社会に貢献している優良会社&団体を紹介しています。
前回はハートセービングプロジェクトを紹介しました。

yuimaru

NGOゆいまーるハミングバーズとは?

最近テレビでもよく放送していますが、マンホールで生活している
モンゴルの子ども達の様子、いわいるマンホールチルドレンが増えて社会問題になっています。
彼らは家もないが、家族もいない。常に飢えや病気等と戦っているます。
こういうマンホールチルドレンは、10年前には数千人もいたと言われています。

貧困から脱出するためには、孤児院の子ども達がちゃんと大学行って知識を身につけて、
就職できるようにとサポートしているのは「NGOゆいまーるハミングバーズ」です。


NGOゆいまーるハミングバーズは孤児院と協力をして、主に
18歳以上の孤児院卒業生でモンゴル国内の大学に進学する者を対象に
「ゆいまーる奨学金」を実施しています。



ゆいまーる奨学金
奨学金対象者:18歳以上の孤児院卒業生でモンゴル国内の大学に進学する者
奨学金内容:学費、寮費、生活費
給付期間:卒業までの最短年数(原則4年)
審査の手順:
1.高校卒業を控えた子ども達と面談をして、進学を希望しているか、
進学できる見込みはあるのかを聞き取り調査します。
2.子ども達に、志望理由、展望などに関するレポートを提出してもらいます。
3.孤児院の先生方の意見を聞き、ゆいまーるスタッフで厳正に審査します。
4.審査を通過した子どもに奨学金を給付します。

hada
ハダー君

ゆいまーる奨学を得て、モンゴル国立芸術大学の楽器学部(専門:馬頭琴)に進学したハダー君です。
以前来日した時に私が通訳担当したことがあります。
彼はいつも笑顔で、後輩へのめんどうみも良い子でした。


「ゆいまーるの活動を応援したい」、イベント運営に興味がある方是非
ゆいまーる事務局にお問い合わせしてみて下さい。


※ゆいまーる奨学金についてはゆいまーるのホームページから引用しております。

にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