モンゴル情報クローズアップ!

モンゴルの文化、ビジネス、投資、観光、最新話題など幅広い情報をお届けします。(通称:モンゴルなう)

カテゴリ: モンゴル旅行体験談

IMG_4970
【よい体験のアンカーをつくる】

モンゴル・ウランバートル の中心部にスフバートルというおおきな広場があり、日々ひとで賑わっている。

都会のど真ん中、国会議事堂の前で、おおらかにも結婚式のセレモニーなんかがしばしばある。


帰国の間際、広場で流しの絵描きが売り込んできて、一枚買った。

皮に描いた4,000円との言い値を、おもてのヘコミなどを指して、20ドルに負けてもらう。


成功してしあわせな人びとが言うには
「モノより経験にお金をかける」
のだそうな。

もっともな話しだけれども、さらに言えば
「経験を思いだすモノにお金をかける」

と、なおよい。


NLPという心理技術に「アンカーリング」という方法がある。

何か特定の記憶を錨(いかり:アンカー)として潜在意識にインプットすることを指す。

たとえば過去に楽しかった、成功した、幸せだった記憶を五感すべてでありありとイメージし直しながら、体のどこか、たとえば右手の小指をギュウギュウと握りしめて繰り返し、刺激を与え続ける。

それを繰り返すと、やがては右手の小指をひと握りするだけでよいイメージが蘇り、失敗や困難、緊張などのストレスを解きほぐせるようになる。


また、あまり意識しないでも、多くの人が旅から得るアンカーが、そのとき聴いていた音楽。

「この音楽を聴くと、あのときの旅のあそこの場面が蘇るんだよねぇ」というやつだ。


そして、先に伝えたとおり、アンカーは意識的につくることができる。

わたしはこの8月「地球探検隊」に同乗して、エルセンタサルハイの沙漠と草原の交わるところで、素敵な乗馬三昧の旅をした。

だから、スフバートル広場の絵描きさんには
「ゴビ(沙漠)をモチーフにした絵が欲しい」
とオーダーし、帰国後もモンゴルのイメージに合うように額装した。

まったくそのとおり、旅の風景にはなっていないかもしれないけれども、よい体験のアンカーになっていると思う。


そして、こういうモノは、たとえばスマホの写真よりもよいアンカーになる。

実は、ただ身近にあるだけで、目に入らなくても常々、モノはわたしたちの無意識に影響を及ぼしているのだ。


みなさんもよい旅をした折りには、たまに眺めたり遊んだりできる、想いで深いものを持ち帰るといいだろう。

人生の励ましになる。

モンゴル旅行体験談

寄稿 大道 卓矢 

モンゴル (世界のともだち)
清水 哲朗
偕成社
2014-01-22

IMG_4934

【ゴタル、どうしてますか?】

モンゴル西部、エルセンタサルハイでの乗馬ツアーを終えて帰国、旅の荷を解いている。

まるまる5年は馬に乗っていなかったけれど、履いていった乗馬用の短靴は、求めに応じてよく働いてくれた。


ところで、みなさんはモンゴルでの乗馬ツアーに参加して、どんな靴を履いて馬に乗っているだろうか?

ともに旅をした仲間たちに、乗馬は初めてという方がおり、靴ひもで締めるふつうのスニーカーを履いて馬に乗っていた。


これは、意外とあぶない。


たとえば馬が走っている最中に靴ひもがほどけたら、慣れない人ほどパニックになるだろう。

またわたし自身、靴ひもが足を支える鐙(あぶみ)に引っかかり、乗りつづけるにしても、あえて落ちるにしても危険な経験をした事がある。

ゆるゆるとあたりを散策する乗馬ハイキングなら構わないけれども、思いきり走りを楽しむようなら、ひものないブーツを履くべきだろう。


今回はツアーガイドがブリティッシュの乗馬にも通じていて、チャップスという、足首からふくらはぎを覆う革のすね当てを貸してくれた。

そのため、ひも靴を履いている人も、チャップスがうまく靴ひもを覆ったので、安全だった。


モンゴル語で靴をゴタル(Гутал)という。

伝統的なゴタルは、つま先が高く反りあがった丈夫な革製の乗馬ブーツだ。

ゴタルは馬の鐙にしっかりフィットし、かつ馬が暴走した時にはズルリと脱げやすく、あえて自分から落馬して危険を避けるのに便利にできている。

もちろん、靴ひもはない。


モンゴルで乗馬ツアーに参加される方は、ひものない短靴を履いていく事をお勧めする。

乗馬をしておられる方は、普段履きのできる短靴に、チャップスを別に持っていくとよいだろう。


モンゴル旅行体験談

寄稿 大道 卓矢 

街道をゆく 5 モンゴル紀行 (朝日文庫)
司馬 遼太郎
朝日新聞出版
2008-09-05


IMG_4890


【エナジードリンクが…】

8月3日、22時ごろにモンゴル・ウランバートルのゲストハウスのチェックイン。

さて、猛暑日を経てカラカラに乾いた喉を潤そうと、街に飲み物を買いにでたところ………

そもそも少ない商店がみんな閉まってる!


