モンゴル情報クローズアップ!

モンゴルの文化、ビジネス、投資、観光、最新話題など幅広い情報をお届けします。(通称:モンゴルなう)

カテゴリ: 内モンゴル

2016-12-25-18-18-13
2016-12-25-19-03-23
2016-12-25-21-01-40
2016-12-25-17-43-17
2016-12-25-18-17-48

2016-12-25-18-42-17
2016-12-25-18-36-13
2016-12-25-17-32-45

毎度、編集長のタケシです。
昨日は、在日モンゴル人親善会に参加してきました。知り合いのEngketubsin(蒼国来関)にも久々に会えました。どうやら電話番号を変えたらしく、モンゴルスタンプを再インストールしてくれと言われ、早速対応しました。かなりお気に入りのようで、なんようり嬉しかったです。

みんなでチンギスハーンの像に挨拶をしてから宴会が始まった。
ちょっと妙な感じでした。モンゴル人親善会なのに、なぜか中国語ばかり歌うモンゴル人何人もいた。純正なモンゴル語を話せないことに理解できるけれども、わざわざ中国語で歌わなくていいのでは?強制じゃないんだから。自ら自分の言葉・文化・伝統を守らなければ最後は消えてゆき、パンダ扱いされる時代、そう遠くはないだろうなぁ。

身近なところで、既に統化さた人たちを見ると本当に心が痛みます。


 

image
毎度、編集長のタケシです。
今年の夏にモンゴル及びチンギスハーンに関する本を数冊読みました。最近やっと落ち着いてきたので簡単に紹介したいと思います。
 
「モンゴル遊牧図譜」 
2016-11-15-19-52-26
2016-11-15-20-21-27
2016-11-15-19-51-44
2016-11-15-20-21-57
2016-11-15-19-51-19

今日皆さんに紹介するのは梅棹忠夫が書いた「回想のモンゴル」です。これは終戦直前(1944年)に、梅棹さんの草原における牧畜の研究目的でモンゴルに派遣され、現地で見たもの、体験した話を書いてある話です。ここでいうモンゴルは、今の内モンゴル及びその周辺地を指しています。

カルピスの創業者三島海雲が内モンゴルを訪れたのは1908年頃なので、それから36年後の話です。いろいろ地名や役職名がたくさん出るのですが、今は影も見つからないというほど「変わった」というより「失った」と言った方が適切でしょう。

この本の一番評価すべきところは「モンゴル遊牧図譜」です。
分かりやすい図と丁寧な説明、私が子供の時に見てた家具だったり、道具だったり、非常に貴重な記録です。内モンゴルの小中校の教科書に載せれるくらいの価値があります。最近の内モンゴルでは、街の看板・商品の説明文から学校の教科書まで、モンゴル文字は誤字、脱字だらけです。管理監督責任者が漢人なのか、それとも漢化されたモンゴル人なのか、心が痛いです。

本書では、当時の満州国のことだったり、日本が内モンゴルでスパイ養成した話もあって、
かなり面白いです。

戦後、梅棹忠夫が日本に帰国する時に、上記の図など貴重な記録を偽装して、日本に持ち帰ることができたわけです。遊牧文化やモンゴルに関心がある方にはぜひ読んで欲しい一冊です。

回想のモンゴル (中公文庫)
梅棹 忠夫
中央公論新社
2011-08-23

フビライハン


毎度、編集長のタケシです。
Netflix配信の「マルコ・ポーロ」を見て非常に興味深く思ったのは、フビライハーンはちょうがつく程「親中派」だった?ドラマの話だと、自分の息子にチンキム(真金)という中国名を付け、さらに漢人の弟子入りさせた。

結論から言うと、親中派ではない。
孫子の兵法に書いてある言葉「彼を知り己を知れば百戦殆からず」ということではないでしょうか?

調べれば調べるほど面白い。
個人的にはYahoo知恵袋のとある方の回答が一番適格だと思います。

「モンゴル人は中国文明を尊敬尊重し、敬い、愛していた」とするのは中国人(漢族)とその手による歴史書の捏造です。
例えば、チンギス・ハーン、オゴタイ・ハーン時代に両ハーンに重用され、「野蛮人に文明の素晴らしさを教えた文明的な中国人」と中国の歴史書に残る耶律楚材は、ペルシャ語、アラビア語、ラテン語などの資料には一切登場しません。本人が“中書”(漢民族の官製では大臣になります)と自称していたのですが、実際にはモンゴル語の書記局の書記でしかなかったんですね。ちなみに書記局の長はチンハイと言うウィグル人です。耶律楚材はその下の通訳に過ぎませんでした。
中国の『元史』では、「優遇されてフビライの厚い信頼を勝ち取っていた」はずの史天沢や厳実は一度も大規模な遠征軍等の司令官にはなっていません。なったのはモンゴル人のバヤンやアジュなどモンゴル人です。

そして、元王朝の自称の正式名称はイエケ・モンゴル・ウルス(大モンゴル帝国)です。“大元”はあくまで、中国人に対する自身の名称です。

引用元
元王朝の皇帝フビライ・ハンは中華文化をこよなく愛したモンゴル人であったといえますか?
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1098381880

ちなみに、モンゴルの王様の名称のハーンは皇帝で、ハンは王にあたるそうです。
なので、フビライハーンというのは正しいです。

↑このページのトップヘ