モンゴル情報クローズアップ!

モンゴルの文化、ビジネス、投資、観光、最新話題など幅広い情報をお届けします。(通称:モンゴルなう)

カテゴリ: 経済

Сайн байна уу?

だいぶ前になりますが、欧州ではまだコロナが本格的に広がる前、2020年1月にドイツで旅行展示会(Urlaubsmesse)が開催されており、行ってきました。

リンク:CMT Messe 23. - 31.01.2021 Die Urlaubsmesse

モンゴル旅行会社が3社も来ていました。みなさん、ドイツ語がめちゃくちゃ上手です。さらに驚いたことに、日本語ができるモンゴル人もいました。日本語・独語・英語どれもできるのがすごいです。

ドイツ語ではモンゴル語のことをMongolei(モンゴルライ)といいます。女性名詞です。なので、冠詞をつけるとdie Mongoleiとなります。なぜ女性名詞なのか?なのですが、eiで終わる単語は女性名詞になるという文法的なルールで、特に深い意味はないっぽいです。トルコもdie Turkeiで、女性名詞です。

DSC00834
↑もらったパンフレット。モンゴルのキーホルダーももらいました。久しぶりにモンゴル語を話しましたが、すごく忘れてびっくりしました・・・。モンゴル語を話そうとしても、ドイツ語がどうしても出て邪魔してしまいます。

さらに、展示場にゲルがありました・・・。ドイツ人が中でビールを飲んでくつろいでいました(笑)
DSC00822

DSC00821

展示場(Messe)では、世界中のブースがありました。やはり、ヨーロッパなので、イタリアのブースがすごく多かったです。その他欧州・ドイツ国内もあれば、トルコ、アフリカ、東南アジア、東アジア、南アメリカ、北アメリカを世界をまたがった大規模な展示会でした

DSC00819

DSC00807
DSC00804

DSC00828

入り口はこんな感じです。

DSC00797


DSC00796

さて、このコロナ禍で世界的に観光産業は大きくダメージを受けています。

モンゴルはどうでしょうか。2020年6月14日現在、在モンゴル日本大使館の情報を見ると、「4.入国制限措置(1)モンゴル政府は,6月30日(火)まで,モンゴル発着の全航空便の運航を停止するとともに,外国人の入国を原則として禁止しています。」と書かれています。

ということは、モンゴルの産業で貴重な収入源である観光業は夏にしっかり稼ぐのが重要であるとされています。しかし、このコロナの状況から「外国人観光客への夏のモンゴルツアー」は不可であるということを意味ます。さらに、今年のナーダムは7月11日から7月15日と予定されているのですが、まだ見通しが立たないようです。

ちなみに、日本からドイツの入国ですが、日本人の場合は2週間の隔離がなく、そのまま入国できるそうです。しかし、これはドイツの保健局による統計情報から判断されるものであるため、しっかりと当局に確認を取る必要があります。

ところで、このようにコロナで打撃を受けたモンゴルの観光業の会社は、モンゴル政府から特別給付金や特別融資が行われるのか、不明なところがあります。ちょっと調べてみたのですが、確認できませんでした。

夏にしっかり稼ぐ観光業が、収入がほぼゼロになってしまった場合、どのように収入を得るのか?どう生活を支えるか、が大事だと思うのですが、モンゴルの資源による収入をどう国民に分配するかにかかっていると思われます。しかし、石炭の輸出量は、ロックダウンのせいか、前年度比で大幅に落ちています。

「石炭の採掘(ОЛБОРЛОЛТ)、販売(БОРЛУУЛАЛТ)、輸出(ЭКСПОРТ) 2019年・2020年」
スクリーンショット 2020-06-14 22.39.42
出典:鉱物資源石油庁 Статистикийн мэдээ 4-р сарより

モンゴルのコロナ対策はかなり早急に大胆に行われたため、累積感染者数が41名、死者数がゼロとかなりよくやっています。(ソース:在モンゴル日本大使館 「モンゴルにおける新型コロナウイルス症例状況:計41名(5月5日現在)」) ベトナムも死者数がゼロで、中国に隣接してトップダウンで封じ込めることができる国は、感染をうまく抑えられているようです。

デイリー新潮:コロナで未だ「死者ゼロ」のベトナム、感染爆発なしのアフリカ 驚きの理由とは?

