2010年度秋季大会案内

日時:2010年11月20日(土)13時〜17時30分
場所:龍谷大学大宮学舎 清和館 3階大ホール
  
 
内容:

開会挨拶:会長  橋本 勝

第一部 研究発表
1.スディア(名古屋大学大学院 国際開発研究科 博士後期課程)
「聴覚プライミング実験を用いた日本語促音の知覚研家—日本語母語話者と
モンゴル語を母語とする日本語上級話者の比較」

2.サイシャラト(大阪府立大学大学院 人間社会学研究科 博士後期課程)
「モンゴル語の主題表示bolの使用される範囲―叙述類型論の観点から」

3.土井順一(東京外国語大学 留学生日本語教育センター準教授)
「モンゴル国と中国内蒙古自治区のモンゴル人による日本語音韻習得の比較」

4.J.バトイレードゥイ(東京外国語大学 世界言語社会教育センター客員教授)
  「モンゴル語における熟語単位体系に関する問題について」

5.オーダム(東洋大学大学院 文学研究科 博士後期課程)
「モンゴル語訳『八千頌般若経』諸訳の特徴〜心性本浄説を中心に〜」

6.村岡倫(龍谷大学文学部教授)
  「龍谷大学所蔵『混一彊理歴代国都之図』に見るモンゴル高原の諸都市」

第二部 講演
  松田孝一(大阪国際大学ビジネス学部教授)
   「オゴデイ・カンの漢地統治制度について」

閉会挨拶: 副会長


以上、日本モンゴル学会からのご案内でした。
お問い合わせは日本モンゴル学会まで。