やまがた
【写真説明】金子社長罎肇リドさん茵▲魯鵐イバヤルさん=山形市松栄のエム・エ
ス・アイ本社

山形市で企業システムの構築や運用支援などを手掛ける「エム・エス・アイ」(金子昌弘社長、資本金2000万円)で、日本の大学を卒業した2人のモンゴル人が働いている。同社は、金子社長が兼務する系列会社「IHC」が、優秀なモンゴルの人材を発掘し、日本企業に紹介する有料の職業紹介事業にも力を入れており、来春までに、さらに2人のモンゴル人を雇用する予定だ。

同社に勤務しているのは、2018年春に立命館大国際関係学部を卒業したハンガイバヤルさんと、今年春に山形大人文社会科学部を卒業したガリドさん。2人ともウランバートル市の日本式学校「新モンゴル小中高」を卒業しており、高校生のころから日本語を学んでいた。ハンガイバヤルさんは、大学での授業はすべて英語だったという。ガリドさんも、山形大と提携するフィリピンの大学に留学した経験があり、英語が得意の国際派だ。

エム・エス・アイ社は、以前から中国人や台湾人を採用しており、金子社長は「日本に留学した外国人は優秀だ」と評価していた。モンゴルについては、北京やウランバートルなどに行政書士事務所を構える知人から「モンゴル人もいいよ」との話を聞いており、関心はあったという。

新モンゴル小中高を創設し、現在は新モンゴル学園の理事長と日馬富士学校の校長を務めるJ・ガルバドラッハさんは、山形大と東北大に留学した際、家族6人で6年間、山形市民だった。金子社長は、このことを知るにつれ、モンゴルへの関心は深まっていった。

金子社長は山形中央ロータリークラブの会員。ガルバドラッハさんは、山形北ロータリークラブ会員の紹介で米山奨学金を受給した経験があり、現在はモンゴルのフレーロータリークラブ会員として活動している。金子社長は、同じロータリアンとしてのつながりから、山形北ロータリークラブが、創立50周年の記念事業して、2018年2月、ガルバドラッハさんが経営する新モンゴル高専に、教育設備費として300万円を寄贈した際、テープカットの式典に同席している。

社員のガリドさんは、山形大3年のとき、エム・エス・アイ社の会社説明会に出席したところ、直ちに「内定」となり、金子社長は、フィリピン留学の奨学金も出してくれた。

ハンガイバヤルさんは、立命館大を卒業後、モンゴルに帰国し就職したが、日本への思いが募り、2018年秋にエム・エス・アイ社と連絡を取ったところ、金子社長から「面接に来なさい」と言われ、来日したら「内定」となり、ビザの関係で入社は2019年1月となった。
金子社長は「モンゴル人は、顔は日本人と同じで違和感がないし、日本語の能力は高い。大相撲で活躍している力士を見てもわかる通り、日本社会に溶け込んで、がんばる気持ちも強いと思う」と言う。

「ただし、ネックは、いつまで日本にいてくれるかです」と金子社長。モンゴルからの留学生は、大学卒業後は帰国し、祖国の発展に貢献しようとの意識が強い。奨学金の支給元は、「卒業したら帰国」を促す傾向にあり、ガルバドラッハさんも、これまで教え子たちに、そのように指導してきた。

しかし、金子社長は「日本式経営の基本は、企業は人なりの精神。入社して3年とか5年とかは先行投資です。せっかく一人前に育て上げ、さあこれからというときに帰国されてもねえ」と言う。単なる腰掛けでの入社は困る。

もっとも、金子社長は、帰国はダメとは言っていない。「企業家としての心構え、マネジメントの能力などは、大学で勉強するだけでなく、実際に社会に出て、現場で働いてこそ身に付くのではないか」と言い、「日本で経験を積み、モンゴルに帰国しても、何か日本とつながるようなビジネスを考えてくれたら、うれしい」と理解を示している。

ハンガイバヤルさんは、山形ローターアクトクラブの2020-2021年度の会長、ガリドさんは副会長を務めており、2人とも「仕事以外でも何か社会貢献できないか、みんなで考えています」と意欲的だ。

▽森修 もり・しゅう

1950年、仙台市生まれ。元河北新報記者。1998年、山形市で勤務していたとき、たまたま入ったバーでアルバイトしていたモンゴル人の留学生と出会う。以来、モンゴルの魅力に取りつかれ、2005年「モンゴルの日本式高校」、2012年「あんだいつまでも新モンゴル高校と日本」をそれぞれ自費出版。