しかし、これから、どうモンゴル経済を立て直すかが、課題となっているかと思われます。

ドイツにもモンゴル旅行のファンはいます。さらに、旅行中毒とも言えるドイツ人の中には、他の人が行ったことない国としてモンゴルに興味を持っている人もいます。

是非とも早くモンゴルの草原の観光が戻ってくることを祈願しております。

今回はここまで。

電気回路
【写真 枩昌殻隻Г気(左から2人目)が見守る中、自分で作った電気回路の実験=2019年10月2日、モンゴル高専

溶接
【写真◆曠ス溶接の実習。モンゴル高専には、学生17人が同時に実習できる設備がそろっている

 「ものづくり重視の教育を行っています」。モンゴル高専で技術移転センター長を務めるガンオドさんは、力強く語り説明した。
 モンゴルには、日本の高専(工業高等専門学校)にならった学校が3校ある。私立のモンゴル高専と新モンゴル高専、国立科学技術大学の付属高専の3校。いずれも2014年9月に開校し、今年、初めての卒業生を送り出した。日本の高専を卒業したモンゴル人が、日本と同じ学校をつくりたいと奔走し、日本の高専関係者も支援して誕生した経緯がある。
 モンゴル高専は、もともと建設関係の専門学校だったが、モンゴル技術工科大となり、さらに高専を併設した。高専は、建設、機械、電気電子、生物の4工学科があり、学生数は270人。教職員は60人。このうち日本人の常勤教員は4人。ほかに日本人の短期間の講師は多数に及ぶ。
 モンゴル高専の設備は、日本から移設したものが多いそうだ。東京都立高専で使われた製図用具や旋盤、閉鎖された三井化学鹿島工場から譲られたガス・水質分析機器、三菱電機名古屋工場のインバータなど。モンゴルでは、山形市などの学校で使われた中古の机や椅子が多数、再利用されているが、ものづくりのための道具もいっぱい活躍している。
 ガンオドさんは、日本式の高校「新モンゴル高」(現在は小中高)と宇都宮大工学部の建築学科を卒業している。彼が担当する技術移転センターには、旋盤12台、溶接機17セット、フライス盤などがそろっており、ちょっとした町工場のよう。
 「日本には、専門技術を持った中小企業がいっぱいあり、技術大国を支えている。モンゴルも日本を見習って、何でも自分で造れる職人を育て、中小企業を育成しなければならない」とガンオドさんは言う。
 実際に取り組んでいる事例として、ガンオドさんは、気球の実験を挙げた。3万メートルの成層圏に気球を上げ、ちりを集めて微生物を探しているという。モンゴルは海がなく、森林も少ないので、日本と違ってサンプルを集めやすい。
 ウランバートルは、冬の大気汚染が深刻な社会問題になっている。気球の実験は、その現状把握にも役立つ。気球で汚染データを集めるのだが、リアルタイムで調べるには、情報をやり取りする空中の中継通信基地が必要なのだという。そこで、情報を中継するためのドローンを自前で製作しているそうだ。
 生物工学科では農業の研究も行っている。黒ニンニクをモンゴルの気候風土の中で効率良く栽培する方法、トマトやレタスの水耕栽培、家畜の排せつ物からメタンガスを取り出し利用する方法などなど。
 モンゴルは学歴社会である。私は、留学生と話す機会が多いが、大体は「大学院に進学したい」と言う。しかし、ガンオドさんは「頭で考えるだけでなく、実際に、ものづくりをしないと駄目だと思う。ものづくりを通して、チャレンジ精神や達成感を醸成したい」と言う。
 モンゴル高専では、入学試験にも、「ものづくり」があるそうだ。ゴムひも、紙、粘土、わりばしなどを用意し、受験生に何かを作らせる。「いろいろな作品が出てきます。面白いですよ」とガンオドさんは言う。
 日本人教員の話も聞いた。西山明彦さん、78歳は、2013年秋、モンゴル高専が正式に開校する1年前、試行的に開校したときから電気工学を教えている。「モンゴルの若者を見ていると、日本の昭和30年代の若者と似ているように感じる。ものごとに敏感で、何でも関心を持ち、努力している」と西山さん。
 モンゴル高専は、「ディレクトフォース」の遠隔授業も取り入れている。日本の経済成長を支えた企業戦士のOBたちが、ボランティアで、長年培った所見を、光ファイバーの高速ネットワークを使って行う授業だ。西山さんは「実際に、ものづくりを行った技術者が、実験をしながら進めるところがすばらしい」と説明する。

