まいど、編集長のタケシです。

昨日のテレビ東京の「ありえへん∞世界」みましたか?
悪人の顔をしている私がちょっとだけ映りました。(笑)

FullSizeRender

世の中、コロナで生活スタイルも、働き方も変わってきています。
私も例外ではありません。

正直、日本のコロナ対策には非常に失望しています。
本来、島国だから入口で厳重な検査、そして全ての入国者に2−3週間強制隔離とかしていれば今のような状態にならないはず。

今になって、また夜の街なんだらかんだらと色々言っているけど一番の問題はそこではない。
前々から言っているけど、いち早く感染ルートを公開していれば自粛するべき人も、自粛しなくてもいい人も両方にメリットがるし、経済も止める必要なかったはずです。

私の中では今年いっぱいはずっとこんな感じなんじゃないかなと思います。

来年のオリンピックも中止になるのでは?
とにかくこの状態は長引くには間違いないです。

モンゴルは、6月30日までの高度警戒準備態勢を7月15日までに延長しています。
ということでまず7月15日までは、モンゴルにおける全ての国境検問所からの外国人の入国は停止状態になります。
恐らくさらに延長されると思います。

なお、モンゴル保健省の最新発表によると本日現在、
コロナ累計症例数225名、死者0人です。
ほぼ全員が中国、韓国、ロシア、ドイツなど海外から
入国してきた人たちまたは外国人です。

モンゴルの場合、当初から入国者全員に3週間の強制隔離とその後2週間の自宅待機という厳重な対策を取っているから世界の見本と言ってもいいくらいです。

そんな中、モンゴル政府は日本に滞在する自国民の帰国を支援するため、7月21日(火)に成田国際空港にチャーター便を運航する計画を発表しています。

知り合いのモンゴル人留学生らも今年卒業してからまだ帰れない人が何人もいます。バイトもできず、帰ることもできず本当にたいへんな状態です。

いち早く、コロナを退避する薬が誕生して世界が平和に戻るよう願います。

【2020年7月11日追記】





草原の制覇: 大モンゴルまで (岩波新書)
崇志, 古松
岩波書店
2020-03-21