一年ぶりのオルドス、いろんな意味で最高だった。
その発展ぶり、人々の生活変化、そして町の変化。
エ

ウ

ア

ちょっと昔はオルドスと言えば観光地で有名なチンギス・ハン陵、
文化を代表するオルドスの婚礼、そしてカシミヤの会社鄂爾多斯集団が有名だった。

今はオルドスというだけみんな知っているこの世界的地名、
現在は不動産バブル真っ最中である。

オルドスがここまで知名度があがったのは、やっぱり
世界のニュースが報道している「人影なきゴーストタウン…オルドス」、
中国本土で最も裕福な都市 、一人当たりGDPは香港を超えた・・・・
などの報道によるものと見ています。

私がオルドスで不動産関係の社長らと1週間くらい一緒にいました。
毎日招待され、日本と違って基本的に食卓でビジネスの話をします。
日本でもそうかもしれないですが、特にオルドスではビジネスは人脈がないと、
長く続くには難しいようです。

だが、オルドスはまだまだこれからです。
市場の大きいだけに未熟である。
新たな挑戦者にチャンスはいっぱいある。
あなたのアイディア次第で全てが変わると信じています。

一年ぶりのオルドス、私に刺激と感動を与えてくれました。
日本に帰って来て、自分がまた「原点」に戻りました。
今後のオルドスにもっと注目をしたいです。


【サポート】
内モンゴル及びオルドス関係の質問などあれば個人、法人関係なく回答致します。
オルドスでの展示、展覧、進出、調査などはご自由に相談下さい。

【お知らせ】
第一回オルドス国際ナダム大会今年8月10日から18日にかけて開催されます。
私がちょうどリハーサルなどをみてきました。動員数に驚きました。

【ご参考までに】
オルドスは英語でORDOS,中国語で鄂爾多斯市です。
オルドス市は下部に1市轄区、7旗を管轄する。

7旗とは:
鄂托克旗(オトク旗)
鄂托克前旗(オトク前旗)
烏審旗(ウーシン旗)
伊金霍洛旗(エジンホロ旗)
杭錦旗(ハンギン旗)
達拉特旗(ダラト旗)
準格爾旗(ジュンガル旗)