モンゴル情報クローズアップ!

モンゴルの文化、ビジネス、投資、観光、最新話題など幅広い情報をお届けします。(通称:モンゴルなう)

カテゴリ: モンゴル・歴史

フビライハン


毎度、編集長のタケシです。
Netflix配信の「マルコ・ポーロ」を見て非常に興味深く思ったのは、フビライハーンはちょうがつく程「親中派」だった?ドラマの話だと、自分の息子にチンキム(真金)という中国名を付け、さらに漢人の弟子入りさせた。

結論から言うと、親中派ではない。
孫子の兵法に書いてある言葉「彼を知り己を知れば百戦殆からず」ということではないでしょうか?

調べれば調べるほど面白い。
個人的にはYahoo知恵袋のとある方の回答が一番適格だと思います。

「モンゴル人は中国文明を尊敬尊重し、敬い、愛していた」とするのは中国人(漢族)とその手による歴史書の捏造です。
例えば、チンギス・ハーン、オゴタイ・ハーン時代に両ハーンに重用され、「野蛮人に文明の素晴らしさを教えた文明的な中国人」と中国の歴史書に残る耶律楚材は、ペルシャ語、アラビア語、ラテン語などの資料には一切登場しません。本人が“中書”(漢民族の官製では大臣になります)と自称していたのですが、実際にはモンゴル語の書記局の書記でしかなかったんですね。ちなみに書記局の長はチンハイと言うウィグル人です。耶律楚材はその下の通訳に過ぎませんでした。
中国の『元史』では、「優遇されてフビライの厚い信頼を勝ち取っていた」はずの史天沢や厳実は一度も大規模な遠征軍等の司令官にはなっていません。なったのはモンゴル人のバヤンやアジュなどモンゴル人です。

そして、元王朝の自称の正式名称はイエケ・モンゴル・ウルス(大モンゴル帝国)です。“大元”はあくまで、中国人に対する自身の名称です。

引用元
元王朝の皇帝フビライ・ハンは中華文化をこよなく愛したモンゴル人であったといえますか?
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1098381880

ちなみに、モンゴルの王様の名称のハーンは皇帝で、ハンは王にあたるそうです。
なので、フビライハーンというのは正しいです。

※なかなか厳しいことを書いています。

前に、モンゴルというか旧社会主義の負の面について書きました。

The Economist記事:「嘘つきな共産主義者」(Lying commies)
http://mongol.blog.jp/2016/03/21/51880403

その続編として、梅棹忠夫先生の『文明の生態史観』を読んで、なぜ「遊牧民の草原の地では奪い合いが起こるのか?」について書きたいと思います。

ちなみにこの本はひらがなが多く平易な日本語で書かれていますが、意図してやっているそうです。

文明の生態史観 (中公文庫)
梅棹 忠夫
中央公論社
1998-01-18



39ad7d18ea67f15ed7e38e3ef8b7165a (1)
↑『文明の生態史観』(中公文庫) p.213図より

文明の生態史観
↑よりわかりやすく表記した図 (出典:ここ

実は、これはモンゴル人からも言われることで、モンゴル人同士でも騙される、奪われるということはよく聞きます。

そもそも、このネタのきっかけは、日本留学・就業経験のあるモンゴル人と食事をしたときの話です。「なんでモンゴルでは奪うことがよく行われるのか?」という話題が挙がりました。そこにいたモンゴル人は30歳手前ぐらいの若い人なのですが、「我々の小さい時(1990年前半頃)は、とにかくモノがなかった。目の前にあるものが、明日にはすぐに無くなることがよくあった。だから、欲しいものはすぐに持っておかないといけないという意識がある。」とのことです。

さらに「食事でも、たくさんたべておかないといけないという意識はあったりする。だから、一回の食べる量は多い。」という話もありました(さすがに、これは個人差があるかと思いますが)。(ちなみに余談ですが、話の流れでなぜモンゴルにはいかつい刺青を入れた若者が多いのか?というと、韓流ドラマが流行る前の2000年ぐらいまでは、ベネズエラなどの南米のドラマがよく放映されていて、それをみて育ったから、だそうです。)

