モンゴル情報クローズアップ!

モンゴルの文化、ビジネス、投資、観光、最新話題など幅広い情報をお届けします。(通称:モンゴルなう)

カテゴリ: 投資

土曜日に東京のある会議室でエンスパ!の
取材を受けました!

モンゴル株での取材です。

予定では3月25日の特集号で掲載される
みたいです!

みなさんよろしくお願いします!

近年、資源価格高騰にしたがって未知なる資源大国・モンゴルがますます世界から注目されています。

世界最大規模の鉱床と評価されているオユ・トルゴイ鉱山、そして
世界最大級の石炭鉱山と評価されているタバン・トルゴイ鉱山のニュースもよく雑誌や新聞に載ったりしています。

これらは、日本の個人投資家や企業もモンゴル株、モンゴルの鉱山投資に興味を示しているわけです。

モンゴル経済、モンゴル株、モンゴル投資に興味がある方今度大阪でセミナーがあります。
是非行ってみて下さい。講師は私の知人でもありフロンティア証券CEO井形さんです。

mnl

●テーマ:『関西経済とモンゴルとのかかわり合いについて』
講師: フロンティア証券CEO井形 正晃
外資系証券を経て07年4月、モンゴルでフロンティア証券を設立
http://www.frontier.mn/jp/Contents.aspx?parentId=19&menuId=27

●会費: 無料(セミナー後に懇親会を予定、先着50名まで)
申込: ご氏名、ご連絡先を添えて以下のアドレスにメール願います。
mi@frontier.mn


●日時: 2011年3月7日(月)18:00〜19:30
●場所: 難波市民学習センター 第1研修室
      大阪市浪速区湊町1-4-1 OCATビル4階
          http://www.osakademanabu.com/namba/


PR モンゴル・ビジネスに困ったらまずモンゴル商事にご相談下さい。

【関連記事】


にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ



巨額投資による不動産市場が過熱傾向を示し、資産バブルに対する懸念が高まっている中国、
つい上海で、中国初の個人向け不動産税が導入された。

不動産バブルは上海や北京などの大都市以外にも起きています。
  △中国最大のゴーストタウン、河南省新都市
  △内モンゴル自治区オルドス市カンバシー新区

stock
写真はモンゴル証券取引所


バブルが中国の次はモンゴルに到来するのはないかという心配の声も出ています。

昨日WBSで日本人個人投資家がモンゴルまで行って口座を作っている様子を放送していました。
モンゴル証券取引所は400社が上場しており時価総額はなんと1000億円。

なぜ今はモンゴルなのか
その答えは「先行者利益」。ただ全てそれだけではないと信じたいです。



モンゴルの地下資源の魅力を紹介します。

「世界最大規模の鉱床」と評価するこのオユ・トルゴイ鉱山は、銅3,600万トン、金1,400トンを埋蔵すると推定されています。
GDPを年20%引き上げると言われています。

「世界最大級の石炭鉱山」と評価するタバン・トルゴイ鉱山は、60億トンを超える石炭の推定埋蔵量を抱えています。
プロジェクトが開始すれば、今後30年間に渡りモンゴルのGDPを毎年30%引き上げる効果があると推定されています。

世界最大のウラン鉱山が眠っているとIAEAにより報告されています。



しかし、資源開発はいいことずくめではない!
そのウラには問題だらけです。今後この課題をどういうにクリアして行くのだろう?

大気汚染・水質汚濁・土壌汚染 
開発問題・自然保護・生態系問題 
廃棄物問題・循環型社会
地球温暖化・気候変動問題 


ブームで終わらせていけないモンゴル投資、果たしてモンゴルにバブルがいつ来るのでしょうか?!
その行方を今後も注目して行きたいです。


【ご参考にまでに】

●モンゴル代表的な銀行

ハーン銀行
復興銀行
ゴロムト銀行
貿易開発銀行
モンゴル国立銀行


●預金金利が年利で15%前後



●日本から口座開設ができるモンゴルの証券会社

BDSec
http://www.bdsec.mn/jap/

フロンティア証券 (日本資本)
http://www.frontier.mn/Default.aspx


●個人的に今一番注目をしている銘柄
GOVI
BAGANUUR
TAVANTOLGOI
RIMIKON
NACO TULSH
APU
ANOD

モンゴル進出・調査・投資に関する質問などは受付しております。
気軽いにお問い合わせして下さい。

この記事を読んだらコメントなどを残して頂ければ嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ


↑このページのトップヘ