134476147_10159215617897652_1257027585950044493_n

まいど、編集長のタケシです。

新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

ご存じの通り、昨年はたいへんな一年となりました。
世界ではコロナウイルスの感染で、大勢の人がなくなりました。
そして、モンゴル圏では内モンゴルでモンゴル語教育の縮小、廃止が行われ、モンゴル文化の存続に直結する大きな悲劇となりました。

そんな、いろいろあったわけですが、今年は早く平和が戻るように願います。

Amazon売り上げベスト10


毎年恒例の、当ブログ経由で買われた本ベスト10を紹介したいと思います。

今回は、売れ筋ランキング形式で紹介します。なので、モンゴルとまったく関係ない本もありますのでご了承ください。

1位「鬼滅の刃」

漫画
「鬼滅の刃」がトップの座を取りました。
当ブログで紹介したことはないが、リンクを踏んでから、買われたようです。

鬼滅の刃 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)
吾峠呼世晴
集英社
2016-06-17



2位「低金利時代の不動産投資で成功する人、失敗する人

景気が悪いと牛丼やユニクロなどの売上は伸びます。
そして、金持ちは金や不動産に金を回します。
まぁ、不動産投資は王道ですよね。




3位「文明の生態史観」

以外だったかもしれないが、内モンゴルの急変(モンゴル語教育禁止)背景にあったと思われます。一時期、下記の記事がアクセス急上昇してたので、その時に買われたようです。

梅棹忠夫『文明の生態史観』から論考する草原の地の奪い合いについて

文明の生態史観 (中公文庫)
梅棹 忠夫
中央公論新社
1998-01-18


位「中古ワンルーム2戸からはじめる家賃40万円稼ぐ黄金の法則

そして、再び不動産関連の本がランクインしました。
コロナで住む家を手放す人もいる中、儲かっている人はリスク分散のために不動産を買います。
日本は少子化、高齢化がまじまじやばいから、不動産投資やるなら東京、駅から徒歩で7分以内、ワンルームマンションがオススメです。


5位「モンゴルを知るための65章



6位「草はらに葬られた記憶

草はらに葬られた記憶「日本特務」
ミンガド・ボラグ
関西学院大学出版会
2019-10-10


7位「方言が明かす日本語の歴史



8位「世界史の誕生 ――モンゴルの発展と伝統 (ちくま文庫)



9位「内モンゴルを知るための60章

内モンゴルを知るための60章 (エリア・スタディーズ)
ボルジギン ブレンサイン
明石書店
2015-08-01


10位「墓標なき草原――内モンゴルにおける文化大革命・虐殺の記録(上)










以上、昨年売られた本ベスト10でした。

こういうデータを見える化することによって、その年の人々の関心だったり、時代の背景を表したりしていると思います。

今年は、どんな一年になるか、どんな一年にして行くか、楽しみですね。
それでは、引き続きよろしくお願いします。