そして、「なぜモンゴル、というか草原の地では奪うことが頻繁に行われるのか?」の答えは「明日、何が起こるかわからない、いま目の前にあるものが明日には無くなっているかもしれない、という厳しい環境であるため、いま目の前にあるものは手に入れておかねばならないという考えがあり、それが時として破壊的行為として行われることがありうる」からではないか?と思われます。

モンゴルから中東にかけた遊牧民地域である、乾燥地帯のことを以下のように記述しています。
「乾燥地帯のまんなかからあらわれてくる人間の集団は、どうしてあれほどはげしい破壊力をしめすことができるのだろうか。わたくしは、わたしの研究者としての経歴を、遊牧民の生態というテーマではじめたのだけれど、いまだにその原因について的確なことをいうことはできない。とにかく、むかしから、なんべんでも、ものすごくむちゃくちゃな連中が、この乾燥した地帯のなかからでてきて、文明の世界を荒らしのようににきぬけていった。そのあと、文明はしばしばいやすことのむつかしい打撃をうける。

遊牧民はその破壊力の主流であり、そのお手本を提供したけれど、破壊力をふるうのは遊牧民とはかぎらない。そののち、乾燥地帯をめぐる文明社会そのもののなかからも、猛烈な暴力が発生するにいたる。北方では、匈奴、モンゴル、ツングース、南方ではイスラーム社会そのものが、暴力の源泉のひとつになる。」(p.124)

ところで、梅棹忠夫先生をご存知でしょうか。モンゴル研究の上で、外せない民俗学者です。

 pic01

梅棹忠夫先生

uemsaotadao_w400
↑イケメン・・・(出所:ここ

モンゴル語解説:

Үмэсао Тадао
https://www.internom.mn/%D0%B7%D0%BE%D1%85%D0%B8%D0%BE%D0%BB%D1%87/%D2%AF%D0%BC%D1%8D%D1%81%D0%B0%D0%BE-%D1%82%D0%B0%D0%B4%D0%B0%D0%BE/
Үмэсао Тадао
/1920-2010/ 
Японы нэрт угсаатан зүйч, экологич, байгалийн ухааны доктор. 
Япон улс дахь соёлын хүн судлалын үндэс суурийг тавьсан судлаачдын нэг. Осакагийн угсаатны зүйн музейн захирал, Киотогийн Их Сургуулийн профессор. Түүний 1957 онд бичсэн "Соёл иргэншлийн түүхийг экологийн үүднээс авч үзэх нь" хэмээх ном нь соёл иргэншил, хүн төрөлхтөний түүхийн судалгаанд цоо шинэ хандлага, ажиглалтыг оруулж ирснээрээ томоохон байр суурь эзэлдэг. Зохиогч залуудаа монгол хэл сурч, Өвөр Монголд нүүдэлчдийн соёл, антропологийн судалгаа хийж байжээ. Түүний соёл иргэншил, түүхийн судалгаанд монгол нүүдэлчин ахуй, тэдний амьдралын хэв маяг томоохон байр суурийг эзэлдэг. Үмэсао Тадаогийн эрдэм шинжилгээний судалгаа, тэмдэглэл, олон нийтэд зориулсан бүтээлийг 1993 онд нийт 22 боть болгон эмхэтгэн хэвлэжээ.

