@毎度、編集長のモリンホールです。 下記は許可を得て転載しています。

benchi

日時:6月1日(土)午後1時〜5時30分
会場:東京外国語大学本郷サテライト5階セミナー室 
http://www.tufs.ac.jp/common/satellite

《プログラム》

機攅岷蕁
トゥムルバト・ボルドバータル(モンゴル国立大学国際言語文化学部日本学科専任講師・東京外国語大学大学院総合国際学研究院外国人研究者)
「モンゴル国における俳句の翻訳と創作の現状について」

供攜Φ翦表】
1)ハス(昭和女子大学大学院生活機構研究科博士後期課程)
「サイチンガの『心の光』(1943)の初版について―「蒙疆政権時代」知識人の足跡を追って―」

2)シバゴチン・チョロモン(桐蔭横浜大学大学院法学研究科博士後期課程)
「《文革派》として失脚したモンゴル人作家ウランバガン(烏蘭巴干)はスケープゴートだったのか―その人物像を読む―」

3)阿比留美帆(モンゴル文学翻訳者)
「デジタル時代における詩の伝承と課題―B.ヤボーホランの詩「私はどこに生まれたのか」の消えた第11連―」

4)岡田和行(東京外国語大学大学院総合国際学研究院)
「Ts.ダムディンスレンの書き残した伝言について」

掘敍宛報告】
芝山豊(清泉女学院大学人間学部)
「『モンゴル文学への誘い』から10年  日本のモンゴル文学研究の歩みと現在、そして明日」

検攫由討議】

発表会終了後、親睦会も予定しているそうです。
参加は自由、事前予約は不要そうです。
当日私を見かけたらぜひ声をかけてください。 (笑)

椎名誠とあやしい撮影隊 モンゴル大草原を行く