電気回路
【写真 枩昌殻隻Г気(左から2人目)が見守る中、自分で作った電気回路の実験=2019年10月2日、モンゴル高専

溶接
【写真◆曠ス溶接の実習。モンゴル高専には、学生17人が同時に実習できる設備がそろっている

 「ものづくり重視の教育を行っています」。モンゴル高専で技術移転センター長を務めるガンオドさんは、力強く語り説明した。
 モンゴルには、日本の高専(工業高等専門学校)にならった学校が3校ある。私立のモンゴル高専と新モンゴル高専、国立科学技術大学の付属高専の3校。いずれも2014年9月に開校し、今年、初めての卒業生を送り出した。日本の高専を卒業したモンゴル人が、日本と同じ学校をつくりたいと奔走し、日本の高専関係者も支援して誕生した経緯がある。
 モンゴル高専は、もともと建設関係の専門学校だったが、モンゴル技術工科大となり、さらに高専を併設した。高専は、建設、機械、電気電子、生物の4工学科があり、学生数は270人。教職員は60人。このうち日本人の常勤教員は4人。ほかに日本人の短期間の講師は多数に及ぶ。
 モンゴル高専の設備は、日本から移設したものが多いそうだ。東京都立高専で使われた製図用具や旋盤、閉鎖された三井化学鹿島工場から譲られたガス・水質分析機器、三菱電機名古屋工場のインバータなど。モンゴルでは、山形市などの学校で使われた中古の机や椅子が多数、再利用されているが、ものづくりのための道具もいっぱい活躍している。
 ガンオドさんは、日本式の高校「新モンゴル高」(現在は小中高)と宇都宮大工学部の建築学科を卒業している。彼が担当する技術移転センターには、旋盤12台、溶接機17セット、フライス盤などがそろっており、ちょっとした町工場のよう。
 「日本には、専門技術を持った中小企業がいっぱいあり、技術大国を支えている。モンゴルも日本を見習って、何でも自分で造れる職人を育て、中小企業を育成しなければならない」とガンオドさんは言う。
 実際に取り組んでいる事例として、ガンオドさんは、気球の実験を挙げた。3万メートルの成層圏に気球を上げ、ちりを集めて微生物を探しているという。モンゴルは海がなく、森林も少ないので、日本と違ってサンプルを集めやすい。
 ウランバートルは、冬の大気汚染が深刻な社会問題になっている。気球の実験は、その現状把握にも役立つ。気球で汚染データを集めるのだが、リアルタイムで調べるには、情報をやり取りする空中の中継通信基地が必要なのだという。そこで、情報を中継するためのドローンを自前で製作しているそうだ。
 生物工学科では農業の研究も行っている。黒ニンニクをモンゴルの気候風土の中で効率良く栽培する方法、トマトやレタスの水耕栽培、家畜の排せつ物からメタンガスを取り出し利用する方法などなど。
 モンゴルは学歴社会である。私は、留学生と話す機会が多いが、大体は「大学院に進学したい」と言う。しかし、ガンオドさんは「頭で考えるだけでなく、実際に、ものづくりをしないと駄目だと思う。ものづくりを通して、チャレンジ精神や達成感を醸成したい」と言う。
 モンゴル高専では、入学試験にも、「ものづくり」があるそうだ。ゴムひも、紙、粘土、わりばしなどを用意し、受験生に何かを作らせる。「いろいろな作品が出てきます。面白いですよ」とガンオドさんは言う。
 日本人教員の話も聞いた。西山明彦さん、78歳は、2013年秋、モンゴル高専が正式に開校する1年前、試行的に開校したときから電気工学を教えている。「モンゴルの若者を見ていると、日本の昭和30年代の若者と似ているように感じる。ものごとに敏感で、何でも関心を持ち、努力している」と西山さん。
 モンゴル高専は、「ディレクトフォース」の遠隔授業も取り入れている。日本の経済成長を支えた企業戦士のOBたちが、ボランティアで、長年培った所見を、光ファイバーの高速ネットワークを使って行う授業だ。西山さんは「実際に、ものづくりを行った技術者が、実験をしながら進めるところがすばらしい」と説明する。

▽森修 もり・しゅう
1950年、仙台市生まれ。元河北新報記者。1998年、山形市で勤務していたとき、たまたま入ったバーでアルバイトしていたモンゴル人の留学生と出会う。以来、モンゴルの魅力に取りつかれ、2005年「モンゴルの日本式高校」、2012年「あんだいつまでも新モンゴル高校と日本」をそれぞれ自費出版。

チンギス・ハンとモンゴル帝国の歩み (フェニックスシリーズ)
ジャック・ウェザーフォード
パンローリング 株式会社
2019-10-12