モンゴル情報クローズアップ!

モンゴルの文化、ビジネス、投資、観光、最新話題など幅広い情報をお届けします。(通称:モンゴルなう)

カテゴリ: 経済

今日のテーマは個人的にも興味があります。


モンゴル3大銀行の一つで、日本人がオーナーであり

支店数でも140を超えるNO.1の「ハーン銀行」からの情報です。

海外送金手数料の値下げです。

例えばJPYをモンゴル→日本へ送金する場合15,000MNTとなり、現在の為替レートで900円!!!

SMBCと三菱UFJに送金する場合は0.05%となり、例えば100万円送金しても500円!!! 

これは安いです。

ちなみに他銀行への送金は0.1%となります。

さらにUSD、CNY、EUR、CHF、GBP、CAD、AUD、KRW、RUB、SGD、JPYの貨幣を扱っています。

定期預金も現在13.4%のハーン銀行は、日本語が通じるスタッフが何人もいます。

そして、個人用オフィス、法人用オフィスがともにあり、それぞれ日本留学経験者が常駐しています。

口座を作ることができると、いろいろな最新情報が日本語でメールで送信されてきます。

香港の口座は日本語で作れるのでしょうか?

日本語サービスがあるのでしょうか?

国税局がすでに張り付き、情報がオープンにされつつある香港と比べると

モンゴルは100%ノーマークです。


取り扱い貨幣の種類を見ても、世界的に流通している通貨はほぼ網羅しており、

口座さえ持っていれば、資金の出入金は自由度が高く、

手数料も安い、日本語も通じる。

いろんな意味でモンゴルは 「金融オフショア」 だと私自身は感じています。

海外口座はますます開設するのが難しく、、、

続きはブログで
http://blogs.yahoo.co.jp/johnny_newyorker/22641187.html

モンゴル情報はここでも
https://twitter.com/ken_masaki

http://mongolkabu.exblog.jp/17264659/


Mongolian Daily Business Newsによれば、モンゴル政府は今年の6月の国会選挙までには、国有石炭企業のErdenes Tavan Tolgoiの上場を完了させる意向であると報じている。上場は当初はロンドンとモンゴル市場で行い、香港市場はその後とのことである。

上場の準備は行われているが、関連書類のモンゴル語への翻訳作業に時間がかかっており、また、同株式は、2010年以降に生まれたモンゴル国民に無償で配られるが、その管理も大変であるという。

ロンドン、モンゴルと同時に香港での上場も検討されていたが、モンゴルが、香港市場に上場できる国のリストに入っていないことや、国会総選挙の前に特別な制度を承認することに抵抗があることで、今回は見送られた。

モンゴル政府は同社の株式の30%を国際的に、10%をモンゴル企業に、10%を国民に、残り50%を政府に割当てる計画である。

Tavan Tolgoiの上場によりモンゴル証券市場の時価総額は2倍になる見込みがあるという。



おそらく、モンゴル経済では現在もっとも熱い話題だと思います!

ですが、自分の予想では上場は遅れて、来年の頭くらいかな?

とも思いますが。

ただ、今後の欧州の行方次第ではどうなるのか?



キューバとモンゴルの電子書籍を発売しました!


カリブ海の奇跡 CUBA


草原の国 モンゴル


興味のある人はこちらから確認してください!!!


キューバ




モンゴル


モンゴルの情報とは違いますが、世界経済はモンゴル経済にも大きな意味を
持つので、書いてみます。

あくまでも自分の考えなので1つの参考でお願いします。

ハッキリ言って、今後の世界経済は厳しくなり、1920年代の後半から
30年代の世界恐慌が今後は訪れると自分は感じています。

その始まりが2012年かな?と思っています。

ソ連が崩壊してアメリカの市場原理主義が世界を席巻しましたが、
サブプライムやリーマンショックであきらかになりましたが、ある意味
詐欺のような形での成長でした、、、、。

日本もそうですが、欧米の先進国は借金を重ねていただけの成長が露呈
されて、ギリシャを皮切りにアイルランド、ポルトガル等が続き、それが
EUの大国であるイタリア・スペインに広がり、フランスも厳しい状況
なのが現実です。

ユーロが100円を切っているこの状況はありえません!

