モンゴル情報クローズアップ!

モンゴルの文化、ビジネス、投資、観光、最新話題など幅広い情報をお届けします。(通称:モンゴルなう)

カテゴリ: 内モンゴル

草はら
【写真】ミンガド・ボラグ著「草はらに葬られた『日本特務』―日本人による『内モンゴル工作』とモンゴル人による『対日協力』の光と影」(関西学院大学出版会)の表紙

 中国の内モンゴル自治区から日本に来たモンゴル人と話したことがある。モンゴルが北と南に分かれた原因は何だと思うか、私が尋ねたところ、「日本がモンゴルに中途半端にかかわったからですよ」と言われた。
 ミンガド・ボラグ著「草はらに葬られた『日本特務』―日本人による『内モンゴル工作』とモンゴル人による『対日協力』の光と影」(関西学院大学出版会)を読んで、あらためて、その人が話した意味がわかった。
 著者は内モンゴル出身のモンゴル人。本書は、著者の子どものころの体験を基に、著者の家族や関係者に聞き書きしたことをまとめたものである。主に1930年代から60年代、満洲事変から中国の文化大革命のころにかけて、内モンゴルのモンゴル人が、日本人、中国人(漢人)、ロシア人などの間でもみくちゃにされ、肉体的、精神的に大きな打撃をこうむった歴史を振り返っている。
 「日本特務」とは、旧日本軍の特務機関で、現地の情勢を探るとともに、日本の立ち位置を現地の人々に広報する特別の任務を持っていた。モンゴル人も多数参加しており、文化大革命のときは、「日本帝国の走狗」「日本刀をぶら下げたやつら」として、真っ先につるし上げられた。
 本書には、謎に包まれた羊飼いの老人バートルが紹介されている。バートルは、日本語を学び、関東軍の諜報員として、今でいえば高級車に当たる自転車を乗り回す羽振りの良い生活を送っていたが、地雷に触れて片手を失ってからは、反日家に転向し、お陰で文化大革命の荒波からは逃れることができた。その後、過去を隠しながら羊飼いとなり、晩年は飲んだくれの人生を歩みながら「日本がもう一度助けてくれる」ことを妄想する…。
 聞き書きなので、ノンフィクションだ。しかし、私には、まるで映画の一場面のように思えてくる。そんな波乱万丈のモンゴル人が何人も登場する。
 著者は、自らの体験も語っている。モンゴルのことを知りたいという日本人からの電話に出たときのことだ。「私は内モンゴルから来た…」と自己紹介が終わらないうち、向こうから「内モンゴル人ということは、つまり中国人だね。なら会わなくて結構」と言われ、一瞬凍りついたという。
 私は、似たような逆のケースを聞いたことがある。モンゴル国(外モンゴル)から日本に来たモンゴル人留学生は、日本人から「モンゴル人ですか。それなら中国語はわかりますね」と言われたという。日本人の中には、モンゴルと中国の区別がつかない人が多い。
 日本は、日清戦争や日露戦争に勝ち、大陸進出を開始した。そのころ、内モンゴルでは、古来からの遊牧民(モンゴル人)と無断入植の中国人(漢人)の対立が目立ち始めていた。モンゴル人は、日本に協力することで日本語を覚え、教育の機会を得た。特に特務機関による軍事教育を受けたモンゴル人は、強力な武装組織になった。しかし、日本が米国との戦争に負けたことにより、急速にしぼんでしまう。それどころか、文化大革命では、モンゴル人の「対日協力者」は狙い撃ちにされ、多数が殺されてしまう。
 モンゴルが南北に分断されたのは、もちろん、日本のせいではない。米国、英国、ソ連の3国が、第二次世界大戦が終了した後の利害を調整したヤルタ協定(1945年2月)の結果だと思う。
 しかし、この本は、日本や日本人を批判する記述がある一方、行間には、日本に向けた切実な願望もにじんでいる。チベットやウイグルで起きているような問題は、内モンゴルにもある。日本は、旧宗主国の責任として、内モンゴルのモンゴル人の権利や伝統文化を守るために、もっと国際責任を果たしてほしい―と訴えているように私は感じた。

▽森修 もり・しゅう 
1950年、仙台市生まれ。元河北新報記者。1998年、山形市で勤務していたとき、たまたま入ったバーでアルバイトしていたモンゴル人の留学生と出会う。以来、モンゴルの魅力に取りつかれ、2005年「モンゴルの日本式高校」、2012年「あんだいつまでも新モンゴル高校と日本」をそれぞれ自費出版。
草はらに葬られた記憶「日本特務」
ミンガド・ボラグ
関西学院大学出版会
2019-10-10


mmexport1577407470864
毎度、編集長のタケシです。
内モンゴル初の地下鉄フフホトメトロ1号線の工事が完了し、抽選で当たった1000人が乗車し、試験運転を行いました。正式な開通は来年の末の予定です。細かい調整が必要だそうです。

mmexport1577407545836
フフホトメトロ1号線(呼和浩特地铁1号线)、東京でいうと東西線になります。金海工业园区からスタートして、空港まで全長21.97km、19の駅(地下16駅、地上3駅)が設置されています。

mmexport1577407698927
全6車両、最高時速80KM、最大収容人数2062人だそうです。小中学生及び60〜69歳の方はチケット半額、70歳以上の方は無料で乗車できます。
f44d305ea4b61ddb230f35
▲フフホト(呼和浩特)、モンゴル語の意味は青い城、だからブルーがオフィシャルカラーになっています。

f44d305ea4b61ddb230f37 (1)
▲なんより、モンゴル文字でフフホトメトロと書いてあるのが嬉しい!