カフェやらパブなど到底はいる気にならず、とにかくあたりを歩いていると………

遠くに、赤地に黄色い「K」の看板が明々ときらめいている。

「もしや⁈」と思い近づいてみると………

なんとサークルK!しかも24時間営業!

「窮すれば通ず」

素晴らしい拠り所を見つけてしまった。

本や雑誌はないけれど、店内は清潔で化粧用品の品揃えが豊富、ホットスナックのコーナーもある。

しかも、店員に日本語を話せる男の子がいて、気さくに話しかけてくれ、仲良くなった。


数回通ったある日、彼が「こんにちは、何を探しているんですか?」と聞いてくれたので

「何かエネルギーが出る飲み物を」

と冷蔵庫を見回していると………

レッドブル発見!

「これいくら?」

「1,030トゥグリクです」

………50円!

「安っ!!!」

「でしょ(笑)」

ほかに、モンゴル産が有名なチャチャルガン(シーバックソーン)100%ドリンクが1本80円。

モンゴル語で

「本物のチャチャルガン」

「100%オーガニック」

などと書いてあり、フムフムとうなずきながらグイッと飲み干すと………

………酸っぱ!!!

IMG_4891

でもチャチャルガンはモンゴルでは

「シャルドクトル:モンゴル語で"黄色い医者"」

と言われるほど栄養素が豊富で、以前、飲んでから11分で体温が上がり始めるというエビデンスを見たことがある。

日本でも手に入るから、冷え性の方や、朝が辛い方は飲んでみるとよいだろう。


ちなみにこのサークルKは、中央デパート(ノミンデパート)から西へ徒歩200mほど。

ウランバートルの中央西側を拠点にする方は、覚えておくといいかもしれない。

モンゴル旅行体験談

寄稿 大道 卓矢 

モンゴル時代の「知」の東西 上
宮 紀子
名古屋大学出版会
2018-03-09


モンゴル ゲストハウス

【静かなひと時】

夏のモンゴルは高緯度というのと大陸の奥深くにあって、夜の10時ごろまで明るい。

いま、現地は8時半を回ろうとしているが、街には昼の残光が立ちこめている。

わたしの滞在しているゴールデンゴビ(金の沙漠の意)というゲストハウスは、いわゆる団地の一角に位置していて、ひろくとった中庭に公園がある。

今日は土曜日だから、団地の子たちなのだろう、日がな歓声をあげながら遊びまわっている。

いまもそんな歓声が聞こえるが、不思議なことに、子供たちの言葉が日本語に聞こえる。

38403353_1468148556620230_2878560680338784256_n

わたしは窓外にそれらを聞きながら、1日の整理をし、夕食を食べる。

今日は中央デパートでみつけた、プラムとチーズ。

もともと1日1食か、軽い昼食をいれて2食なので、これくらいでちょうどいい。

そういえば、狩猟民族にはじまる肉食を主としているひとびとは、肉と果物をよく組みあわせて食べる。

いまでこそ馴染んだけれど、鴨のイチジクソースなんて、かつては聞いただけで驚きだった。

けれどもすこし薄暗い自然光のなかで、静かに食べていると、なんだか中世のひとにでもなったような気がして、気持ちが落ちついてくる。

モンゴル旅行体験談


モビコム 1

【モンゴルで自分のスマホが使えるようになった!】

今回モンゴルに来るに当たって、一緒に旅をする仲間たちが気にしたのが、現地でスマホが使えるか、という問題。

日本からwifiルーターをレンタルして持ち込むというのが無難で安全。
そうしたひとも多かったが、わたしには出費がバカにならない。

方法は、ほかにもいろいろある。

仝獣呂惻分のスマホを持っていき、契約したいる会社の海外通信を使う→料金がバカ高い

現地でレンタルする→慣れないスマホを使いこなせるか?

そして調べていったところ、もうひとつ魅力的な方法があった。

SIMフリーのスマホを現地に持っていき、現地でプリペイド式のSIMを買って入れ替えるのだ。

モビコム 2

外国旅行に慣れたひとはごく気軽にやっているとか。

そして、わたしが選んだのは、モンゴルNo1の通信会社、Mobicom(モビコム)。

モンゴル到着2日目、ウランバートルの中央デパート5階にモビコムショップをたずねる。

外国でSIMを買って入れ替えるというのは初めてで、設定とかどうするんだろ、などとはじめは???だった。

けれどなんのこっちゃない、プランを決めたら、ものの15分で店員さんがすべての作業をしてくれる。

そして、ビックリしたのがその利用料金。

SIMカード本体に、15日間まで使えて5GBの通信量、最大30分の通話をつけて、いくらだと思います?

………

モビコム 3

なんと約700円っ!

モビコム万歳っ!!!である。

昨日の夜にモンゴルにやってきて、もう2日目の朝には自分のスマホがどこでも気軽に使えるなんて、面白いなぁ。

モンゴル旅行体験談



↑このページのトップヘ