モンゴル情報クローズアップ!

モンゴルの文化、ビジネス、投資、観光、最新話題など幅広い情報をお届けします。(通称:モンゴルなう)

カテゴリ: モンゴル・関係

Мендвт!(カルムイク語でこんにちは。)

初めてこちらのブログに投稿させていただきます。
下村と申します。
9月からロシアのカルムイク共和国の中心都市、エリスタで留学生活を送っております。

以前の記事で、ロシアの中の「モンゴル」
ブリヤート共和国が紹介されていましたが、
カルムイク共和国も、ロシア領内にあれど「モンゴル」的な要素を多く持つ地域です。
これからこの地域について、私が感じたことを紹介して参りたいと思います。

カルムイク共和国は、カスピ海北岸に位置しています。南ロシアに位置するため、冬も比較的温暖な気候で、過ごしやすい地域です。
気候は中央アジアに近いです。

90CA4668-2699-4450-BE15-6B23AC0492FB


カルムイクとはヨーロッパ側からの呼称で、モンゴル語ではХалимаг(ハリマグ)、自らをОйрад(オイラト)と呼んでいます。
カルムイク人と呼ばれる人の多くは、私と同じ様な顔つきをした人が多く、街を歩いていても全く違和感がありません。

カルムイク人は17世紀初めにジュンガリア方面から移動し、ヴォルガ河の下流に住み着いたオイラート人の一部です。帝政ロシアの圧政により、一部のカルムイク人はジュンガリアに戻ろうとしました。しかし、この時ヴォルガ河が凍結しておらず、西側に取り残された人々が、現在この地に住むカルムイク人の祖先と言われています。

主な宗教は仏教で、エリスタにはチベット仏教の寺院があります。ダライ・ラマも訪れました。
523FE315-E1AF-45B8-A8BB-30F5AC21EF21

↑チベット仏教の寺院。
золотая обитель будды шакьямуни

1D48B69E-EF54-44AE-B6D3-A1445AD40DC1


言語は、ロシア語とカルムイク語が主に使われています。日常生活では圧倒的にロシア語が使用されています。カルムイク語は年配の方であれば流暢に話せる人もいますが、
私と同年代の大学生の子達は、理解できるが話せない、あるいは全く分からない子が殆どです。

このようにカルムイク語が厳しい状況を迎えていますが、大学や寺院ではカルムイク語の授業を受講することができます。授業は明日から始まるので、これについてはまたレポートします。

一方で、文化面(歌やダンス)、食生活ではカルムイクの要素(モンゴル的な雰囲気)を色濃く感じます。

例えば、街の中心部にある劇場や、イベント時のセレモニーでは、カルムイクのダンスや歌を見聞きすることができます。
伝統的な歌は、モンゴル本国と似ているように思います。馬頭琴のメロディや、ホーミーのような喉歌が特徴的です。
ダンスは、肩を上下に動かしたり、足の素早いステップが特徴的です。
これはカフカスの影響を受けているようです。

FD9C20CB-FC1C-409A-A65C-B7D035AC1B6A

↑カルムイクの民族衣装

料理について。カルムイクの代表的な料理で、берикиがあります。
モンゴル料理の代表格と言えば、буузですよね。
中身が羊肉な点は一緒ですが、形や作り方が違います。ペリメニに近いかもしれません。мантыもこちらではポピュラーな料理です。

F4428627-D2EA-4EC6-8461-35430FE0248E

↑берики。形は餃子に似ています。茹でて食べます。

またスーテーツァイによく似た、Джомбаというカルムイク茶があります。ボルツォグと一緒に食べます。
街の食堂、お茶の時間には必須の飲み物です。

その他、印象に残っているのは、トド文字のカリグラフィー展覧会です。トド文字とは、縦書きのモンゴル文字を改良した文字で、かつてのカルムイク語を書き表すための文字です。現在はキリル文字表記です。

市内の寺院で開催されていました。カルムイク語の講座も不定期で開かれているので、文化振興の中心的な場所と言えるのではないでしょうか。
写真撮影不可だったのが残念でしたが、流れるように書かれた縦文字が美しく、正にアートでした。

このように、モンゴル本国と文化的な共通点を多く持つのがこの地域の特徴です。
街を歩いていると、地理的にはヨーロッパに近い所に居ながら、しかし確実にアジアの文化圏に暮らしていることを感じます。

このブログを通じてこの街の魅力を発見していきたいと思います。
知りたいトピック等がございましたら、コメントしていただけると幸いです(^^)

22472607_1865054603824174_1033475889_n
このブログに初めて投稿させていただきます。
私はロシア連邦ブリヤート共和国に今年8月から留学している大学生です。 「あれ、モンゴルじゃなくてロシアなのに『モンゴル情報』なの?」とお思いの方、 ちょっと異色な『モンゴル情報』、お時間があればお読みいただけると嬉しいです。