そういえば、北京⇔フフホト間で中国版新幹線が開通したばかりです。所要時間わずか2時間18分!これで北京から中国人のみならず、海外の観光客が増えていくのは間違いないでしょう。



今だに、内モンゴルがどこにあるのか?内モンゴルはモンゴルなのか、中国なのか、別の国なのか知らない日本人がたくさんいてびっくりです。そういう人にはこの本↓↓がおすすめです。

内モンゴルを知るための60章 (エリア・スタディーズ)
ボルジギン ブレンサイン
明石書店
2015-08-01

毎度、編集長のタケシです。
前回内モンゴル行って気が付いたのは日本商品専門店や大手スーパーでの日本商品コーナーがあっちこっちに増えていました。

弊社も内モンゴル向けに日常雑貨を輸出しているので、日々実感しています。

数年前だと高級化粧品がよく売られていましがた、最近だとやっぱり税金のこともあった日用品の方が多いです。
実際うちの取引先は化粧品扱ってないところが多いです。

ベビー用品

子どもようの歯ブラシ、お弁当箱、おもちゃ、オムツ。
68744367_10157659900207652_6267596748001116160_n

衛生用品

こんなものもやっぱり日本製がいいのですね。中国製となにが違うのか分かりません。消耗品は一回使ってくれるとずっと買う傾向があるから売上に大貢献です。
69400245_10157659900252652_1760662108590047232_n

洗剤

一般人にとっては若干高いのですが、中国のサラリーマンだと日常的に使っています。

68748722_10157659900287652_7611223351830249472_n

これはあくまで、内モンゴルの地方の町のスーパーで撮った写真です。フフホトだともっと日本商品を取り扱っているところもっとたくさんあります。
今日はここまで。





毎度、編集長のタケシです。

内モンゴルに行っていろいろ動画撮ったのでこれから公開して行きたいと思います。

今日は全然記事というよりチャンネルの宣伝になります。

今まではたまに旅の動画をアップするくらいでしたが、これからYouTubeチャンネルも強化していきたいです。なのでぜひチャンネル登録してね。w



内モンゴルの結婚式。
新郎側が新婦のところに訪れる時のいろいろ作法やしきたりの様子を収録してあります。内モンゴルと言っても大きさは日本の3倍もあるので、地方によって民族衣装も方言も、習慣も違います。これはオルドス地方の結婚式になります。



新婦がモンゴル人、新郎が中国人。
新婦側での挙式はオルドス式、新郎側での挙式は中国式というかなり複雑な挙式となりました。だが、参加する側としては両方みれるというのはラッキーも言えます。

オルドス式は伝統文化の一つでもあります。
こういうオルドス式はかなりお金も時間もかかるため年々減っています。そのため、式の礼儀、作法を知る人も減っています。私もずっと日本にいたためこういった式を見るのは初めてです。非常に感動し、誇りに思います。

続きは後日、動画公開しますのでぜひタケシの↓↓↓チャンネル登録してね。


内モンゴルを知るための60章 (エリア・スタディーズ)
ボルジギン ブレンサイン
明石書店
2015-08-01


IMG_2610
毎度、編集長のタケシです。
先週までは内モンゴルにいたのですが、寒くて寒くたいへんでしたが東京は相変わらず熱い。

地方行くとこんな感じの街がいっぱいあります。
街からはどこをみてもモンゴル文字以外はモンゴルはありません。これは政府の狙いでもあります。見事に漢化された内モンゴルです。
IMG_2613
合皮にフビライハーンの肖像画を描いてあるが、中身は酒です。中国の白酒というやつです。日本は湿気が高いためこれをもって来ると家中が皮臭くなります。絶対買わないこと。
IMG_2614
同じくチンギスハーンの肖像画の酒。
IMG_2615
馬乳酒と書いてありますが、本当に馬乳の成分が入っているか疑問です。
IMG_2619
内モンゴルのお土産と言えばこれビーフジャーキーです。
IMG_2616
種類も味もいろいろあって中国人には大人気です。しかし、基本的に日本への「肉製品」の持ち込みは出来ません。BSEとか鳥インフルとかの家畜の病気を日本に持ち込まないようにするためです。
IMG_2618

持ち込んでいいのはアメリカ・カナダ・オーストラリア・ニュージーランド産のみです。IMG_2617
干しチーズのような物です。
今までツアーに参加してくれた日本人らがこういうチーズはみんな苦手でした。やっぱり独特の匂いがあるからだと思う。これらも絶対買わないことです。乳製品も持ち込み禁止だからです。

乳製品の検疫についてもっと詳しく知りたい方は動物検疫所の公式サイトをご覧ください。

↑このページのトップヘ