梅棹先生のすごいところは、70年以上前に内モンゴルに日本軍の研究員として入り、現地でモンゴル語をマスターして馬に乗りながらフィールドワークを実践し、かなり詳細に当時の内モンゴルの生活様式を記録し、敗戦の混乱期にその記録を持ち帰るのに成功し、それを発表したところにあります。その内容は、『回想のモンゴル』に記載されています。

回想のモンゴル (中公文庫)
梅棹 忠夫
中央公論新社
2011-08-23


さらに、アフガニスタンにいるモンゴル系の少数民族を世に広めた学者でもあります。


 
実際、モンゴル国立大学には、アフガニスタンからの留学生がいます。なんでも、政府が他国のモンゴル民族を保護する目的でそうしているらしいです。

アフガニスタンなどのイスラム世界では、現代になっても、 モンゴル人のことを恐れ、忌み嫌われているとのことです。理由は、チンギスハーン時代の略奪、殺戮ことを忘れていないからだ、とのことです。特にアフガニスタンではモンゴル民族(モゴール族)の迫害はひどいらしく、それゆえに留学生を受け入れていると聞きました。

あと、実際に前述した日本留学経験のあるモンゴル人から聞いたのですが、イラン・イラクあたりの地域では 小さい子供が泣いた時に、泣きやませるために「モンゴル軍が来て殺されるぞ」と子供をあやすらしいです。いまの時代でもそんなことが行われているのに驚きますが、それだけチンギスハーン帝国が広大で、暴力による支配というイメージがまだ根強いことを明示している話だと思います。(もちろん、チンギスハーンの歴史的評価は改善されてきている、という話もあります。)

Jenghiz Khan well cut
↑ベルギー出身のJenghiz Khanというグループの"WELL CUT"というアルバムのジャケット。1971年の作品。ジャケットの絵が、えぐい・・・。いまこんなアルバム出したら、問題になりそうですが、当時は東西で分かれていて、西側の音楽を聞くことは容易でなかったからできたのかも。

では、厳しい乾燥地帯であるモンゴルという地理的背景があるために、「モンゴルでは奪うことは正当化されるのか?」 というと、そうではないと思います。一応、民主化して20年以上は経ちますし、近代的な法制度を取り入れて、ロシア・中国だけない様々な国と外交関係を持っています。昔の遊牧民族時代とは全く変わってるのは事実だと思います。

しかし、どうしてもモンゴル現地で活動をしていると「なぜモンゴル人にモノを貸すとなくなるのか」「モンゴル人に金は絶対に貸してはならないのはなぜか」という悩ましい事態に直面することがよくあります。何かものを貸してしまうと返却されれない確率は非常に高い、というか返ってくることはほぼありえない、と考えたほうがいいです。貸すということはあげるつもりで考えないといけない、これはモンゴルにいる誰もが口をそろえて言います。韓国に留学した日本人から、ルームメートのモンゴル人にお金を貸したら返ってくることはなかった、という話も聞きました。

なので、モンゴルで貸金業(ローンビジネス)をする際、担保条件は日本よりもかなり厳しく設定されています。

この話をみるとなぜ約束はなかなか守られないか?。 なぜものはなくなるのか?などが、地理的な要因もあるということが見えてくるかもしれません。もしかすると、これはモンゴルだけでなく、カザフスタン、ウズベキスタンなどの他の乾燥地域でも言えるかもしれない、ということも見えてきます。

やはり、内陸国で生きていくというのは、こんなにも大変なのでしょうか。

実際に、ウランバートルで車修理の仕事をしている社長さんが、「俺の仕事は監視カメラをひたすら見ることだ」と言っていました。たしかに、社長室にはおびただしい量のカメラのディスプレイが設置してありました。なぜかというと、修理現場に盗みにくるモンゴル人が多々いるだけでなく、修理に出された車のトランクの中に隠れて、就業後にものを盗みに来る輩もいる、とのことで常に監視をしてないといけない、とのことでした。

・・・・とこれまで散々書いてきたのですが、一方で、こんな指標があります。

World Bank(世界銀行)の"DOING BUSINESS Measuring Business Regulations"を見ると、東アジア・太平洋地域ではけっして悪く無い評価を得ています。
49
 (出所:http://www.doingbusiness.org/rankings)

結論としては、モンゴルだけでなくカザフスタンなどの中央アジアの草原の地では、素朴な遊牧民がいるかとおもいきや、草原後ならではの考え方があるということを意識しなければなりません。

