2013年3月31日、安倍晋三内閣総理大臣はモンゴル国の首都ウランバートルを訪れ、エルベグドルジ大統領、アルタンホヤグ首相、エンフボルド議長らと会談しました。石炭などの鉱物資源や環境分野での協力の発展に一致し、経済連携協定(EPA)交渉加速も合意し、さらに、対中国・対北朝鮮の安全保障分野の関係強化も確認しあいました。
2013_03_31FNN08
2013_03_31FNN07
2013_03_31FNN02
2013_03_31FNN03
2013_03_31FNN04
2013_03_31FNN05
2013_03_31FNN06
安倍総理は先の2007年においても、「日本・モンゴル共同声明」を行い、日本とモンゴル国との関係強化を重視してきた方です。
この先の日モ関係を、さらに強固かつ対等なものとするための、非常に有意義な訪問でした。

しかし3月31日、ウランバートルでは安倍総理に対して、モンゴル国のウラン鉱採掘、原発建設、使用済核燃料最終処分場建設の反対を訴える、10名規模の小さな集会が行われました。場所は、チンギス・ハーン通りに面する、モンゴル国立図書館のビャムビーン・リンチェン像前でした。モンゴル国会議事堂と大統領府につながる幹線道路であり、日本で言えば国会議事堂まわりの通りに値する場所です。


なぜこのタイミングで反核集会を???

モンゴル緑の党(モンゴル国で乱伐された水源地の森林再生などの環境回復を主張する政治政党)と、モンゴルの反核団体が同時に行っています。インタビューを聴くと、毎日新聞によるCFS構想に関する記事をもとに、集会を行ったと話しています。

しかし、今回の安倍総理のモンゴル訪問に、そのような項目は全くありません。一体なぜ???

今回の安倍総理向けにモンゴルの反核集会で用いられたプラカードが、Facebookを通して日本にも急速に広まりました。
uran
安倍総理の顔が緑色???
「福島市民と連帯します」???
日馬富士関???
日本国旗ではなく内閣総理大臣章???


モンゴル国側のデモの主催者に、プラカードは誰がデザインしたのか、なぜ安倍総理の顔が緑色なのかお伺いしたところ、最初、「アベさんの顔が写真に緑色で写っているのがとても良いことだ。自然と同じように健康的だ。」と返事があり、その後、「インターネットから引用したものだ。気分を害したなら謝る。」と返信がありました。

しかし、Шинзо Абэで検索しても、該当する画像はありませんでした。

本記事の発表後、主催者側から、ロシアのWebサイトから引用した旨の連絡がありました。
元画像と比較すると、色調を故意に調整し、緑色に変色させていることがよく分かります。
beforeafter
元画像(MSNロシア語版)http://goo.gl/sJbCY

このプラカードは、日本の中核派らの極左集団や在日朝鮮人らによる、日本とモンゴル国の関係悪化目的で作られた可能性が高いものであることを示します。

モンゴルの皆様のために、日本の「脱原発」と極左集団の関係について、簡単に紹介します。
ohesakamoto
大江健三郎さんや坂本龍一さんが応援する「さようなら原発1000万人アクション」は、本部を「東京都千代田区神田駿河台3-2-11総評会館」に置いています。ここは、日朝国交正常化を求める団体や、日米安全保障条約の破棄を求める極左団体、朝鮮系団体などが、無数に本部を構えていることで知られています。同じような住所には、「東京都新宿区西早稲田2-3-18」があります。

keisansyo
keisansyo02
左翼系の反原発団体は現在、経済産業省前に抗議目的のテントを設営していますが、国有地内で経済産業省も立ち退きを要求し提訴しているという、極めて異常な状態です。

hujinminsyu
「福島の女たち」として脱原発デモを行う中にも、中核派の系列団体、「婦人民主クラブ全国協議会」がいます。
220
139
2012年7月1日、福井県の大飯原発再稼動に反対する脱原発の人たち。
「制御『棒』は『挿したまま』にしておけ」、という意味のようです。しかし、品性下劣なことこの上ありません。
(男根の像を神体とする信仰は日本にもモンゴルにもありますが、このように面白半分で用いられるものではありません。)

