モンゴル情報クローズアップ!

モンゴルの文化、ビジネス、投資、観光、最新話題など幅広い情報をお届けします。(通称:モンゴルなう)

カテゴリ: モンゴルに関する本

3

top

小説「チンギスの陵墓」は、「マギの聖骨」や「ユダの覚醒」などで有名なジェームズロリンズの歴史的事実に基づいたフィクションの小説です。


シグマフォースシリーズとして人気があり、ファンの方も多い作品です。


歴史上、世界最大の帝国を作ったモンゴル帝国のチンギスハンの遺体はもとより、陵墓も見つかっていません。
現在、ヘンティー山脈周辺は外国人はもちろん、自国の人でも立ち入れない「立ち入り禁止区域」となっています。

チンギスの陵墓は、このロマンと科学などのフィクションを混ぜ合わせたアクションアドベンチャーになっています。


ネタばれになるのであまり詳しいことは記載できませんが、上巻は前半ではマカオや九龍半島の描写が多く、後半になるとチンギスハンの墓だけでなく、他の歴史事実とも話しが絡まり面白くなってきます。

下巻で主にモンゴル周辺を舞台として進んでいきます。


舞台が適度な長さで展開されるので、飽きずにテンポよく読めます。

ただ、多少現実離れしているので、あくまでフィクションとして楽しむと良いかなと思いました。

2

「歴史的事実」として記載されている情報の中から、モンゴル関連の箇所を一部抜粋します。


ちょっと多くなってしまいましたが、引用・・・

チンギスは先進的な考えの持ち主でもあった。

彼の帝国は初めて国際的な郵便制度を確立し、外交特権という概念を取り入れ、政治の場に女性を登用した。

だが、それよりも重要なのは、モンゴルがそれまでに類を見ないほど宗教に対して寛容だったことだ。
------------------------------------------------------------------------
隠されている財宝の規模といったら、エジプトのツタンカーメンですら足もとにも及ばないだろう。

中国、インド、ペルシア、ロシアなどを征服して手に入れたおびただしい数の戦利品がモンゴルに運びこまれたが、いまだに見つかっていない。
------------------------------------------------------------------------
ソヴィエト連邦の影響下にあった数十年間は、チンギスの名を口にすることさえも禁じられていた。

ヘンティー山脈に通じる道をソ連軍の戦車がふさいでいたため、偉大なるハンの生誕地を訪れたりあがめたりすることすらできなかった。
------------------------------------------------------------------------
ハヤブサの飼育の歴史は、チンギスハンの時代までさかのぼります。
戦士たちはハヤブサを使ってキツネ狩りをしていました。
時にはオオカミも狩りの対象だったらしいですよ。人間を狩ることもありました。
事実、チンギスの専属ボディガードはハヤブサ使いだったんです。
------------------------------------------------------------------------
陵墓の所在地ではないかとして本書に登場するブルカン・カルドゥンは、2015
年にユネスコの世界文化遺産に登録されている。


小説の冒頭やあとがきを見て、著者は「フン族のアッティラがローマを滅ぼす寸前まで行きながら、法王レオ10世との面会で直前になってとりやめた。その理由」など、歴史的事実としてありながら語られてこなかった、ほころびの部分に魅力を感じているのではないかと感じました。



「チンギスの陵墓」は、チンギスハンの墓というロマンを絡めた小説となっていて、モンゴル好きな方も歴史ロマン好きな方にもおすすめの1冊だと感じました。


top

「チンギス・ハンの墓はどこだ?」は、くもん出版の本だけあり、小学生でもわかりやすく読みやすい文章になっています。


この本では、チンギスハーンの3つの大きな謎について書かれています。


大きく分けて、「何故、巨大帝国を作れたのか」、「何年に生まれたのか」、「死んだ後にどこに埋められたのか」について記載されています。


モンゴル考古学の専門家である白石先生が、わかりやすくモンゴルの文化、歴史などについて解説されています。

2


以下、核心に迫っている部分を引用させて頂きます。


引用・・・

墓の場所は「元史」を見ると「チェーリン谷」、700年ほど前に書かれたペルシャ語の書物「集史」には「ブルハン山」と出てきます。

でも、かんじんの「チェーリン谷」、あるいは「ブルハン山」という場所が、今のモンゴルじゅうを探してもどこにも見当たらないのです。


〜(略)


