モンゴル情報クローズアップ!

モンゴルの文化、ビジネス、投資、観光、最新話題など幅広い情報をお届けします。(通称:モンゴルなう)

カテゴリ: モンゴル・経済

第1回モンゴル情報交換会の開催について告知します。
これを機会に、人も情報も沢山の出会いがあればと考えております。
先着順になりますが、時間の都合が合う方は、是非参加されて下さい。

今回は、日本人が設立した「フロンティア証券・CEO井形氏」をお招きし、
モンゴル市場の現状と今後の見通し等レクチャー頂き、その後、質疑応答
等の意見交換を行いたいと思います。


■■開催詳細■■
開催日程:2011年11月26日(土)12時〜13時
参加費:無料
 ・私の趣味の範囲で講師も善意での開催なので。
募集人数:5名
 ・スカイプが推奨する人数の都合上。
必須事項
 ・Skypeを使用出来る方が対象です。
 ・私のグループビデオ機能使用なので、有料に入る必要ありません。
WEBカメラ
 ・130万画素で1,500円前後で家電量販店等で販売してます。
 ・画素数が低い分は問題ないですが、高いと通信が遅くなります。
 ・音声・映像の確認は、事前にお願いします。
 ・Skypeの事が、良く分からない方は相談に乗ります。
 ・但し、画像は特段必要としないので、カメラ機能は無くても結構です。

その他、詳細は下記で御確認願います。
【@Ryuのモンゴル情報株日記】

Temujin@北海道

モンゴルの定期預金についての情報の2回目です。

モンゴルにはビック4と呼ばれている4大銀行があります。

1、Khan bank(ハーン銀行)

2、Goromt Bank(ゴロムト銀行)

3、TDB(Trade and Development Bank)

4、Xas Bank(ハス銀行)


それぞれの特徴として、
1、のハーン銀行は日本の旅行会社HISの澤田会長が筆頭オーナーです。
  2007年ごろに澤田さんが大株主になり以来目覚しい発展を遂げています。
  財務内容抜群、モンゴル最大の支店数を誇ります。現在140店舗以上。
  また、最大の顧客数も持っています。
  日本語堪能なモンゴル人もいるので、サポートも安心です。
  どんな質問をしても、レスポンスが早く信頼できます。

2、ゴロムト銀行は、歴史が古く、モンゴル人同士の取引によく利用されているようです。

3、TDBは頭取も欧米人(確かカナダ人?)で外国からの送金が手軽にできたり
  欧米人に人気があります。


預金金利についてですが、1年の定期預金金利は次のとおりになります。

1、ハーン銀行   ○○.○%
2、ゴロムト銀行
3、TDB

つづきはブログで

http://blogs.yahoo.co.jp/johnny_newyorker/21689195.html

mongol




カリブ海の奇跡 CUBA

http://p.booklog.jp/book/34400

に続き、電子書籍の第2弾の表紙が完成しました!

2007年の春に、単独でいきなりモンゴルに個人旅行して
モンゴルの証券会社に口座を開き、モンゴル投資をスタートして
約4年半、、、、、、。

初の投資が海外でしかもモンゴル!

何故か?モンゴルに投資した日本人の第一人者!

しかも、ヤンキー上がり!

しかも、モンゴル株は急上昇!

などなど、多くの出会いや奇跡や困難がありましたが、

(ここを書き出すと膨大な量になるので全てカット!(笑))

モンゴルに関しての電子書籍の発売が予定では今月の18日
になるみたいです!

キューバに続き、電子書籍の第2弾!!!!!

自分も楽しみです!!!

↑このページのトップヘ