モンゴル情報クローズアップ!

モンゴルの文化、ビジネス、投資、観光、最新話題など幅広い情報をお届けします。(通称:モンゴルなう)

カテゴリ: 歴史

皆様こんにちは、ひでです。

先週まで、フビライ・ハーンが「元朝」を建国した経緯までをお伝えしましたが、今回は一応「大都」最終回という事で、モンゴル帝国が建設した壮大なる都「大都」の街づくりについて書きたいと思います。
大都の呼び方としては、音訳で「ダイドゥ」や、モンゴル語やチュルク語で「ハーンの都」を意味する「ハンバリク」(Khān Bālīq / Qan-baliq)などとも呼ばれています。(東方見聞録で有名なマルコ・ポーロは大都の事を「ハンバリク」から訛った「カンバルク」( Cambaluc )」という呼び名で呼んでいる)
1271年に国号が大元(元)に改められ、元々「燕京」と呼ばれていた中国北方の街も「大都」と改称されました。
これによりフビライの国家、大元ウルス(ウルスとはモンゴル語で’国家’の事)では、大都は冬の宿営地と定め、夏の宿営地の上都(現在の内モンゴル自治区シリンゴル盟正藍旗南部)とならんで、モンゴルという世界帝国の首都として位置づけられ、また貿易、通商を重視したフビライのもとで、全モンゴルウルスの宗主的存在、かつ経済的中心として著しく発展しました。
454px-Yuandadu_map
大都の全景。現在の北京の西直門〜東直門ラインよりさらに北部まで城壁(外城)があった事がわかる。この外城は周囲28キロ強に達し、フビライが没する直前の1293年にかけて建設された。

大都の街づくりの理念としては、儒教の経典「周礼」に記された王都の理想系(南には宮殿と官庁街、北には市場が置かれる「面朝后市」)に忠実に作られました。

「周礼」を編纂した周公旦。周は殷を倒した古代中国の中心的な王朝とされる。春秋戦国時代でも、周王は他の国家から「象徴」として崇められていた。
220px-Zhou_gong

こうした都は、実はそれまでの歴代の漢人王朝では一度も作られたことがなく、モンゴル人が史上初めて実現させたものでなのです!
大都はこのように、純然たる計画都市として設計されたため、極めて整然とした構成美を持っているのです。

大都は、地勢上モンゴルの遊牧世界と中国の農耕世界の接点となったばかりでなく、都市内港から通恵河などの運河を介して外海ともつながり、内陸・海洋のネットワークが充実、以前の統一中国の首都と一線を画した世界帝国の中心に相応しい都として建設されたのです。
マルコ・ポーロが絶賛したのも、これでうなづけると思いませんか?

マルコ・ポーロ肖像
Marco_Polo_portrait

こうしてフビライが建設したモンゴルウルスの首都、大都はその後100年近くに渡り「パックス・モンゴリカ」の中心的存在として、中国、中央アジア、ロシア、西アジア(中東)等のユーラシア世界に君臨したのです。
まさに、モンゴル帝国が残した「至宝」ともいうべき存在ではないでしょうか?
(寄稿者:ひで)

皆様こんにちは、ひでです。

今回は先週に引き続き、フビライ・ハーンが建設したモンゴル最大の都「大都」について書いてみたいと思います。が、その前に、フビライはどのようにして「元朝」を成立したのかについて、少し触れたいと思います。

モンゴル帝国第5代皇帝(元朝初代皇帝)フビライ・ハーン肖像
481px-YuanEmperorAlbumKhubilaiPortrait
そもそもフビライが中国に赴いたのは、実兄であるモンケの命により『南征軍』として、南宋攻略を命じられたからなのです。(因みにフビライ・モンケはチンジスハーンの4男トルイの子供)
モンゴル帝国第4代皇帝モンケ肖像
YUANEM~3

しかし、モンケは南宋に遠征中、遠征地の重慶(合州)にて病没します。その後継者として名乗りでたのが他ならぬフビライでした。早速、彼の宿営地である金蓮川で開催された自派だけによるクリルタイ(モンゴル最高の意思決定会議)にてハーンに推戴されました。