▽森修 もり・しゅう
1950年、仙台市生まれ。元河北新報記者。1998年、山形市で勤務していたとき、たまたま入ったバーでアルバイトしていたモンゴル人の留学生と出会う。以来、モンゴルの魅力に取りつかれ、2005年「モンゴルの日本式高校」、2012年「あんだいつまでも新モンゴル高校と日本」をそれぞれ自費出版。

チンギス・ハンとモンゴル帝国の歩み (フェニックスシリーズ)
ジャック・ウェザーフォード
パンローリング 株式会社
2019-10-12


IMG_9944

【写真説明】新モンゴル工科大と新モンゴル高専(ウランバートル市バヤンズルフ区13番地区)

 

 マブチ国際育英財団(千葉県松戸市)が資金を提供し新モンゴル小中高(ウランバートル市)が運用する新モンゴル・マブチ基金という奨学金がある。モンゴルの大学で学ぶ若者向けの貸付型奨学金だが、先輩が後輩を指導する独自の方式を採用し垂れ流しではない循環型を目指している。発展途上国への支援の在り方として私は注目している。

 マブチ国際育英財団はマブチモーター創業者馬淵隆一さんが個人資産111億円(株券と現金)2005年に設立した。これまでベトナム、カンボジア、モンゴルなどアジア各国から日本に来て学ぶ若者に月額10万円の返済義務のない給付型の奨学金を支給してきた。

 この実績を踏まえ、2015年、モンゴルの大学で学ぶ若者に、年額1500ドルの返済義務付きの奨学金スタートさせた。書類選考と面接で毎年30人を選抜して支給しているが、応募者は100人に上るという。受給者は新モンゴル高の卒業生は少ないそうだ。モンゴルでは奨学金の絶対数が足りないので競争率は高い。

 マブチ基金の奨学には、メンター(助言者)という連帯保証人が付く。メンターは、新モンゴル高の卒業生でマブチ財団などの給付型奨学金を受けて日本の大学を卒業した人がなる。メンターと奨学生は4回の交流会出席しなければならない。また奨学生は成績表の提出も義務付けられており、基準に達しない者は奨学金の支給が打ち切られる。

 お金がないのなら支援してあげましょう―という給付型は分かりやすい。しかし、この場合、財源をどうするかの問題がつきまとう。返済義務がある貸付型は、銀行の教育ローンなどさまざまあるが、利息が付くので返済にまつわるトラブル問題が発生する

 マブチ基金の奨学金は利息なしだ。教育ローンとは全く異なるこれでも返済できない事例は出てくるだろう。しかし、返済金は次の世代のために使われる財源問題は生じない。給付型「垂れ流し」なのに対して、こちらは「循環型」であり、信頼関係が構築できれば、いつまでも続けることができる。

 モンゴルでは、日本のODA(政府開発援助)で新空港の建設が行われ、近く開業する(工事は終わったが開港遅れている)。約500億円の巨大プロジェクトだ。こうしたインフラ整備は確かに必要だ。しかし、巨額資金を使わなくても、発展途上国を支援する方法はいっぱいあるように思う。

