モンゴル情報クローズアップ!

モンゴルの文化、ビジネス、投資、観光、最新話題など幅広い情報をお届けします。(通称:モンゴルなう)

カテゴリ: 書評・書籍

ノモンハンの地平
【写真】細川呉港著「ノモンハンの地平」(光人社NF文庫)

 細川呉港著「ノモンハンの地平―草原紀行 ホロンバイルの過去と現在」(光人社NF文庫)を読んだ。
 満洲(現在の中国東北部)の北西、ロシアやモンゴルとの国境地帯に広がるホロンバイル大草原を訪ねた紀行文である。現代の日本人があまり行かない地域なので、探検記のようでもある。同時に1945年8月のソ連軍侵攻で玉砕したハイラルの地下要塞や1939年のノモンハン事件(モンゴルではハルハ川戦争)の舞台を訪ねて、シベリア抑留につながる悲惨な歴史を振り返った戦争論にもなっている。
 この著者には「草原のラーゲリ」(文藝春秋)という大著がある。ホロンバイルの遊牧民の子として生まれたソヨルジャブというダゴール・モンゴル人の数奇な運命を描いた本だ。ソヨルジャブさんは、チチハルの師範学校で日本語を学び、さらに日本人の学校ハルピン学院を卒業して、ハイラルの省公署(県庁)職員のときに満洲国崩壊を経験する。その後、ウランバートル、フフホト、青海省のラーゲリ(収容所)生活を続け、その間、中国の文化大革命の荒波にもまれる…。
 ソヨルジャブさんと同じようにホロンバイルで子ども時代を送ったブリヤート・モンゴル人のツェベクマさんに鯉渕信一さんが聞き書きした「星の草原に帰らん」(NHK出版)も、とても興味深い。
 ツェベクマさんは、司馬遼太郎の通訳を務めたことで知られるが、彼女もソヨルジャブさん同様、日本式教育の学校で日本語を覚えた。「星の草原に帰らん」では、ホロンバイルの草原を裸足で駆け回り、足がこごえると、真新しい牛の排せつ物に足を突っ込んで暖を取る野性味あふれる少女時代が生き生きと描かれている。
 堺六郎著「シベリアのラーゲリを逃れて―ホロンバイルからシベリアへ」(筑摩書房)も、ホロンバイルについての記述が私の心に残る。堺さんは、ハイラル特務機関ウルシュン連絡所員として、酒や雑貨を販売しながら現地情勢を探る任務に当たっていたが、突然のソ連参戦でシベリア送りとなる。この本では、自らの体験を、ホロンバイルは「天国」、シベリアは「地獄」と対照的なタッチで描いている。
 ホロンバイルは、かつて多くの日本人が活躍し、日本に親しんだモンゴル人も多かった地域である。その歴史は、しっかりと記憶にとどめなければならないと私は考える。「ノモンハンの地平」で著者は「満洲国を、ただ侵略者として日本の歴史のなかで一刀両断に切り捨ててしまうことは、あまりにも浅薄にすぎる」と書いている。また「満洲国を『偽満洲国』と呼び歴史の中から抹殺しようとするに至っては論外である」とも指摘して、政治的プロパガンダで歴史を語る中国の姿勢を批判している。
 
▽森修 もり・しゅう
1950年、仙台市生まれ。元河北新報記者。1998年、山形市で勤務していたとき、たまたま入ったバーでアルバイトしていたモンゴル人の留学生と出会う。以来、モンゴルの魅力に取りつかれ、2005年「モンゴルの日本式高校」、2012年「あんだいつまでも新モンゴル高校と日本」をそれぞれ自費出版。

モンゴルの親族組織と政治祭祀

まいど、編集長のタケシです。
新書「モンゴルの親族組織と政治祭祀」(楊海英 著)のご紹介です。

目次
目次
内容

目次


まえがき

第1章 モンゴルの親族組織に関する記録と研究

  1 モンゴル人の記録と記憶
  2 モンゴルの親族組織に関する人類学的研究
  3 日本のモンゴル研究のなかのオボク解釈
  4 先行研究の総括と本書の目的

第2章 オルドス万戸とオルドス地域

  1 モンゴルのなかのオルドス万戸
  2 オルドス地域の歴史
  3 清朝時代の旗制度とオボクの編成
  4 オルドス・モンゴル人の生活

第3章 オボク・ヤス構造

  1 モンゴル人自身のオボクとヤスに対する認識
  2 ヤスの階層性と象徴性
  3 ヤス・タイ・オボク
  4 ヤス・ウグイ・オボク
  5 ヤスの形成と消失に関する仮説