しかし、もう一人彼にはライバルがいました。他ならぬ弟アリクブケです。実は彼、フビライよりも先に既に、モンゴル高原でのクリルタイにてハーンに推戴されていました。
アリクブゲゆかりの地にしてモンゴル帝国の本拠地、カラコルム
Turtle-Karakorum
当然、アリクブケはこう思ったはずです。

「本拠地モンゴル高原にて即位した私のほうに正当性がある。あいつはモンケ兄さんに煙たがれていたくせに。まだ南方にいて軍もそのままにしながら遠征地で勝手にクリルタイを開きやがって!」と。
ついにモンゴル帝国建国以来初めて、「2人のハーン」が存在するという前代未聞の事態になりました。
「モンゴル帝国帝位継承戦争」の始まりです。

正当性は確かにアリクブケにあったかも知れません。しかし、実際は戦争経験の少ないアリクブケより、南宋との戦争で戦力、戦意とも旺盛だったフビライにかなうはずありませんでした。

もっとも、アリクブケを中心とする人たちは、あくまで祖父チンジス・ハーンが築いたモンゴル帝国、及び遊牧民の伝統を守り継承することが第一だったようです。一方フビライは、自分の本拠地の中国(南宋)が経済力旺盛な地域だったので、かなり気に入っていたようです。「ここは中国式の王朝を建国して、モンゴル帝国の中心的な王朝にしてやる」と思ったのかもしれません。

因みにモンケの名で『西征軍』を率いてイランに派遣されていたフレグはイランに「イルハン朝」を建国しています。

フビライはアリクブケがいたカラコルム(ハラホリン)に対して経済封鎖を行いました。追い詰められたアリクブケは、同じモンゴル王家のチャガタイ家の本拠地であるイリ渓谷を占領。
ここでアリクブケは起死回生を図るはずであったのですが、捕虜にしたチャガタイ家の人間を殺してしまいました。
チンジスハーンの二男、チャガタイ・ハン。
450px-Chagatai_Khan
もともとモンゴル軍は敵に対しては容赦ないのですが、同じ『モンゴル帝国』の構成員を殺すということはほとんどなく、それによって強い結束を保っていたのです。にもかかわらずこの処置に部下たちの多くはアリクブケを見限り、彼は孤立無援に陥りました。

1263年にイリ渓谷で飢饉が起こるとアリクブケ軍は完全に解体し、翌年アリクブケはフビライに降伏し、足かけ4年にわたるハーン継承戦争は終結しました。

一番のライバルがいなくなったフビライは、ついに元朝を建国し、壮大な都、大都の建設に邁進していくのです。

(寄稿者:ひで)

みなさんこんにちは、ひでです。
中国の首都、北京に行かれた事のある方なら一度は行ったこと、或いは聞いたことがあるかも知れない下町情緒あふれる集合住宅の胡同(フートン)。

Hutong_1_(Snowyowls)

この胡同、語源は実はモンゴル語だった。というのは存知でしょうか?

モンゴル語の井戸・集落を表す(худаг)を漢風に音訳したものが現在の胡同の語源なのだそうです。(満州語由来など異説もあり)


初回でもお話した通り、現在の北京は元々フビライが中国を支配するために築いた冬の都「大都」です。その際、多くのモンゴル貴族、軍人達が城下町である「皇城」地域に住んだ(’駐屯’という表現のほうが正確かもしれませんが)のですが、当然モンゴル人は自分たちの呼び方で街を築いていったのです。

※丁度香港が英国人の影響で街の名前に英語で’セントラル’と命名する事に近いのかも知れません。
以前お騒がせした孔子一族の北京大学の先生は「香港は西欧の犬」と言う前に、自分が住んでいる北京の歴史をご存じだったのでしょうか?(笑)


因みに大都では細かい道路建設規則があり、

◎幅二十四歩(約37.2m)を大街
◎十二歩(約18.6m)を小街
六歩(約9.3m)を胡同

としていました。

明の永楽帝も都を北京に定めた際、道路に関してはほとんど大都のものを受け継いだそうです。それだけフビライが建設した大都が、都市計画に基づいて建設された立派な「城市」であったかが想像されます。


やはり北京は半分モンゴルなのです!

(寄稿者:ひで)

↑このページのトップヘ