 新モンゴル高は、山形などの市井の人々支援して誕生した。学校をつくるのなら、柱の一本ぐらいは協力しましょう―という、ささやかな取り組みだった。その後、全国各地で新モンゴル高との交流が始まった。さまざまな交流が進む、この学校とマブチ財団にも信頼関係が生まれ、それがマブチ基金につながったと私は見ている

 新しいマブチ基金の奨学金について、私は、いろんな人に意見を聞いた。3年前のことだが、東京の大使館に勤務していたモンゴル人は「そんなの、うまくいくわけ、ないでしょう」と言い切った。モンゴル事情に詳しい日本人は「利息なしなら、そのお金をモンゴルの銀行に預ければ、モンゴルの金利は高いから、利殖に使えるのではないか」と解説した。二人ともモンゴル向け貸付型の奨学金には懸念を示した

 一方、東北大の大学院で学ぶオブス県出身のモンゴル人は「確かに返済できない人出てくるかもしれない。でも、モンゴルでは、お金がなくて進学をあきらめる人が多いので、とてもいいことだ」と肯定的な意見だった

 皆さん、どう思われますか。給付型の奨学金は確かに必要だ。しかし、貸付型にも、いい面はあると私は考える。信頼関係があれば、自助努力を促す効果は大きいのではないかと思う


▽森修 もり・しゅう 

1950年、仙台市生まれ。元河北新報記者。1998年、山形市で勤務していたとき、たまたま入ったバーでアルバイトしていたモンゴル人の留学生と出会う。以来、モンゴルの魅力に取りつかれ、2005年「モンゴルの日本式高校」、2012年「あんだいつまでも新モンゴル高校と日本」をそれぞれ自費出版。


全身全霊 第70代横綱、18年間のけじめ 日馬富士公平
日馬富士 公平
ベースボール・マガジン社
2018-09-27


mongol shop4

モンゴルにアマゾンあるか?


毎度、編集長のタケシです。
日本に暮らしていると、家から出なくても食べ物も日用品もAmazonのボタン一つで調達できてしまう非常に便利な時代です。

時々聞かれます:「モンゴルにAmazonあるのか?モンゴルに郵便物届くの?」と。

結果から言うとモンゴルにAmazonはないです。荷物は届きます。

モンゴルにAmazonはないのですが、日本のAmazonで海外発送対応した本とCDなら注文してもモンゴルに送ることができます。実際、モンゴルまでの運ぶのは国際宅配便、運輸で有名なDHL社です。

DHL EXPRESSサービスガイド料金表2018

モンゴルのECサイトの紹介

モンゴルのECサイトはこれから伸びると思いますが今のところ商品の種類が少ないのとECサイト自体が未熟であります。例として三つあげます。
mongol shop 1

Compasso LLC社が運営しているECサイト、料金表示(米ドル)を見ると分かるように外国人向けです。モンゴル在住の人はわざわざドルに両替してまでネットショッピングすると思わないです。

mongol shop 3

同様にe-Mongol LLCが運営してサイトもドルかユーロ決済になっているのでこれもあまり使用用途がないと思います。 


mongol shop 2

運営会社は不明ですが、market.mnは確かにモンゴル人向けのECサイトです。
しかし、取り扱っている商品をみるとほとんど輸入品です。上記の2社のようにゲルやモリンホールなどモンゴルらしい物は売ってないようです。
https://market.mn/

モンゴルに荷物送る住所


多分みんな気になると思いますが、遊牧民って住所があるの?遊牧してたら荷物は届くのとか。

実は、モンゴルでは日本郵政に該当するMongol Postがイギリスのベンチャー企業what3words社が提供する単語3つの組み合わせで住所を表すシステムを導入してあります。



正直言ってこれは日本の東京都〇〇区〇〇丁目という住所よりも優れものです。なぜならば、全世界を9平方メートル(3 x 3メートル)に区分けして計算するため野球場でもどのへにいるか正確に表すことができます。これからのドローン運送や遠隔治療に大いに貢献できるからです。