残念ながら、日本では原発に関する議論やムーブメントには政治的な左右が関わりやすいという問題があります。このことは、非常に残念なことです。

ではなぜ、そうした日本極左集団や在日朝鮮人らが、「脱原発」安倍総理のモンゴル訪問を妨害したのか?
今回の安倍総理のモンゴル訪問には、そもそも原発やウラン鉱に対する協議項目自体入っていないのですが、何としてでも安倍総理のイメージダウンをはかりたい意図が、そこにはあります。

下記、3月31日の産経新聞の記事からの抜粋引用です。

----------
政治や安全保障分野での協力関係を深めることで、台頭する中国を牽制する狙いがある。

(北朝鮮の)日本人拉致問題について「安倍政権で解決する決意だ。支援をお願いしたい」と要請し、モンゴル側は理解と支持を表明した。首相は北朝鮮のミサイル発射や核実験などの挑発を「断じて許せない」と非難し、国連安保決議に沿った対応が必要との認識で一致した。

「自由・民主、平和、助け合い『3つの精神』を共有している」
会談の冒頭、安倍首相が切り出すとアルタンホヤグ大統領は大きくうなずき、「その精神に基づき両国関係を発展させたい」と応じた。3つの精神は中国をにらんだキーワードだ。

アルタンホヤグ氏は「未解決の問題を包括的に解決すべきだ」と、拉致問題でも日本の立場に理解と支持を表明した。

----------
引用終わり。

彼ら左翼と在日朝鮮人にとって、日本とモンゴル国の関係強化は、大変都合が悪い。
だから、モンゴルの反核運動を利用するのです

さて、もう一度、プラカードを見てみましょう。
mongolnonukes
「福島市民と連帯します」で、検索してみてください。
また、「福島県民と連帯」で、検索してみてください。

前者は日モ関係を悪化させたい人たちのページばかりが、後者は左翼の脱原発のページばかりが出てきます。

日本国旗でなく内閣総理大臣章を用いているのも、日本国旗の「日の丸」を憎悪する、日本の左翼の特徴です。

また、モンゴル緑の党の党首が今回のウランバートルの集会に参加した理由は、モンゴルの過激な団体が暴動を起こすことのないようにすることが目的だった、とのことでした。

もちろん、モンゴル国と南モンゴルのウラン鉱石とその採掘、ウラン加工・輸出、原発建設、使用済み核燃料最終処分場設置の是非などは、モンゴル人の皆様が主体的に判断するべきことであり、その議論は本来、国境や思想に関係なく、ひろく行われるべきものです。

しかし。

日本とモンゴル国の関係悪化を目的とする邪道を、私は許しません。

平成25年4月1日 みずばしょう

参照Web:


安倍首相がモンゴル訪問 経済連携や資源開発での協力を確認
FNN(2013.03.31)
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00243166.html

じゃあの氏がNHK・反原発団体・北朝鮮の真っ赤っ赤な繋がりを大暴露
NewsU.S.(2013.03.17)
http://www.news-us.jp/article/347461200.html

「さようなら原発1000万人アクション」

東京、脱原発集会に6500人 大江さんら呼び掛け
47NEWS(2012.10.13)
http://www.47news.jp/CN/201210/CN2012101301001510.html

脱原発テントの立ち退き求め提訴へ 経産相
MSN産経Web(2013.03.15)
http://sankei.jp.msn.com/life/news/130315/trd13031512000012-n1.htm

10.29脱原発デモ『原発いらない福島の女たち』

YouTube(2011.10.29)
http://www.youtube.com/watch?v=lHabDV6VebY

モンゴルのウランを買い、モンゴルに使用済み核燃料処分場を造る

モンゴルなう!(2011.07.19)
http://blog.livedoor.jp/morinhoor/archives/51651858.html

モンゴルの核廃棄物処分場建設「反対」に求められるもの
モンゴルなう!(2011.07.29)
http://blog.livedoor.jp/morinhoor/archives/51654137.html

モンゴル国CFS構想と東芝とモンゴルの原子力利用
モンゴルなう!(2011.08.23)
http://blog.livedoor.jp/morinhoor/archives/51718369.html