その上で、さらに旧社会主義という要素(Lying commiesで前述)が加わるため、この地でビジネスをする、国際援助活動をするというのは、難しい側面があります。

今回はここまで。



いまのモンゴルと関係無い記事ですが、旧共産主義国のことをよく理解するのに、興味深い記事がありました。

イギリスの高級紙 The Economistにて、「社会主義時代の経験が長い人ほど、嘘をつく」という実験結果が出たという記事がありました。2014年と一昨年の記事ですが、なかなか興味深い内容です。

実は、ロシア語同時通訳者であった米原万里さんの書かれた名著である『嘘つきアーニャの真っ赤な真実』にて、このタイトルにあるアーニャはルーマニア系ユダヤ人ですが、よく嘘をついていたという記述がありました。当時、ルーマニアは「ルーマニア社会主義共和国」でニコラエ・チャウシェスクの独裁政権の下、共産党員の特権階級の人々は贅沢な暮らしをし、一般庶民は社会主義体制で苦しい生活をおくってギャップがあったのでは、という記述がありました。
TimbruNicolaeCeausescu
↑ニコラエ・チャウシェスクの70歳の誕生日と政治活動55周年を記念して発行された切手(1988年)(Wkipediaより)
Propaganda_poster_Ceausescu
↑1986年のルーマニア国内のチャウシェスクのプロパガンダポスター(Wikipediaより)すごく、モンゴルの街並みっぽいです・・・・。そっくりです。ある東ヨーロッパに詳しい商社マンはウランバートルに来て「ポーランドとかチェコにそっくり」といっていました・・・。

実際、モンゴルでも、いまの要職に就いている人々は、民主化したいまでも、共産党の幹部だったり、国の機関についていた人がそのまま残っているのが多いです。ある国家公務員の人と話をしていると、「郊外に別荘があるのはモンゴルでは普通だよ」というのですが、実際モンゴルに住むと彼らが世間とズレた感覚を持っているということがわかったりします。また、いいところ出身でないもの・貧しい人間に対して人格を疑うような吐き捨てるように残酷な言葉を言ってしまう場面もありました。

モンゴルに住んでいたことのあるイエメン系アメリカ人を知っているのですが、金持ち系のモンゴル人が貧しいものに対する冷酷な態度を、彼女は「mentally diseased」とかなり厳しく批判していました。

民主化して自由があるにもかかわらず、そういうところがあります。その辺のもどかしい矛盾を、社会主義時代、チェコスロバキアのソ連学校での回顧に基づき、記述しているのが『嘘つきアーニャの真っ赤な真実』です。

ペレストロイカ、ベルリンの壁崩壊後20年以上経過したいまでも、社会主義経験が長い人は嘘をつくということがThe Economistの記事でありました。

ところで、モンゴル人は嘘をつきます。

これをいうと、モンゴル人は激怒するでしょう。日本人も、ショーンK(ショーンマクアードル川上)氏、小保方氏、佐村河内氏、佐野研二郎氏など有名人の虚偽にまつわるスキャンダルが巷を賑わせています。クヒオ大佐という稀代の結婚詐欺師もいました。
51t0mvHLceL

しかし、外国人の目線からすると、モンゴルでは一般的な生活の中で嘘をつくことに触れることが多いです。

モンゴル語で「嘘」は"худал(ホダル)"で、「嘘をつく」は"худал хэлэх(ホダルヘレフ)"ですが、「商売」は"худалдаа(ホダルダー)"、「商売する」は"худалдах(ホダルダフ)"といいます。偶然かもしれませんが、響きが非常に似ています・・・。商売をするということは、騙すということなのでしょうか。それは推測にすぎず、わかりません。商売をする中国人が人を騙すからそういう言い方をしたのでしょうか。仮説にすぎません。

なぜ、モンゴル人はよく嘘をつくのか?ですが、以下のThe Economistの記事にヒントがあります。拙訳してみたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