ということで、今日はモンゴルのEC事情と住所などについて手短に紹介しました。他にも、モンゴルに関して疑問やリクエストあればコメントやメッセージを頂ければと思います。

全ての住所を単語3つの組み合わせだけで表現する「What3Words」がモンゴルで導入へ

Top 20 Index
△Top 20 Index

毎度、編集長のタケシです。
いよいよ来週から6月まで内モンゴルへ、そして6月から7月まではモンゴルへ行って来ます。

新モンゴル空港での日系企業の代理店作りなどビジネスの話がメインではありますが、モンゴルの情報を発信する以上、もっとモンゴルの事情、知識を極めないといけないと思って、長く滞在する予定です。

では、本題に入ります。
日本では桜が咲き(もう散っているけど)、アベノミクス効果が全開の中ですが、モンゴルはという先日まで雪が降ったり、経済だってよくない状態です。

モンゴルの上場企業トップ20の指数を見れば分かりますが、昨年は例年に比べて上昇したもの11月をピークにして下降しています。
ちなみに、この上昇は中国による石炭輸入再開が主な原因であって、モンゴル経済そのものがよくなったわけではないです。

そもそも、モンゴルの上場企業TOP20(指数)にどんな会社があるのか知り合いよね。トップ3までは詳しく書きますが、それ以外は省略しました。本気で投資するなら自力でリサーチしないとね。

Symbol Company name Business description
1 TTL Tavantolgoi Coal mining
2 GOV Gobi Textile production
3 APU APU     Food production
4 TCK Talkh-Chikher Food production
5 NEH Darkhan Nekhii Fur and leather processing and garments manufacturing
6 SUU Suu     Food production
7 BNG Bayangol Hotel Hospitality
8 MNP Mongolian post Postal service
9 MIE Materialimpex Wholesale trade
10 UID Ulsyn ikh delguur Retail trade
11 HGN Khukh gan Metal production
12 GTL Gutal     Property management
13 BDS B D Sec     Financial services
14 MMX Makhimpex Food production
15 EER Arig gal Textile production
16 SHV Shivee Ovoo Coal mining
17 ADL Aduunchuluun Coal mining
18 MIK Mongolian Mortgage Corporation  Financial services
19 MCH Telecom Mongolia Telecommunication
20 SHG Sharyn Gol   Coal mining

Tavantolgoi (TTL)

鉱業(石炭)
1966年に設立された主に石炭を輸出している会社です。
主要株主は地方政府51%の株を持っています。タバントルゴイは日経に記事が度々掲載されており、世界最大規模の開発中の炭鉱と言われています。日本の住友商事が現地子会社を通じてコマツの鉱山機械などを提供しいます。
Tavantolgoi
△2011年のSというのは、ちょうどWBSでモンゴル投資が熱いと紹介されてて、どちらかと言うと日本人投資が買われたと思われます。悪く言えば、仕込まれてたものです。それ以降出来高が全然ありません。

Gobi (GOV)


繊維生産
1981年に日本政府の支援で設立され国営企業だったのですが、2007年に民営化されました。日本でもモンゴルのカシミア製品がたくさん売られているのですが、そのほとんどがゴビ社が生産したものです。

△出来高はそこまでないのですが、まぁまぁ取引されてて、上昇しているからこれは企業本来の株価を表していると思います。

APU (APU)

ウオッカ、ビール製造など。
1924年に設立したモンゴルではかなり古い会社になります。
日本ではAPUと言っても今一ピンとこないかもしれませんが、Chinggis KhanウォッカやGolden Gobiビールなど有名なブランドを創出している会社です。



APU
△人口が増えているにもかかわらず、株価が一昨年に比べて下がっているということは、直接景気がよくないと判断していいでしょう。アルコール人口が減るには別にいいことだけどね。

PR モンゴルの市場調査・進出支援ならモンゴル商事にお任せ下さい。

モンゴル時代の「知」の東西 上
宮 紀子
名古屋大学出版会
2018-03-09


↑このページのトップヘ