モンゴル情報クローズアップ!

モンゴルの文化、ビジネス、投資、観光、最新話題など幅広い情報をお届けします。(通称:モンゴルなう)

カテゴリ: モンゴル・関係

girl-1245713_1920
モンゴルで暮らすならもちろん、旅行者にも必要な携帯電話。遊牧生活が基本のモンゴルでは、固定電話の普及よりも先に携帯電話が一般的になったと言っても過言ではない。
日本と違って端末はSIMフリー。各キャリアでSIMカードのみ購入し、中古の端末に挿して使っている人が多い。モンゴルの大手キャリアはMobicom、unitel、SKYTEL、Gmobileの4社。8桁ある電話番号のうち、頭2桁でどのキャリアの番号かが分かるよう振り分けられている。99、95、94、85で始まるのがMobicom、88、81などはunitel、96、91はSKYTEL、98、93はGmobile、といった具合だ。端末はiPhoneとSamsungの機種が圧倒的に多く、LGやHUAWEIもあるが、Xperiaなど日本の機種は滅多に見かけない。Nokiaのいわゆるガラケーを使っている人もいて、これは中古なら2万トゥグルグあれば充分買えるのでサブ機にオススメ。

モンゴルで携帯電話番号を手に入れる時は、ウランバートルのテンギス映画館の近くにあるテディセンターや各キャリアの支店にあるタッチパネルのモニターを使い、自分の好きな番号を選んで購入する。日本のようにキャリアから振り分けてはもらえず、プリペイド式と後払いの番号がある。値段は数千トゥグルグからだが、面白いのは、数字の並びがゾロ目だったり規則的になっているものは「ゴイ ドガール(гоё дугаар、カッコイイ番号)」と呼ばれ、数万トゥグルグからと少しずつ高額になる。筆者のモンゴル人の友人は”Монголчууд утасны дугаараар гангардаг байхгүй юу.”(モンゴル人は電話番号でオシャレするんだぜ)とドヤ顔で語っていた。

電話番号を購入できるのはキャリアからだけではなく、個人間でもFacebookグループや中古品売買サイトなどで売買されることがある。後払いの場合は名義変更が必要になったりするが、SIMさえ受け取れば自分の端末に挿してすぐに使える。

特に8811で始まる番号がかなり高額なようで、なかには「2700万トゥグルグ(約107万円)、ローンで売ります」なんて投稿も。電話番号を購入するのにローンを組むなんてちょっと信じられないが、モンゴル人のプライドや美意識に通じているようだ。

筆者は、帰国の際にそれまで使っていた電話番号を売却した。相手が知り合いだったので確か1.5万トゥグルグ程度で譲ったが、周りには「もっと高く売れたと思うよ」と言われたので、それなりに「ゴイ(カッコイイ)」番号だったらしい。

ちなみにモンゴルの人々は日本人ほど警戒心がなく、初対面の人でも普通に電話番号を教えてくれたりする。

もしモンゴル以外にも似たような習慣のある場所をご存知の方がいれば、ぜひ教えていただきたいと思う。

寄稿:kels

モンゴル国立教育大学ジャーナリズム学科卒。関西の高校卒業後、海外留学に憧れてモンゴルに渡る。アジアにもヨーロッパにも見える不思議なウランバートルの街並みとモンゴル人の人柄が気に入り、約半年の語学留学を経て教育大に入学。クラスに日本人はおろか、留学生も一人。4年間の楽しいキャンパスライフを送る。在学中に国営モンツァメ通信社の日本語版週刊紙「モンゴル通信」で1年半インターン。大学卒業と同時に帰国、現在は首都圏の新聞社勤務。UB帰りの帰国子女と婚約中。kelsはフィリピン人に付けてもらったイングリッシュネームから。

Сайн байна уу? God dag.

