モンゴル情報クローズアップ!

モンゴルの文化、ビジネス、投資、観光、最新話題など幅広い情報をお届けします。(通称:モンゴルなう)

カテゴリ: モンゴル旅行体験談

IMG_9220
Photo : モンゴル・フブスグル県ムルンで買ったトナカイ遊牧民「ツァータン」の人々の暮らしの絵

モンゴルから帰国して、投稿がしばらく空いた。

数日、次の旅へと装備の見直しをしつつ、溜まった要件をこなしつつ、こころが落ち込んだ。

「モンゴルが好きだな」

と、積極的に歩み寄ったからだと思う。
「モンゴルロス」というやつだ。

実はいままで、モンゴル旅行が嫌な時期があった。

日本の古都でながく伝統産業をしている家の、大金持ちのお嬢さんとモンゴル旅行をした時のこと。

「モンゴルで旅をするにはお金がたくさん必要」

というお嬢さんの思い込みに付き合って贅沢な高級レストランでモンゴル人を接待したり、長距離のガソリン代を払ったり買い物をどんどんしたあげく

「費用はワリカンだからね」

と、自分にはかなり負担になるお金を求められて続けて以来

「モンゴル人は平気で人を搾取するひとびとだ」

モンゴル人たちも平気でモノをねだるようになってきて

「モンゴル人は他人からお金やモノをねだる人々」

という、嫌な印象をもっていた。

でもこの2年、お嬢さんから離れてモンゴルへ旅して、そんな考えはある程度は消えてきている。

わたしは、いい人たちと付き合って、モンゴルがすこしづつ好きになってきたと思う。

寄稿  大道卓矢

モンゴル ウランバートル チンギス広場
△スフバートル広場 / 写真 大道卓矢 

ウランバートル中央部、政府宮殿(映像では国会議事堂と伝えています)に面したスフバートル広場。

モンゴル独立革命を成し遂げた英雄・スフバートルを讃え、その像を中心に広がっています。

いわば、建国のシンボルです。

普段は市民の憩いの場であるほか、式典やコンサートなども行われます。


ところでこのスフバートル像、北を向いているので正面から写真を撮ると、完全に逆光で顔がよく見えません。

ふつう、こうした人物像は南を向いて建っているものですが、なぜなのでしょう?

実は、スフバートルはソ連(現・ロシア)と協調して共産主義革命を指導し、モンゴルを社会主義国家として独立させたのです。

だから南ではなく、友邦のソ連があった北を向いて建っているのです。

共産主義体制というと他に中国が有名ですが、実はモンゴルは中国より先、ソ連に次いで世界2番目の社会主義国家として成立しました。

実は中国の先輩なのです。


またソ連との関係もあり、日本とモンゴルはたあたかいを第二次世界大戦後はシベリア抑留された日本人捕虜の割り当てを受け、都市建設などに従事させました。

そしてできたのが、スフバートル広場。

つまりここは、日本人たちが血と汗を流して築いた遺産でもあります。

いらした方々は、広場の石畳の見事さに感嘆するでしょう。

日本人労働者を指揮したモンゴル人たちも、彼らの勤勉さと仕事の緻密さに驚き、次第に敬愛の念を持って接するようになったといいます。

モンゴルとの友好の原点は、私たちの先輩にあるのです。

寄稿  大道卓矢

IMG_2945
この夏もモンゴル行しています。 

昨年に投稿した

【モンゴルで自分のスマホが使えるようになった!】
https://bit.ly/2HyilRx

に引き続き、ウランバートル到着後、さっそくSIMロックフリーのiPhoneにモンゴル大手通信会社

「MobiCom(モビコム)」

に通じるモンゴルのデータSIMカードを挿しました。
 

上記、昨年の記事では15日間5GBの上限パケット通信量が……

なんと1年で、15日間15GBに容量がアップしました。

今回は通話契約を省いたのですが、このグレードアップにしてお値段は15,000トゥグリク
(約705円。2019年8月29日時点のレート換算)
昨年とほぼ変わらずです。
 

モンゴルの「ノミンデパート(中央デパート)」5階のモビコムオフィスに行けば、ものの5分の手続きでモンゴルの4G通信ができるようになります。

今年は電話番号を付与しなかったので手続きが速かったのかもしれませんが、びっくりしました。

しかも挿してすぐ使えるので、去年と同じく、さっそくモビコムショップ向かいのカフェスペースからお知らせしています。

ちなみにカウンターでは英語が通じますので、モンゴル語が苦手な方でも対応してもらえます。
 

・ご自身の携帯がSIMロックフリーであること
・通信はモンゴルの無人地域には及ばない可能性があること
(いつでもどこでも通じるというわけではない事。これはレンタルWi-Fiでも同じです)