皆さんは「ブリヤート」という単語を聞いたことがありますか? ブリヤートはモンゴル系の民族の一つであり、 主にロシア(シベリア)、モンゴル国、中国の内モンゴル自治区に暮らしています。 伝統的な言語はブリヤート語で、モンゴル語ととても良く似ています。 現在ブリヤート共和国ではロシア語が主に利用されており、 若い人の中にはブリヤート語が話せない人も多くいます。
image
ブリヤート共和国はロシア連邦を構成する地域の一つで、 シベリアのバイカル湖の東側、モンゴル国の北側に位置しています。 ブリヤート共和国の歴史を簡単にまとめると、以下のようになります。 1206年にブリヤートはモンゴル帝国の流れに入り、16世紀以降はロシア帝国がこの地に進出し、 1689年ネルチンスク条約でロシア領となりました。その後ソ連を経て現在のブリヤート共和国となりました。

さて、ここからは私自身が見たものや考えたことを書いていこうと思います。
一大学生の考えたことのため、知識不足や間違いなどを見つけたら ご指摘いただけると大変助かります…! まず、紹介が遅れましたが私は日本でモンゴル語を専攻している者です。 モンゴルについて勉強するうちに、ロシアの中のモンゴル系の民族ブリヤートについて気になり、 遂に留学まで至りました。
22414708_1865054593824175_2142526084_n
私の住んでいる場所はブリヤート共和国の首都ウラン・ウデです。 留学前に、ブリヤート人よりロシア人のほうが多いと聞いていたのですが 少なくともウラン・ウデではブリヤート人・ロシア人が半々に見えます。 地方はロシア人が多いのでしょうか? ハーフの人も割とよく見かけますが、街を歩くカップルはブリヤート人同士、 ロシア人同士が多いです。
22414456_1865054613824173_989815621_n
建築は、公共の建物や住宅はロシア風であることがほとんどです。 郊外も、モンゴルではよくみられる移動式住居ゲルはなくほぼすべて木でできた固定住居で、 現在は遊牧文化はないように感じました。

・ブリヤート語使用について感じたこと
上記でも書いた通り若い人はブリヤート語を使わない・使えない人が結構います。 しかし、私の通う大学のモンゴル語科のブリヤート人の女の子数人はブリヤート語を流暢に話し、 街を歩くと20代後半と思しき女性がブリヤート語で電話をするのを見かけたり、 ブリヤート料理を出す小さいカフェでモンゴル語を使って注文してみたところ レジ係の50歳過ぎの女性がブリヤート語で会計をしてくれたりと、 話者数は減っているものの、ブリヤート語は生きている言葉だと感じました。 ブリヤート語を話せないという人たちも、小さい頃はブリヤート語を話していた、とか 喋れないけど何を言っているかは少しわかる、とか 全くブリヤート語に触れてこなかった人はあまりいないのかなと思います。

そしてもう一つ面白いことがあります。 ブリヤート語で彼らが話すとき、ロシア語が混ざることがよく見られます。 実例を挙げると、寮の掃除係のおばさんは「2人の中国人女性」を ”хоёр китаянка” хоёр=モンゴル語で「2(の)」、китаянка=ロシア語で「中国人女性」 と言っていました。また、「そして」や「しかし」などの接続詞はロシア語でした。 ロシア語の影響は強いようです。

・ブリヤート人って自分たちを何人と思っているの?
私自身も結構攻めた質問だと思っています。 とてもデリケートな問題なので気軽に聞いていいものではないことも分かっています。 しかし、これを知りたいと思ったのが留学する大きなきっかけとなったので、 出会ったブリヤート人の方々にたまに質問しています。 答えは人によりまちまちですが、今までに聞いたものは ・モンゴルとは全くべつの民族とは思わないが、少し異なったものと捉えている ・ロシア人かブリヤート人かと聞くと、ブリヤート人と答える (会話で「ロシア人」という言葉は、ロシアに住んでる人というよりスラブ系の人たちを指すことが多い) ・ブリヤート語を話せないのは残念に感じており、いつか学びたいと思っている …などのような意見でした。 ブリヤート人とブリヤートの文化について話すと、 彼らは自分たちの文化に誇りを持っているのだなあと感じることが多くあり なぜだか聞いている私も嬉しく思います。

以上が、留学して一ヶ月強の間に見聞きしたり、感じたことです。
9月に雪が降ったり、最近は5度を下回ることがほとんどで少し厳しい気候ではありますが、 楽しく暮らしています。 留学を終える来年2月までに、もっとブリヤートの歴史・文化について勉強したいと思います。

ここまでお付き合いいただき、ありがとうございました。



image
毎度、編集のタケシです。
ホリエモンこと堀江貴文が先ほどモンゴルに到着したそうです。

どうやらモンゴルの英雄、永遠の横綱朝青龍と合流しているようです。

ホリエモンの性格からも分かる通り、彼がモンゴルに行くにはタダ乗馬するためとは思わないです。 しかしも、相手も相手だし。ビックスターです。ホリエモンがモンゴルのITに革命を起こすのではないかというワクワク感でいっぱいです。真の目的は分からないが、今後も目が離せない。









↑このページのトップヘ