デンマークのコペンハーゲンに行った時、たまたま泊まったホテルの横のビルに、見慣れたシンボルマークを見ました。
IMG_20190814_183534138_HDR
調べると、何とモンゴル総領事(Consultate of Mongolia)でした。

このビルの一階部分にあるレストランを、モンゴル料理店と期待したのですが、残念ながら"Calfornia Kitchen"というお店でした。

あと、モンゴルのお寺っぽいモニュメント(チベット仏教的なもの)を、「クリスチャニア」というコペンハーゲンにある「自称」自治区で発見しました。色とりどりの布のことを「カター(хадаг/ハダグ)」といいます。
DSC00359
この「クリスチャニア」は独自の国旗まであって、Wikipediaによると「デンマークの首都コペンハーゲンにある、850人の住人と34ヘクタールの土地をもつ地区である。自治を自称する。1971年に軍の所有地に建国されて以来、たびたび論争の中心となってきた。」とのことです。ちなみに、警察が常駐していて、写真撮影禁止の区域があります・・・。



以下、さらに詳しい紹介があります。


以下は、その自治区「クリスチャニア」の様子で、黄色と赤の提灯があるエリアは、写真撮影が禁止です。DSC00358
DSC00354

ちなみに、デンマークではセブンイレブンがありますが、LGTBのカラーのロゴマークで、このあたり非常に意識高い感じでした。
DSC00337


コペンハーゲンはeスクーターがすごく盛んで、街のあちこちに、どこにでもあります。デンマークでは環境に配慮して、自動車を使わないような動きが強いです。

モンゴルでも、大気汚染対策でeスクーターを普及させることが検討できると思いますが、如何せん、マイナス30度・40度の世界でどうメンテナンスするか、など色々課題があるかと思われます。

DSC00175


DSC00226

今回はここまで。

Сайхан амраарай, God nat.

Cайн байна уу? Bună ziua.
今回は、ルーマニアのとある教会がモンゴルと関係があった、あとルーマニアの自然が結構モンゴルっぽい、というお話をします。
DSC09602
ルーマニアの中央部に位置するトランシルヴァニア地方のクルツァ(Carța)という小さな町に、クルツァ教会(Abația Carța/Kloster Kerz/)があります。
ルーマニア 2019-11-30 0.30.55
ルーマニアに移住してきたドイツ人が建設したプロテスタント教会です。

以下のサイトに詳しい日本語による解説があります。有り難いです。


しかし、この教会、かなり廃墟っぽい形になっています。何でも、1241年のモンゴル軍の侵攻、さらに1421年のトルコ・オスマン帝国軍に侵攻により、かなり破壊されてしまったらしいです。破壊された形がそのまま残されているようです。
DSC09609
DSC09615
DSC09616
しかしながら、クルツァ教会の中はそのまま残っており、オルガンもあります。現在でも地元の人が通う現役の教会となっています。
DSC09613
場所はルーマニアですが、ここに住む人たちの多くはドイツ語を話すトランスシルバニア民族の人たちです。「トランスシルバニア」というと、ブラム・ストーカーによるホラー小説の『吸血鬼ドラキュラ』を指す人が多いです(特に英語圏の方々)。日本だと、コナミ社のゲームの『悪魔城ドラキュラ』の方が有名ですね。
ドラキュラというと、筆者個人的には、ファミコンゲームの『悪魔城すぺしゃる ぼくドラキュラくん』を思い出します。



Wikipediaによると、「1241年から1242年にかけてのモンゴル人のヨーロッパ侵攻で、ハンガリー王国の大半が荒廃した。ザクセン人は最善を尽くして抵抗したものの、多くの定住地が破壊された。侵攻の結果、多くのトランシルヴァニア定住地が石造の城で強化され、この強調が町を経済的に発展させた。」と書いてあります。

778年も前の昔に、ここでモンゴル軍に抵抗した、というのが想像できません。

そのモンゴル軍やオスマン帝国の侵攻から守るため、城を築き上げて、次第に7つの要塞都市を形成して行きました。それから、トランスシルバニア人は自分たちのことを「7つの城の人(ジーベンビュルガー、Siebenburger)」と呼ぶようになりました。モンゴルがきっかけのようです。
Wappen1
↑七つの城を表したシンボルマーク(ワッペン)(出典:Wikipedia Siebenburger Sachsenより)