もちろんアメリカも同じような状況ですが、、、、。

そして、中国の不動産バブルにも暗雲が立ち込め、EUが駄目になれば、
中国は大きな影響を受けます。

中国が厳しくなれば、日本はもちろん、世界全体に大きな影響が
あります。

世界は完全にグローバル化しました。

リーマンショック前は先進国が駄目になっても新興国は大丈夫という
話がありましたが、まったくの幻想でした、、、、、。

EUの発足理由は2度の世界大戦はいずれも欧州から始まり、欧州は
表面上は仲良しですが、実は物凄く仲が悪いのが真実です。

EUはドイツの封じ込めというのが真の目的で発足しましたが、
現状はドイツの独り勝ちで、ドイツの動き次第ではEUは崩壊します。

ドイツはヒトラーの時代がドイツ第3帝国と呼ばれていましたが、
最近のドイツの強気な態度に欧州はドイツ第4帝国か?

と、疑心暗鬼なのが現状です。

2012年はアメリカ、ロシア、台湾、フランス、韓国、中国などの
大統領選挙があり、指導者が変わります。

これも今後の1つのキーポイントになります。

欧州の財政危機の発覚した国は全てで政権交代がありました。

欧州は今後は緊縮財政を取るしかないので、おそらく景気は減速します。

景気の減速=税収の減少=借金は減らない=国民は不満=デモ!

この形が既に現れていますが、拡大の可能性もあります。

日本に関しては、近い将来に財政破綻するので、投資どうこうよりも
最後の円高の内に豪ドルに変えて、タンス預金を最低限進めます。

年金は既にねすみ講になっているので、払わない方がいいかな?
とも思っています。

経済以外にも戦争の危険もあります。

北朝鮮の事ばかり日本では報道していますが、北よりも中東の事を
くわしく報道すべきです!

中東革命で政権が倒れた国はリビアは特殊ですが、エジプト・チュニジア
は親米の国でした。今後はムスリム同胞団が力をつけて、イスラムの国に
なり、反米の姿勢になると思います。

中東にはイスラエル問題があり、イランとの戦争の危機がかなり前から
指摘されていますが、現実になる可能性が高まってきています。

欧米はイランに新しい経済制裁を決めましたが、イランは対抗として
ホルムズ海峡の封鎖を示唆しています。

この海峡は中東の原油を世界に輸送する通り道です。

ここが封鎖されたら原油価格は跳ね上がり、瀕死の状態の世界経済は
大ダメージを受けます。

シリアの内戦はかなり重大なポイントでシリアのアサド大統領が
倒れれば、中東の勢力図に大きな変化があり、一気に緊迫する可能性が
あります。

まぁ世界経済も中東の混乱も元を考えれば、全ては欧米が悪く、中東問題に
関しては特にイギリス・アメリカの2カ国が悪く、1800年代の後半から1945年の第2次世界大戦までの帝国主義が全てなんですが、、、、、。

結局は先進国の傲慢な姿勢が全ての面で露呈されてきたかな?
と思っています。

やはり、キューバのような国の体制を基本として、そこに資本主義の
良い部分だけを取り入れた制度がベストだと思います。

今後、投資をしようかな?と思っている人は今の世界経済や世界情勢は
実は非常に緊迫している!という事を理解して自己責任でやって下さい。

今後はリスクしかないですが、リスクを逆手というか、反対に取れば
大チャンスとも言えます!

一気に投資で駆け上がるなら今後の5年間くらいで世界は大きく変わる
パラダイムシフトの時代が来ると思いますので、その波に乗れば
素晴らしい成績を残せるかもしれませんが、、、、、。

大英帝国(イギリス)からアメリカに覇権が移り、今後は中国なのか?

歴史は繰り返すで経済が混乱したら世界的な戦争になるのか?

どちらにしても自分は楽観的ではなく、悲観的に今後の世界経済や
世界情勢を見ています。

日本は。おそらく悲惨な未来が待ち受け、何も準備や対策をしていない
人は信じられないくらいの痛みを受けるのでは?と思っています。

自分はどうなるのか?未来は分かりませんが、悔いなく過ごしたいですね!

投資を考えるなら最低限このくらいの知識と何故?今、このような円高
なのか?何故?アメリカやEUが自国の通貨安を容認しているのか?
何故?日本は欧米のようにお金を刷らないのか?

このくらいの事をスラスラと答えれないといけないかな?

と思います。





キューバとモンゴルの電子書籍を発売しました!


カリブ海の奇跡 CUBA


草原の国 モンゴル


興味のある人はこちらから確認してください!!!


キューバ




モンゴル

↑このページのトップヘ