モンゴル情報クローズアップ!

モンゴルの文化、ビジネス、投資、観光、最新話題など幅広い情報をお届けします。(通称:モンゴルなう)

カテゴリ: 投資


ダウンロード
▲モンゴル経済成長率の推移(1980〜2016年) (出典元 世界経済のネタ帳)


毎度、編集長のタケシです。
久々に経済ネタを書きます。

モンゴル政府が15億ドルのチンギスボンド(チンギス国債)を発行してからそろそろ5年を迎えます。15億ドルは当時のモンゴルGDPの20%に相当する計算でした。

国債とは国の発行する債券です。要するに借金のことです。
一部ではありますが、そのチンギスボンドの満期が今年になります。

詳しく言うと、15億ドルの5億ドル分が期間5年の利回り4.125%、残りの10億ドル分は期間10年の利回り5.125%という相当高い利回りです。それは投資家にすぐ完売されるわけです。

モンゴルの外貨準備高

▲モンゴルの外貨準備高の推移(1980〜2015年) (出典元 世界経済のネタ帳)


問題なのは5億ドル分の借金返済です。
ソフトバンクの孫社長やトランプ大統領ならポケットマネーでも出させる金額くらいですが、モンゴルにとってはかなり苦しいです。

外貨準備の減少、モンゴル通貨の暴落などの要素以外に、今まで便りにしてた巨大国中国とロシアの不景気、中国と関係悪化など様々な原因があるとみています。

過去に、何回も債務不履行に落ちたモンゴル、果たして救世主が現れるのでしょうか?革命的な政策を展開しないかぎり、IMFの支援を受けて、繰り返すだけの国家運営は継続するの無理があると感じます。

IMF金融支援合意に自信 モンゴル財務相、構造改革を約束 

モンゴル、経済危機で通貨急落 米ドルや人民元求める市民が闇市場に殺到

suburb-702353_1280

毎度、編集長のタケシです。
モンゴルのフロンティア証券社主催の「モンゴル投資・経済・ビジネス交流会」今年は更に、パワーアップしてやってきます。


モンゴリアンウイークイン東京

開催期間


tile-1318097_1280

モンゴリアンナイト


開催日時
2016年12月6日(火) 18:00

詳しくはこちら→ PDF をご覧ください。


インベストモンゴリア東京カンファレンス

開催日時
2016年12月7日(水) 9:00〜17:30 

モンゴル投資やモンゴルビジネスを考え中の方、または既にモンゴルと取引している会社も、この日は行って聞いた方がよいでしょう。

モンゴル経済の現状、不動産はどうなるか、モンゴル通貨下落が止まるのか、オユトルゴイ、タワントルゴイなど鉱山から明るい話があるのか、日本モンゴルEPA発効でどこまで動いているのか等疑問に思う事を、直接聞けると思います。

具体的なプログラムはまだ確定してないようですが、こちらでチェックしてください。

インベストモンゴリア東京では約30名のスピーカーと300名の参加者が集まる予定です。


日本モンゴルビジネス交流会

開催日時
2016年12月8日(木) 13:00〜16:00

モンゴル大使館主催のビジネス交流会になります。参加無料ですが、申し込みが必要です。
詳しくはこちら→ PDF をご覧ください。


 

工場見学会 


開催日時
2016年12月9日(金)10:35~13:20
詳しくはこちら→ PDF をご覧ください。

私は、インベストモンゴリア東京に顔出しますので、当日見かけたら声かけてください。


 

image
毎度、編集長のタケシです。
先日、JETRO主催の「モンゴル貿易投資フォーラム」に行って来ました。

image
スピーカーには、モンゴル国の新首相ジャルガルトルガ・エルデネバト氏を始め、国家開発庁、外務省 、鉱業・重工業省副大臣などがモンゴルの現状解説や将来性についてのアピールでした。

だが、言っている事がどれも古臭い、納得力がない。 

結論と言うと、今回のフォーラムではあまり「収穫」がありませんでした。

既知の情報ばかりで、相変わらず投資としてください!というものでした。
肝心のチンギス債の返済とか、モンゴル通貨の下落とか、外貨準備高の不足ついに一切説明がなかったです。

例えば、チンギス債は2017〜2018年に償還を迎えるが、その額は約21億ドル、GDP17.5%に相当します。今の成長スピードじゃ返済には無理があるでしょう。
モンゴル通貨の下落に関しては特にいうまでもない。10年前に比べて半額以下です。

最終的には、国際通貨基金(IMF)に助けれるか、中国に食われるか、最後まで注視していきたいです。

遊牧がモンゴル経済を変える日
小長谷 有紀
出版文化社
2002-11


↑このページのトップヘ