をご確認のうえ、モンゴルに行くのに、日本からモバイルWi-Fiなどをレンタルしていかれる方には、通信手段の選択肢として一考されてはいかがでしょうか。
 

ツーリストキャンプや草原の移動中でも、驚くほど使い勝手がいいと思いますよ。

寄稿  大道卓矢

IMG_2610
毎度、編集長のタケシです。
先週までは内モンゴルにいたのですが、寒くて寒くたいへんでしたが東京は相変わらず熱い。

地方行くとこんな感じの街がいっぱいあります。
街からはどこをみてもモンゴル文字以外はモンゴルはありません。これは政府の狙いでもあります。見事に漢化された内モンゴルです。
IMG_2613
合皮にフビライハーンの肖像画を描いてあるが、中身は酒です。中国の白酒というやつです。日本は湿気が高いためこれをもって来ると家中が皮臭くなります。絶対買わないこと。
IMG_2614
同じくチンギスハーンの肖像画の酒。
IMG_2615
馬乳酒と書いてありますが、本当に馬乳の成分が入っているか疑問です。
IMG_2619
内モンゴルのお土産と言えばこれビーフジャーキーです。
IMG_2616
種類も味もいろいろあって中国人には大人気です。しかし、基本的に日本への「肉製品」の持ち込みは出来ません。BSEとか鳥インフルとかの家畜の病気を日本に持ち込まないようにするためです。
IMG_2618

持ち込んでいいのはアメリカ・カナダ・オーストラリア・ニュージーランド産のみです。IMG_2617
干しチーズのような物です。
今までツアーに参加してくれた日本人らがこういうチーズはみんな苦手でした。やっぱり独特の匂いがあるからだと思う。これらも絶対買わないことです。乳製品も持ち込み禁止だからです。

乳製品の検疫についてもっと詳しく知りたい方は動物検疫所の公式サイトをご覧ください。

IMG_2512
毎度、編集長のタケシです。
一ヶ月ぶりの記事です。一昨日内モンゴルから帰ってきました。

今回の内モンゴルでの旅の出来事を複数回にわけて、写真たっぷりで紹介して行きたいと思います。当サイトの写真や映像をテレビ局、新聞社もよく使ってくれるので必要な方は事前に連絡下さい。

チョトハサン・ゲドス(血腸)

IMG_2473
いきなりですが、日本ではまず見ないだろうと思います。モンゴル人にとって羊は財産です。羊の肉を食べ、毛を売り、食べ終わった肉の骨も売ります。内臓も血も無駄なく美味しいご馳走の一つです。

チョトハサン・ゲドス言わば羊の血のソーセージです。作り方は簡単です。
新鮮な腸をきれいに洗って、血と小麦粉と塩、長ネギを切って混ぜます。そして腸に入れ茹でたり焼いたりして食べます。

内臓系が苦手な人でも焼いたときは食べやすいかと思います。

ホニン・トロガイ(羊の頭)

IMG_2475
ホニン・トロガイは見たの通り羊の頭です。頭だけではなく足も一緒に。
頭は作りが複雑のためまず毛を短く切ったあとに焼いて、その後何回も洗ってから茹でます。
味付けは基本塩のみです。

チャナサン・マハ(煮た肉)

IMG_2476
チャナサン・マハは日本のモンゴル レストラン行けばすぐ食べれます。ようは、骨付き肉を塩で煮て作ります。

カターサン・フールサン・マハ(干した肉の炒め)

IMG_2477
同じ肉でも、時間をかけて干した肉のため噛みごたえがあって本当にうまいです。炒めというより肉汁が染み込むゆっくり茹でて出来上がります。季節的には春の時のご馳走です。

ゲドス・トトル(内臓)

IMG_2499
内臓を茹で、味付けはもちろん塩のみです。

今回は内モンゴルの料理編について短く書きました。
内モンゴルのことをもっと知り合い方は次には下記の2冊がおすすめです。

内モンゴルを知るための60章 (エリア・スタディーズ)
ボルジギン ブレンサイン
明石書店
2015-08-01




↑このページのトップヘ