ルーマニアとドイツでトランスシルバニア人向けの新聞も発行されているようです(ドイツ語)。


ちなみに、トランスシルバニア地方、かなりのどかな原生の自然が残る地域です。モンゴルで馬に乗った時見た風景を思い出しました。
DSC09570
途中、羊の群れを見ました。羊の大群は、かなりモンゴルの風景っぽいです。
DSC09381
DSC09676
この地域で最も規模が大きいシビウ(ドイツ語名:ヘルマンシュタッド(Hermannstadt))という街があるのですが、雰囲気が漫画・アニメの『進撃の巨人』っぽい感じの街です。1241年ごろに馬に乗ってモンゴルからここまでやってきたのが信じられないと思えました。
DSC09528
シビウ駅の作りが、何となくウランバートル駅に似ていいます。やはり、旧社会主義国だった名残があるのかもしれません。
DSC09477
そのシビウで、何とモンゴル名物のチャツャルガン(Чацаргана)のジュースを発見しました!これはかなり興奮して、買ってしまいました。

味はというと・・・砂糖が一切入っていない生のチャツャルガンの味で、非常に渋いものでした(笑)。
DSC09550
さらに、ナショナルジオグラフィックでも特集があります。非常にのどかで牧歌的な地域ですが、若い人は豊かな場所であるドイツ、オランダ、フランス、ノルウェー などへ働きに出てしまい、高齢化が進み、家畜の数が急激が減ってきているようです。





あと、街中に普通に馬が走っていました。流石に、今のウランバートルで馬を見るのは、ナーダムの時だけですね。トランスシルバニアでは、馬車はまだ現役バリバリだそうです。
DSC09635

今回はここまで。

Баяарлалаа、Mulțumesc.

IMG_1624

 

【写真説明】今春、山形大に入学した高校の後輩デルゲルツェツェグさんと話すガリドさん蕁畛碍岨圓了碍疎臂白川キヤンパス

 

 山形大学のモンゴル人留学生ガリドさんは、大学と交流協定を結んでいるフィピン・セブ島私立サン・カルロス大学に、昨年8月から今年5月まで10カ月間滞在し、このほど山形に戻った。

 ガリドさんは、ウランバートルの新モンゴル高校を卒業して、2016年4月、山形大人文社会科学部経済経営コースに入学した。同高は、創設者が山形大で修士号を取得しており、日本式教育で知られ校長はじめ日本留学の経験を持つ教員多い

ガリドさんは、高校のころから日本語を学んでいるが、英語にも磨きをかけようと、山形大と協定を結んでいる米国ハワイの大学に短期留学計画した。しかし、就学ビザが取れず断念第二志望のフィリピンに留学先を変更した。サン・カルロス大の場合、観光ビザで入学でき、ビザの延長も可能だった。

フィピンは、フィリピン語(タガログ語)と英語が公用語。サン・カルロス大があるセブ島は、セブアノ語を母語とする住民が多いが、大学の授業では英語が多く使われる。

ガリドさんは、サン・カルロス大では、開発経済学、会計学など6つの授業を受けた。授業の内容が理解できないときは、英語のできる友人たちに助けてもらったという。

入学当初は、家賃が月額2万円の大学の寮で生活した。しかし、部屋に窓がな暗く、シャワー設備もなかった。「バケツにくんだ水で体を洗った。お湯も出ない」という。

ということで、一緒に留学していた山形大の日本人学生と共同でアパートを見つけ、半年間生活した。家賃月額3万5000円は2人で折半したこのアパートはシャワー設備はあったが、ベッドは一つなので、二人一緒に寝た

フィリピン留学の目的である英語は「まあ、自信がつきました」とガリドさん。授業は、質問などが自由で「ざっくばらん、オープンな感じでした」と言う。

フィリピンでは、ドテルテ大統領が麻薬撲滅に熱心で、検挙現場で容疑者射殺を容認する発言がニュースになったりした。授業では、こうした大統領の強硬姿勢について「やりすぎだ」「いや仕方ない」と議論が盛り上がったこともあった。

フィリピンは、貧富の差が大きく、ストリートチルドレンもいっぱいいた。乗り合いバスに子どもが入ってきて、勝手に歌を披露して金銭を要求したりした道路を歩いているときカバンから財布を抜き取られたこともあった

ガリドさんは、山形大の1、2年のときは、ロータリークラブの米山奨学金で学んだ。フィリピンへの渡航費と生活費、授業料などはロータリークラブや山形市内の企業から支援してもらった。現在、この会社で働きながら山形大学4年目の生活を送っている

ガリドさんの母校、新モンゴル高は、2000年に開校し、卒業生の日本留学は2004年からだが、既に400人を超えている。しかし、日本の大学に入学後、交換留学制度を利用して、アメリカやオランダなどの大学に短期留学(3カ月または10カ月程度)する人は多い。大学のインターンシップ制度を利用して渡米、大統領選挙の事務所で働いた人もいる。また日本の大学を卒業後、アメリカやカナダなどの大学院やビジネススクールに入学する人も多い