チェーリン谷がどこかを推理するようになりました。
その結果、「チェーリン谷」はヘルレン川の近くだということになりました。
また、「ブルハン山」は、ヘンティー山地にあるヘンティー・ハーンという山だという伝説がモンゴルには古くからありました。

ヘルレン川もヘンティーハーン山もチンギスのふるさとだから、そのあたりに墓をつくった可能性は高いでしょう。


こういった流れから、日本とモンゴルの代表が話し合い、1990年4月、墓探しプロジェクトが始りました。


(略)〜

以後、ゴルバンゴル調査は、チンギスを神様のように考えているモンゴル人の反対や日本のバブル崩壊による会社の調査費用の出資中止などにより、1993年を最後に調査は中止になったそうです。


核心をつく調査の流れについては上記のようになっていますが、この本には"墓のこと以外にも様々なモンゴルのこと"が書かれているので、総合的に楽しめる本になっています。


〇前調査一般調査B量と掘ダ依Δ泙箸瓠といった考古学調査の方法についても記載されているので、考古学好きにもおすすめです。



結局のところ、チンギスの墓は見つかっていないというのは周知の事実ですが、墓のある場所の可能性にせまった面白い本だと感じました。


チンギスハーンの墓がどこにあるのかについては、モンゴルの方はもちろん、研究者や考古学者を筆頭に世界中の方がロマンを感じている「謎」だと思いますが、モンゴル関連のおすすめの本だと思います。




2017年、相撲が若貴時代以来のブームとなっているようです。

入場客数が90年代の若貴ブームの頃に84万4000人で絶頂期でしたが、今はそれに迫る入場者だそうです。2015年は76万人だったとのことです。


白鵬、日馬富士、鶴竜、稀勢の里と4横綱時代となって、今後益々、注目の場所となりそうです。この4人中3人がモンゴル出身の力士となります。

sumo

「相撲よ!」は、モンゴル出身で優勝回数歴代最多の37回第69代横綱「白鵬 翔」の自伝です。


幼少期の日本相撲を目指すようになった経緯から、モンゴル相撲の横綱であるお父さんのこと、モンゴル人の日本に対する感情、四股名の由来、奥様との出会いなど今までの経緯を赤裸々に記載された内容になっています。


もちろん、相撲に関してのことも記載されており、心技体からくる心の重要性、筋肉に関する鍛え方の重要性などについても言及されています。


欧米式のトレーニングではなく、「四股」「鉄砲」「すり足」「腕立て」の伝統的な基本の鍛え方の重要性が良くわかります。

sumo2

モンゴルでは日本の相撲は大人気で、複数の局が放送されているそうです。


「横綱、力士の品格とは何か? 日本の伝統とは何か?・・・・。」といったファンならずとも気になる部分についても記載されています。

以下、引用・・・

相撲について多くのことを学んできたが、相撲の本質を知るにつれ、強いだけではいけないのだ。ガッツポーズもやるべきではないということがわかってきた。


私の知り得た情報の一部を以下に記すが、日本文化や伝統を同時に知ることができておもしろい。


まず、相撲は格闘技の一つではないということだ。

神事であることを見落としてはいけない。

モンゴルにも国を挙げて行なうナーダムという祭りがあるが、その祭事の一つとしてモンゴル相撲の競技が行なわれる。そういう意味では少し共通点がある。

大相撲における「神」とは、八百万(やおろず)の神である。土俵のしつらえや力士が行なう所作の一つ一つが、神と関わっている。


そこは、『神の降りる場所』なのである。 〜〜略  とにかく土俵は神が降りる場所であるから、けがれを入れないのが大原則。

出典:
相撲よ!白鵬 翔


モンゴルでは、壁を乗り越えないと地位につけない『壁を破って地位につく』という言い方があるそうで、横綱になるのなら朝青龍関を倒してからだと思っていたそうです。



以上、若干、相撲よりの記事になってしまいましたが、個人的にはモンゴルと日本を繋ぐ架け橋として、「相撲」も魅力的な要素の一つだと思っています。



ちなみに余談ですが、座布団が投げられる意味は、元は座布団ではなく羽織や帽子で名前が書いてあり、お相撲さんが後で持ち主に届けるとご祝儀を貰えたそうです。それが、様々な物が飛んでくるから危ないという理由で禁止されたそうです・・(笑

↑このページのトップヘ