「 嘘つきな共産主義者」(Lying commies)
人は社会主義に染まれば染まるほど、より悪い行動をとることになる

20140719_FNP003_0
 出所:The Economistより

旧ソビエト時代のジョークにこんなものがある。「資本主義では、人は人を搾取するが、共産主義ではその逆である」と。実は新しい研究によると、ソビエトの社会体制は皮肉ではなく騙すことを奨励した。少なくとも、東ドイツでは共産主義はモラルのだらしなさを含んでいたようであった。

ミュンヘン大学のラーズ・ホーヌフと、アメリカデューク大学のダン・アリエリ、ヒメナ・ガルシア・ラダ、ヘアター・マンは昨年(2013年)に自分の利益のためにドイツ人は嘘をつくかテストを行う実験を行った。250名のベルリンの人々を無作為に選び出し、ゲームの勝つと6ユーロ(8ドル)得ることができるゲームに参加してもらった。

※論文のPDFはここ(The (True) Legacy of Two Really Existing Economic Systems)。

このゲームは極めて簡単なものである。各参加者はサイコロを40回ふるように指示され、一枚の紙に各サイコロの目を記録するものであった。より高い総計はより大きな見返りを得ることになる。サイコロを投げる前に、参加者はサイコロの上面か下面のどちらかの数字を書き出すことにコミットしなければならなかった。しかし、自分が選択した面を誰かに告げなければならないということはなく、それはまず最初にサイコロを振り、最も高い数字の面を選択したかのように振舞うという嘘をつきやすくすることを意味していた。例えば、上面を選択し、サイコロをふり、2が出たとすると、参加者は下面の5の方を選択するすることを主張する動機を持つことになるかもしれない、ということである。

正直な参加者であれば4、5、6のサイコロの目が1、2、3と同様にでることが期待された(※いわゆる「大数の法則」ですね)しかし、それは起こらなかった。提出されたシートは疑わしい高い数字を占める割合が多く、それは多くの参加者が嘘をついていたことを示していた。
 
ゲームを終了したのちに、 ゲームの参加者は年齢、各年代にドイツのどこに住んでいたかについて質問をする用紙に記入しなければならなかった。この論文筆者らが発見したのは、概して、東ドイツをルーツに持つ人々は、資本主義だった西ドイツの人に比べて2倍もの嘘をついていたことであった。また論文筆者らはベルリンの壁崩壊の前に何回東ドイツに滞在したかに関して着目した。社会主義に染まっている時間が長い参加者ほど、確率的に起こりそうもない大きい数字のサイコロの目を主張する傾向が強かった。

この研究は、社会主義と不誠実さの間に関連の特徴がないことを示している。例えば、東ドイツの相対的な貧しさによるものかもしれない。いつでも、倫理に関わることについては、資本主義のしつけは社会主義のしつけよりも勝っているようである。
 
(以上、拙訳)

〜意見〜
実はこの記事をモンゴル語の先生に紹介したことがあります。これ、なんでこんなことが起こるんですか?とモンゴル語の先生に聞いたところ、「私たちの時代(1980年代ぐらい)は手に入る物が限られていた。配給制だった。欲望が抑えられていて、それが資本主義になって欲望の制限が効かなくなったからではないか?」とのことです。

社会主義が崩壊した直後の国営デパート(現ノミンデパート)では、塩しか売っていなく、物を手にれるのに本当に苦労したという話を30後半、40代のモンゴル人から聞きました。

しかし、欲望の制限でなく、嘘に至るプロセスは実は別の面でもあって、社会主義そのものが大きな矛盾を抱えていて、その現実を直視できなかったという実態があったのでは?と思えるところです。