モンゴル人は皆、一生懸命だ。しかし、一所懸命というわけではない。遊牧民の伝統、気風なのかフットワークは軽い。チャンスがあれば、さらなる飛躍を目指す人が多いと私は思う。

▽森修 もり・しゅう


1950年、仙台市生まれ。元河北新報記者。1998年、山形市で勤務していたとき、たまたま入ったバーでアルバイトしていたモンゴル人の留学生と出会う。以来、モンゴルの魅力に取りつかれ、2005年「モンゴルの日本式高校」、2012年「あんだいつまでも新モンゴル高校と日本」をそれぞれ自費出版。

VISA mongolia

【モンゴルで、海外プリペイドカードがめちゃくちゃ便利だった件3/3】

前2回、海外専用プリペイドカード
「NEO MONEY」
が便利だという話をした。

具体的なメリット、そして考えうるデメリットを挙げてみよう。


◾️メリット


1、現金両替の手間が不要

チャージ金額をATMで即出金できる。


2、多量の紙幣を持ち歩かなくてすむ

VISAのクレジットカードの代わりとして使えるため(一部店舗で例外あり)現金管理の手間が大幅に減り、支払い時間も短縮できる。

以上はクレジットカードやキャッシュカードと同様の機能だが、以下は特徴的だと思う。


3、為替レートが有利

通貨によっては、日本国内の大手外貨両替ショップよりなんと最大43%もお得!
(インドネシア・ルピア)


4、あらかじめ予算を決めて、使いすぎを防げる

クレジットカードと違ってリアルタイムでショッピング決済ができるので、帰国した翌月に思わぬ高額請求!なんてことを防げる。

使いみちを限ってキャッシュカードと使い分けられる。


5、支払いや出金額がメールですぐわかる
(しかも日本円換算)

取引きして30秒もすれば、利用結果がメールで届き、チャージ金額の残高もわかる。

利用内容まではわからないが、現金の入ったお財布のように、日本円の生活感を維持したまま使える。

スマホのGmailアプリと組み合わせ、わたしにはこの機能がめちゃくちゃ役立った。


6、帰国後もふだんの生活で使える
(VISAのみ、銀聯は不可)

この投稿のタイトルを「海外"専用"プリペイドカードが…」としなかったのは、このためだ。

1日100万円、年間1,500万円のチャージ・利用可能額を考えると、へたに上限額の小さなVISAカードを持つより便利かもしれない。

もちろん、次の旅行にも繰り越して利用できる。


◾️デメリット

1、チャージ金額を使い切ると、支払いができなくなる

ただし、ネットがつながれば、インターネットバンキングで日本の銀行口座からチャージが可能。

また委任状があれば、日本在住者が現金チャージできる。
海外留学するお子さんに、親御さんが仕送りするにも便利。


2、カード一枚の破損、盗難や紛失によるリスクが大きい

わたしの場合、少額の現地通貨と組み合わせてすぐ使える財布にいれておいた。

そしてクレジットカードや高額紙幣、外貨などの予備金を、セキュリティポーチやバックパックなどにいれてリスク分散していた。


3、VISAの支払いに使えない場所がある

たとえば、わたしのよく使うホステル『Golden Gobi』はヨーロッパ人が多く集まるが、支払いはモンゴルトゥグリクの現金払いしか受け付けていない。(2018年8月現在)

また国内外問わず、VISAカードの使える場所でも「NEO MONEY」は使えない、ということがたまにあった。


ただし、世界はヨーロッパを中心に、今後はむしろ「現金払いお断り」という場所が増えていく。

スウェーデンでは、日ごろ食べるパンでさえ、現金では買えないお店があるという。

ちなみに中国では、スマホのQRコードを見せ、アリペイ払いで物乞いする
「キャッシュレスホームレス」
まであらわれているとか(^^;;


わたしは今回「NEO MONEY」をおススメした。

もちろんいろいろなブランドがあるが、海外プリペイドカードは1枚用意しておくと、よりストレスフリーに旅を楽しめるだろう。

モンゴル旅行体験談

↑このページのトップヘ