日本語で化学
【写真】日本語で化学の授業を行うエルデネボロルさん=2019年10月2日、モンゴル国立科学技術大学の高専留学プログラム教室

 モンゴルでは、日本の大学に留学を希望する若者が多い。入試が難しいと言われるモンゴル国立の医科大に入学しても、途中でやめて、日本政府が奨学金を支給する国費留学で、日本の高専に入学したり、私費留学で日本の大学の工学部や農学部に入学する人は多い。
 JICA(国際協力機構)は、モンゴルで工学系高等教育支援事業(1000人のエンジニア)を行っている。その柱の一つに「高専留学プログラム」があり、国立科技大の教室を使って行われている予備教育プログラムを見せてもらった。
 化学の授業を見た。日本留学試験の問題を示し、短時間で回答できるようにする授業だった。凝固点降下、沸点上昇の計算、コロイド分類…。日本人でもなかなか理解できない専門用語を日本語とモンゴル語でたたきこむ。これらの知識は、もちろん、試験対策にとどまらず、日本に留学した後も役に立つ。
 講師のエルデネボロルさんは、新モンゴル高、千葉大工学部共生応用化学科、同大学院修士課程を卒業している。
 エルデネボロルさんと高校同期で、日本政府による国費留学で長野高専と東京電機大を卒業したエルデネジャルガルさんは、物理の授業を担当している。
 二人の話を聞いた。エルデネボロルさんによると、化学の知識ゼロの学生がいるという。「本人の能力というよりも(高卒までの)学校によって化学教育のレベルに差がある」ということのようだ。
 エルデネジャルガルさんも「本当は文系に進みたかったけれど、親に言われてエンジニアを目指しているとか、物理を学ぶ意欲に差がありすぎる」と言う。教員として、二人の悩みは尽きないようだ。
 しかし、それでも、科技大主催の日本語コンテストに優勝する学生もいるそうだ。ここは粘り強く、日本留学の夢をかなえさせるよう、がんばっていくしかない。
 モンゴルは9月が新学期、日本は4月だ。日本留学試験は6月と11月。日本に留学するとなると、2年生の途中になるので、このプログラムは「1年半」の制約がある。高専留学の予備教育プログラムに参加しているのは、1年生が38人、2年生が45人。科技大の学生ではないが、学生と同様の扱いで学んでいる。ほとんどの学生は、日本語を初めて学ぶという。
 日本の高専には3年生からの編入になる。「1年半の教育で、高専の3年間で学ぶ専門の日本語を覚えるのは、学生の負担が大きい」とエルデネジャルガルさんは言う。しかし、エルデネボロルさんは「1年半で、かなりの日本語能力が身につきます」と言う。
 このプログラムで日本に留学した学生の渡航費、授業料、生活費は、モンゴル政府の奨学金で賄われる。半面、モンゴルに帰国して5年間就労しないと、奨学金の返済義務が生じる。制約はある。しかし、日本留学に金銭面の不安はない。
 高専留学プログラムには、予備教育を経ずに留学する「ファストトラック」という制度もある。二人の教員の高校の後輩、ハンガイさんは、「日本語の能力がある」として、直接、鹿児島高専に留学し、都市環境デザイン学科で3年間学んで帰国、ウランバートルの建設会社で構造計算などの仕事に当たっている。
 高校の段階で日本語をしっかりと学ぶ意味は大きいのではないか。取材を進めると、新モンゴル高(新モンゴル小中高)の日本語教育は、モンゴル人自らが、JICAの施策を先取りしたもののように思えてくる。

▽森修 もり・しゅう
1950年、仙台市生まれ。元河北新報記者。1998年、山形市で勤務していたとき、たまたま入ったバーでアルバイトしていたモンゴル人の留学生と出会う。以来、モンゴルの魅力に取りつかれ、2005年「モンゴルの日本式高校」、2012年「あんだいつまでも新モンゴル高校と日本」をそれぞれ自費出版。
チンギス・ハンとモンゴル帝国の歩み (フェニックスシリーズ)
ジャック・ウェザーフォード
パンローリング 株式会社
2019-10-12