社会主義というのは、平等を目指すはずの体制ですが、贅沢なくらしをする特権階級の人間との格差が強く残り、欺瞞や嫉妬や怨嗟があり、理想とかけ離れた世界になってしまい、それで嘘をつかざるを得ないその様子は、『嘘つきアーニャの真っ赤な真実』に色濃く書かれています。
「誰もがイッパシの愛国者だったソビエト学校に通ううちに、大きな国より小さな国、強い国より弱い国から来た子供の方が、母国を思う情熱が激しいことに気付いた。アメリカ人よりもプエルト・リコ人の方が、自国に対する侮辱に敏感なのだった。自分こそが国を代表しているという悲壮感が強いのである。
国が小さい分、その国に占める自分の割合が大きく、自分の存在によってその国の運命が左右される度合いが少しでもたかそうな気がする方が、思い入れが強くなるのだろうか。(p.125)」

「『チャウシェスクは妻だけでなくドラ息子までも国の幹部に取り立てているが、その息子は病的な外車マニアで、女漁りに明け暮れている。何度も酒を飲み運転でひき逃げ事故を起こしているんだ。もちろん、もみけされるが。』
浮かび上がってくるルーマニアという国は、決して幸せな国でなかった。アーニャ自身は、どうやら例外的特権階級的に幸せな人生を歩んでいるらしいが、そこに矛盾を感じないのだろうか。私の知る少女時代のアーニャは、自分の父親と、父親の属するルーマニア現政権に心から信服していた様子だったし、周囲もそれにウンザリするほど執拗に説いた。すでに分別が備わる年齢に達した今も、そうなのだろうか。平気で特権を享受し続けられるほど鈍いのだろうか。そんなアーニャを想像するのは嫌だった。(p.138)」

「『1989年のチャウシェスク政権転覆後は、その労働者党のお偉い方は、ここから追い出されなかったの?』
『ぜーんぜん。今も彼らは、あなたのこれから訪ねるザハレスク同様、昔通りの特権を享受していますよ。それどころか、かつて国の財産だったものをドサクサまぎれに私物化し、市場経済の時流に乗っかって甘い汁を吸っています。甘い汁を吸い慣れた連中は、敏感なんですね。うまい話に。それに、人を蹴落としたり、人を踏み台にするのは、連中の得意中の得意技ですからね』( p.143)」

「『マリ、国境なんて21世紀には無くなるのよ。私の中で、ルーマニアはもう10パーセントも占めてないの。90パーセント以上イギリス人だと思っている』
さらりとアーニャは言ってのけた。ショックのあまり、私は言葉を失った。ブカレストで出逢った、瓦礫の中でゴミを漁る親子を思い出した。虚ろな目をした人々の姿が寄せては返す波のように浮かんでくる。(p.186)」 
いまモンゴル国立大学の学生寮あたりでも、治安が悪いと聞き、実際、筆者もそのあたりでゴミをあさる浮浪者と目があってしまい殴りかかられかけたことがあります。ある留学生に聞いた話、ラオス人の留学生がボコボコに殴られ、血だらけになったという事件があった、と聞きます。モンゴル国立大学の寮周辺はゲル地区に比較的近いこともあり、狙われやすいところであると聞きます。

なぜ学生寮あたりが狙われやすいかというと、大学生が特権階級の象徴であるからだと思います。それに乗れない者の怨嗟の眼差しがあるのかと思います。

モンゴルは素晴らしい国だ、というのはイデオロギーの面で見ると、そうも言えない、という厳しい現実があります。なので、嘘をつくことが起こりうるのではないか、と思いました。

ここまで書くと、なんかお前、モンゴルに深い恨みがあるのか?と言われそうですが、これは実はモンゴルだけでなく、ルーマニアやハンガリーなどの旧社会主義国全般に言える特徴ではないか、と思うのです。

モンゴルに深く入り込んで、ビジネス行ったり文化を知る上で、影の部分を理解しなくても知っておく必要はあるかと思います。そこで、「複雑化」が起こり、自分の先入観に疑問を投げかけ、新しい問いが生まれるかと思われます。

嘘の話をしましたが、「なぜモンゴルは他のものを欲しがるのか」という問いに関して、機会があれば書きたいと思います。その問いの大きなヒントに、梅棹忠夫先生の『文明の生態史観』が挙げられます。それを読むと、すっと理解できます。

今回はここまで。


 

↑このページのトップヘ