップ!

モンゴルの文化、ビジネス、投資、観光、最新話題など幅広い情報をお届けします。(通称:モンゴルなう)

カテゴリ: モンゴル・関係

VISA mongolia

【モンゴルで、海外プリペイドカードがめちゃくちゃ便利だった件3/3】

前2回、海外専用プリペイドカード
「NEO MONEY」
が便利だという話をした。

具体的なメリット、そして考えうるデメリットを挙げてみよう。


◾️メリット


1、現金両替の手間が不要

チャージ金額をATMで即出金できる。


2、多量の紙幣を持ち歩かなくてすむ

VISAのクレジットカードの代わりとして使えるため(一部店舗で例外あり)現金管理の手間が大幅に減り、支払い時間も短縮できる。

以上はクレジットカードやキャッシュカードと同様の機能だが、以下は特徴的だと思う。


3、為替レートが有利

通貨によっては、日本国内の大手外貨両替ショップよりなんと最大43%もお得!
(インドネシア・ルピア)


4、あらかじめ予算を決めて、使いすぎを防げる

クレジットカードと違ってリアルタイムでショッピング決済ができるので、帰国した翌月に思わぬ高額請求!なんてことを防げる。

使いみちを限ってキャッシュカードと使い分けられる。


5、支払いや出金額がメールですぐわかる
(しかも日本円換算)

取引きして30秒もすれば、利用結果がメールで届き、チャージ金額の残高もわかる。

利用内容まではわからないが、現金の入ったお財布のように、日本円の生活感を維持したまま使える。

スマホのGmailアプリと組み合わせ、わたしにはこの機能がめちゃくちゃ役立った。


6、帰国後もふだんの生活で使える
(VISAのみ、銀聯は不可)

この投稿のタイトルを「海外"専用"プリペイドカードが…」としなかったのは、このためだ。

1日100万円、年間1,500万円のチャージ・利用可能額を考えると、へたに上限額の小さなVISAカードを持つより便利かもしれない。

もちろん、次の旅行にも繰り越して利用できる。


◾️デメリット

1、チャージ金額を使い切ると、支払いができなくなる

ただし、ネットがつながれば、インターネットバンキングで日本の銀行口座からチャージが可能。

また委任状があれば、日本在住者が現金チャージできる。
海外留学するお子さんに、親御さんが仕送りするにも便利。


2、カード一枚の破損、盗難や紛失によるリスクが大きい

わたしの場合、少額の現地通貨と組み合わせてすぐ使える財布にいれておいた。

そしてクレジットカードや高額紙幣、外貨などの予備金を、セキュリティポーチやバックパックなどにいれてリスク分散していた。


3、VISAの支払いに使えない場所がある

たとえば、わたしのよく使うホステル『Golden Gobi』はヨーロッパ人が多く集まるが、支払いはモンゴルトゥグリクの現金払いしか受け付けていない。(2018年8月現在)

また国内外問わず、VISAカードの使える場所でも「NEO MONEY」は使えない、ということがたまにあった。


ただし、世界はヨーロッパを中心に、今後はむしろ「現金払いお断り」という場所が増えていく。

スウェーデンでは、日ごろ食べるパンでさえ、現金では買えないお店があるという。

ちなみに中国では、スマホのQRコードを見せ、アリペイ払いで物乞いする
「キャッシュレスホームレス」
まであらわれているとか(^^;;


わたしは今回「NEO MONEY」をおススメした。

もちろんいろいろなブランドがあるが、海外プリペイドカードは1枚用意しておくと、よりストレスフリーに旅を楽しめるだろう。

モンゴル旅行体験談

IMG_3929


日本モンゴル文学会は69日(土)に以下の通り2018年度春期研究発表会を開催します。ご興味のある方ぜひ参加して下さい。


日本モンゴル文学会 2018年度 春期研究発表会


開催日時

201869日(土)13:30~17:30


開催場所

東京外国語大学本郷サテライト5階セミナー室


アクセス:http://www.tufs.ac.jp/common/satellite


 1330 開会挨拶


研究発表


 1340 Монгол шүлгийн толгой холбох арга, түүний зүй тогтол


(モンゴル詩の頭韻法とその規則)


ゴンボスレン・ガルバヤル 東京外国語大学客員教授


1420 世界俳句と日モ翻訳問題に関して


 富川 力道 日本ウェルネススポーツ大学教授


1500 サイチンガにおける日本の知の背景とその意味について


テレングト・アイトル   北海学園大学教授


1540 休憩


1550 Их зохиолч Д.Нацагдоржийн Герман Улсад байсан он жилүүд ба Монгол-Герман толь бичиг-ийн тухай


