モンゴル情報クローズアップ!

モンゴルの文化、ビジネス、投資、観光、最新話題など幅広い情報をお届けします。(通称:モンゴルなう)

カテゴリ: 内モンゴル

2017-10-14-12-33-36
△ブリヤード
2017-10-14-12-33-41
△ブリヤード
2017-10-14-12-33-47
△ブリヤード
2017-10-14-12-33-55
△チャハール部
2017-10-14-12-34-03
△チャハール部
2017-10-14-12-34-13
△ドルボド部
2017-10-14-12-34-21
△ブリヤード(ロシア)
2017-10-14-12-34-34
△オルドス
2017-10-14-12-34-40
△オルドス
2017-10-14-12-34-45
△オルドス
2017-10-14-12-35-16
△ハルハ(モンゴル)
2017-10-14-12-35-30
△ハルハ(モンゴル)
2017-10-14-12-35-55
△豁里布里亚
2017-10-14-12-36-01
△ホルチン
2017-10-14-12-36-14
△明安
2017-10-14-12-36-30
△ソニド

bitcoin-2574759_640

毎度、編集のタケシです。
高騰し続けるビットコイン、以外にもモンゴルつながりがあった。

Photos: Inside one of the world’s largest bitcoin mines


日本語記事もあります。


ビットコインは主に中国人が投資していることを知っていましたが、まさか世界最大のマイニング工場が内モンゴルのオルドスにあったとは知らなかったです。
でも、考えて見ればオルドスにある理由は分からなくもない。


その、5つの理由とは

1.土地が広い

Location_of_Ordos_Prefecture_within_Inner_Mongolia_(China)

図:wikipedia

図の通り、オルドスはかなり広い。
総人口150万を超えたところです。
一時期ゴーストタウンで有名でしたが最近あまり話題にならないのはちょっと寂しい。オルドスには草原や砂漠があって自然が良かったのだが、近年の地下開発でかなり痛んでいます。

2.電気代が安い


オルドスと言えば元々カシミヤで有名でした。
石炭など地下資源が高騰して一気に開発進み、昔は石炭を列車で北京に運送して電気にしてたが、ロスを無くすためには今は送電網でオルドスから北京や天津に電気を提供しているくらいです。
日本企業では三井物産もオルドスに投資しています。

3.一年中涼しい

内モンゴル全体が北京や上海より涼しいのですが、問題は冬になると東北や北の方は-40°を超えるくらい寒いです。オルドスはそこまでいかなのでデーターセンターとして適していると言えます。

4.人件費が安い


言うまでもなく深圳や北京に比べて人件費が安いです。

5.自治体の支援が良い

起業家にとっては最初の一歩を踏み出すには国や自治体のサポートも大事だと思います。オルドスではスタートアップ企業に対して手厚い時助成金が支払われています。私の知り合いでも複数人がスマホのアプリを作っただけで1社が3000万円以上貰ったと聞いています。嘘でもなし、こういうのは複数人います。日本に比べて桁違いです。

6.まとめ

image


私もビットコイン口座は持っていますが、現在の残高わずか\420円です。ビットコイン自体はどのこのというより仮想通貨、ブロックチェーンという技術はこれからの時代に欠かさないものだと思います。

なので、ビットコイン投資は怖いなと思う方は株で仮想通貨銘柄を買えばいいです。投資というのは今よりも未来がどうなるかでほぼ勝ち負けが決まるとみています。

いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン
大塚 雄介
ディスカヴァー・トゥエンティワン
2017-03-24


2017-08-23-20-07-09
ブリヤート人(ブリヤート語: Буряад、ロシア語: Буряты)は、ロシア連邦やモンゴル国、中華人民共和国に住むモンゴル系民族。ロシア連邦内の人口は445,175人で、とりわけブリヤート共和国には全人口の約4分の1が居住している。(wikipediaより)

この記事では、内モンゴル自治区に住んでいるブリヤート人の結婚式を紹介しています。
その為ブリヤート共和国の生活習慣と違いがあることをご理解下さい。
2017-08-23-20-07-14
本日のゲスト500人前後。
リヤートの伝統的な結婚式、あと数年でもう見れないかもしれない。
だから記録して欲しと80年代生まれの青年が言ってきた。
2017-08-23-20-07-21
本日の新郎新婦。
ブリヤート人の結婚式はこのように盛大なため、たくさんの親戚や友人の助け合いが必要だそうです。今、より多くの若者が都市に行ってき商売や生活している。そのためこういう草原で伝統的な結婚式はほとんどない行ってないそうです。


2017-08-23-20-07-25
結婚式の2,3日前に親戚が集まり、
老人たちは新郎新婦に民族衣装を作ったり、
中年の婦人たちは料理の準備、そして男は羊の解体なに追われる。

2017-08-23-20-07-29

2017-08-23-20-07-40
↑↑↑上記、本日のロケーション2017-08-23-20-07-45
ブリヤードのゲルは、内モンゴル及びモンゴルと違うんだね。
2017-08-23-20-07-50
結婚式の前日、新郎も大忙しい。
ゲストのお出迎えなど。内モンゴルも一緒です。

2017-08-23-20-07-55
結婚式の前前日に、花嫁は独身パーティーを開催します。
最近では町で、専門のパーティー会場ができたそうです。
2017-08-23-20-08-00
伝統的な式がなくなるってことはこういうコミュニティが消えるということになるんだよね。なんでも現代会しちゃいけない。反省。
2017-08-23-20-08-08
男女の仕事の分担がはっきりしているのは内モンゴルと一緒なんだね。
2017-08-23-20-08-15
羊14頭、牛1頭を連日にかけて500人分の食を作る。
2017-08-23-20-08-20
帽子の形がモンゴルと違うね。
2017-08-23-20-08-24

2017-08-23-20-08-28
揚げパンですね。
2017-08-23-20-08-32

2017-08-23-20-08-37
八宝饭だって、もち米にナツメ,ハスの実,リュウガン,こしあんなどを加え甘く蒸した食品
2017-08-23-20-08-40

2017-08-23-20-08-48

2017-08-23-20-08-52

2017-08-23-20-08-56
新郎側から新婦側の方たちに贈り物を渡しています。
2017-08-23-20-09-00
人生の先輩たちから新郎に歌で祝福を。
2017-08-23-20-09-04
生長くお幸せに!



↑このページのトップヘ