モンゴル情報クローズアップ!

モンゴルの文化、ビジネス、投資、観光、最新話題など幅広い情報をお届けします。(通称:モンゴルなう)

カテゴリ: 料理

ブログネタ
四季便り♪ 食卓から♪ に参加中!
2015-04-03-12-22-42
「ホルホグ」とは、モンゴルの伝統料理の一つで、鍋に肉やネギに焼けた石を入れ、蒸し焼きにしたものです。
1.羊の肉を鍋にいれる。
 
2015-04-03-12-22-51

2.火で焼いた石を肉の上にかぶるようにいれる。

2015-04-03-12-22-55

3.塩やネギをいれる。

2015-04-03-12-22-58

4.さらに羊の肉を鍋にいれる。

2015-04-03-12-23-01

5.そして、また塩やネギをいれる。(以上の繰り返し)

2015-04-03-12-23-05

6.最後に、鍋を密封して火で30分ほど加熱する。

これでできあがり。どう?簡単でしょう?!




モンゴル国のモンゴル料理は、さまざまな調味料を用います。
代表的なのはローワンギーン・サラートのニンジンサラダに用いられるマヨネーズだったり、ツイヴァンにかけるケチャップだったりします。

img_menu02
ローワンギーン・サラート

img_menu06
ツイヴァン
※ちなみに内モンゴルではツイヴァンにケチャップはかけません。

さてそうした調味料の中で、現地のモンゴル人の皆様も、名前をうまく言えないけど欠かせない調味料があります。

kls
さて、これは何でしょう?

現地のモンゴル人の皆様からは「アムトラクチ(調味料)」と言われたり、「ツォー(醤油)」と呼ばれたり様々です。
実際に味見をしてみると、確かに醤油に近く、すこしクセのある香りがしますが、揚げたてのホーショールなどにまぶすようにつけると、羊肉の味わいがふくらむ優れものの調味料です。

この調味料の正体は、チェコの醤油です。
チェコ語では「ソヨバオマーチカ」(大豆調味料)と呼ばれます。
(上の写真は、商品名がクラッシックとなっています。)

気になる原材料は、大豆と小麦グルテン由来の液体タンパク質加水分解物と塩分。
つまり、製法に細かな違いこそあるものの、醤油とほぼ全く同義です。

モンゴルは旧ソ連時代のモンゴル人民共和国時代、ソ連および東欧諸国と共通の経済圏にありました。そのため、東欧由来の食文化の影響を受けています。
しかし、中国や日本発祥の醤油が東欧に渡り、それがモンゴルで消費され、モンゴル料理に欠かせない存在になっていることは、食文化を考える上でも興味が尽きません。

ちなみに、日本の醤油はモンゴルでは「キッコーマン」と呼ばれます。また、中国製の醤油は砂糖のように甘いのが特徴なので、現地で食材を購入し調理するときは気をつけましょう。

また、チェコの醤油をモンゴル国のお土産に持参する場合、蓋の密閉具合が甘い場合があるので、紙や布に包んでからビニル袋に梱包することをお勧めします。

Khuushuur
モンゴルの夏といえば、ナーダムで食べるホーショールですし、ホーショールにチェコの醤油は相性最高です。
是非お試しくださいね。

2014年7月12日
みずばしょう

ブログネタ
今日のブランチ♪ に参加中!
2014-06-21-17-58-09

毎度、編集長のタケシです。
先日告知した第10回目のモンゴルオフ会ちょう楽しかったです。
参加8名でした。初めて会う方も数名いましたがいろんな話ができて、素適な時間を過ごしました。きて下さって皆様に本当に感謝です。

モンゴルの伝統楽器モリンホール(馬頭琴)をやっている日本人の友達が生で演奏してくれました。すごい上手だったのでびっくりしました。
モンゴル人でも中々弾けない馬頭琴、日本人が弾くのをみて本当に圧倒されます。もっと自分の文化知らないとね、そしてそれを世界に発信して行かないと・・・そんな反省する私でした。

2014-06-21-18-31-47
モンゴルのニンジンサラダ、干し葡萄が入ってて美味しい。

2014-06-21-18-41-16
モンゴルのパイ包みスープ、ちょう熱いよ。

2014-06-21-18-32-25
モンゴル料理の定番と言えばこれ、ホーショールです。中身は羊肉です。

2014-06-21-19-41-00
モンゴルうどん、羊肉のスープです。

2014-06-21-18-53-12
チャンスンマハ、見たの通り羊肉です。

モンゴルオフ会は非定期ですがまたやります。
モンゴルの文化、人に興味あれば次回お越しください。

モンゴルのごはん (絵本 世界の食事)
銀城 康子
農山漁村文化協会
2009-02


↑このページのトップヘ