(偉大な作家D.ナツァグドルジのドイツ滞在時代と『モンゴル語=ドイツ語辞典』について) 


ジャンツァン・バトイレードゥイ モンゴル国立大学教授


1630 「満洲国」時代における日本語の詩歌のモンゴル語訳について


オルスガル/烏日斯嘎拉(Urasgal)内モンゴル大学教授


 1710 事務局からのお知らせ


1725 閉会挨拶


言語:日本語、一部モンゴル語 


参加無料

IMG_3505

毎度、編集長のタケシです。内モンゴルから投稿しています。しばらくは、ここフフホトにいます。

ブログ更新してなくて、毎日アクセスしてくださった方に本当にすまん…

内モンゴルに来てからちょうど2週間が経ちました。ココの社会、めちゃくちゃのんびりしているけど、私の時計は日本と変わらず、どんどん進んでいます。

内モンゴルに日経企業はあまりないのですが、この数年で日本物産店や日本料理屋さんがかなり増えました。

IMG_3530

日本にいる中国人留学生が化粧品などを買ってWeichat(微信)で転売、いわゆる”代购”の延長で日本物産店が増えた大きな原因だと思われます。

IMG_3718

内モンゴルのオルドスの繁華街には、日本人なら誰でも知っているブランドの店がありました。

IMG_3720

内モンゴルに日本レストランといえば、吉野家さんしかなかったのですが、今では大小日本食屋さんもいっぱいあります。味は、店にもよりますが、中国人の口に合わせてアレンジした物が多かったです。

IMG_3537

本当の日本品質といえば、ユニクロくらいかな。

IMG_3538

日本ブランドではないが、一番印象を受けたのは、メイソウというブランドの雑貨屋、若者に大人気でした。
個人的は、ロゴが【ユニクロ+無印良品/2】という感じでした。




毎度、編集長のタケシです。
先ほど、Twitterでいろいろ書いたので、ついでにブログにも載せちゃいました。

実は、今の内モンゴルを作ったのは日本と言っても過言ではない。当時、徳王が内モンゴルの完全独立を目指してたが蒋介石が認めなかった。それで、満洲事変後関東軍の支援でカタチだけの自治権のモンゴル連盟自治政府を作りました。

大日本帝国は、これを機に内モンゴルへの進出を本格化しようとしていた。その1年後徳王が準国賓待遇として訪日し、天皇陛下にも会った。大日本帝国は、英米から支援を受ける蒋介石の抵抗に手こずり、安易に内モンゴルを独立させなかった。

pq00026ss122r5sn65
↑↑↑徳王

そして、徳王は1941年に2度目に大日本帝国を訪問し、天皇陛下に会い、内モンゴルを国として認めてもらいたかったが結局だめでした。

その後、大東亜戦争が日本の敗北に終わり、徳王が外モンゴル(今のモンゴル国)に亡命したものの、モンゴル政府は徳王を逮捕して中国に渡してしまった。

o200082ns57q216810

個人的に思うには、当時の天皇陛下が内モンゴルの独立を認めてなかった原因は:
徳王の野心に警戒してた。徳王内モンゴルだけではなく、本当はモンゴルと内モンゴル、そしてブリヤート(今のロシアの一部)を統一して大モンゴル国を作る夢があった。
もう一つは、大日本帝国も当時の中国と対立した力を使ってカタチだけの国にして、後には大日本帝国の配下にしようという予算だったから。

こうして、内モンゴルは今だに残されたままである。


内モンゴルを知るための60章 (エリア・スタディーズ)
ボルジギン ブレンサイン
明石書店
2015-08-01

FullSizeRender

毎度、編集長のタケシです。
先月15日に発行後、チンギスハン侮辱問題で大炎上した月刊『コロコロコミック』、本日発売の当誌では、編集部から読者へのお詫びのコメントが掲載されている事を確認しました。

チンギス・ハーン冒涜にはなぜモンゴル民族は激怒するのか?

コロコロコミック大炎上、在日モンゴル人による講義デモ

IMG_2451

なお、一連の騒動に関しては、当サイトを読んでたら分かるかと思いますが、編集部からの詫びのコメント掲載は、在日モンゴル人による騒動収束の条件の一つでもあります。なので得に驚くことはありません。

コロコロコミックのチンギス・ハン侮辱問題で出版社と作者が行うべきこと

近年、わざとこのような騒動を起こし、商品の知名度や売り上げを高めるという炎上商法を行っている企業は少なからずあります。消費者も、経営者も、今一度本来の企業のあり方をもう一度考えるべきではないでしょうか。

モンゴル時代の「知」の東西 上
宮 紀子
名古屋大学出版会
2018-03-09

↑このページのトップヘ