第4章 チンギス・ハーン祭祀とオボク・ヤス集団

  1 チンギス・ハーンの祭殿「八白宮」
  2 祭祀者ダルハトのオボクとヤス
  3 八白宮の祭祀に貫徹された系統理念

第5 章 オボク集団の祭祀

  1 旗ダルハトのオボクとヤス
  2 「旗ダルハト」が主宰する「白宮」
  3 オボク集団の祭祀
  4 オルドス祭祀の全体的調和性と政治的統合性

第6 章 オボク・ヤス構造とその機能の歴史的変容

  1 遊牧社会における「オボク・ヤス構造」
  2 「八白宮」祭祀の統合機能
  3 ヤスとオボクの現状

あとがき

補記――オルドスとウズベキスタン

引用文献

索引

内容


「ヤスをもつオボクは生き残る、ヤスのないオボクはつぶれる」
12代も先祖を遡ることができた血縁の国モンゴル。だが、清朝支配や文化大革命によりオボク(親族組織)は半壊、ヤスも忘却されつつある。本書はヤスのもつ社会的機能と象徴的意義に注目、モンゴル人の政治原理と社会構造を明らかにした大著。

FullSizeRender

まいど、編集長のタケシです。
新書「草原の制覇 大モンゴルまで」(古松崇志 著)のご紹介です。




目次

いま、中国史をみつめなおすために――シリーズ 中国の歴史のねらい(執筆者一同)

はじめに

序 章 ユーラシア東方史と遊牧王朝
 一 中央ユーラシアの騎馬遊牧民
 二 遊牧と農耕が出会うユーラシア東方史

第一章 拓跋(タブガチ)とテュルク
 一 鮮卑拓跋部と北魏
 二 唐と突厥の興亡
 三 安史の乱の激動

第二章 契丹と沙陀
 一 契丹の建国
 二 沙陀の勃興
 三 沙陀系王朝と契丹

第三章 澶淵の盟と多国体制
 一 澶淵の盟への道
 二 タングト・西夏の台頭
 三 契丹情勢と北宋の西北経略

第四章 金(女真)の覇権
 一 女真の勃興
 二 金の覇権とユーラシア東方情勢
 三 金の変革と北方情勢

第五章 大モンゴルと中国
 一 大イェケモンゴル国ウルスの建国と拡大
 二 クビライと大元ウルス
 三 ユーラシアの東西交流と中国

おわりに

あとがき

図表出典一覧
主要参考文献
略年表
索 引

本の内容

南の中原に拠る農耕王朝と北の草原に拠る遊牧王朝。生業を異にする二つの王朝は、千年にわたり対峙し、たがいに覇権を争った。五胡十六国の戦乱から大元ウルスの統一まで、騎馬軍団が疾駆し隊商が行き交う、広大なユーラシア東方を舞台に展開する興亡史。伝統的な中華史観の枠組みを超え、多様な民族が往来する多元世界の歴史を描きだす。




日馬富士

まいど、編集長のタケシです。

世界中がコロナ騒ぎでたいへんです。
モンゴルにも、入国した外国人と海外にいたモンゴル人らがウィルスを持ち込みました。

下記のリンクから時系列で配信しているので気になる方は読んでみて下さい。




〈画文集〉第70代横綱日馬富士 相撲道を読みました。

 

あらすじ

あらすじ(以下引用)
「相撲道とは、努力し、忍び、耐え、開かれる道」「稽古とは、古いことを、敬い、覚え、磨くこと」小さなやせた躰で来日して18年、艱難辛苦を経て相撲界の頂点に昇りつめた、第70代横綱日馬富士。さまざまな社会活動にも貢献してきた横綱の根底にある精神とは?付・特別インタビュー「横綱日馬富士の「相撲道」とは何か」/「日馬富士の戦績」ほか。カラー画約120枚。英訳付き。

目次

稽古
努力×忍ぶ×待つ=……
=成 功
仲間たち
祈る
受け継ぐ 伝える
感 謝 恩返し

夢から恩返しへ――あとがきにかえて(橋本委久子)
日馬富士の戦績

〈特別インタビュー〉横綱日馬富士の「相撲道」とは何か

感想

  • 絵がたくさんあって読みやすい
  • 日馬富士の相撲に対する情熱が伝わる
  • 英文があるから相撲好きな外国人でも持ってそう
  • 感謝・恩返しという言葉が出るからきっとなにか後悔してそう

非常に読みやすかったです。
相撲の資料としても参考になりそうな一冊。
あの事件が無かったらきっと相撲ファンには大受けすると思います。




〈画文集〉第70代横綱日馬富士 相撲道
橋本 委久子
藤原書店
2018-09-25


ウズベキスタン
【写真】嶌信彦著「伝説となった日本兵捕虜」(角川新書)と胡口靖夫著「ウズベキスタン『ナボイ劇場』建設の真実」(同時代社)の表紙

 嶌信彦著「伝説となった日本兵捕虜―ソ連四大劇場を建てた男たち」(角川新書)を読んだ。いわゆるシベリア抑留の日本人の中に、中央アジアのウズベキスタンまで強制連行された人たちがいて、「ナボイ劇場」という豪華な施設を建設したことが地元で評価され、伝説になっているという話だ。

