モンゴル情報クローズアップ!

モンゴルの文化、ビジネス、投資、観光、最新話題など幅広い情報をお届けします。(通称:モンゴルなう)

カテゴリ: モンゴル旅行体験談

2016-03-13-19-23-32

2016-03-13-19-24-01

2016-03-13-19-23-57

2016-03-13-19-23-40

2016-03-13-19-24-33


2016-03-13-19-24-19

2016-03-13-19-24-10
出典 大漠|堙箔I博客

毎度、編集長のタケシです。
近年、一部の欧州諸国ではモンゴルの伝統的な移動式住居ゲルを使って結婚式や結婚披露宴を行う人がいるようです。写真はスウェーデンにあるゲルリゾート結婚式場の様子です。

ちにみに、ゲルを建てる時に扉はは必ず南方向に向けて作ります、一日中太陽の光をゲル内に取り入れるためです。

そして、ゲルの扉が低いのは庶民から皇帝までも、ゲルに入る時主人に敬意を払うようお辞儀させるためと言われています。たまにモンゴル行く時、ゲル入る時に扉が低い事を忘れてついつい頭をぶつけたりします。ゲルに入る時にぜひ気をつけてください。

日本料理の料亭に上座、下座があるようにモンゴルのゲルでも座る席が決まっています。ゲルに入って一番奥の北側が主人の位置で、右側は女性や子供の場所で台所にあたります。左側が男性やお客様の場所で馬具などがおかれています。初めてモンゴルの遊牧民のゲルを訪問するときにこのくらいの常識を覚えておくていいでしょう。

地方活性化に僕はモンゴル村を作る(作りたい)

mongolia-08-001
mongolia-08-002
mongolia-08-003
mongolia-08-004
mongolia-08-005
mongolia-08-006
mongolia-08-007
mongolia-08-008
mongolia-08-009
mongolia-08-010
mongolia-08-011
mongolia-08-012
mongolia-08-013
mongolia-08-014
mongolia-08-015
mongolia-08-016
mongolia-08-017
mongolia-08-018
mongolia-08-019
mongolia-08-020
mongolia-08-021
mongolia-08-022
mongolia-08-023
mongolia-08-024
mongolia-08-025
mongolia-08-026
mongolia-08-027
mongolia-08-028
mongolia-08-029
mongolia-08-030
mongolia-08-031
mongolia-08-032
mongolia-08-033
mongolia-08-034
mongolia-08-036
mongolia-08-035
mongolia-08-038
mongolia-08-039
mongolia-08-037
mongolia-08-041
mongolia-08-040
mongolia-08-042
mongolia-08-043
mongolia-08-044
mongolia-08-045
mongolia-08-046
mongolia-08-047
mongolia-08-048
mongolia-08-049

今回のモンゴル旅行の目的でもある乗馬がついにできました!
初、乗馬なので実際乗ってみるまでどんな乗り心地が想像もつきません。
乗馬はむつかしいとか危険だとかそんなイメージがあったりもし、
いちおう保険にも入ってきました(落馬する気まんまん)
や〜〜〜〜〜〜いいよ〜〜〜いいね〜〜〜乗馬は。
あんな眺めの乗り物があったでしょうか!(あるんだろうけど)
でもすんごい筋肉使う。普段使わない変な筋肉つかう。
これか、これがダイエットにもなるジョーバの例のアレか。
あと鞍が硬いので、日本に帰っておしりを見たらキレイに皮むけて血が出てました。
日本の乗馬教室なら初日で草原をひとりで歩かせてもらえるなんてありえないんでしょうね。
スパルタ!モンゴル乗馬は最高です!!!



寄稿者
Rie Cheetah
デザイナー、イラストレーター、ブロガー歴15年。

公式サイト

ブログネタ
流浪の旅 に参加中!
モンゴルの旅2

最終更新日2017年8月14日


毎度、隊長のタケシです。(いつもは編集長やけどw)
早速ですが、「2018年度のモンゴル乗馬」に参加して頂く隊員を募集します。


目次


旅のテーマ

旅のテーマは非常にシンプル、「生きる原点を探す旅」。
なんだか、よく分からないかっこいい言葉を使いました。

モンゴルと言えば「大草原、星空、馬、馬乳酒、馬頭琴・・・・」


モンゴルの諺で「馬」に関する言葉がたくさんあります。
 
男の胸には鞍をつけた馬が収まる。

人は馬上で育つ、誰も教えてくれない。 
自分で体験し、自分で考えるのだ。

モンゴルの旅3

モンゴルの草原に行くと電気も、水道も、ガスもありません。

しかし、みんな幸せに遊牧して暮らしています。
子供の笑顔には作り物はありません。数キロ、数十キロ離れたご近所だっていつもお互い助け合いながら、深い「絆」で結ばれています。

草原ではどこか出かけるときには家の鍵は閉めません。
誰か来たときに入れるように、そして食べ物も置いたりします。

昔の日本だってそうだったのかもしれません。

私が来日して東京で生活して15年が経ちます。
 
もっとたくさんの人がモンゴルを知って欲しい;
そして自分の「原点」を改め確認して欲しい;
そういう思いでこれまで「旅」を企画してきました。

旅の魅力

今回の旅のポイント、旅行会社のツアーにないもの、もっと体で感じるモンゴルを皆さんに体験してもらいます。放牧や遊牧民の家で泊まったり、家畜の面倒を見るの手伝って、日本での日々の生活や生き方を思い出してください。

モンゴルの旅4

モンゴル乗馬隊員募集

360度地平線と空だけの風景。

今回の「旅」のメインは乗馬です。

遊牧民のゲルに泊まって、朝起きてまた乗馬〜〜〜
夜は満天の星空、上向けば天の川だって綺麗に見えます。

日本から空港ついたらそのまま遊牧のゲル。
ウランバール市内観光は最後の日に半日です。

開催は2018年6、7、8月、4泊5日、費用15-20万円程度予定しています。
乗馬は3カ間、最終日ホテル泊まり。募集人数は10人程度。

タケシ隊長の開催実績


過去の開催実績一覧
2018年 → 今ココ
2016年9月 
2016年8月 
2015年8月  
2014年8月 
2013年8月 
2012年12月 
2010年10月 


御連絡はFacebookまたはメールアドレスより

もっと詳しい情報はこちらまた追記するので定期的にチェックしてください。
いつものことですが、人数がある程度集まれば、某旅行会社にお願いし、チケットの手配をします。

モンゴルの旅1

最後のお願い

「近くて遠いモンゴル」とよく言われますが、
僕は「遠くて近いモンゴル」を皆さんにお届けします。


少しでも興味有ったら、ぜひご連絡ください。
一人でもOK,家族や友達を紹介すると更に「友割り」があります。

過去の隊員の皆さんの「体験談」はこちらからご覧ください。

LINE モンゴルスタンプ絶賛販売中!!

タケシのYouTubeチャンネル未登録の方はぜひ登録してください。
旅の映像、乗馬の動画などが見れます。
 


(備考:上記の写真は過去数年分の記録です)

街道をゆく 5 モンゴル紀行
司馬遼太郎
朝日新聞出版
2014-08-07


D14 地球の歩き方 モンゴル 2015~2016 (地球の歩き方 D 14)
地球の歩き方編集室
ダイヤモンド社
2015-02-14

 

↑このページのトップヘ