 これを読んで、私は、モンゴルにも似た話があるのになあ―と思った。ソ連は対日戦で60万人の日本軍捕虜を獲得した。これがシベリア抑留だ。このうち1万2318人がソ連からモンゴルに引き渡され、ウランバートルなど16カ所に分けられ、都市建設やトーラ川沿いの樹木伐採などに駆り立てた。

 現在のウランバートル・スフバートル広場周辺の建物や道路は、この「モンゴル抑留」の日本人が建設に当たった。中央政庁舎、国立大学、オペラ劇場、中央図書館など中心部の景観を構成する主な建物は皆、日本人が工事に当たったと言われる。

 ウズベキスタンの抑留者については、胡口靖夫著「ウズベキスタン『ナボイ劇場』建設の真実―続・シルクロード<青の都>に暮らす」(同時代社)も読んだ。

 嶌さんの著書では、ナボイ劇場は、1966年の大地震に遭っても、さほどの被害を受けず、それが地元では「日本人は捕虜でも、いいかげんな仕事はしない」との評価につながっていることを紹介している。

 一方、胡口さんによると、ナボイ劇場は、旧ソ連が設計・着工し、戦争で中断したものを、戦後、日本人が最後の仕上げを行っただけなのだという。日本人が特に立派な仕事をしたわけではない―として、胡口さんは、嶌さんを「時流に迎合した日本人礼賛論」と痛烈に批判している。

 しかし、嶌さんの著書にも、最後の仕上げを行ったことは書かれている。この本では、たとえ仕上げ工事であっても、地元の人々に評価され、それが一つの伝説になっていることに力点が置かれている。強制連行、強制労働という負の遺産を、ウズベキスタンと日本との友好関係に結び付け、前向きにとらえて描いている。

 一方、モンゴルでも、日本人がスフバートル広場周辺の建設工事に当たった。強制労働の期間は、モンゴルもウズベキスタンも1945年から47年までの2年程度だ。しかし、モンゴルでは、建物の土台や道路造りに従事しただけなのに対して、ウズベキスタンでは最後の仕上げ工事を担当した。基礎工事だけなのと、建物の完成とでは、大きな違いがある。

 また、嶌さんの著書では、捕虜という苦難の生活の中にあっても、日本人が一致団結して工事に当たったことが紹介されているし、地元民との交流の様子も描かれている。

 一方、モンゴル抑留を描いた本では、胡桃沢耕史の小説「黒パン俘虜記」(文春文庫)がある。飢えと寒さの極限状態の人間模様を、すさまじいタッチで描いた小説だ。小説とノンフィクションの違いかもしれないが、嶌さんの著書とは、読んだときの印象が大きく異なる。

 確かに、強制連行、強制労働の中で、多くの死者を出した苦難の歴史は、しっかりと記憶にとどめなければならないと思う。しかし、抑留から70年以上が経過している。

 モンゴル人の中には、スフバートル広場周辺の街づくりに、日本人が関係したことを知っている人は結構多い。中には、「捕虜の日本人が、しっかりと仕事をしたことで、現在のウランバートルの街の景観が出来上がった」との評価もあるのではないか。

 私は、昨年10月に訪モした際、ゲル地区の住民ウルジートクトフさんが、採石場の跡地を「ノゴーンノール(緑湖)」という公園にしたことを取材した。ここでは、日本人捕虜が、銃の監視の下、石を切り出し、スフバートル広場周辺の道路建設などに当たったという。

 ウルジートクトフさんは、採石場の跡地に雨水がたまり、ごみ捨て場となっている現状を憂え、個人の力で公園に変えた。そのことが市民の間で評判となり、周辺の植樹に協力する人も出てきたという。

 それだけではない。ウルジートクトフさんは、「日本人がウランバートルの中心街をつくったことを、もっと多くの人に知ってもらいたい」と資料館の計画を進めている。彼は、日本人が、建設工事を行っている当時の記録映像や写真をパソコンに収録中だ。私は、その一部を見せてもらった。

 ウランバートルでは今、自然史博物館など古い建物の取り壊しが進行中だ。市民の間には「せっかくの建物を壊すのは惜しい」との声が出ているようだ。中心部の街づくりが、どのように行われたのか、もう一度振り返ってみることが必要なのではないか。日本人も街づくりに関係している。モンゴル抑留は、日本人にとっては悲しい歴史である。しかし、それだけで終わらせては、ならないと考える。モンゴルと日本との友好関係のきっかけにもなっていることを、もっと多くの日本人に知ってもらいたい。



▽森修 もり・しゅう 
1950年、仙台市生まれ。元河北新報記者。1998年、山形市で勤務していたとき、たまたま入ったバーでアルバイトしていたモンゴル人の留学生と出会う。以来、モンゴルの魅力に取りつかれ、2005年「モンゴルの日本式高校」、2012年「あんだいつまでも新モンゴル高校と日本」をそれぞれ自費出版。

↑このページのトップヘ